生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板の種類をご紹介。種類や用途に合わせて選びましょう!

投稿日:2018-02-27 更新日:2018-10-04

看板の種類をご紹介。種類や用途に合わせて選びましょう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

街のあちこちで色とりどりの看板を見かけますよね。そんなとき「看板ってどんな種類があるのだろう?」と思ったことはありませんか?じつはひとくちに看板といってもとても多くの種類があるのです。今回は看板の種類について順を追ってご紹介していきます。

看板の種類は目的別に選ぶことが大切!種類によって看板の効果が違います

用途によってさまざまな種類がある看板ですが、看板を効果的に設置するにはポイントがあります。それは看板をどのような目的で使用するのか、はっきりさせるということです。看板は用途によってさまざまな種類があるため、適切な看板を設置するということが最も重要になってくるのです。

看板の種類によって与える効果は違います。例えば高いところにある大きな看板は視認性がよく、商品のPRや店舗の位置を示すのに向いているでしょう。しかし店舗の入り口や飲食店のメニュー一覧など、細かい情報を掲載するのには向いていません。こうした看板は高い所より、目の高さに近い位置で顔を近づけて確認するのに向いています。

またアピール対象によっても看板の種類は変化します。駐車場の入り口など、車から確認することを目的とする看板は道路からの視認性を確保しなければなりません。そのためこうした看板は低い位置であっても情報量を少なく、かつ大きくする必要があります。一方歩行者はじっくりと看板を確認できるため、情報量が多くても看板として機能します。

看板は印象付けることも大切ですが、種類をうまく使い分けることも看板を生かし集客につなげる鍵になります。どういう客層がターゲットか、どういう目的かなど、どう看板を制作するかを一度確認して、効果的に看板の種類を使い分けるようにしましょう。

次の章からは看板の種類を写真付きで紹介します。

看板の種類①:屋上看板


屋上看板とはその名のとおり、建物の屋上に設置する看板です。一番の特徴は、遠くからの視認性に優れるということで、不特定多数の人に見てもらえるということが最大のメリットといえるでしょう。屋上看板は主に、会社が広告を出したいときに使われます。

看板の種類②:壁面看板

nagokanさん(@nagokan_com)がシェアした投稿

壁面看板は種類が多種多様にわたります。店舗の壁面に設置する看板でプレート型、光るタイプの行燈式、枠つきなどがあります。壁面看板で伝えたいイメージを表現することにより、お客さんにどんなお店か分かってもらえることでしょう。

看板の種類③:突き出し看板

突き出し看板とは、ビルの横に設置する横長の看板の種類のことです。基本的には、道路に対して直角に設置し、歩行者やドライバーに分かりやすい看板を意識して作られています。

この突き出し看板は「袖看板」とも呼ばれています。

看板の種類④:独立看板

独立看板とは文字通り、柱で独立して建っている看板の種類のことです。とくに駐車場付きの店舗や、奥まった場所にある店舗の場合、独立看板を使うのが適しているでしょう。ほかの看板に比べて高さを出すことができるので、遠くからの視認性に優れているといえるでしょう。

また、敷地内の植え込みや入口付近に設置したいときは、歩行者の視線に近い高さとなり、小型になります。これは特に建植看板とよばれています。

独立看板はどれくらい離れたところから知ってもらいたいかによって、設置する場所やその大きさは自然と決定されるでしょう。

看板の種類⑤:スタンド看板

スタンド看板とは、店舗の前に設置する、独立型の看板です。その店舗のメニューや広告を掲示する目的で設置されています。多くの人になじみのある看板で、横から見た様子がアルファベットの「A」にみえることから、「A型スタンド看板」や、「A型スタンドサイン」、または単に「スタンドサイン」とよばれることもあります。

スタンド看板は種類の豊富な素材があり、ステンレス製や木製、アルミ製などのものがあります。既製品の看板のカタログでは多くの種類が掲載されています。

看板の種類⑥:垂れ幕看板

垂れ幕看板とは、高所に取り付けることができる、垂れ幕状の看板の種類です。垂れ幕看板は布などの柔らかい素材でできているため、付け外しが容易にでき、安価であるという特徴があります。また、通常の看板と比べても安いので季節ごとの催事や、販促活動のために使用することができるのです。

看板の種類⑦:その他

そのほかの看板の種類の例として、アドバルーンが挙げられます。アドバルーンは大きな風船状の広告看板であり、デパートやショッピングモールなどの催事の時などに使われます。とても賑やかで楽しい演出ができるため、イベントのときなどに使われることが多いです。

アドバルーンは遠くからでもよく見え、とても目立つので人々の関心を誘う看板としては優秀なものだといえるでしょう。ただし航空法などで規制されていることもあるので、一度確認が必要です。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?今回は、看板の種類についてご紹介してきました。看板にはさまざまな種類があり、用途に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。この記事を読んで看板の種類について興味をもっていただけたら幸いです。

もし看板を設置したいという方がいましたら是非、看板制作のプロに依頼されることをおすすめします。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:44:47
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/42892/
法人向け
街のあちこちで色とりどりの看板を見かけますよね。そんなとき「看板ってどんな種類があるのだろう?」と思ったことはありませんか?じつはひとくちに看板といってもとても多くの種類があるのです。今回は看板の種類について順を追ってご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!