生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日に暖房が止まる?エアコンの霜取りの対策方法をご紹介

2018-07-27

寒い日に暖房が止まる?エアコンの霜取りの対策方法をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

秋になり、これからどんどん寒くなり、冬が来ます。そんな寒い日に暖房をつけていても一向に部屋が暖まらず、調べてみたら温風が出ていないといった経験はありませんか?
実はこれ、霜取り運転といってエアコンの正しい機能で、故障ではないのです。しかし、寒いときに温風が出ず部屋が暖まらないのは嫌ですよね。
今回はエアコンの霜取りの対策について説明します。これから寒くなるので頭に入れておきましょう。

エアコン臨時バナー02
エアコン臨時バナー02SP

寒い冬はエアコンの室外機の霜取りが必要?

エアコンの霜取りの対策を紹介する前に、まずはなぜ霜取りが必要か説明していきます。

エアコンは暖房時、室外機から外に冷たい風を吹き出しています。この時、室外機内部の熱交換器は非常に冷たくなっているため、空気中の水蒸気が熱交換器に結露して凍り「霜」になります。その霜が室外機の熱交換器に付くことがあります。

熱交換器に霜が付着してしまうと、室外機の空気の吸い込みが妨げられ、屋外の熱を効率的に取り込むことができなくなってしまうのです。
そのため、エアコンには熱交換器に付着した霜を溶かす霜取り運転の機能が付いています。
      寒い冬はエアコンの室外機の霜取りが必要?

エアコン室外機の【霜取り運転】とは

霜取り運転は通常の暖房運転とは反対に、室外機の熱交換器を暖めることで霜を溶かします。霜取り運転時は一時的にエアコンから暖かい風が出てこなくなるため、故障したと勘違いしがちです。しかし、霜取り運転を開始してからしばらくすると霜が溶けてなくなり、通常の暖房運転が再開されます。

霜取り運転で霜を溶かす際、周囲の温度差により湯気が発生することがあります。また、霜取り運転中に室外機から「プシュー」「シャー」「ポコポコ」という音が聞こえることがありますが、これはエアコン内部で冷媒の流れが切り替わる音で、故障ではありません。

このように寒いときや寒冷地では必要な機能ですが、一時的に暖房が止まります。このことを防ぐためにエアコンの霜取りの対策を取りましょう。

エアコン室外機の【霜取り運転】対策は?

では、エアコンの霜取りの対策方法を紹介していきます。対策といっても、完全に霜取り運転をしなくなると故障の原因になるので、霜取りの回数を減らす方法を紹介していきます。

対策方法

・設定温度を低くする
寒いからといって暖房温度を25℃など高く設定しないようにしましょう。
エアコンの温度はできるだけ22℃くらいの低温にして、外気温との差を小さくすることで早く暖まり、霜取りの回数も少なくなります。

・室外機はできるだけ高い場所に
室外機は低い場所より高い場所に設置しましょう。また、できるだけ室内機に近い場所に設置することをおすすめします。

・フィルターの掃除をこまめにする
エアコンのフィルターはできるだけこまめに掃除してください。フィルターを汚れたままにしておくと、暖房効果を低くし、霜取りの回数を増やす原因にもなります。
空気清浄フィルターやニオイ取りフィルターの替えがない場合は、汚れたまま使用するより取り外した方がよいです。

・エアコンは部屋の広さよりも一回り大きなものを選ぶ
広い部屋に小さなエアコンを設置すると、エアコンの効きが悪くなるため、夏は温度を低く、冬は温度を高くしがちです。エアコンは部屋の広さより一回り大きなものを選ぶことで冷暖房光熱費の軽減にもなりますし、霜取り運転の回数にも影響します。

エアコンには暖房や冷房の目安の広さがあり、「8~10畳」などと記載されていますが、8~10畳の広さに適しているというわけではありません。これは「木造なら8畳、鉄筋なら10畳が目安」という意味です。エアコンを新しく購入する際は、このことも頭に入れておきましょう。

やってはいけないこと

エアコンの霜取り対策として、寒い空気を取り込まないように室外機の周りを風よけすことを考える人がいるようですが、やめておきましょう。

室外機の吸い込み口がふさがっていると、空気を効率的に吸い込むことができません。また、吹き出し口がふさがっていると、室外機から吹き出された冷たい空気を、室外機が再び吸い込んでしまう「ショートサーキット」という現象が起こります。
すると、屋外の熱を効率よく取り込むことができず、電気代が高くなってしまうばかりか、暖房運転が停止してしまうこともあるのです。
      エアコン室外機の【霜取り運転】対策は?

エアコンを暖かく使用するための方法と対策

エアコンの霜取りの対策方法を紹介しましたが、設定温度を低くするなどをしてしまうと部屋が暖かくならないという方も多いのではないでしょうか。
効率よく部屋を暖かくする方法を紹介します。

エアコンが効きやすい部屋にする

部屋の中で少し工夫するだけでエアコンが効きやすくなります。
気軽にできる方法を紹介します。

・扇風機を使う
扇風機といえば夏に使うものですが、実は冬でも使えるんです。
冬は扇風機を上向きにして使いましょう。

暖かい空気は上の方へ、冷たい空気は下の方へ溜まりやすいという性質があります。そこで上向きにした扇風機を置いておくことで、暖かい空気を部屋の中で循環させることができるのです。

・断熱シートやプチプチを使う
断熱シートやプチプチを窓に貼っておくと、外気からの冷気を防ぐことができます。どちらも簡単に手に入るものなので、一度試してみてください。

・厚手のカーテンをつける
窓からの冷気の侵入を防ぐ方法として、カーテンを厚手のものにすることも有効です。
暖房器具をつけるときにカーテンを閉めるようにすると外からの冷気が入りづらくなり、断熱効果が上がります。

寒冷地用エアコンのメリットとは

「寒冷地用エアコン」というものも各メーカーから販売されています。これは外気温が低い環境でも運転できるエアコンです。
完全に霜がついてしまうようなマイナス15℃といった低温でも連続運転ができたり、部屋が暖まるのが早かったりといったメリットがあります。
しかし、その分通常のエアコンに比べると値段は高くなります。
            エアコンを暖かく使用するための方法と対策
Photo by Amazon

まとめ

これからの季節どんどん寒くなるのでエアコンが止まってしまうと大変です。
なるべくエアコンが止まってしまうことを防ぐためにエアコンの霜取り対策を行ってみてください。
また、部屋を暖かくする工夫をしてみたり、補助的な暖房器具を用意したりしておくこともおすすめです。

エアコン工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン工事」をご覧ください。
▼おすすめ業者[PR]

エアコン臨時バナー02
エアコン臨時バナー02SP

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
38投票,  平均評価値:4.3

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-07-27 13:45:12
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_air_conditioner/17257/
各種電気工事
秋になり、これからどんどん寒くなり、冬が来ます。そんな寒い日に暖房をつけていても一向に部屋が暖まらず、調べてみたら温風が出ていないといった経験はありませんか? 実はこれ、霜取り運転といってエアコンの正しい機能で、故障ではないのです。しかし、寒いときに温風が出ず部屋が暖まらないのは嫌ですよね。 今回はエアコンの霜取りの対策について説明します。これから寒くなるので頭に入れておきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 エアコン工事

おすすめ記事