生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

感染力が高いノロウイルス!大人は症状が軽くても徹底的な予防対策を

投稿日:2017-10-03 更新日:2018-10-03

感染力が高いノロウイルス!大人は症状が軽くても徹底的な予防対策を

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ノロウイルスによる集団食中毒が報道され、飲食業を中心に感染予防が重視されるようになりました。しかしノロウイルスの症状についてはあまり知らない人も多く、「実はノロウイルスだった!」という場合も少なくありません。またノロウイルスの治療法についても、かかって初めて知ったという方も多いでしょう。

今回はノロウイルスの予防のため、症状と治療法を中心にみていきます。

ノロウイルスで大人の症状は軽いことも。ここをチェック

ノロウイルスの症状はほかの感染症と比べると軽いことが多く、免疫力や体力を十分に持つ大人であればとくに対策をしなくても治る場合がほとんどだといわれています。
ただし、ほかの病気が原因であることも考えられるため、一度病院で診察を受けたほうがよいでしょう。

ノロウイルスの主な症状 

ノロウイルスは胃や腸に感染するため、症状も消化器系に現れます。熱が出る場合もありますが、その場合も高熱につながることは少ないとされています。

【主な症状】
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・腹痛

これらの症状は1日から2日程度続いたあと、収まっていきます。ただこれらの症状が出ると栄養や水分が不足しやすくなるため、十分に補給しながら安静にすることが大切になります。

軽い場合の症状

ノロウイルスに感染しても症状が軽く、軽い風邪程度にとどまることがあります。また感染しても発症につながらない例もあります。ノロウイルスによる大人の症状は免疫力が高いことから症状が抑えられることも多いようです。
      ノロウイルスで大人の症状は軽いことも。ここをチェック

判断が難しいノロウイルス。病院での問診が多い理由

ノロウイルスによる症状が出た場合は病院に行くことが多いと思いますが、病院に行っても問診だけで、症状で「感染性胃腸炎」や「嘔吐下痢症」と診断しつつ「おそらくノロウイルス」といわれることも少なくありません。これはノロウイルスであることの確定が難しい点、確定させたところで治療方針が変わらないことが理由です。

ノロウイルス検査

ノロウイルスに感染していることを確定させるには検査を行う必要があります。しかしこの検査は、医師が医学的に認めた場合を除き、大人に対しては行われない検査となっています。

これは後ほど触れますが、検査結果でノロウイルスとの結果が出たところでその後の治療方針は変わらないことが大きな理由として挙げられます。医療機関では「ノロウイルス迅速検査」という方法で行いますが、これが100%の精度でないこともひとつの理由です。専門機関による精密検査も時間がかかる点、受け入れ態勢の点で限界があります。

そのためノロウイルスによる大人の症状は問診による判断で、他のウイルスや細菌などが原因も含む「感染性胃腸炎」や「嘔吐下痢症」と診断されることが一般的になっています。厚生労働省の集計もこの「感染性胃腸炎」を対象に行われています。

ノロウイルス検査に保険が効くか

治療方針への影響はほとんどないことから、ノロウイルス検査の保険適用は免疫力や体力が低い、病気治療中など感染による影響が出やすい患者を対象としています。具体的には次の通りです。

【ノロウイルス検査の保険適用がされる患者】
・3歳未満の幼児・乳児・新生児
・65歳以上の高齢者
・悪性腫瘍(がんなど)の診断が確定している患者
・臓器移植を受けた患者
・抗がん剤・免疫抑制剤など、体内の免疫機能を抑制する薬剤を投与している患者

これ以外でも要望があれば検査を受けることはできるものの、保険適用外となり全額自己負担になります。病院によって異なりますが、迅速検査の場合4,000円から5,000円前後、精密検査の場合10,000円から30,000円前後かかるといわれています。とくにノロウイルス感染は集団食中毒の原因になるため、飲食業に従事している方を中心に希望して精密検査を受けることが多いようです。

ノロウイルスの特効薬

現在のところ、ノロウイルスに直接働きかける特効薬は開発されていません。そのため病院での治療は症状に対して、致命的にならないよう対応することが中心です。排泄でウイルスが体外に出ていくことを促す必要があるため下痢止めを処方されることは少なく、市販薬の利用も避けたほうがよいでしょう。
      判断が難しいノロウイルス。病院での問診が多い理由

症状が軽くても要注意!ノロウイルスの二次感染

ノロウイルスは大人を中心に症状が出ない、症状が軽いといった感染例も確認されています。しかしウイルス自体は体内で増殖しているため二次感染には注意が必要です。

ノロウイルスの感染力

ノロウイルスは感染力が強く、数十個のウイルスでも体内に入れば感染のおそれがあります。また乾燥にも強く、ドアノブや日用品からもウイルスが検出され、感染源となります。

