生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

新居の掃除もしっかりと!入居する前に確認することと掃除のポイント

投稿日:2017-12-26 更新日:2018-10-02

新居の掃除もしっかりと!入居する前に確認することと掃除のポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引っ越しする際にやらなければいけないことがたくさんありますが、新居の掃除もしっかり行うことが必要です。

入居する前にクリーニングをしているのできれいと思われがちで、必要性を感じないかもしれませんが、掃除するだけではなく入退去時のトラブルを防ぐためにも必要なことです。

気持ちよく新生活をスタートするために掃除のポイントと確認しておくべきポイントを紹介します。

新居も掃除は必要?

新居に引っ越しして、ハウスクリーニングで掃除してあるからそのままでも大丈夫と思っている方もいるでしょう。しかし、前の入居者が退去してから時間が経っているとホコリが溜まっている可能性があるので、新居も掃除することが大切です。

新築物件でも中古物件でも掃除しておくことに越したことはありません。

引っ越しをする際の荷物を運ぶ前に掃除をすることによってスムーズにできることと入居時にある傷や汚れを確認すること大事です。

入退去時に修理費用を取られないためにも傷や汚れをつけない対策も必要です。

とくに台所や玄関、お風呂場、トイレなどにマットを用意しておくことと排水口や換気扇にフィルターで保護しておくことにより掃除が楽になり、汚れもつきにくくなります。
      新居も掃除は必要?

まずは新居の確認を

入居が決まってから、新居の掃除するときに部屋の汚れや傷の確認も一緒に行います。万が一傷や汚れがある場合は、退去のときに敷金返還のトラブルが起こり兼ねないです。

原状回復といい、大家さんが前に住んでいた入居者の傷や汚れ、ゆがみなどを把握して次に入居してくる人のために元の状態に直す必要があります。

この原状回復に必要な資金を敷金から回収します。しかし、住んでいる中で自然に起こってくる経年劣化や傷や破損が発生したときは入居者が負担する必要はありません。
入居時からあった傷や汚れに関しては、引っ越しの際にしっかりチェックして写真に証拠として収めておくと退去するときに自分のつけた傷ではないと証明することができます。

チェックしておくポイントとして、床や壁のはがれや、フローリングや畳に焼け焦げた跡はないか、確認します。

クロスや畳は張り替えるとき傷がついてしまうこともあるので確認しましょう。収納スペースや靴箱の中も要チェックです。

水回りは、排水溝が流れるか、カビやにおいなどチェックしましょう。サッシやふすま、ドア、窓などのものは動かしてスムーズに動くか確認しましょう。傾きや引っ掛かりなど確認し、収納場所の扉も確認しましょう。

問題が見つかった場合は、早めに不動産会社に連絡して対処してもらうことが大切です。

場所別お掃除方法

新居に荷物を運んで来る前に窓やドアを開けて換気をしましょう。
新居はリフォームしたときの塗料や接着剤のにおいがこもっていることもあります。半日ほど開けっ放しにして換気するのがいいでしょう。

壁や床の細かい傷はなるべく補修材で直すときれいになります。退去するときに対象になるのでできるだけ直しておきます。

喫煙者はタバコのヤニの汚れやにおいはなかなか落とせないですが、そのほかの汚れは掃除すれば落ちるのできれいにしておきましょう。

床や畳、壁、天井は雑巾がけしてしっかり汚れを落とします。
荷物を運んでからだと天井や床などはなかなか掃除ができないので今のうちにきれいにしておきましょう。

新居の掃除をする際に、掃除用具などがなにもないので高いところを掃除するときの脚立も持っていきましょう。

照明器具のホコリも忘れてはいけません。元々照明器具がない部屋でしたら掃除の必要はないですが、備付の照明器具がある場合は、掃除しましょう。ホコリをハタキなどで落としてから固く水で絞った雑巾でしっかり拭きます。

台所の排水口やシンクに水垢やカビが付いていて汚れて、詰まっていることがあります。
調理台のホコリを拭き取り、きれいになったら汚れ防止シートを水回りやコンロの周りに貼っておくことにより、引っ越し後に楽でしょう。

台所も水道は元栓を開けば出ますが、ガスは立ち合わないと出ないので引っ越す当日までガスの元栓はしっかり切っておきましょう。

お風呂場の排水溝の掃除は済んでいますが、よく見ると汚れが残っているときがあるので、気になる場合は念入りに掃除しましょう。
シャワーカーテンも備付のものがあるかもしれませんが、自分のすきなものに交換もできます。
      場所別お掃除方法

害虫駆除も忘れずに

新築や新居を掃除するときに害虫も出るのでしっかり駆除しておきます。

ゴキブリが住み着きやすい場所が暗くて暖かく湿気のある場所を好みます。前の住人が出ていった後の部屋はゴキブリにとって最適の住家です。

台所やお風呂場、トイレ、シンクなど水がなくふたもないので移動がしやすく、簡単に侵入できてしまいます。運ばれてきた荷物に侵入して入ってくる場合もあります。

ゴキブリを駆除する対策をして、水周りをすべて塞ぎ、毒エサを設置します。

テープで剥がしやすいように塞いでおき、毒エサを置いておけば引っ越すまでにゴキブリがいなくなります。
      害虫駆除も忘れずに

まとめ

新築や新居はきれいで掃除する必要がないと思われますが、意外と前の入居者が出てから時間が経っていることもあるのでホコリが溜まっています。

新居を掃除することにより最初からついていた傷や汚れも確認できるので、新築の場合もしっかり確認しておきましょう。

引っ越しする前に掃除ができない場合は、引っ越し業者がやってくれるところもあるので検索してみてもいいかもしれません。

ハウスクリーニングを業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハウスクリーニング」をご覧ください。

短時間で家中キレイ!
お電話1本でプロが対応!
※対応エリアや加盟店によって変わります
家中丸ごとキレイにする丸ごとお願いするプランから、キッチンやエアコンなどお掃除箇所を選んで頼むことも可能です。一度、ご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
室外機、玄関、ベランダのクリーニングにも対応しています。
ハウスクリーニング パッケージプラン 15,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:42:53
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_house/28558/
家の掃除
引っ越しする際にやらなければいけないことがたくさんありますが、新居の掃除もしっかり行うことが必要です。入居する前にクリーニングをしているのできれいと思われがちで、必要性を感じないかもしれませんが、掃除するだけではなく入退去時のトラブルを防ぐためにも必要なことです。気持ちよく新生活をスタートするために掃除のポイントと確認しておくべきポイントを紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 ハウスクリーニング

ハウスクリーニングのお問い合わせ・ご相談はこちら

ハウスクリーニングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!