生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの取り付け方を解説!必要な道具と手順がわかればDIY可能

投稿日:2019-11-21 更新日:2019-11-28

エアコンの取り付け方を解説!必要な道具と手順がわかればDIY可能

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

エアコンの取り付けは、道具を準備して正しい手順でおこなえば自分でおこなうことができます。しかし、手順があやふやなままであったり、うまくできるかどうか不安なまま作業したりするのはあまりおすすめしません。

なぜなら、正しい取り付け方をしなければ、エアコンがうまく作動しないおそれがあるからです。まずは、道具や手順をしっかり理解することから始めましょう。

そこで、このコラムでは、エアコンの取り付け方や必要な道具について解説します。この記事を読んで、「自分でできないかも……」と感じたら業者依頼も視野に入れて考えましょう。

エアコンをDIYで設置するのに必要な道具

エアコンをDIYで取り付けるには、事前にさまざまな道具を準備しておく必要があります。道具の準備を怠ると、エアコンをうまく取り付けならないこともあるでしょう。まずは、何が必要かきちんと把握して、万全の準備をおこなってください。エアコンの取り付けに必要な道具は、以下の通りです。

【エアコンの設置に必要な道具】
・トルクレンチ・両口スパナ:配管をつなぐために使用する。
・ドライバー、もしくは電動ドライバー:ネジを締める道具。
・ペンチ、ニッパー、カッター:ケーブル周りのゴムを剥がすために使用する。
・パイプカッター:配管を切る道具。
・モンキーレンチ:ナットを締める道具。
・六角棒スパナ:室外機の弁を開け閉めするために使用する。
・電気ドリル:室内機の土台を固定するために使用する。
・コアドリル:壁に穴をあける道具。
・パイプベンダー:配管などを曲げるための道具。
・エアコンダクトカッター:配管に取り付ける化粧カバーを切る道具。
・フレアツール、もしくはガス溶接機:配管の先をラッパのような形に変形させる(フレア加工)道具。
・ガス漏れ検知器:ガスが漏れていないか点検する機器。
・真空ポンプ:エアコンの中を真空にする道具。
・真空ゲージ(ゲージマニホールド):真空状態になっているか確認する道具。
・リーマー:配管などにできた余分な突起物を取る道具。
・養生シート:部屋の保護に使用する。
・脚立:室内機の設置の際、使用する。
・配管用テープ:配管などに巻き付け、接続したり強度を高めたりするのに使用する。
・水平器:エアコンの土台が水平になっているか確認するために使用する。
・据置台(プラブロック):室外機の土台として使用する。
・ドレンホース:エアコンの排水用のホース。
・化粧カバー(スリムダクト):配管を保護するためのカバー。
・冷媒管:室内機と室外機をつなぐ配管。
・エアコン配管用のパテ:配管を通した壁のすき間の補修。
・貫通スリーブ:壁の穴に通す筒状の部品。
・電線:室内機から室外機に電気を送るために使用する。
・ボードアンカー:室内機の土台の固定に使用する。
・アース線、アース専用のネジ、アース棒:漏電などのトラブルを防ぐための部品。

このように、自分でエアコンを取り付けようとすると非常に多くの道具を揃えなくてはなりません。また、エアコンの取り付けにしか使わないような道具もあるため、レンタルなども活用するのがおすすめです。

これらの道具を購入、もしくはレンタルしてすべて用意すると、20,000円ほどかかります。持っている道具があれば、費用削減することもできるかもしれません。まずは、家にどんな道具があるのか確認してみましょう。

DIYでのエアコンの取り付け方~室内~

DIYでのエアコンの取り付け方~室内~

道具がすべて用意できたら、エアコンの取り付け作業をおこないましょう。エアコンの取り付けをおこなう前は、室内に汚れや傷がつかないようにクッション性のある養生シートを敷いておくようにしてください。では、エアコンの取り付け方は以下の通りになります。

手順【1】:壁に配管パイプ用の穴をあける

エアコンの取り付け位置に配管用の穴がない場合は、自分でエアコンの取り付ける場所を想定して壁に穴をあけなくてはなりません。壁に配管用の穴をあける際は、室内から外に向けてコアドリルや電動ドリルを使っておこないます。

ただし、穴あけの際に注意しなくてはならないのは、壁の中にある電気系統の配線やガス管などです。何も考えずに穴をあけてしまうと、配線やガス管に損傷を与えてしまい、大きなトラブルに発展するおそれがあります。そうなれば業者による修理が必要になるため、費用もかかってしまいます。穴をあける位置には、十分に注意しましょう。

