生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

立て看板の作り方を覚えてオリジナル看板を!DIYで自分だけの看板作成

投稿日:2018-03-07 更新日:2018-10-04

立て看板の作り方を覚えてオリジナル看板を!DIYで自分だけの看板作成

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

『立て看板』という看板をご存知でしょうか?「居酒屋やカフェなどでメニューや店の案内が表記されている看板」と表現すればすぐにイメージできるかと思います。

そのような立て看板は数多く市販されていて、ホームセンターなどの量販店のほかにもインターネットの通信販売で手軽に手に入れることができるほか、本格的なものであれば業者に頼むことも可能です。しかし「どうせなら看板を手作りしたいなあ」と思う方もいるでしょう。

そこで、今回は立て看板の作り方を紹介します。手作りの立て看板でお客さんを惹きつけましょう。

立て看板とは?その特徴について

立て看板は「スタンド看板」とも呼ばれ、材質はスチールもあればアルミもあり、木製もあるなどさまざまです。なので、立て看板の作り方を調べる前にはまず「自分がどのような材質の立て看板を作りたいか」を考えるとよいでしょう。

道を歩いているときにお店の看板が見えない場合でも、立て看板があると目につきやすいということです。また、飲食店の場合メニューや本日のおすすめが書いてあれば「この店にはこのようなメニューがあるんだな」とわかりやすいです。

一番お店の個性が出せるのは木製の立て看板でしょう。木製の立て看板はマーカーや、黒板を使ったものであればチョークなどいろいろな筆記用具で立て看板を彩ることができます。近年ではSNSなどでおしゃれな立て看板がネット上で拡散され、宣伝につながることもあります。

      立て看板とは?その特徴について

立て看板を自分で作る際に必要になるもの

立て看板の作り方を実践する前に、まずは必要なものをそろえましょう。以下の材料をそろえて立て看板を作ります。

・好みの材質の板
ベニヤ板、コルクボード、すのこ、黒板、マーカーボードなど、立て看板の基盤となる板を決めましょう。ホームセンターなどで購入することができます。

・立て看板の脚用角材
杉や松、パイン材などさまざまな角材がありますが、なるべく湿気に強く丈夫な材質のものを選びましょう。

・ビス
ビスはなるべく多めに用意しておきましょう。

・蝶番
蝶番は2個用意します。

・あおり止め
あおり止めとは、ドアなどを開けたまま止めておく道具です。立て看板を開いたまま止めておくのに使います。

・塗料
立て看板を塗装するのに使います。

・木工用ボンド
角材を仮留めするのに使います。

立て看板の作り方

立て看板の作り方は、以下の通りになります。

①脚用角材をカットする
上部が正方形になるように計算して角材をカットしましょう。正方形から脚となる部分が伸びるようにします。

②カットした角材をボンドで固定する
カットした角材を仮留めします。乾くまでは触らないようにしましょう。

③ボンドが乾いたらビス留めする
ボンドが完全に乾いたら、ビスでしっかり固定をしましょう。

④枠ができたら基盤に貼りつける
黒板やコルクボード、すのこ板などの好みの板に枠をボンドで貼りつけます。

⑤ビスで基盤と枠を固定する
ビスを見せたくない場合は裏から突き抜けない長さでビス留めを、ビスを見せたい場合は表からビス留めをしましょう。

⑥蝶番を上に付ける
蝶番を均等な間隔で端に2つ付けます。

⑦あおり止めを付ける
あおり止めを付けて、立て看板の幅を固定します。

⑧文字を入れて塗装する
黒板やマーカーボードの場合は⑦で完成ですが、木材に文字入れをする場合は下書きをしてから塗料を塗り、文字入れをします。

立て看板の設置を業者に依頼した場合の費用相場

立て看板の作り方は先述紹介したもの以外にもありますが、やはりDIYをするぶん労力はかかります。そこで気になるのが「もし業者に依頼した場合、値段はいくらほどになるのだろう?」ということです。

立て看板を業者に依頼した場合、高いもので約20万円かかります。これは材質がプラスチックなど素人では扱いが難しい材質で、それに加えてプロによるデザイン料など諸費用を合わせた額になるためです。

もし看板のデザインを自分でして、材質もアルミやアクリルなど安価なものであれば費用は約2万円まで下がります。

もしも「なるべく一からすべて手作りにこだわりたい」と思う方はDIYで立て看板を手作りし、「自分の個性も出したいけれどなるべく業者に任せたい」という方は立て看板の制作を業者に依頼してもよいでしょう。

      立て看板の設置を業者に依頼した場合の費用相場

まとめ

立て看板は出来栄え次第で店の印象を変えることができるほか、業者に依頼をすれば電飾付きの看板も制作してもらうことができるなど、さまざまなバリエーションがあります。「これからお店をやりたい」と考えている方や「イベントに出るので立て看板が欲しい」という方は、立て看板の作り方を見てDIYで作ってみてもいいですし、業者に依頼をして本格的なものを作ってもよいでしょう。自分の予算やこだわりを考え、納得のいく立て看板ができ上がると満足できると思います。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:2.8

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:46:08
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/45582/
法人向け
『立て看板』という看板をご存知でしょうか?「居酒屋やカフェなどでメニューや店の案内が表記されている看板」と表現すればすぐにイメージできるかと思います。そのような立て看板は数多く市販されていて、ホームセンターなどの量販店のほかにもインターネットの通信販売で手軽に手に入れることができるほか、本格的なものであれば業者に頼むことも可能です。しかし「どうせなら看板を手作りしたいなあ」と思う方もいるでしょう。...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!