生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

グリストラップ清掃の価格相場は。業者に依頼する頻度やポイント

投稿日:2019-07-31 更新日:2019-11-25

グリストラップ清掃の価格相場をご紹介!業者に依頼するメリットとは

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

汚れたグリストラップを自分で清掃するのは手間がかかるので、業者に依頼してきれいにしてもらいたいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、業者に依頼するとなると、いくらかかるのか気になるところですよね。

本記事では、グリストラップを清掃する価格の相場について解説していきます。相場がわかれば、納得のいく価格で業者と契約することができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

グリストラップ清掃の価格を抑えるための「サイズ」「頻度」

業者に依頼してグリストラップを清掃する価格の相場は、およそ7,500円~3万円が一般的なようです。ただし、グリストラップの清掃は、その容量が大きくなればなるほど高くなる傾向にあります。グリストラップをどのくらいの頻度で清掃依頼するかによっても、料金は変動します。

また、月に1回など定期的に清掃を依頼すれば、お得な費用で掃除してもらえる場合もあります。反対に年に1回ほどの清掃依頼であれば、1回につき約4万円かかってしまうこともあるのです。ほかにも、グリストラップがつまると清掃の価格は非常に高額になり、1回につき5万~7万円ほどかかってしまいます。

このような面から考えると、定期的に清掃を依頼して、きれいなグリストラップを保つことが、価格を抑えるポイントになってくるかもしれません。グリストラップの清掃頻度が低いと、ゴミや油汚れで排水管がつまりやすくなってしまいますし、悪臭などのトラブルを引き起こしやすくなるのです。

グリストラップ清掃の価格相場をご紹介!業者に依頼するメリットとは

清掃を委託する業者の選び方と作業の流れ

グリストラップの清掃は価格のほかにも知っておくべきことがあります。それは、業者の選び方と依頼したときの流れです。これらを把握しておくことで、業者依頼がスムーズになるでしょう。

最安値を明確にする相見積りを!

せっかく業者依頼をするなら、安心してまかせることのできる業者に依頼したいものでしょう。そんな業者に依頼するためには、3つのポイントをつかんでよりよい業者を見定めてみましょう。

最初のポイントは、見積もりを取ってみるということです。大まかなグリストラップの清掃価格はホームページなどで確認することができますが、必ずしも同じになるとは限りません。

業者に依頼する前に現地調査をおこなってもらい、明確な料金や作業内容を把握しておきしょう。また、1社に絞らず複数の業者から見積もりを取ることで、業者同士を比較できるため、より希望条件にあった業者に依頼できるでしょう。

次に把握しておきたいことは、業者の対応です。業者が丁寧に対応してくれるなども、業者選びには重要なポイントです。特に初めて依頼する際は、自分自身もわからないことばかりです。疑問に感じる部分をわかりやすく丁寧に説明してくれると、業者への信頼も増すでしょう。

最後に、業者の実績を知ることも大切なポイントです。実績の豊富さは、技術の高さにもつながります。実績の多い業者を選ぶようにしましょう。業者の実績はホームページなどで確認できる場合が多いので依頼する前に調べてみてください。

グリストラップ清掃の価格相場をご紹介!業者に依頼するメリットとは

バキュームカーなどを利用した委託清掃の流れ

はじめにおこなうのは業者への問い合わせです。この際に、グリストラップの状況や最後に掃除した日にちなど大まかな情報を話しましょう。問い合わせをすれば、多くの業者は日程を決めて、現地調査に来てくれます。

業者が現地調査に来る前には、周りのものが邪魔にならないように片付けておきましょう。また、清掃当日はバキュームカーなどを駐車して作業をおこなうこともあるため、駐車スペースがあるかも確認しておきます。グリストトラップは駐車場に設置されていることもあるので、車が停められるようにスペースを確保してください。

次に、現地調査や詳しい情報の聞き取りなど打ち合わせをおこない、正確な見積もりや作業内容を明示してくれます。見積内容に納得できるようなら契約となります。

契約後、詳しい日程などを決めるのです。清掃当日は、バキュームカーなどを使って、場合にもよりますが1時間ほど清掃をおこなえば終了です。

業者にグリストラップ清掃を委託するメリット

自分や従業員でグリストラップの清掃をおこなわず、業者に依頼しておこなうとさまざまなメリットがあります。グリストラップの清潔さはもちろんのこと、雇っている従業員の定着率にもかかわってくるのです。

悪臭・衛生上のトラブルを防止

グリストラップに流れ込んだ汚れやゴミをそのままにしておくと、当然悪臭につながります。その悪臭がお客様のもとにも届いてしまうと、お店の評判を損ねる結果になってしまうでしょう。

また、グリストラップの汚れに誘われてネズミやゴキブリなどの害虫がたくさんが発生してしまいます。飲食店でこのような害虫が増えると、食中毒のおそれが出てきてしまうのです。

自分で清掃をおこなうのは、衛生的にも望ましくありません。さらに、自分で完璧にグリストラップをきれいにするのは容易ではありません。

グリストラップの清掃は、業者に依頼しておこなえば、衛生的な心配や、不完全に清掃が終わるのを気にすることなく清潔に保つことができるのです。

グリストラップ清掃の価格相場をご紹介!業者に依頼するメリットとは

法律に沿ったゴミ回収・処理

グリストラップにたまったゴミや油などは、産業廃棄物の扱いになります。そのため、一般家庭のゴミと同じように燃えるゴミとしては捨てることができません。自分で捨てるにしても、産業廃棄物はお金がかかるのです。

