生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

【オリンピックはもうすぐ】4K放送を見るには何が必要?解説します!

2018-09-25

【オリンピックはもうすぐ】4K放送を見るには何が必要?解説します!

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

いよいよ2020年に開催される東京オリンピックが迫ってきました。「会場には行けないけれど、せっかくなら選手の表情や動きを臨場感たっぷりに味わいたい…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、高画質、高音質、そして臨場感をばっちり感じる方法として、テレビの「4K放送」についてご紹介したいと思います。

4K放送とは何か?4K放送を見るにはどうしたらいいかなどを解説しますので、よろしければ参考にしてみてください。

おすすめアンテナ工事サービス

毛穴までくっきり見える!?4K放送とは

4Kとは、現在普及しているテレビの画質を大きく超えた超高画質映像です。

テレビやカメラなどには、画像を色で構成するための最小単位(細胞のようなもの)である「画素」があります。4Kには現行のHD画質の4倍の画素数があるため、より繊細でよりよい画質を楽しむことができるというものです。

4Kでは表現できる色や明るさの種類が増えたり、1秒当たりのコマ数を4倍に増やしてなめらかな動きにしたりと、現在のハイビジョン放送を大幅に上回る性能を誇っています。ですので、ぜひとも東京オリンピックは自宅のテレビで4Kの映像を楽しみたいものです。

では、そんな魅力的な4K放送を見るには、いったいどうすればよいのでしょうか。その方法や必要なものについてご説明していきます。

4Kテレビと4K対応テレビは何が違う?

「4K対応テレビ」というのは、名前の通り4K放送を見ることが可能になっているテレビです。テレビを見たりラジオを聞いたりするには、「チューナー」という電波を受信したときに同調するための装置が必要なのですが、「4K対応テレビ」はテレビ本体にそれがついていないものです。「4K対応」はあくまで「4K映像を映すのに対応しているよ」という意味になります。

一方「4Kテレビ」というのは、4K放送を受信するためのチューナーが最初からついているものをいいます。4K対応テレビは4K放送を受信することはできないのでチューナーが必要ですが、4Kテレビならチューナーを用意する必要がないのです。

また、近年ではチューナーがテレビではなく録画機の中に搭載されているようなものも作られてきているため、「4K放送を見るには絶対4Kテレビが必要!」というわけではなくなってきているのかもしれません。

4Kテレビと4K対応テレビは何が違う?

テレビ以外にも!4Kを見るために買い替えが必要なものとは

注意するべきなのは、4K放送を見るために4Kテレビを買っても、テレビ本体だけでは見ることができないということです。

4Kテレビならば電波を受信する機能は確かについていますが、アンテナとはまた別です。外から飛んでくる4Kの電波をキャッチするために、やはり専用のアンテナが必要になります。

4K放送はBSやCSと同じ衛星放送なので、4K放送対応のBS/CSアンテナならばそれらすべてを1つのアンテナで済ませることができます。

さらに視聴したい放送の種類によっては、分配器やブースターも「SH(スーパーハイビジョン受信)マーク」がついた4K放送に対応したものと交換する必要があります。

4K放送を見るには必要なものが意外と多いように感じますが、現在放送されているBSチャンネルのみ継続して視聴するという場合には、ほぼ機器や配線を変える必要はないそうです。

地デジは4K非対応!4K放送を扱うコンテンツについて

では肝心の4K放送はいったいどのチャンネルが放送しているのか、という問題についてお話します。

率直にいうと、私たちが普段視聴している一般的なテレビ番組である「地上デジタル放送」は4K放送ではありません。また、2018年の時点では4K放送になる予定もないようです。

4K放送は映像を作り、発信する側も非常にコストがかかる技術です。そのため、有料のチャンネル・動画サイトで放送されています。4K放送を行っているのは以下のようなチャンネル・動画サイトです。

・CS放送(スカパー!プレミアムサービス9
・スカパー!プレミアムサービス光
・ケーブルテレビ
・ひかりTV 4K
・アクトビラ
・ケイ・オプティコム

「じゃあ自宅で東京オリンピックを4K放送で見るにはどうすればいいんだ」と思うかもしれませんが、総務省の計画によれば2018年12月からは一部を除いて4K放送を無料にし、2020年までに全国に普及させることを目標としているようです。

2018年の時点で開始される予定の4K放送については、

・NHK
・ビーエス朝日
・BSジャパン
・BS-TBS
・BS日本
・WOWOW

などのテレビ局が予定されています。

ただし、ここまでご紹介してきた放送局全てにおいて「地上波(地上デジタル放送)」では見ることができず、「BS/CS放送」の視聴環境がないといけませんのでお気を付けください。

4K放送が台頭し始めてきたそもそもの理由が、総務省が2020年東京オリンピックまでに4K放送を普及させようとしていることが要因であるため、きっと私たちもしっかり準備しておけばオリンピックを超高画質で楽しむことができるでしょう。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

4K放送というのは従来の4倍の画素数で超高画質な映像を可能にしたものですが、4K放送を見るには4Kに対応したテレビやアンテナが必要です。

また、現在はBSやCSをはじめとする有料チャンネル、有料動画サイトで楽しむことができますが、2020年には無料の4K放送が増え、東京オリンピックを4K画質で観ることができるようになるといわれています。ただし、地上波放送ではこれからも変わらず4K放送ではありません。BSやCSと合わせて準備しましょう。

早めに4K放送を視聴できる環境を用意しておき、2020年にはぜひとも自宅で臨場感あるオリンピックを楽しんでください。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

弊社調べの最安値 15,000円~

弊社調べの最安値 15,000円~

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-25 11:11:08
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/106678/
各種電気工事
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986