生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでも大人気!顔はめパネルを設置して話題を集めましょう!

投稿日:2018-02-27 更新日:2020-01-30

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

観光地でよく見かける、穴の開いた看板。あなたも、このような看板に顔を出して写真撮影した経験がありませんか?観光地にある、過去の大きさに穴の開いた絵の描いてある看板のことを、顔はめパネルとよぶのです。

「顔はめパネルってどんな種類があるのだろう?」と思う方もいるでしょう。じつは一口に顔はめパネルといってもとても多くの種類があるのです。そこで今回は顔はめパネルについて順を追ってご紹介していきます。

顔はめパネルはなぜ人気?

顔はめパネルとはその名前の通り、穴に顔をはめてキャラクターになりきることができる看板のことです。キャラクターの描かれた看板の顔の部分に穴が開けてあり、撮影したい人がその後ろに立つことによってキャラクターになりきることができるのです。例えば、お城に設置された顔はめパネルでは、戦国武将になりきれるなど、観光客に楽しい仕掛けになっています。

このように記念写真用のアイテムとして日本各地の観光地やレジャー施設に置かれているほか、イベント会場で使われることもあるのです。

観光地では必ずと言っていいほど見かける顔はめパネルは、なぜ人気なのでしょうか?

顔はめパネルの発祥はなんなのか実はわかっていないのです。いつ、だれが、どこで考え出されたものなのか不明なのです。いつから存在するのかが不明ではあるものの、単純明快な仕組みであることから、昔から人々に親しまれてきたのです。

また、近年ではSNSの台頭により、SNSを意識した顔はめパネルが出てきました。人間の心理として、穴があるとついつい顔を出してみたくなるものです。そのような心理を利用して、手軽にSNSのネタにすることができる顔はめパネルは若い世代に受けています。顔をパネルから出したときのチープな面白さが、SNSでの仲間内のコミュニケーションツールとして広がっているようです。

さまざまな場所で活用の輪が広がる顔はめパネルは、これからの時代も人々に愛されることでしょう。

      

顔はめパネルはどんな素材で作られる?

これまで、顔はめパネルの概要やその人気について紹介してきました。それでは、顔はめパネルはどのような素材で作られることが多いのでしょうか?

顔はめパネルは昔ながらの木製のものから、近年ではスチレンパネルやアルミでできたものがあります。さらに簡易的な使用に最適なペーパーボード製もあるのです。

高強度スチレンパネル

このパネルは通常のスチレンパネルよりも発泡の倍率を低くして強度を高くしたものです。表面も裏面も発泡パネル素材でできているため撥水性に富んでいます。屋外に設置するときもこれなら安心ですね。

アルミ複合板

アルミ複合板とは、野外の看板にも使用されるとても丈夫な素材です。あらゆる衝撃に強く、長くのご使用を考える方にはこれがおすすめです。日にさらされたり、雨にぬれても反ったりすることがなく劣化しづらいため、長期間の使用に耐えるのです。

ペーパーボード

ペーパーボードとはその名前の通り、紙でできた素材です。雨に弱いので屋外に設置するのには向きませんが、屋内で使用するのにはまったく問題なく使うことができます。さらに、とても軽い素材であり、ネジや特殊な工具を使用することなく組み立てられるのです。

      

顔はめパネルを製作・設置する際のポイント

顔はめパネルを製作したり、設置したりする際にはポイントがあります。それは大きさを意識するということです。ここでは具体的に3つのサイズをご紹介します。

ゆるキャラ用(高さ130cm×幅118cm)

小さな顔はめパネルは、ゆるキャラなどのぽってりとしたシルエットのキャラクターにおすすめのサイズです。また、小さいお子さんのための看板にも適しているといえます。

ベーシックサイズ(高さ180cm×幅110cm)

このサイズの顔はめパネルは、大人二人程度の幅を持った大きさです。このサイズは親子で顔出しをすることができるため、一番人気のある顔はめパネルであるといえます。2つ穴を開けることもおすすめです。

大きなサイズ(高さ195cm×幅236cm)

このサイズは人間4人ほどの幅を持った顔出し看板です。穴を4つ以上開けたい場合などにおすすめです。とても迫力があるので、インパクトのある看板を製作する際はおすすめです。

このように、用途に沿った顔はめパネルを選ぶとよいでしょう。

      

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は顔はめパネルについてご紹介してまいりました。

顔はめパネルにはさまざまな種類があり、用途に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。この記事を読んで顔はめパネルついて興味をもっていただけたら幸いです。もし顔はめパネルを設置したいという方がいましたら是非、プロの看板業者に依頼されることをおすすめいたします。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-30 11:19:35
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/42927/
法人向け
観光地でよく見かける、穴の開いた看板。あなたも、このような看板に顔を出して写真撮影した経験がありませんか?観光地にある、過去の大きさに穴の開いた絵の描いてある看板のことを、顔はめパネルとよぶのです。「顔はめパネルってどんな種類があるのだろう?」と思う方もいるでしょう。じつは一口に顔はめパネルといってもとても多くの種類があるのです。そこで今回は顔はめパネルについて順を追ってご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!