しかし、業者に依頼すれば清掃の後、グリストラップのなかのゴミまで回収して処理までおこなってくれるため手間なく処分することができます。

確実な清掃と手間の削減

グリストラップの清掃は油汚れや生ごみなどを片付かなくてはならないため、進んでやりたいという方は少ないでしょう。もし、お店のスタッフに無理やりやらせようとすればやめてしまうことも考えらえます。清掃などの汚れる仕事をしなくてよくなれば、働きやすくなりお店に定着してくれるようになるかもしれません。

また、グリストラップの清掃は時間がかかりほかの作業に手がまわらないことや、グリストラップに落ちてケガをしてしまうおそれもあるため、リスクが高い作業といえるでしょう。グリストラップの清掃価格を支払って業者に依頼することで、お店のスタッフは仕込みなどの店舗作業に集中できます。

▼詰まりができる前に清掃!日常の手入れについて考える

グリストラップの大掛かりな清掃は業者に依頼したほうが安心ですが、日常のお手入れは自分でも簡単におこなうことができます。日常的にお手入れしておくことで、衛生的によい環境を保つことができるでしょう。グリストラップの清掃価格は、汚れがひどくなってつまりが生じれば高額になるので、日頃のお手入れは費用削減にもつながるのです。

清掃前にグリストラップの構造を知る

グリストラップは、油や生ごみなどを下水に流さないように取り付けられているものです。その内部は、3つの層に分かれています。

飲食店から流れ出した排水が、まずたどり着くのが第1槽です。第1槽では、食べ残しなどの大きなゴミが流れないように、バスケットと呼ばれる網でろ過します。

第2槽では、油は水に浮く習性を利用して油汚れを取り除きます。第1槽から第2槽へ流れる際に、排水が下から潜り抜けることで、油だけが表面に浮いてくるしくみになっています。

第3槽では、トラップ管により下水へと運ばれます。このように、下水に生ごみや油汚れを極力流さないように作られているのです。

毎日清掃!第1槽のバスケット部分は頻度を多く

第1槽にあるバスケットは、野菜くずや食べ残しなどがたまる場所です。バスケットは毎日清掃するようにしましょう。バスケットに生ごみ用のネットなどをかけおくと簡単に片付けることができます。掃除をおこなう際は、ゴム手袋などで保護しておくとケガの心配なく清掃することができるでしょう。

第2槽の油汚れ除去は週に1回の頻度で

第2層の油汚れは、週に1回程度は掃除するようにしましょう。放置された油は酸化し、悪臭の原因になってしまいます。第2槽の水面に浮いている目の細かいすくい網などで取り除きます。この油は臭いが出ないように保管して、まとめて産業廃棄物として処理しましょう。

トラップ管の汚泥処理は月に1回の清掃で

第3層の底には、泥のような汚れの塊が沈んでいます。この汚れは、月に1回程度すくって処理しましょう。そこから引き揚げたゴミも産業廃棄物となるので、ゴミ捨ての際は気をつけましょう。

トラップ管の内部は、約1~3カ月に1回清掃しましょう。トラップ管についているキャップをあけ、内部を持ち手のついたブラシなどで磨きます。清掃後はキャップをしっかりしめておくようにしてください。

負担を軽減するグラストラップ清掃用グッズ

グリストラップの清掃をする際に、あると便利なグッズを3つ紹介します。グリストラップの清掃価格を抑えるためには、毎日のお手入れは非常に重要なので便利グッズを活用して、お手入れに役立てましょう。


▼油吸着材 セルソーブ プラス 4箱セット (2kg/箱) バイオフューチャー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

油を吸着してくれる綿状の油吸着材です。油が浮いた水面に入れることで、油を吸着し簡単に油だけを取り除くことができ、消臭効果も期待できます。これで、日々のお手入れも手間なくおこなえるはずです。


▼グリストラップ用油吸着シート オイルホールド OH50Gネット入 20枚入

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

グリストラップの第2槽に入れておくだけで、油を吸着してくれる商品です。回収するときもそのまま取り除くだけでよいので、誰でも簡単におこなうことができます。また、環境にも優しく、安全に使用できる商品といえるでしょう。


▼旭化成 グリーストラップ用清掃道具 すくいん棒 小

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

すくいん棒は非常に軽く、作業しやすい商品です。四角い形を利用して、端の汚泥までしっかり取り除くことができます。持ち手が長いため、立ちながらの作業も楽におこなうことができるでしょう。

このように便利グッズを使えば、日頃のお手入れは自分でおこなうこともできますが、油脂や汚泥などを完全に取り除くのは難しいでしょう。そのため、定期的に業者に清掃を依頼するとよいかもしれません。

まとめ

業者依頼したとき、グリストラップの清掃価格の相場は、およそ7,500~3万円です。しかし、汚れがひどくつまりが生じている場合は、約4万円以上と高額になってしまいます。しかし、月に1回などと定期的に清掃に入ってもらえば、お得な料金できれいなグリストラップを保つことができます。

また、日々のお手入れをおこなうことでも料金を抑えることができるでしょう。グリストラップの汚れは放置しておくと、悪臭や害虫などの原因にもなりかねません。

まずは、見積もりを取るなどして信頼できる業者を選んで依頼することをおすすめします。
業者に依頼すれば、お店のスタッフの負担も減り、従業員の定着率や作業効率の向上にもつながるでしょう。

この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-25 12:40:17
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_grease_trap/151717/
法人向け
汚れたグリストラップを自分で清掃するのは手間がかかるので、業者に依頼してきれいにしてもらいたいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、業者に依頼するとなると、いくらかかるのか気になるところですよね。本記事では、グリストラップを清掃する価格の相場について解説していきます。相場がわかれば、納得のいく価格で業者と契約することができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け グリストラップ

お住まいの地域のグリストラップ業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
関東
  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

グリストラップのお問い合わせ・ご相談はこちら

グリストラップについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!