生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の闇に溶け込みすぎないように!バーの看板はどう制作する?

投稿日:2018-02-20 更新日:2018-10-04

夜の闇に溶け込みすぎないように!バーの看板はどう制作する?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

街中には飲食店が数多くあります。数ある飲食店の中から店を選ぶときに重要となってくるひとつが看板ではないでしょうか。看板のデザイン次第で、人に与える印象が変わり、お店の印象も変わってしまいます。

特に夜の飲食店では、暗闇でより目立たせるために看板に工夫しているお店も多いかと思います。夜の看板はより集客率を集めるためにも、需要なポイントがいくつかあります。

そこで今回は、夜の大人の空間であるバーの看板に焦点をあててご紹介していきます。看板について詳しくなることで、よりお店が繁盛させることができるかもしれません。

メインは夜!バーの看板で配慮するべきポイントは?

夜の飲食店の中でも、バーの営業時間は夕方から深夜にかけて営業しているのが一般的です。そのため、バーの看板は暗闇の中でも目立つようなにしないと集客率につながらないこともあります。

しかし、いくら暗闇の中で目立たせようと思って、自分勝手に看板を作ってしまっては、回りのお店などに迷惑をかけてしまうかもしれません。
電飾看板を制作しようと思っている方は、看板の明るさについて心配されることも少なくありません。「明るさをどの程度にするべきか」というのは難しい問題です。

また、明るさ以上に重要となってくるのが「どんなロケーションに看板を設置するか」です。
電飾看板の明るさは、周辺環境の明るさによって見え方や印象が変わってきます。電飾看板がいくら同じ明かりでも周辺が暗い場合は、看板は明るく見えてしまいます。逆に周辺が明るい場合だと暗い印象になってしまいます。

そのため、自分のバーの周辺がどれだけの明るさなのかを判断しなければ、電飾看板が暗くなりすぎて、十分に明るく光っていても目立たなくなり、集客率につながらないかもしれません。

      メインは夜!バーの看板で配慮するべきポイントは?

看板次第でバーの雰囲気も変わる?

バーの看板を作るときには、しっかりと店のコンセプトにあった看板作りをすることが重要となってきます。

看板の雰囲気次第で、店の印象も変わってきてしまうことが考えられます。いくら目立たせいからといってにぎやかな看板を作ると、お店自体がにぎやかな印象を与えてしまうかもしれません。落ち着いた印象を与えたいのなら、シックなデザインの看板を使ってみることをおすすめします。

また、電飾の看板だけでなくライティング(ライトの当て方)次第で看板の見せ方も変わってきます。ライティング次第ではうまく影を作ることができ、より立体感が生まれ、かっこいい看板になるかもしれません。

コンパクトにしたかったとしても、シンプルになりすぎないようにしなければなりません。たとえば、営業時間の枠やロゴマークなどのデザインを注意しないと、暗闇に同化してしまうおそれもあります。全体的に黒の割合が多いデザインなら、ワンポイントアクセントに赤などのカラーを使ってみることをおすすめします。

お店の個性と存在感をアピールする素敵な看板づくりが、大切なのです。

ERINさん(@erin____hypnotizeme)がシェアした投稿

手書きのバー看板は来店につながる?

欧米などの海外のバーの看板の中に、手書きの看板を見掛けたことがある方もいると思います。手書きの看板は自由に書け、お店独自のアレンジを加えることもできるため、人の目につきやすくなります。実際に、手書きの看板にしてイラストや文章を書き始めたら、集客率が上がったという話もあります。

人々が立ち止まるような独自の看板を手掛けることが重要なポイントとなってきます。お店のメニューだけでなく、ユニークな絵やインパクトがある文章が書いてあると、道行く人々を立ち寄りたい気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。

しかし、人によっては絵に興味がなく、店の周りに手書きの看板があるのであればちゅうちょしてしまうかもしれません。

手書き看板は店の個性を出せるとともに、書いた本人の個性が生かされます。目を引くような絵やワードをならべないと上手く宣伝につながらないかもしれません。手書きはかなりのセンスが試されるため、難しいと考える方も多くはありません。

手書きの看板については過去コラム「手書きにチャレンジ!目を引く手書き看板の4つのポイントと具体例」に詳しく記載してあります。あわせてご覧ください。

実際のバーの看板を確認してみよう!

バーの看板といっても様々なものがあります。そこで、実際どのように設置されているかご紹介していきます。


オオカミを模したかっこいい看板で、明確な値段とどのようなバーなのかわかりやくなっています。

こちらの看板はバーではありませんが、手作りの電飾看板となっています。お店のイメージがしやすく、わかりやすいでゼインとなっています。

このように看板のデザインや色の使い方次第で、店の印象も変わってきます。しっかりと自分のバーはどのようなコンセプトなのかを理解したうえで、看板を作ることをおすすめします。

まとめ

バーの看板だけでなく、店をオープンするときは看板のデザインが需要となってきます。看板のデザイン次第で、集客率がかわってくるかもしれません。せっかくデザインしても、もしかしたら周囲のお店に埋もれてしまうおそれもあるのです。

そうならないためにも、不安がある方は一度業者に相談してみるのをおすすめします。
相談することで、より理想的な看板を設置することができるかもしれません。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:52:13
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/39918/
法人向け
街中には飲食店が数多くあります。数ある飲食店の中から店を選ぶときに重要となってくるひとつが看板ではないでしょうか。看板のデザイン次第で、人に与える印象が変わり、お店の印象も変わってしまいます。特に夜の飲食店では、暗闇でより目立たせるために看板に工夫しているお店も多いかと思います。夜の看板はより集客率を集めるためにも、需要なポイントがいくつかあります。そこで今回は、夜の大人の空間であるバーの看板に焦...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!