生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸のエアコン設置や修理での費用負担について|交渉のポイントも!

投稿日:2019-11-22 更新日:2019-11-25

賃貸のエアコン設置や修理での費用負担について|交渉のポイントも!

この記事は1901人に読まれています。

賃貸物件の中には、エアコンが設置されていない物件も多くあるものです。しかし、エアコンは大家さんなどの管理者に相談すれば設置できるケースもあります。

もし管理者のほうでエアコンの設置をしてくれなくても、自費でエアコンを設置すればよいと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自費で設置する場合も、一度管理者に確認をしておかないと、後々のトラブルにつながる場合もあります。

エアコンを設置したことで、退去時の費用にも大きく影響が出る場合もあるため、契約内容をよく確認してから設置を決めるようにしましょう。今回は、賃貸にエアコンを設置する際に覚えておきたい注意点についてまとめていきます。

賃貸にエアコンがないので設置したい場合

賃貸にエアコンがない場合、まずは不動産や管理者に連絡をして、本当にエアコンがついていないのかを確認しましょう。まれにですが、物件情報ではエアコンなしとなっていても、前の住人が設置したエアコンがそのままになっている場合があります。

しかし、確認のうえで本当にエアコンが設置されていない場合もあるでしょう。そのときは、自分でエアコンを設置するように動く必要があります。ここでは、賃貸にエアコンを設置するにはどのような手順をとればよいのかを解説していきます。

入居時の契約書の「冷暖房設備の有無」をチェック

賃貸のエアコン設置を考えた際にチェックしておきたいのが、入居時の契約書です。賃貸借契約書の中には、物件に付随する設備について、管理者がどのような設備の修繕を請け負うのか、というのを明記している箇所があります。

その中の「冷暖房設備」の項目で「有」となっていれば、管理者が修繕を請け負う設備の中に、エアコンが含まれていることになります。これにくわえて、契約書の中に「契約期間中の修繕」の条項が記載されていれば、管理者は居住者の契約中に必要なメンテナンスをおこなう義務がある、ということになります。

「契約期間中の修繕の条項」と「冷暖房設備有」の記載の有無を確認し、記載があれば、管理者の負担でエアコンの設置をしてもらう権利があります。まず先に確認をしておきましょう。

賃貸のエアコン設置や修理での費用負担について|交渉のポイントも!

管理会社か大家さんにエアコン設置の許可をとる

契約書の記載があっても、あくまで権利があるというだけで、決して無断でエアコンを設置してよいということではありません。必ず管理会社や大家さんに直接連絡して、エアコン設置の許可をとるようにしましょう。

もっともよいのは、入居前に「エアコンがあるなら契約をしたい」というように設置を交渉することです。物件選びの一環として入居前に交渉をしておくことで、住み始めてから交渉をするよりもスムーズに事を運ぶことができるはずです。また、エアコンをほかの場所に増やしたいという場合も、管理者への確認をとりましょう。

設置可能な場所、退去時のルール確認もしておこう

設置の許可がとれたからといって、どこにでもエアコンを設置できるというわけではありません。エアコンを設置するには、専用のコンセントのほか、室外機への配管用の穴が必要になります。

とくに穴をあける必要がある分、でたらめな場所に設置しようとしてしまうと、構造上の問題が発生するおそれもあり、大変危険です。エアコンを設置する際には、どこにエアコンを設置するつもりなのかについても、事細かに管理者と相談しておきましょう。

また、個人の要望によって設置したエアコンに関しては、退去時に撤去の必要がある場合もあります。退去時のエアコンの処置についても、事前に契約書を確認したり、管理者と直接相談をしたりするようにしてください。

賃貸エアコンの費用負担【設置】【修理・交換】

賃貸にエアコンを設置する際にかかる費用には、さまざまなものが考えられます。どこにどのような、そしてどれほどの費用がかかるものかは、その時々のケースによって大きく異なります。ここでは参考として、状況別にそれぞれどのような費用がかかるかをご紹介いたします。

配管穴やコンセントはあり、エアコンがない場合

すでに配管用の穴やエアコン用のコンセントがある場合、必要なのはエアコン本体の費用と、取り付けの作業費のみになります。仮に6畳のお部屋にエアコンを設置する場合、料金の相場は以下の通りになります。

エアコン本体:40,000円~60,000円
取り付け作業費:10,000円~15,000円

エアコン本体の購入費に関してですが、じつは安くなる時期というものが存在します。それは、8月~9月の時期です。

この時期は多くの家電量販店が中間決算に入る時期で、つまりはお店の在庫を処分したがっている時期です。くわえてエアコンに関しては、夏はじめの間に売れなかった在庫を、この時期にできるだけ売り切ってしまわなければなりません。

このことから、8月~9月はセールなどでエアコンが安く売られることが多いのです。今すぐに必要ということでなければ、この時期をねらって購入するのをおすすめします。

賃貸のエアコン設置や修理での費用負担について|交渉のポイントも!

