生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

BS放送の工事は自分でもできる?視聴に必要な道具について紹介します

投稿日:2018-08-16 更新日:2018-09-25

この記事は2005人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「地上波は見れるのにBS放送は見られない……。」それはもしかしたらBS放送のための専用のアンテナがついていない可能性があります。BS放送を視聴するためには地上波とは別に専用のアンテナを設置する必要があるのです。

アンテナを取り付ける方法には大きく2つあり、自分で取り付ける方法と業者に依頼する方法があります。
自分で取り付けるときには注意点があるほか、設置のときにはアンテナ以外にも必要なものがあります。
今回はBS放送の工事について、費用相場もあわせてご紹介します。

BS放送を観るには専用のアンテナが必須

BSとはBroadcasting Satellite、つまり放送衛星のことです。
地上波テレビの場合、テレビ局から送られた放送電波はそのまま地上の電波塔へ送られ、そこから私たちの自宅のテレビに送られます。
一方BS放送はテレビ局から宇宙にある衛星に放送電波が送られ、宇宙から私たちの家に映像を届けているのです。

宇宙から送られてくるため、地上波よりも地上の障害物に影響を受けにくいなどの利点がありますが、地上波とは違う電波を受け取らなければならないため、視聴するためには専用のアンテナが必要になります。
そのため、もし自宅に衛星放送用のアンテナがついていない場合、BS放送は工事をしなければ見ることができないのです。

      

BSアンテナを自分で設置する方法

工事といってもそんなに難しくはありません。BS放送用のアンテナは自分で取り付けることも可能です。この章では自分で設置する方法を学んでいきましょう。

設置前に確認すること

BS放送の工事をする前にまず2つのことを確認します。

テレビにチューナーはついているか

BS放送を見るためには専用のチューナーが必要です。最近はあらかじめテレビについていることが多いですが、ついていない場合もあります。その場合、別途チューナーを用意しなければなりません。

南南西に設置する場所はあるか

次に設置場所ですがBS放送用のアンテナは南南西に設置する必要があります。これは衛星放送の電波を受信しやすい方向に合わせるためです。方位磁石で確認しておきましょう。

設置方法

2つのことが確認できたら、いよいよ設置していきます。

まずは設置する場所を決めましょう。先ほども書いたように設置する場所は南南西の高所がベストです。ベランダや屋根の上を選びましょう。アンテナはこのように高い場所に取り付ける必要があるため、必然的に高所での作業になります。そのため、取り付けにくい場所を設置場所に選んだときは要注意です。

不安定な足場は非常に危険で大ケガの原因になります。また取り付けづらい場合など、アンテナを完全に固定できなかったときはアンテナが落下する恐れもあるので、取り付ける場所によってはプロの業者に依頼したほうがよいでしょう。

取り付ける場所が決まったら固定金具を取り付けます。レンチでナットをしっかりと締め付けてください。アンテナは外に設置されているので悪天候にさらされます。風や雨のせいでアンテナの向きが変わったり、落ちてしまったりすることがないようきつく締めておきましょう。

      テレビブースター アンテナ

BS放送を観るにはアンテナ以外に何が必要?

BS放送の工事が終わったら次はテレビでBS放送の設定をしなければなりません。そのためにはアンテナとテレビをつなぐケーブルやB-CASカードが必要になります。

まずテレビにBS放送に対応したB-CASカードが入っているか確認します。B-CASカードはテレビが通信電波を解読するために使う暗号の記録されたカードで、赤色や青色などの種類があります。BS放送を見るために必要なB-CASカードは赤色です。青色のカードは地上波専用のものなので注意しましょう。

次にアンテナとテレビをケーブルで接続していきます。
取り付けられたアンテナのコンバーターにケーブルの一方の端を取り付け、もう一方の端はチューナー機能付きのテレビにつなぎます。テレビにチューナー機能がついていない場合はチューナーにつなぎましょう。

そして最後に角度の調整を行います。
テレビをつけてBS放送にチャンネルをあわせた後、アンテナの向きを少しずつ変えて映る角度に調節していきます。この調節はとても繊細な作業で、少しでも角度がずれてしまえば放送は映りません。近隣の家のアンテナなども参考にして微調整を繰り返します。

無事チャンネルが表示されれば設定は完了です。

BSアンテナの設置は業者に頼むのもアリ

BS放送の工事は場合によっては、非常に足場の悪い高所での作業になります。そのような場合は素直に業者に依頼したほうが安全です。BS放送の工事費用はアンテナの種類やオプション工事の有無にもよりますが、安いものでは一般的に15,000円ほどで可能なこともあります。高所での危険な作業や角度の調整といった非常に細かいところまで代わりにやってもらえるので、考えてみる価値はありそうです。

まとめ

BS放送は衛星放送なので視聴するためには地上波のアンテナとは別に専用のアンテナやB-CASカードが必要です。他にもチューナーのないテレビならチューナーなども用意しなければなりません。

BS放送の工事は業者に頼らなくてもできますが、たいていは高いところでの作業になるので細心の注意を払わなければなりません。自分でやる場合は安全面には最大限配慮してケガのないように気をつけましょう。
危ないなと思ったら無理をせずプロの業者に頼むということも忘れないようにしましょう。設置だけでなくケーブルの接続や方向の調整などもみんなやってもらえます。
自分にとってベストな選択をしてBS放送を楽しんでください!

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-25 11:01:59
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/107214/
各種電気工事
「地上波は見れるのにBS放送は見られない……。」それはもしかしたらBS放送のための専用のアンテナがついていない可能性があります。BS放送を視聴するためには地上波とは別に専用のアンテナを設置する必要があるのです。アンテナを取り付ける方法には大きく2つあり、自分で取り付ける方法と業者に依頼する方法があります。自分で取り付けるときには注意点があるほか、設置のときにはアンテナ以外にも必要なものがあります。今回はBS...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!