生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板をライトアップして夜でもアピール!そのメリットを一挙紹介

投稿日:2018-02-18 更新日:2018-10-04

看板をライトアップして夜でもアピール!そのメリットを一挙紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

夜の街でも、看板を設置することで昼間と変わらずアピールすることが可能です。
しかし、自分のお店の看板は本当に目立っているのか、疑問を抱いている方もいるでしょう。

そのような場合、看板をライトアップさせることで他の看板より目立たせることができ、差別化を図ることが可能になり,看板の集客効果が高まります。
ライトアップをするのにも看板を照らすのか、看板の内部を光らせるなど種類がありますのでそれぞれのメリットを知ることが大切なのです。

そこで今回は、看板のライトアップの仕方、そして具体的にどのような利点があるのかを見ていきましょう。

看板をライトアップするメリット(電飾看板について)

看板をライトアップするメリットは夜間や遠くからでも目立ち、お店や会社をアピールすることができ、集客効果が望めることがメリットとして挙げられます。

店舗名や社名、商品名などをライトアップして目立たせることによって、他の看板に埋もれることなく情報を発信することができます。

      看板をライトアップするメリット(電飾看板について)

電光掲示板のメリット

看板のなかには、暗闇で文字がしっかり光る電光掲示板が存在します。
通常の看板に比べて具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

情報量を気にする必要がない

普通の看板では載せられる情報量が限られていて、会社名やメインの情報しか載せることができません。
しかし、電光掲示板は文字を流すことができるので多くの情報を載せることができます。

内容変更が簡単にできる

電光掲示板では看板の内容変更が簡単にできるのも大きなメリットです。
さまざまな広告文を試したり、キャンペーン告知をしたり、季節にあわせて文章を変えることができます。

インパクトが強い

単純に看板をライトアップすることでも人の目は引きつけられるとされています。
電光掲示板では光と映像に動きを出すことができるので、普通の看板よりさらに強いインパクトを与えることができるようになるはずです。

      電光掲示板のメリット

看板のライトアップにLEDを使うメリット

看板をライトアップするときには、LEDライトを使うのが有効です。
具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

消費電力が少なく、経済的である

看板のライトアップは目を引きつけやすく集客効果が高いのですが、ずっと点灯したままという場合が多いため、ランニングコストがかかるデメリットがあります。
しかしLEDは一般の電球と比べて発熱量が少なく、コスト削減に繋がるでしょう。

また、現在使われている白熱電球、蛍光灯に比べてはるかに消費電力が少ないため、電力不足や地球温暖化を抑制する効果があるかもしれません。

寿命が長い

LED看板の寿命はだいたい40,000時間です。蛍光灯と比べるとだいぶ長く、連続点灯していても約4年半は使用できます。
また、スイッチングを繰り返してもほとんど劣化しません。

蛍光灯の場合はスイッチを入れる度に寿命が短くなるため、約6,000時間から13,000時間と寿命には幅があります。
そのためLEDを使うことにより、交換を含めメンテナンスの手間が減ることになります。

目立ちやすい強烈な光

LEDは超高輝度の強烈な光により目立ちやすく、遠く離れた場所や昼間でも高い宣伝効果が期待できます。
また、LED看板は横や斜めから見ても文字が見やすく、高い視認性が特徴です。

リアルな表現力

LEDをマス目などに配置して絵や文字を表現しているので、看板のサイズや種類に応じて非常に細かいデザインや、写真やアニメーションの表現など自由な設計が可能になります。

虫を寄せ付けない

電灯がついていると虫が寄ってきたことがあるかと思います。
夜間飛ぶ虫は、月や光を目印にして飛び、電灯がある場合には最も明るい光が優先され、電光看板などに集まる習性があります。

電光看板の具体例

看板をライトアップするときにはさまざまなメリットがありますが、一方で設置する際には注意点があります。
どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

取り付け場所の状態の確認

看板の場所や種類によっては、長いアームでLEDなどの照明を取り付けるということがあります。
アームでスポットライトを取り付けるというときには、取り付ける壁面が頑丈であるかということを考慮する必要があります。

アームの根本部分には大きく負荷がかかってしまうため、場合によっては設置する壁面を補強しましょう。
また壁面以外にも看板枠に照明のアームを設置することもできるので、照明を取り付ける際は安全のためにも照明を設置する場所は確認しましょう。

土地の境界に注意

突出型の看板など、建物からはみ出して設置するタイプの看板もありますが、基本的に土地の境界を越えてしまう場合は許可を取る必要があります。
周囲の建物に影響を与えてしまう場合もきちんと許可を取りましょう。

また看板が突出していなくても、照明が土地からはみ出てしまう場合は許可が必要になるので注意が必要です。

電気の寿命

LEDは他の電球と比べて長寿命で取り替える頻度も少ないですが、看板の照明が知らない間に切れていたということもあるようです。
夜に看板の照明のスイッチをオンにするだけでなく、電球が切れていないか定期的に確認しましょう。

まとめ

看板をライトアップすることで目立ち、伝えることができ、集客へ繋がります。
LEDは高輝度で昼夜問わず明るいにもかかわらず低消費電力で、環境にもよく、ランニングコスト削減もできます。

もしこの機会に看板をライトアップすることをご検討されている方は、さまざまなタイプがあります。
どのように看板を照らしたいか、看板の内部をLEDにしたいか、今使用しているタイプと同じにしたいかなど、一度ご要望を看板製作のプロへ相談してみることをおすすめします。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:51:21
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/39379/
法人向け
夜の街でも、看板を設置することで昼間と変わらずアピールすることが可能です。しかし、自分のお店の看板は本当に目立っているのか、疑問を抱いている方もいるでしょう。そのような場合、看板をライトアップさせることで他の看板より目立たせることができ、差別化を図ることが可能になり,看板の集客効果が高まります。ライトアップをするのにも看板を照らすのか、看板の内部を光らせるなど種類がありますのでそれぞれのメリットを...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!