さらに、壁にコンクリート素材など使われている場合は、手持ちのコアドリルなどでは対応できないことがあります。そのような場合は無理に作業を進めず、業者に依頼するようにしましょう。壁の穴あけができたら、貫通スリーブを通して完成です。

手順【2】:室内機を固定する据付板を取り付ける

まずは、エアコンの室内機の土台となる据付板を取り付けます。エアコンの室内機を取り付ける位置に、据付板を合わせて水平器で測りながら水平にします。据付板が水平であることが確認できたら、マジックなどで壁に印をつけておきましょう。

まずは、壁側にドライバーなどを使って打ち込むボードアンカーの位置に下穴をあけていきます。下穴を四隅にあけたら、電動ドライバーなどを使ってボードアンカーを打ち込んでください。ボードアンカーは打ち込むことによって、アンカー部分が傘のように開き簡単には抜けなくなります。そして、ボードアンカーのビスだけ外しましょう。

据付板を再び合わせ、取り外したビスをアンカーの上に打ち込み、固定すれば据付板の取り付けは完了です。ただし、壁の素材によって何を使って固定するかは変わってきます。素材を見極めて合ったものを使用するようにしましょう。

手順【3】:室内機を据付板に取り付ける

次は、取り付けた据付板に室内機本体を設置します。室内機本体につけた配管などは、壁の穴から外に出しておきます。据付板には本体に引っかける部分がついているので、うまくかみ合わせて固定しましょう。

この際、取り付け方が甘いとエアコンが落下してくる恐れがあるので注意してください。グラグラしないか、ちゃんと固定されているか確認するようにしましょう。

DIYでのエアコンの取り付け方~室外~

DIYでのエアコンの取り付け方~室外~

室内機の取り付けが終わったら、次は室外機の設置です。室外機も室内の熱を外に放出する役割を担っている大切な機器です。正しい手順で取り付けていきましょう。

手順【1】:配管パイプの加工・冷媒配管の接続

室外機を所定の位置に設置したら、壁の穴から通した配管パイプをパイプカッターで室外機につなげる長さでカットします。配管パイプをカットすると内側に余分な突起物がついてしまうため、リーマーできれいにしましょう。

次に、配管パイプに六角形をしたフレアナットを通してから、先端をフレアツールでフレア加工します。この配管の先をラッパのように形にするフレア加工は、素人には難しく失敗しやすい部分なので慎重に作業しましょう。

次に、室内機と室外機をつなぐ冷媒配管の接続をおこないます。室外機に先ほどのフレア加工した配管パイプをつなぎ、通したフレアナットを締め固定していきます。この際フレアナットに緩みがあるとガスが漏れて、エアコンの効果が十分に得られなくなってしまいます。トルクレンチなどを使って、きつくしっかりと締めましょう。

手順【2】:室外機と配管の接続

次に、室内機から出ている配管や電線を室外機につなげていきます。どのように配線をおこなうか決めて、テープやカバーなどでまとめます。室外機まで伸ばした配管は余分な部分はカットしましょう。

配管には先ほどと同様に、先端にフレア加工を施してから室外機に接続していきます。室内機とつながった電線は先端部分だけ外装のビニールを取り除き、つないでいきましょう。

手順【3】:真空引きをして冷媒ガスを開放

次は、真空パイプや真空ゲージを使って、配管内を真空にしていきます。エアコンを快適に利用するには、室内を暖かくしたり涼しくしたりする役割を持つ冷媒ガスで満たす必要があります。水や不純物がエアコンや配管内部にあると、エアコンはうまく機能してくれません。

昔は、冷媒ガスを流してエアコンや配管内の水や不純物を出すエアパージという方法が取られていました。しかし、最近ではエアコンの寿命が短くなるというデメリットがあるため、最近では真空引きが主流となっています。

真空引きをおこなうときは、まず真空ゲージの黄色のホースを真空ポンプに取り付け、青のホースを室外機に取り付けます。青のホースは、室外機の冷媒配管の近くについているサービスポートと呼ばれる部分に接続しましょう。

真空ポンプの電源を入れ、真空ゲージが-0.1をさすようにします。15分ほど真空ポンプを稼働させたら、一旦止めて10~15分ほど放置します。真空ゲージの数値が変わらないようであれば、きちんと真空引きができている証拠です。数値が1の方向に触れてしまう場合はナットの緩みなどが考えられます。

手順【4】:パテですき間を埋めて完成

室内機から室外機に配管などを通した壁の穴には隙間ができてしまっているため、エアコン用のパテを使って埋めましょう。そのままにしておくと雨風や害虫などが侵入する原因になってしまいます。

