生活110番ニュース 法人向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

便利な自動ドア、でも事故には要注意!事故防止のためにできること

投稿日:2018-03-16 更新日:2018-10-04

便利な自動ドア、でも事故には要注意!事故防止のためにできること

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

お店や公共施設、マンションなどにある自動ドアですが、今ではほとんどの施設で自動ドアを見るようになりました。私たちがわざわざ自分の手で開ける必要もなく、非常に便利ですよね。しかし、ドアが自動ゆえの事故というものもあります。自動ドアに注意することはもちろんですが、事故の種類を知ることでも予防になるでしょう。そこで、今回は自動ドアの事故に関してご紹介したいと思います。

自動ドアで起こる事故にはどんなものがある?

それでは自動ドアの事故にはどういった種類のものがあるのでしょうか。代表的なものとしては以下のものが挙げられます。

自動ドアとの衝突

自動ドアには透明なガラスが使われていることが多いため、ガラスに気付かずに衝突してしまったり、自動ドアが閉まりかかっているのに無理に通ろうとして衝突してしまったりします。自動ドアとぶつかることによってケガをする以外にも、割れたガラスで体を傷つけてしまう可能性があります。

自動ドアへの挟み込み

自動ドアが閉まりそうになっているのに無理に中に入ろうとすると、自動ドアに挟みこまれてしまう危険があります。電車の自動ドアでの挟み込みが一番イメージしやすいでしょうか。また、自動ドアを通る途中で立ち止まると、閉まってきた自動ドアに挟まれてしまうことがあります。こうした自動ドアの挟み込みを防止するためには、十分な余裕をもって自動ドアを通過することが必要でしょう。

自動ドアへの引き込み

自動ドアを引き込むためのスペースのことを自動ドアの戸袋といいます。子供が自動ドアを触って遊んだり、自動ドアに手をついて外の景色をながめていたりするとドアが開いたときに、この戸袋の間に手を引き込まれてしまうことがあります。

      自動ドアで起こる事故にはどんなものがある?

自動ドアでの事故を防止する対策①:自動ドア本体の対策

このようにさまざまな種類の自動ドアの事故がありますが、こうした事故を防ぐためにはどのような対策が必要なのでしょうか。まずは自動ドア本体の対策についてご紹介します。

開閉速度を遅くする

自動ドアの開閉速度を遅くすることで、子供や老人が自動ドアを通っている間にドアが閉まってしまうという事態を防げます。とくに公共施設や商業施設のように、さまざまな年齢の人間が訪れる場所においては、この対策が重要といえるでしょう。

複数のセンサーを組み合わせる

自動ドアには起動のためのセンサーが取り付けられており、このセンサーが反応することでドアが開くようになっています。また、これとは別にドアを通過している人やドアの近くで立ち止まった人が、閉じるドアに挟まれないためのセンサーもあります。

こうしたセンサーがあると自動ドアの安全性がより高まるのです。そのため複数のセンサーを組み合わせることで効果的に事故防止対策を行うことができるでしょう。

自動ドアでの事故を防止する対策②:自動ドア周辺の対策

自動ドアだけではなく、その周辺に気を配ることで事故を予防できることもあります。そうした対策としては主に以下のようなものが挙げられます。

自動ドアにステッカーやシールを貼り付けて注意を呼び掛ける

この対策は電車などで見かける方もいるのではないでしょうか。「閉じると危険」や「危ないから触らないで」といった注意を呼び掛けるステッカーを貼ることで、子供が自動ドアの事故に巻き込まれる事態を避けることが期待できます。

自動ドアの周りに物を置かない

自動ドアの周辺に物が置いてあると、死角ができてドアにぶつかってしまうといったことや逆に自動ドアを通ろうとしたときに、周りのものにぶつかってしまうという事故が起きかねません。そのため、自動ドアの周りに物を置かないようにするだけでも対策といえるでしょう。

      自動ドアでの事故を防止する対策①:自動ドア本体の対策

自動ドアでの事故を防止する対策③:その他の対策

その他の対策で一般的なのは頻繁に注意喚起のアナウンスをおこなうことです。とくに子供が多く訪れる場所では、親に見守ってもらうためにもアナウンスをする必要があるでしょう。自動ドアへの引き込み事故は子供が対象となることが多いため、注意を呼び掛けることは非常に大切です。

また、そもそも自動ドアを設置する段階で十分に事故が起きないように配慮するという対策があります。雨の日にすべって自動ドアにぶつからないために、すべり止めのマットを用意しておく、子供や老人がつまずかないように段差をつくらないよう気を付けるなどの配慮をしておくことで、自動ドアの事故を減らせるでしょう。

まとめ

最近では多くの場所で自動ドアを見かけるようになりましたが、便利な一方で事故が起きることもあります。自動ドアの事故には自動ドアとの衝突や自動ドアへの挟み込み、自動ドアへの引き込みがあります。こうした事故を防止するために自動ドアの開閉速度を遅くするとか、複数のセンサーを組み合わせるといった自動ドア本体の対策があります。

また、これ以外にも自動ドア周辺の対策としてドアに注意喚起のステッカーを貼るというもの方法や、その他の対策として注意を呼び掛けるアナウンスをするという方法があります。

しかし、そもそも自動ドアが古くなって故障していた場合はこうした対策でも事故を防ぐことができません。最近自動ドアの調子がおかしいと感じたら、業者に頼んで修理してもらった方がよいでしょう。お困りの方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

自動ドア修理を依頼できる業者や料金

 
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「自動ドア修理」をご覧ください。

急なトラブルに即刻対応!
お電話1本で即日対応可能
※対応エリアや加盟店によって変わります
自動ドアの開閉がスムーズにできない・センサーが反応しない・カギが壊れたなど、あらゆる自動ドアのトラブルに対応いたします!メンテナンス作業もお任せください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
即日対応可能。現地調査、お見積りは無料です!お電話ください。
自動ドア修理 15,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 17:26:57
https://www.seikatsu110.jp/corporative/co_automatic_door/52291/
法人向け
お店や公共施設、マンションなどにある自動ドアですが、今ではほとんどの施設で自動ドアを見るようになりました。私たちがわざわざ自分の手で開ける必要もなく、非常に便利ですよね。しかし、ドアが自動ゆえの事故というものもあります。自動ドアに注意することはもちろんですが、事故の種類を知ることでも予防になるでしょう。そこで、今回は自動ドアの事故に関してご紹介したいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

法人向け 自動ドア修理

自動ドア修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

自動ドア修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!