生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

【アクリル看板を自作で作る方法】初心者でもできる手順やコツを公開

投稿日:2018-02-19 更新日:2018-10-04

【アクリル看板を自作で作る方法】初心者でもできる手順やコツを公開

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

カフェや居酒屋などで集客を増やそうと思ったら、看板を設置することが重要ですよね。そしてせっかく看板を作るなら自分でオリジナリティーのある看板を作ってみたいと思う方もいるのではないでしょうか。

自作で看板を作成するときに手軽に材料を入手でき、高級感もある素材で「アクリル板」という素材があります。今回はこのアクリル素材の看板を自作する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アクリル看板とは

看板に使用される素材には様々なものがありますが「薄くて丈夫」、「腐食しない」というメリットから看板にはアクリル素材を利用することが多いようです。

アクリルとは「アクリル樹脂」からつくられた板のことです。ガラスに比べて割れにくいことからガラスの代わりに使用されることもあります。色もクリア(透明)・黒・白など様々な種類があるので、用途に合わせて好みのカラーの素材を使用することも可能です。

透明度が高い
光線透過率はガラスよりも優れています。重厚な質感はプラスチックの女王と呼ばれるほどです。

加工性が優れている
穴をあけたり、切断したり加工の自由度の高い素材です。アクリルは看板を自作するのには非常に扱いやすく優れた素材といえます。

高い耐候性
天候や気候に左右されにくく、風雨や雪などにも非常に強い素材です。看板や建築材料に非常に適しているといえます。

安全性に優れている
衝撃に強く、アクリルは割れにくい素材のひとつです。万が一破損することがあってもヒビが入る程度で、ガラスのように破片が飛び散ることは少ないです。

アクリル看板の値段

アクリル看板を自作しようと思ったら、気になるのは価格ですよね。アクリル板のサイズが大きくなればなるほど、また厚みがあればあるほど価格は高くなります。

具体的な例をあげると、会社の受付に社名をデザインした看板を作成しようと思った場合

・サイズ(縦:30センチ×横40センチ)
・透明アクリル板使用
・1枚(デザイン込み)

この条件で1000円~5000円前後で作成可能です。

デザインは自作するのでアクリル板だけ欲しい、という方はホームセンターなどの量販店でアクリル板を入手することが可能です。上記と同じようなサイズのアクリル板なら2000円前後で購入できるようです。

      アクリル看板の値段

アクリル看板は自作できる?

プロの業者に看板の作成を依頼した方が手間は省けるけど「オリジナリティーのある看板を作成したい」、「コストを削減したい」という場合はアクリル看板を自作してみましょう。

業者に依頼するより早く完成する可能性高いので、至急看板が必要になった場合は自作するとよいでしょう。次の章ではアクリル看板を自作する手順をご紹介したいと思います。

【自作】アクリル看板の作り方

 具体的にアクリル看板を自作する方法を説明します。

デザインを作成する
実際に、イメージするデザインをかいて印刷します。イラストレーターや、フォトショップが使える方はこういったソフトでデザインすると、よりクオリティの高い看板を作ることができます。

アクリル板にマスキングテープを貼る
アクリル板全体にマスキングテープを貼ります。空気が入らないようにヘラなどを使うと効率よく作業することができます。

マスキングテープの上にデザインを貼る
印刷したデザインにのりを塗り、マスキングテープを貼ったアクリル板に貼りつけていきます。あとで文字を切り抜きやすいように、隙間なく全体にのりを塗るようにしましょう。

カッターで文字を切り抜く
細かい作業ですが、デザインした文字をキレイに切り抜いていきます。根気のいる作業ですので、一気に仕上げようとせず少しずつ進めていくとよいでしょう。

切り抜いた部分をはがす
カッターで切り抜いた文字をはがしていきます。まず最初にデザインした紙をはがし、次にマスキングテープをはがしていきます。もし切り忘れた所がある場合はこの段階で発見できますので、切り忘れた個所を確認しながら、はがしていきましょう。

余分な紙を取り除き、色をつける
切り抜いた文字をはがせたら、文字ではない部分(そのまわりの部分)もすべてはがしていきます。アクリル板にカラーをつける場合は「アクリルラッカー」などの専用塗料を使用しましょう。全体に薄く均一にスプレーしていきます。

より、キレイに仕上げるためには二度塗りをすることをオススメします。その場合、1時間ほど乾燥させたあとに2回目のスプレーをおこなってください。

マスキングテープを全てはがして、仕上げる
2度塗り(もしくは1度塗り)をしたら、完全に乾くまで1日乾燥させてください。乾燥したら、すべてのマスキングテープをはがします。その後、透明のアクリルラッカースプレーを吹き付けることで、強度や耐久性を高めることができます。こちらも2回スプレーを吹き付けることで見た目にも美しい仕上がりになります。
 
      【自作】アクリル看板の作り方  
 

自作でアクリル看板を作るときのコツ

アクリル看板を自作するのは時間と労力が必要ですが、コツをつかめば業者に依頼するよりオリジナリティの高い看板を早く作成することができます。

アクリル素材を自分の好きなサイズでカットしようと思ったとき、キレイにカットするにはコツが必要です。定規などでまっすぐに線を引いて、その線を完全にカットしないよう3分の1程度までカッターなどで溝を作ります。

その溝にそって机の角などにあてて割ると、まっすぐキレイにカットすることができます。切った個所でケガしないように、やすりなどで処理をしておきましょう。

接着するときにもコツがあります。気泡などが入ってしまうとうまく付かず剥がれてしまうことがあります。デザインした文字とアクリル板を接着するときは、気泡ができないよう空気を抜きながら接着するようにしましょう。また、接着剤を選ぶときも、気泡を追い出すときに硬化がはじまらない接着材を選ぶようにしましょう。

アクリル看板のおすすめ設置場所

アクリル看板は高級感を演出できることがメリットのひとつです。会社の受付に社名をデザインした看板を設置しておけば、いい印象を与えることにつながるかもしれません。

また、衝撃に強く汚れが目立ちにくい特性を活かして、屋外に設置することもおすすめです。メンテナンスをする必要が少なく、風雨にも強いので病院やカフェなどの屋外看板にもおすすめです。

せっかくアクリル看板を自作したのであれば、ぜひ人目のつく目立つ場所に設置して集客アップにつなげてくださいね。

まとめ

 今回はアクリル看板を自作する方法をご紹介しましたが、自分でデザインから始めようとすると意外と手間と労力がかかるものです。また、人目につく看板はキレイにかっこよく仕上げたいものですよね。

もし、手間をかけずにかっこいいアクリル看板を作りたい場合は、看板製作のプロに依頼してみましょう。きっとあなたの求めるアクリル看板を作ってくれることでしょう。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:2.6

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:51:26
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/39573/
法人向け
カフェや居酒屋などで集客を増やそうと思ったら、看板を設置することが重要ですよね。そしてせっかく看板を作るなら自分でオリジナリティーのある看板を作ってみたいと思う方もいるのではないでしょうか。自作で看板を作成するときに手軽に材料を入手でき、高級感もある素材で「アクリル板」という素材があります。今回はこのアクリル素材の看板を自作する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!