生活110番辞典 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

看板は自作できる!木製・アルミ製の看板の作り方をご紹介

2018-05-08

看板は自作できる!木製・アルミ製の看板の作り方をご紹介

看板製作の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

お店の看板はその店の顔でもあります。きちんとしたものを設置したいですよね。ですが、いざ看板の制作を業者に依頼して見積もりを出したら、想像よりも高額だったりしませんか?

看板の種類によっては手作りした場合でも、既製品や業者の制作したものに負けないくらい素敵なものが作れます。しかも制作費なども安く抑えられるのです。

今回の記事では、こんなに魅力ある手作りの看板の作り方などをご紹介していきます。看板を手作りしようか検討している人はや、興味のある人などはぜひ読んでみてください。

看板が必要なのはこんなとき!

看板とは、そのお店が「何を扱っている店なのか」を知らせる役割と、「人を惹きつける役割」の2つがあります。この2つの役割を果たすことで、お客さんとお店を繋ぐツールの1つとなるのです。

お店などを経営している人で、最近お客さんの数が減っているな・・・と感じている人や、新しい商品をぜひ知ってほしいなど、今以上にお客さんを呼び込みたい場合にはとても有効的な方法です。看板以外にもチラシなどの方法もありますが、それらよりも比較的コストを抑えることができたり、看板の枠組みなどがあれば、表示内容なども随時変更できるなどのメリットがあります。

しかし、先ほども言ったように、既製品などになると高額になってしまう場合があります。試験的に看板を設置してみようかなと考えている人は、手作りの看板がよいのではないでしょうか。

次から、看板の作り方などを看板の種類別にご紹介していきます。

      断熱工事をお得に施工したいなら発泡ウレタンでDIYしてみませんか?

木製の看板の作り方

ここでは手作りの木製看板の中で、マスキングテープを使用した看板の作り方をご紹介します。

必要なもの
・看板に使用する板
・防腐剤
・マスキングテープ
・カッターナイフ
・塗装剤

(1)板に防腐剤を塗り、乾かす。
(2)マスキングテープを全体に張り、表示したい所だけカッターナイフでマスキングテープを切り抜く。
(3)塗装剤を塗り、乾かす。
(4)マスキングテープをはがす。

屋外に設置しない場合は、防腐剤は使用しない場合もあるようです。マスキングテープを貼りつける作業をなるべく丁寧に行いましょう。きちんと貼れていないと余計な部分にまで塗装剤がにじんでしまいます。

文字やデザインなどをパソコンで制作してプリントし、マスキングテープの上に貼るのもよりクオリティの高いものができそうですね。

木製の立て看板の作り方

木製の看板の作り方は上記で説明しましたが、立て看板の場合にはどのように作るのでしょうか。立て看板と言っても、様々な種類があります。ここでは代表的なA型の立て看板で、すのこを使った作り方をご紹介します。

必要なもの
・すのこ 2枚
・家具用蝶番 2つ
・ヒートン 2つ
・防腐剤
・麻布

(1)すのこ全体に防腐剤を塗り、乾かす。
(2)家具用蝶番を上部に間隔をあけて取り付けます。
(3)ヒートンを側面の同じ高さにそれぞれ取り付け、麻紐を通す。

上でご紹介した木製の看板などを取り付けるとよいかもしれませんね。また、麻紐以外にもチェーンなどを使用するなど、自分の作りたい看板のイメージに合わせて材料を変えるなどをするとよいと思います。

アルミ板を使用した看板の作り方

木製のものよりも軽く、耐久性も高いアルミ板を使用した看板の作り方をご紹介します。

必要なもの
・アルミ板に使用できる塗装剤
・アルミ板
・マスキングテープ
・カッター

①アルミ板全体にマスキングテープを貼る。
②浮き出したい文字だけマスキングテープをカッターで切り抜く。
③マスキングテープの上から塗装剤を塗り、乾かす。
④マスキングテープをはがす。

アルミ板を使用した看板の作り方は、木製の看板の作り方とほとんど同じです。

こんな看板は業者に依頼して作成してもらいましょう

看板の中にアクリル電飾看板というものがあります。このアクリル看板に使われているアクリル板は耐候性も高く、暑さ寒さにも強い素材です。電飾で夜でも光るので、昼間はもちろん夜でも多くの人の目に触れることになるでしょう。しかしアクリル電飾看板を作ろうと思うと、一般の家庭では使わないような工具などが必要となってきます。また、それらを使いこなすための技術も必要になります。看板の作り方も他のものと比べると複雑です。

「一から工具を揃えたら、業者に依頼するよりも高額になってしまった」「自分で看板を作ったが、満足のできるものを作れなかった」など後悔してしまうことが多いようなので、このような本格的な看板が必要な場合には業者に依頼するようにしましょう。

      

まとめ

ここまで、看板を手作りする場合の手順などをご紹介してきました。今回ご紹介したものは、どれも簡単に作れるものばかりです。自分の理想の看板に近づけるために、少し材料を変えたりなど、工夫してみるとよいかも知れません。

自分が設置したい看板がもし大きなものであったり、アクリル電飾看板などの少し特殊なものや、理想の看板の作り方が複雑な場合は、看板の業者に見積もりだけでも出してもらって検討したり、そのまま依頼したりするのがおすすめです。

看板・標識制作を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「看板・標識制作」をご覧ください。

看板製作の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-05-08 17:24:09
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_signboard/38443/
法人向け
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 看板・標識製作

おすすめ記事

看板・標識製作のお問い合わせ・ご相談はこちら

看板・標識製作についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

看板・標識製作オリジナルサービス

0120-949-986