生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの霜取りは大切!【霜取り運転】しなくていい雪対策とは

2018-01-08

エアコンの霜取りは大切!【霜取り運転】しなくていい雪対策とは

エアコンの「霜取り運転」機能を知っていますか。地域によって大きく差は出ると思いますが、毎年雪が降るような地域では必ず、この「霜取り運転」が大切になってきます。
エアコンに霜が付くとは一体どのような状態なのでしょうか。そこで今回は、エアコンに霜が付いたときの症状と霜取り対策についてご紹介していきます。

エアコン工事・エアコン修理のおすすめサービス

エアコンに霜取り?室外機に霜がつくのはなぜ?

寒冷地において、エアコンの霜取りは重要です。エアコンになぜ霜がついてしまうのか、簡単に説明していきます。

エアコンが暖房運転をしているとき、室外機は冷たい空気を屋外に吹き出しています。その際に、室外機内部の熱交換器は非常に冷たくなってしまいます。そのため空気中の水蒸気が熱交換器に結露して凍り「霜」となるのです。

熱交換器に霜が付着してしまうと、室外機の空気の吸い込みが妨げられ、屋外の熱を効率的に取り込むことができなくなってしまいます。その影響によって暖房の利きが悪くなるなど、エアコンの不調が発生します。
このようなエアコンの不調を防ぐために、エアコンには熱交換器に付着した霜を溶かす「霜取り運転」機能が付いています。
      エアコンに霜取り?室外機に霜がつくのはなぜ?

エアコンに霜がつくとどんなトラブルが?

エアコンに霜が付着してしまうと、暖房運転しているにもかかわらず暖かい風が出てこなくなったり、運転開始をしても数分の間、停止したままになっている、また室外機から異音がしたり、室外機から湯気が出るなどの症状が出ます。

これは、エアコンが霜取り運転をしている際にみられる現象ですが、この付着した霜を放置してしまうと最悪の場合、エアコンの故障につながる可能性もあります。

通常、エアコンは霜取り運転を自力で行うようになっていますが、こまめに霜取りをしてあげるほうが、霜取りに掛かる時間もエネルギーも少なく済むため、エアコンに負担がかかりません。

エアコンの霜を取り除く方法

エアコンの霜取りには、霜取り運転をするのがいいでしょう。
霜取り運転は、通常室内に暖かい空気を送り込むところを、室外機に送ることで霜を溶かす仕組みになっています。

室外機の周辺を暖めてあげる方法もあります。
室外機の周辺で焚き火をするほか、他の暖房機器で室外機を暖めるなどですが、どれもあまりおすすめはできません。さらに、熱湯をかける行為は機器の故障につながる可能性があるため、控えたほうが良いでしょう。

雪に強いエアコンは?寒冷地のエアコン対策

エアコンの霜取りをしなければ、エアコンの暖房機能が低下してしまいます。しかし、それでいては寒冷地のエアコンは常に霜取り運転をしていなければ追い付かないかもしれませんよね。
暖房のためにエアコンをつけているのに、ただ電気代だけ掛かって屋内が暖まらないということになってしまいます。
そんなことにならないためにも、寒冷地ではさまざまな工夫がされているようです。では一体どのような工夫をしているのでしょうか。

寒冷地向けエアコン

雪が多く、冬場の気温が特に低い寒冷地向けのエアコンがあります。
このエアコンは強力な暖房能力、凍結防止のドレンパンヒーターを搭載した室外機、マイナス25度までの低外気温への対応などといった特長があります。ただし電気代が通常の物よりも高めに掛かります。
      雪に強いエアコンは?寒冷地のエアコン対策

高置台

雪が多くて積もりやすい場所では、積もった雪に室外機が埋もれないように、高い場所に設置するのが一般的です。なお、室外機の周囲30cm以上は物を置かないようにし、また積もった雪も速やかに除雪しましょう。

防雪フード

防雪フードで、室外機に雪が入り込むのを防ぐ方法も効果があります。これは、室外機のファンの部分に直接雪が吸い込まれないようにするため、また積雪を防ぐためのガードです。レンジフードのようなものとイメージするといいでしょう。

暖房器具の併用

暖房をエアコンのみに頼らず、床暖房や他の暖房機器と併用して部屋の温度をあまり下げないようにしましょう。エアコンの霜取り運転は避けられませんので、他の暖房器具を活用して暖をとるといいでしょう。

エアコン工事・エアコン修理のおすすめサービス

まとめ

寒くなるとエアコンの利きが悪くなると感じている方は一度、室外機を確認してみましょう。多くの場合が霜による暖房機能低下です。エアコンの霜取り運転が完了すれば、再び暖かい空気が室内に送り込まれます。しかし残念ながら冬場は外気温度が低いため、エアコンは作動させると頻繁に霜取り運転を行う可能性が高いです。
暖房はエアコンだけに頼らないということが一番のポイントかもしれません。ほかの暖房機器と併用して効率的に室内を暖め、寒い冬も快適に過ごしましょう。

エアコン工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン工事」をご覧ください。

エアコン工事のおすすめ業者を見る

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:3.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-01-08 15:18:27
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_air_conditioner/17654/
各種電気工事
エアコンの「霜取り運転」機能を知っていますか。地域によって大きく差は出ると思いますが、毎年雪が降るような地域では必ず、この「霜取り運転」が大切になってきます。 エアコンに霜が付くとは一体どのような状態なのでしょうか。そこで今回は、エアコンに霜が付いたときの症状と霜取り対策についてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986