生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを設置するときに覚えておきたい!「UHFアンテナ」について

2018-09-25

テレビを設置するときに覚えておきたい!「UHFアンテナ」について

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

みなさんはUHFアンテナってご存知ですか?UHFアンテナとは、地上デジタル放送をみるために必要なアンテナですが、意外に知らない方が多いです。それは、マンションやアパートなどの賃貸だと、テレビをケーブルにつなぐだけでテレビがみられるのが当たり前だからかもしれません。

しかし、戸建て住宅では、テレビをケーブルにつなぐだけではテレビ放送はみられないことがほとんどです。UHFアンテナとケーブルを設置して、はじめてテレビがみられるようになります。今回は、そんなUHFアンテナについて詳しく解説していきます。

おすすめアンテナ工事サービス

テレビだけでは放送はみられない?「UHFアンテナ」とは

テレビ放送をみるには、放送データを受信するアンテナが必要になります。地上デジタル放送の電波を受信するものが、UHFアンテナです。

ちなみに、まだアナログ放送がされていた頃は、VHFアンテナというアンテナがついていた地域もありました。しかしデジタル放送に切り替わった今では、VHFアンテナは不要になったので、取り外した方が多いです。

マンションではUHFアンテナがすでに設置されているので、あとはケーブルとテレビをつなぐだけでテレビをみられるようになりますが、新築の戸建ての場合などはアンテナがついていない状態なので、UHFアンテナを設置する必要があります。

テレビだけでは放送はみられない?「UHFアンテナ」とは

形状によって特徴が変わる!UHFアンテナのバリエーション

とりあえずテレビ放送をみるには「UHFアンテナ」が必要だということはわかって頂けたと思います。UHFアンテナにはいくつか種類があり、アンテナは形状によって特徴が変わります。住んでいる環境や目的にあわせて適切なタイプを選びましょう。

UHFアンテナは主に3つの種類に分けることができます。

①八木式アンテナ<
魚の骨のような形状をしているアンテナで、いかにもアンテナという見た目をしていることが特長です。電波の受信規格が豊富なので、電波の強弱に合わせて選ぶことができます。電波を受信しやすいというメリットがある反面、デザイン的に景観を損ねるというデメリットもあります。

②平面アンテナ
平板な形をしているアンテナで、屋根ではなく壁面に設置するタイプのアンテナです。すっきりとしたデザインなので、景観を損ねることがありません。また、八木式アンテナが設置できない形状の建物にも取り付けることができます。しかし、屋根の上に取り付ける八木式アンテナと違い、取り付ける場所が低くなるため、電波を受信しにくいデメリットもあります。

③室内アンテナ
室内に設置することができるコンパクトなアンテナです。室内に設置するため、大掛かりな工事は不要です。また、低コストで手軽に設置することができることもメリットです。ただし、電波の受信性能が低く住宅の環境によっては安定して放送を視聴できないおそれもあります。電波の受信レベルが弱い地域での使用は避けた方がいいでしょう。

形状によって特徴が変わる!UHFアンテナのバリエーション

住宅環境に適したUHFアンテナの選び方

各アンテナの特徴についてご説明をいたしました。では今自分が住んでいる地域ではどのタイプが適しているのかをみてみましょう。

UHFアンテナ選びは「電界強度」で決まります。電界強度とは、届く電波の強度のことをいいます。電波強度は、電波を発している電波塔からの距離や、周辺の障害物の有無によって「強電界地域」、「中電界地域」、「弱電界地域」の3つの電界地域に分けられます。

「強電界地域」の場合は八木式・平面式・室内アンテナの、どのアンテナでも問題ないでしょう。「中電界地域」の場合は、八木式・平面アンテナが適しています。「弱電界地域」の場合は八木式アンテナにするのがよいでしょう。

電界強度を調べるには、近所の家についたアンテナの種類を確認したり、お近くの家電量販店で聞く方法があります。また、ウェブサイトで自宅の住所を入力して周辺の電界強度を検索する方法もあります。基本的には設置工事を依頼する業者に確認する方法が一般的です。

住宅環境に適したUHFアンテナの選び方

家にテレビを置くときは。UHFアンテナの設置方法

自分の家に適したタイプのアンテナがわかったらいよいよ設置です。UHFアンテナの設置は以下のような流れで作業をします。

【アンテナの設置方法の流れ】

①アンテナを組み立てる
②アンテナに同軸ケーブルを接続する
③屋根馬を設置する
④アンテナを屋根馬に設置
⑤支線をはる
⑥アンテナの方向調節をする
⑦同軸ケーブルを処理する

アンテナの向きは、ご近所のアンテナをみるとどれも同じ方向を向いていると思いますので、それを参考におおよその方角がわかります。そのあとの微調整はスマートフォンのアプリが役に立ちます。

上記の流れを参考に、自分でアンテナを取り付けることも可能ですが、八木式アンテナの場合、屋根に上って作業をするので危険な作業になります。仮に設置できたとしても電波をしっかり受信するための調整がうまくいかない場合も多いです。

そのため、多少コストがかかっても安全性と確実性の面からアンテナ工事のできる業者に依頼するのをオススメします。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

今回は、UHFアンテナについてご説明いたしました。UHFアンテナは地デジ放送をみるために必要なアンテナです。賃貸に住んでいるときはテレビをケーブルにつなげば当たり前のようにテレビ放送がみられるので、アンテナの存在を知らない方も多いのではないでしょうか。

しかし、戸建て住宅の場合はアンテナがついていないことがほとんどなので、ご自分でアンテナを設置する必要があります。アンテナの主な種類には、八木式・平面式・室内式の3つがあり、それぞれ特徴がことなります。ご自宅の環境や、目的に合わせてUHFアンテナを選びましょう。

近年ではDIYが流行していることもあり、UHFアンテナを自分で設置したりする方も増えてきました。しかし、屋根の上に登って作業をすることは非常に危険です。転落事故につながることもあるので、アンテナ工事のできる業者に依頼するようにしましょう。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

弊社調べの最安値 15,000円~

弊社調べの最安値 15,000円~

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-25 11:07:32
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/106854/
各種電気工事
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

おすすめ記事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986