エアコンの取り付けはDIYよりも業者がおすすめ

前章まででエアコンの取り付け方について説明してきましたが、使用する道具や作業工程も多くなかなか大変な作業であることがわかりますよね。実はエアコンの取り付け作業は、自分でやるより業者に依頼するほうがよい場合が多いのです。

とくに初めて自分でエアコンを取り付ける方や、道具がなく作業工程も難しく感じる方には、業者依頼がおすすめです。では、業者に依頼した場合の費用や優良な業者の選び方について見ていきましょう。

エアコン設置を業者に依頼するときの費用相場

エアコン設置を業者に依頼するときの費用相場

エアコンを業者に依頼して取り付けてもらうときにかかる費用は、新品のエアコンの場合14,000~18,000円ほどとされています。しかし、室外機をつなぐ配管の長さを延長したり、周辺のパーツが必要になったりすると、追加料金が発生する場合があるようです。中古のエアコンであればもう少し安く、7,000~15,000円ほどとなっています。

この設置費用とDIYで道具をそろえる費用を比べると、業者依頼のほうがお得なのがわかります。また、業者に依頼すれば取り付け作業の手間もなくなります。家に道具がない人や設置作業に不安のある方は、業者依頼がおすすめなのです。

失敗するリスクがほとんどない

エアコンの取り付け作業は前章でも説明した通り、工程が多く大変な作業になります。そのため、無知の状態で取り組めば失敗してしまうこともあるでしょう。エアコン設置に失敗すれば、エアコンが作動しなかったり効き目が悪くなってしまったり快適に使用することができなくなります。

失敗のリスクを少なくするためにも、業者に依頼して取り付けてもらうとよいでしょう。エアコンの設置業者は取り付け作業にも慣れており、技術や知識も豊富であるため失敗するリスクは極めて少ないでしょう。手間なく快適に過ごしたい方は、業者に依頼するのがおすすめです。

エアコン取り付け業者の選び方

エアコンの取り付けを請け負っている業者は、全国に多数あります。そのため、どの業者を選んでよいかわからなくなってしまう方も多いかもしれません。優良なエアコン取り付け業者を選ぶためには、業者選びのポイントを知っておくとよいでしょう。

まず、業者選びのポイントは、実績が多数あるということです。実績がある業者は、エアコンの設置作業に慣れており、作業スピードや技術にも期待できます。業者のエアコン設置の実績は、ホームページなどで確認することができるので一度見てみましょう。

もうひとつのポイントは、アフターフォローがしっかりしているということです。エアコンをきちんと設置してもらうことも大切ですが、今後使用するにあたってのトラブルにも対応してもらえるというのも重要です。

長く快適にエアコンを使用するためにも、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。最後に抑えておきたいのが、見積りが明確であるということです。見積り書には、料金や作業内容などたくさんの情報が詰まっています。

どんな作業をおこない、どれくらいの費用がかかるのか明確であるほうが安心してまかせることができるでしょう。また、業者によって費用も異なるため、1社に絞らず複数の業者から見積りを取るというのもおすすめです。

しかし、中にはすぐ設置してもらいたい、複数の業者に見積りを依頼するのは面倒と感じる方もいるかもしれません。そんな方はぜひ生活110番をご利用ください。生活110番ではお客様の要望をお伺いし、要望に合った業者をご紹介させていただいています。

自分で探す手間も省けるので、スピーディーに設置工事をおこなうことができるでしょう。弊社では無料で見積りを出させていただいていますので、まずはご相談ください。

まとめ

エアコンは必要な道具を準備して、正しい手順で取り付ければ自分で設置することができます。自分でおこなう際は、エアコンの取り付け方をしっかり理解してからおこなうようにしましょう。

自分で取り付ける自信がないという方は、業者依頼がおすすめです。また、道具をいちから揃えるという方も、業者に依頼したほうがお得に取り付けられるかもしれません。業者に依頼すれば設置作業の手間も省け、失敗するリスクも少なくなります。エアコンを正しく取り付けて、快適な生活を送りましょう。

エアコン工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
エアコン工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:3

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-28 17:48:40
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_air_conditioner/176952/
各種電気工事
エアコンの取り付けは、道具を準備して正しい手順でおこなえば自分でおこなうことができます。しかし、手順があやふやなままであったり、うまくできるかどうか不安なまま作業したりするのはあまりおすすめしません。なぜなら、正しい取り付け方をしなければ、エアコンがうまく作動しないおそれがあるからです。まずは、道具や手順をしっかり理解することから始めましょう。そこで、このコラムでは、エアコンの取り付け方や必要な道...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 エアコン工事

エアコン工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコン工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!