生活110番辞典法人向け

法人向け

見やすい看板をつくるために役立つ基礎知識

お店や企業の顔となる看板。これを制作するときに知っておくと役立つ基礎知識をご紹介します。看板は一度作れば中々作り直すことありませんし、納得の行くものを作りたいと思うのは当然のことです。これからご紹介する内容を知っておくと、看板制作業者の説明や、こちらの意図を伝えやすいかもしれません。

看板の文字はフォントとタイポグラフィも大事

▼フォントについて

皆さんは「フォント」という言葉をご存知ですか?看板は文字、色、設置場所などの要素が、視認性に影響してきますが、文字のデザインの事をフォントといいます。

例えば、パソコン文書を作成しているとよく出てくるのがゴシック体、小説などのもじは明朝体、教科書には教科書体というフォントが使われています。

看板に漫然と文字が並んでいるだけでは、見にくい上に印象に残りにくく、看板としての機能を果たしにくいものです。

例えば、道路標識のフォントにはゴシック体が使われていることが多く、見やすい上に伝えたい情報が読みやすくという意図が込められています。

一方、町中の様々な店舗や企業の看板は多種多様なフォントが使われています。手書き風のイタリック体や草書体、ただの文字ではなく図案化された店舗名の看板などもあります。

何パターンかフォントを変えてみて、しっくり来るものを選ぶのも、看板制作時には必要なことです。

▼タイポグラフィについて

「タイポグラフィ」は、フォントも含めたテキストの文字組、行間などを合わせたデザインのことです。

新聞紙面などでは良く言われる考え方なのですが、看板でもこのタイポグラフィは大切です。

文字同士の間隔が狭すぎれば読み難くなりますし、逆に離れすぎると間延びした印象を与えます。

文字の配列が上下左右にバラバラだと、そもそも看板に何が書かれているか判別できないこともあります。

これらを解消し、印象に残りやすいデザインにすることも大切です。

 

看板の見やすさは色もポイント

自分の住んでいる町に何店舗もあるようなチェーン展開しているお店の看板は、統一性の取れたデザインであると同時に、町中でも見やすい配色のものも多いようです。

逆に、室内の看板はシンプルな色の構成をした看板も多いようで、白や黒を貴重に、文字が見やすく、落ち着いた印象を与えるものもあります。

看板を見る場所、お店の雰囲気に合わせた色を選ぶのは、看板制作の基本と言えるでしょう。

補色も活用する

デザインや美術に触れたことがある方はご存知かもしれませんが、色彩環というものがあります。

色をドーナツ状に並べたもので、例えば時計の12時の位置が赤だとすると、時計回りにに橙、黄色、緑、青、紫という風にかわり、最後は一周して赤に戻るものです。

この円周上に配置された色の、ちょうど反対側に位置している色が「補色」と呼ばれるものです。

補色とは

補色同士の組み合わせは、お互いの色を引き立てるので、視認性が良いと言われています。例えば赤と緑、青と黄色は、看板の色にもよく使われているものです。

逆に、色彩環で隣り合う色の組み合わせ(緑と黄色、赤と青)などは、見づらい色の組み合わせになります。

 

設置する高さを考えましょう

看板は人の目線の高さで設置されることもありますし、ポールなどを使って高い位置に設置することもあります。

看板の高さが高いほど、文字は小さく見えますから、それに合わせた看板の大きさはもちろん、デザインの面で工夫が必要かもしれません。

例えば、店舗名などをアレンジしてシンボルマークのようにしたものや、社名ではなく会社の社章を看板に使うなどが考えられます。

車から見やすい看板

地方都市では自動車が主な交通手段になっていることが多く、幹線道路沿いには大型のショッピングセンターなどが立ち並ぶ風景も一般的です。コンビニやスーパーなどもこうした道路沿いに作られることが多いですが、こういったものをロードサイド型店舗ということがあります。

こういった店舗は、走行中の車からでも看板が見えるように、見やすく、そして遠くからでも確認できるように高い位置に看板を設置することが多いようです。

もしロードサイド型店舗の看板を制作する場合は、そのあたりも考慮しておきましょう。

設置場所の工夫

看板を設置する場所もよく検討しておきましょう。

設置スペースが大きく取れる場合、敷地内に支柱を立てて大きな看板を置くことも可能ですが、そうでない場合は、建物の壁面、屋根の上などに設置が必要かもしれません。

また、店舗の壁面などを有効活用する横断幕や懸垂幕を看板とする例もあります。

小さい店舗の場、看板をあえて立て看板のみとするのも、設置スペースと費用の面で効果的かもしれません。

 

暗い場所なら電光看板の使用もご検討ください

真昼でも薄暗い場所、もしくは夜間のみしか営業しない店舗の場合、通常の看板では暗い場所で見えにくい問題が発生します。そこで、電光看板のご利用も検討が必要です。

代表的な電光看板

・通常の看板を照明器具で照らすもの

・半透明の光を通す看板を制作し、裏側から照らすもの

・電光掲示板を利用したもの

暗い場所でも目立つ看板は、特に居酒屋、飲食店、その他夜間営業している店舗でよく見られます。自分のお店や会社の立地や営業時間を考えた上で、使用をご検討ください。

先進的なデジタルサイネージ

デジタルサイネージは、液晶ディスプレイなどを使用した看板で、文字だけでなく、映像や画像を表示して、時間ごとにそれらを切り替えることのできる看板のことです。電子看板とも呼ばれています。

店名を表示してから、メニュー表を表示したり、本日のオススメメニューを表示したりなど、飲食店での使用も多いようですが、公共施設などで、設備を使用している団体名などを表示する用途でも利用されています。

データを入れ替えれば、表示できる内容を細かく変更ができるのも、デジタルサイネージの特徴です。

まとめ

看板の見やすさは、そこに表示された文字のフォントやサイズ、並び方で左右されます。

また、看板に使用される色合いも重要な要素です。立地や業態にも左右されるので、この部分は十分検討の上で看板制作に入る必要があります。

また、看板自体の設置される高さや形態でも、これらは大きく変化します。

電光看板やデジタルサイネージの利用も非常に効果的な場合があるので、使用できる環境、使用しないと看板が見えにくい場合には積極的な採用をご検討ください。

現在看板制作をご検討中の方はこれらの内容を覚えておくと、制作の際のデザインや形態が選びやすくなりますが、全ての知識を備えるのも難しいでしょう。

その点は、看板制作のプロにおまかせになってはいかがでしょうか。

もし業者探しでお困りであれば「生活110番」の「看板・標識制作」より、お近くのエリアで看板制作を請け負っている業者をお探し頂けますので、どうぞご利用ください。

最新記事

0120-949-986