加えてノロウイルスに感染した場合、腸内で増殖したウイルスが排泄によって出ていくまで1週間から1ヶ月以上かかることもあります。体調が回復しても感染源となる場合も多く、注意が必要でしょう。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは腸内で増殖するウイルスであるため、感染経路も口から入ることが中心になります。

【ノロウイルスの主な感染経路】
・食べ物に蓄積されたものから(牡蠣など二枚貝が中心、食中毒)
・調理を通じて食べ物に付着したものから(食中毒)
・排泄物・吐しゃ物が乾燥して空気中に飛散、口に入る
・手についたウイルスが何らかのきっかけで口に入る

そのため予防も「消毒」「飛散を防止する」「ついたものを洗い落とす」といった方法を取ることが中心になります。

ノロウイルスとインフルエンザの共通点

インフルエンザは変異を起こしやすいウイルスのため遺伝子型もさまざまで、予防接種は流行すると予想されている型に合わせて行われます。一方ノロウイルスも多くの遺伝子型があり、とくに2014年から日本でも流行し始めたGII.17は抗原性が異なるため症状が出やすいとされています。

またインフルエンザも症状には個人差があり、症状が軽い場合は感染を広げやすいことも共通する点でしょう。詳しくは「これはノロウイルス?インフルエンザ?症状の違いで見分けよう」でも触れているため、そちらもぜひお読みください。

ノロウイルスの消毒を完璧に行うには

ノロウイルスは感染力が強いため、消毒は確実に行うことが必要です。消毒には「加熱」「次亜塩素酸を利用」といった方法があり、どちらもノロウイルスの活動を失わせる作用があるといわれています。

【加熱による方法】

ウイルスは一般的に熱に弱いとされており、加熱処置はウイルスに対して有効な手段です。ただ、ノロウイルスは人工的に培養させる手法が確立されていないため正確な値がわかっていないことに留意する必要があるでしょう。

同種のウイルスでは85度以上で1分を超える加熱で効果があるため、これが目安とされています。ただ二枚貝などノロウイルスを蓄積する食品は中心部まで熱を通す必要があり、数や環境による影響を考えると確実性を求めるためにはより高温、より長時間の加熱が求められます。

【次亜塩素酸を使った方法】

次亜塩素酸ナトリウムはノロウイルスに対する効果があるため、これを使ってウイルスの活動を失わせることもひとつの方法です。とくに加熱処理ができないものに効果があるでしょう。家庭用の塩素系漂白剤にも含まれているため、応急的な対策としては薄めて使用することも可能です。

作り方など詳細については「ノロウイルス消毒液は簡単に作れる?家庭にあるもので消毒する方法」をご覧ください。

【手洗い】

次亜塩素酸はタンパク質を分解するため、手指の消毒に使うことは困難です。また手を高温で加熱するわけにもいかないため、完璧とはいえませんが手洗いで洗い流すことが必要になってくるでしょう。

食品を扱う業種ではアルコール消毒が習慣付いている方も多いですが、ノロウイルスに対するアルコールの効果は薄いと考えられています。しかしほかのウイルスには効果があること、増殖促進など逆効果にはならないことからあえて行わない必要はないでしょう。ノロウイルス対策に必要なのは「2度洗い」によってウイルスを流し切ることです。

詳しくは「手に付いたウイルスは洗い流す!ノロウイルス対策も手洗いが大切です」でも解説していますので、そちらもぜひご覧ください。
          ノロウイルスの消毒を完璧に行うには

まとめ

ノロウイルスは単体では命にかかわる危険性が小さい病気のため、症状には個人差があります。免疫力の高い大人は症状が軽い場合も多いでしょう。ただ感染力は高く、とくに排泄物や吐しゃ物には増殖したウイルスが多く混じります。食品を取り扱っている場合には集団食中毒にもつながるため、徹底した予防対策が必要になるでしょう。

ノロウイルスの消毒を依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ノロウイルス消毒」をご覧ください。

ウイルス消毒はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ウイルス消毒はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

感染予防のための消毒施工

一般的に感染症の予防・消毒においては、アルコール消毒、塩素系消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)や加熱処理(85℃で1分以上)は有効とされています。※
当社提携業者はこれらの方法を駆使して予防・消毒を実施いたします。

※「感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き」(厚生労働省)参照

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 10:31:45
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_noro/11315/
家の掃除
ノロウイルスによる集団食中毒が報道され、飲食業を中心に感染予防が重視されるようになりました。しかしノロウイルスの症状についてはあまり知らない人も多く、「実はノロウイルスだった!」という場合も少なくありません。またノロウイルスの治療法についても、かかって初めて知ったという方も多いでしょう。今回はノロウイルスの予防のため、症状と治療法を中心にみていきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 ウイルス消毒

お住まいの地域のウイルス消毒業者を検索

北海道・東北
中国・四国
  • 広島県2
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県1
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県2
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県1

詳細検索で探す

ウイルス消毒のお問い合わせ・ご相談はこちら

ウイルス消毒についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!