生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

工事現場にある「建築計画のお知らせ」看板はどんなものかをご紹介!

投稿日:2018-02-25 更新日:2018-10-04

工事現場にある「建築計画のお知らせ」看板はどんなものかをご紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

マンションの工事が始まるところに、白いボードにいろいろ書かれた看板を見つけたことがあると思います。「建築計画のお知らせ」と書かれたその看板の裏で、音を立てながら工事が進んでいるのです。

ではこの「建築計画のお知らせ」看板はどのような目的で設置されているのでしょうか?今回は、看板が設置されている意味について調べてみたいと思います。

「建築計画のお知らせ」看板ってなに?

ビルやマンションなどの背の高い建物を建てる時には、あらかじめ看板を設置しておく必要があります。建物を建てる施工主が、各自治体に建築確認申請等を行う前に、見やすい場所に建築計画に関して書かれた標識看板を設置するのです。この看板のことを「建築計画のお知らせ」看板といいます。ではこの「建築計画のお知らせ」看板は、何のために用意されているのでしょうか。

何のための看板?

この「建築計画のお知らせ」看板を使って、近くに住んでいる住民に建築に関わる計画内容を知らせています。建築期間は工事によって異なりますが、工事に合わせて設置する「建築計画のお知らせ」看板を設置する期間は各自治体で異なっています。自治体によっては期間を細かく指定しているところもありますので、事前に自治体のホームページなどで確認しておくとよいでしょう。
      「建築計画のお知らせ」看板ってなに?

「建築計画のお知らせ」看板には何を書けばいいの?

近隣周辺に建物の工事内容を知らせる「建築計画のお知らせ」看板ですが、どんな内容を記入しておけばよいのでしょうか。

建築物の名称
建築物の名称にはマンションの名前が書かれているわけではありません。建物の名前がまだ決定していないことも多いので、土地の住所や町名をつけた「~丁目計画」という名称で書かれています。

建築敷地の地名地番
新築マンションの住所が書かれています。それと同時に、「地番」というのは不動産の登記の際に使用されるものも書かれます。

用途
建てている建築物がどのような目的で使われるのかが書かれる場所です。

面積
面積には3種類の情報が書かれています。 敷地面積と建築面積、延べ面積になります。 敷地面積はマンションの土地の面積を、建築面積はマンションの建物が建つ土地の面積ですあらわしています。また、各階の床面積の合計のことを延べ面積として記入することになっているのです。

構造
マンションがどういう構造で造られるかという情報を書いています。

基礎工法
マンションを支える基礎構造を作る方法を書く場所です。

階数
建物が何階建てかを記入します。地上階だけでなく、地下階も記入することになっています。

高さ
建物の高さを記入しておくところです。周りの建物との差があった時の日照の関係から書かれるのだといわれています。

着工予定
工事を始める予定日を書き込みます。

完成予定
建物の完成予定日が記入されています。

建築主
建物を管理する不動産会社の住所や会社名が書かれています。

設計者
建物を設計した会社の住所が書かれています。

施工者
建物の建設を担当している建設会社の情報が書かれています。

標識設置年月日
この「建築計画のお知らせ」看板を設置した日付を記入します。

「建築計画のお知らせ」看板には、以上の情報が書かれています。新築される建物の情報や土地の情報、持ち主、施工主などの情報がひと目でわかるように書かれているのです。

建築場所によって違いはある?

では「建築計画のお知らせ」看板に書かれる内容が、建てられる場所によって変わることがあるのでしょうか。実際のところ、「建築計画のお知らせ」看板に書かれる内容が建物の建てられる場所によって違いが出ることはありません。建物の情報を近隣住民に知らせることが目的になっているからです。
      「建築計画のお知らせ」看板には何を書けばいいの?

「建築計画のお知らせ」看板の素材は?

建物の建築予定について書かれているのが「建築計画のお知らせ」看板です。この看板は屋外に設置されるので、雨に濡れても壊れない素材でなければいけません。

・塩ビ板
・アルミ複合板
・プラダン製

以上の素材で作られた「建築計画のお知らせ」看板が多いです。最近では軽くて耐久性に優れたテント生地(ターボリン)製のものもあるそうです。

それ以外に用意しなければならない看板はある?

新築でビルやマンションなどを建てるときには、「建築計画のお知らせ」看板以外にも用意しなければならない看板があります。

・建築業の許可票
・労災保険関係成立票
・施工体系図
・下請負人に対する通知
・建設業退職金共済制度適用事業主の現場標識 ・緊急時連絡表 ・作業主任者
・建築基準法による確認表示板

以上の看板は、建築現場に設置を義務付けられているので、もし見当たらなかったら業者に確認してみるとよいでしょう。
      それ以外に用意しなければならない看板はある?

まとめ

新しい中高層の建物を建てるときに設置する看板についてご紹介させていただきました。周囲に工事内容を知らせる「建築計画のお知らせ」看板は、人目のつくところに設置してあります。建物や土地、施工業者について詳しく書かれていますので、工事が始まるときには確認しておくとよいのではないでしょうか。不明点についても、看板に書かれている各業者に問い合わせることで確認することができますよ。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:52:55
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/40698/
法人向け
マンションの工事が始まるところに、白いボードにいろいろ書かれた看板を見つけたことがあると思います。「建築計画のお知らせ」と書かれたその看板の裏で、音を立てながら工事が進んでいるのです。ではこの「建築計画のお知らせ」看板はどのような目的で設置されているのでしょうか?今回は、看板が設置されている意味について調べてみたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!