生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスターのフォントは読みやすさ第一!おすすめのフォントをご紹介

投稿日:2018-02-14 更新日:2018-10-04

ポスターのフォントは読みやすさ第一!おすすめのフォントをご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ポスターを作成しようとしたとき、伝えたいことを正確に伝えたいのはもちろんですが、インパクトがあって印象に残るポスターを作成したいと思いますよね。

またその逆で、シンプルにわかりやすいポスターを作成したい場合もあるでしょう。そういったときは実際どのようなフォントを選ぶと意図するポスターが作れるのでしょうか?

今回はポスターのフォント選びのコツと注意点、フォントの種類についてご紹介したいと思います。

そもそも『フォント』とは何か?

ポスターのフォントを選ぶ前に「フォント」と同じような意味で「書体」という言葉を聞いたことがあると思います。まずはその違いを説明したいと思います。

書体

「ある一貫したデザイン方針で作られた文字の集まり」のことを言います。「明朝体」や「ゴシック体」も書体のひとつです。表示・印刷などに使用するために字体を統一してデザインした文字スタイルのことを指します。

フォント

文字を印刷・表現するための具体的な手段を表す言葉です。ある書体を表現するためのひとそろいの活字のことで、ひとつの書体の文字サイズごとに作られた大文字・小文字・数字のセットのことを指します。

書体とフォントは、本来明確な違いがあり本来は区別されるべき言葉です。しかし専門家でない限りこの違いを意識する場面は少なく、同じ意味として使われることがほとんどです。

      そもそも『フォント』とは何か?

代表的な4つのフォント  

ポスターのフォントなど、普段みかけることの多い代表的なフォント4つをご紹介します

明朝体

高級感や、信頼感を与える文字です。縦画と横画はそれぞれ垂直・平行で、縦画は太く横画が細いのも特徴です。
 

ゴシック体

すべての画がほぼ同じ太さに見えるようデザインされた書体です。見出しなどでの協調を目的として生まれた書体です。
 

セリフ体

 
「セリフ」とは文字の先端にある小さな飾りの事です。セリフをもつフォントのことをセリフ体といいます。明朝体と同様、縦画・横画の幅が異なりメリハリのある作りをした書体です。

サンセリフ体

文字の先端に装飾がない書体で、縦画・横画の太さもほぼ均等です。サンセリフ体はシンプルで親しみやすい文章や、カジュアルな印象にしたい場合に使用します。

ポスターのフォントを選ぶためのポイント

ポスターを作成するときは、誰から見てもわかりやすくて読みやすいものである必要があります。ポスターのフォントを選ぶ時は「認識しやすいこと」、「読みやすいこと」を念頭にフォント選びをするとよいでしょう。

ポスターで使用するフォントのおすすめはのちほどご紹介します。

ポスターのフォント選びの注意点

ポスターはフォントによって、ずいぶんと印象が変わるものです。伝えたいことを正しく伝えるためにフォント選びでの注意点をご紹介します。

一番注意するべきことはどのような基準でフォントを選択するか、ということです。
ポスターを貼る場所、見るターゲットによってフォントを変えるとより効果的です。例えば公共の場所で、老若男女問わず見るポスターであれば、誰もが認識しやすい書体にするとよいでしょう。高齢の方をターゲットにしたポスターであれば大きいフォントを使用したポスターの方が効果的でしょう。

パソコンにはたくさんのフォントが搭載されています。その中には読みやすいフォントもあれば読みにくいフォントもあります。タイトルには向いているけど、本文には向かないフォントもあるでしょう。ポスターのフォント選びをするときは常に「可読性」「判読性」を意識して、もっとも効果的な書体を選ぶことが重要です。

      ポスターのフォント選びの注意点

ポスターにおすすめのフォント

ポスターのフォントは用途や目的によって使い分けることが一般的ですが遠くからでも読みやすく認識しやすいフォントはゴシック体です。

また、インパクトのあるポスターを作成するためにはいくつかのフォントを組み合わせて作成することもメリハリが出るのでおすすめです。それとは逆にすっきりとしたシンプルで見やすいポスターを作成するときは、同じフォントで統一するのがよいでしょう。

Windowsでは「MSゴシック」がよく使われていますが「メイリオフォント」も認識しやすく、読みやすいのでおすすめです。Macの場合は「ヒラギノ角ゴシックファミリー」がポスターのフォントには適しているといわれています。

まとめ

ポスターを作成するときに重要なのは「認識しやすいこと」、「読みやすいこと」です。せっかくポスターを作成するのなら、意図することを正確に伝えたいですよね。そしてポスターを作成するときは遠くから見ても読みやすいかどうかも重要です。

ポスターのフォント選びひとつで伝わりかたも変わってしまう可能性があるので、フォントのサイズ選びや、構成は慎重に行いたいものです。

自分でポスターを作成するのも楽しいかもしれませんが、ポスター制作のプロにお任せした方がより効果的なポスターを作成することができると思います。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
18投票,  平均評価値:3.7

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 16:59:50
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/38449/
法人向け
ポスターを作成しようとしたとき、伝えたいことを正確に伝えたいのはもちろんですが、インパクトがあって印象に残るポスターを作成したいと思いますよね。またその逆で、シンプルにわかりやすいポスターを作成したい場合もあるでしょう。そういったときは実際どのようなフォントを選ぶと意図するポスターが作れるのでしょうか?今回はポスターのフォント選びのコツと注意点、フォントの種類についてご紹介したいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識制作

看板・標識制作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識制作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!