配管穴やコンセントもない場所にエアコンを新設したい

配管用の穴やコンセントがない場合は、先ほど紹介した取り付け作業費にくわえて、追加の工事費がかかる場合がほとんどです。まずは配管穴をあける費用についてですが、穴あけの費用は壁に使われる素材によって異なります。穴あけ1カ所あたりの相場は、おおよそ以下のようになっています。

コンクリート:13,000円~15,000円
木造、モルタル、ALC:3,000円~5,500円
タイル:5,000円~10,000円

そして、コンセントの増設にかかる費用ですが、そもそもなぜエアコン用のコンセントを増設する必要があるのか、疑問に思う方も多いかもしれません。その理由は、エアコンが家庭にある家電の中でも、ひときわ消費電力が高いためです。

普通のコンセントに挿してエアコンを動かそうとすると、大電流が流れることから火災につながるおそれがあります。また、物によっては、そもそもコンセントの形状が通常のコンセントとは異なる場合もあるのです。エアコン用コンセントの増設にかかる費用の相場は以下の通りです。

エアコン用コンセント増設:15,000円~30,000円

これの工事の費用は一部を負担してもらえる可能性が高いので、管理者に相談してみましょう。居住のための設備として、エアコンが必要であると認められることが重要です。

備え付けのエアコンを最新式に替えたい

エアコンが備え付けされている場合でも、機能の不足を感じるなどして、最新のエアコンに替えたいということもあるかもしれません。この場合、まだ使えるものを交換することになるため、ほとんどの場合は自費の負担で交換することになるでしょう。

そうなると費用面で大きな負担になるようにも思えますが、最新式の省エネなエアコンを使用することで、毎月の電気代が大幅に下がる可能性もあります。とはいっても、やはり大きな出費です。一度きちんとフィルター掃除をするなどのケアをして、いまのままでも使えないかどうか様子を見てから購入に踏み切るのがよいかもしれません。

備え付けのエアコンが故障した場合

備え付けのエアコンが故障してしまった場合、居住のための設備として用意されていたエアコンが故障した、ということになります。そのため、管理者側に費用を負担してもらえる可能性が高いでしょう。

しかし、実際にはそう上手くはいかないケースもあります。たとえば故障したエアコンが管理者の用意したものではなく、前の住人が残していったものという場合です。この場合は管理者にメンテナンスの義務はなく、買い替えなどの費用は自費で負担することになってしまいます。

こうした問題も絡んでくるため、備え付けのエアコンが不具合を起こした際には、おちついて適切な対処をする必要があります。その対処については次章で詳しく説明いたします。

賃貸物件で備え付けのエアコンが故障したら……

賃貸で備え付けのエアコンが故障してしまったと思ったら、まずは本当に故障しているのかどうかを確認しましょう。チェックすべきなのは以下の点です。

・エアコンの電池が切れていないかどうか
・コンセントが抜けていないかどうか
・ブレーカーが切れていないかどうか
・フィルターにホコリがつまっていないかどうか
・室外機の排気を邪魔するようなものを置いていないかどうか

電源や室外機の状況を確認して、フィルターもチェックしたうえで原因がわからない場合は、まず大家さんに連絡をとりましょう。もっとも避けるべきなのは、無断で新たなエアコンを手配してしまうことです。

管理者は指定の修理会社と提携していたり、在庫のエアコンを持っていたりする場合があります。壊れたからといって勝手に古いエアコンを外してしまうと、それが新たなトラブルの引き金になってしまうことがあるのです。

管理者と連絡がとれれば、エアコンの故障の場合は、管理者が費用を負担してくれることが多くあります。しかし、かつての住人が置いていったエアコンである場合など、自費で負担しなければならないこともあるでしょう。また、入居者の過失によって故障したことが判明した場合も、入居者が全面的に費用を負担することになります。

故意に叩いて壊すようなことはないかもしれませんが、たとえば入居中フィルターを一切掃除していなかったために、故障を起こしてしまうこともあります。それは管理者の責任ではなく入居者の怠慢であり、入居者の過失であるという考え方になるのです。

また、料金の負担のこと以外に管理者と話す必要があるのは、業者の手配のことです。業者については、管理者が提携しているところを呼んだり、入居者に手配をまかせたりなど、管理者の判断によって対応が大きく変わります。ここについてもきちんと話し合って、早くエアコンを復旧できるようにしましょう。

賃貸の退去時に発生するエアコンの費用負担

賃貸のエアコンに関して気をつけるべきなのが、退去時の処置です。賃貸の退去時には、また新たな住人を迎えられるよう復旧する原状回復の義務があり、エアコンに関してはクリーニング費や処分費が発生する場合があります。ここでは、ケース別に退去時にかかる費用などについてご紹介していきます。

もともとエアコンがあった場合のクリーニング代金

もとから設備としてエアコンが設置されていた状態で入居した場合、エアコンにも原状回復のクリーニングが必要になります。普段のエアコンのクリーニングは入居者がおこなう義務がありますが、退去時のクリーニングは、入居時の契約内容によって作業するべき人間が変わります。

もし契約書にエアコンのクリーニングについてとくに記載がない場合、エアコンのクリーニングは、退去後に管理者がおこなうのが一般的です。クリーニングの代金についても、入居者に支払い義務はありません。

しかし、エアコンのクリーニングは、入居者がおこなうよう契約書に記載されていることもあります。この場合は、入居者がクリーニングの代金を負担して、原状回復をおこなう必要があります。

仮にクリーニングの業者を呼ぶ場合、クリーニング代金の相場は10,000円~30,000円ほどになります。自動洗浄機能付きのものや、壁に埋め込まれているタイプのエアコンは、クリーニングの費用が高くなる傾向があるようです。

賃貸のエアコン設置や修理での費用負担について|交渉のポイントも!

入居後にエアコンを購入・設置した場合

入居後新たにエアコンを設置したという場合、エアコンは管理者ではなく、入居者の所有物という扱いになります。そのため、もともと「設備」として管理者が設置したエアコンとは違い、部屋に残して退去してしまうと、前の住人が置いていった「残置物」となります。

原則として残置物を残していくのは認められないため、無断で残していくと日割りの家賃が発生してしまうかもしれません。自分で設置したエアコンは、自分できっちり処分してから退去するようにしましょう。

エアコンがなかった場所に新規増設した場合

エアコンがもともと設置できないような場所に新規に増設した場合、配管などで、入居時にはなかった穴があけられていることでしょう。この工事によってできた穴について、退去時に修繕費用を求められる場合があります。

取り付け工事による穴の修繕に関しては、新規に増設した際に確認しておくべきです。設置を許可されたからといって、退去時の修繕も不要だと勝手に判断してしまうと、すれ違いが起きて話がこじれてしまうことでしょう。また、修繕費用が不要な場合でも、自分で設置したエアコンの撤去費用は必要になるため、こちらも忘れずにいておいてください。

賃貸の退去後に不要になったエアコンの処分法

引っ越し先にエアコンが設置されている場合など、前の物件で設置したエアコンが、退去後に不要になることは多くあります。

エアコンはリサイクル法によって、家電4品目に数えられている家電です。エアコンを自治体に処分してもらう場合は、990円のリサイクル料金(2019年11月現在)が発生してしまいます。

エアコンを捨てるのではなく、売るという手もあります。たとえばネットオークションに出品したり、買取業者に引き取ってもらったりといった方法です。とくに買取業者はエアコンの取り外しまで代行してくれる場合もあるため、退去前に一度連絡してみるのもよいかもしれません。

まとめ

エアコンがない賃貸にエアコンを設置する場合、契約内容や大家さんなどの意向をよく確認してから設置をおこなう必要があります。また、穴あけなどの工事をともなうこともあるため、設置する場所についても、よく話し合いをしておきましょう。

賃貸のエアコンの取り付け、撤去などについてお困りの際は、ぜひ生活110番にご相談ください。年中無休のコールセンターでいつでもご相談を承るほか、賃貸のエアコン取り付けにも対応できる、お近くの業者を派遣いたします。

エアコン工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
エアコン工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-25 13:22:25
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_air_conditioner/177169/
各種電気工事
賃貸物件の中には、エアコンが設置されていない物件も多くあるものです。しかし、エアコンは大家さんなどの管理者に相談すれば設置できるケースもあります。もし管理者のほうでエアコンの設置をしてくれなくても、自費でエアコンを設置すればよいと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自費で設置する場合も、一度管理者に確認をしておかないと、後々のトラブルにつながる場合もあります。エアコンを設置したことで、退...

この記事のキーワード

各種電気工事 エアコン工事

エアコン工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコン工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!