生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない汚れがたくさん!床掃除でフローリングをきれいにしよう

投稿日:2017-12-15 更新日:2018-10-30

:知らない汚れがたくさん!床掃除でフローリングをきれいにしよう

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

生活空間において、必要不可欠なフローリング。生活空間同士をつなぐ役割をはたすため、いつでもきれいにしておきたいとお考えではないでしょうか。フローリングは、様々な生活空間と距離が近いため、多くの汚れが付着することが予想されます。そのため定期的に掃除をして、常に清潔に保つことが重要です。

そこで今回は、床掃除でフローリングをきれいにするための方法をご紹介していきます。普段から歩く場所をきれいにしておきたいとお考えの方は、ぜひお役立てください。

フローリングが汚れる理由

住宅のフローリングは、生活において頻繁に人が通る場所です。そのため、徐々に汚れ溜まり、環境を悪くしてしまうおそれがあるのです。
フローリングが汚れる原因として考えられることは、様々な事柄が挙げられるため、詳しく見ていきます。

料理などの油汚れ

台所周辺のフローリングは、料理が飛ぶこともありベタつく原因にもなりかねません。とくに油を大量に使う料理をする際は、油汚れの懸念が強まります。

油汚れは、事件経過とともに強固な汚れに発展することもあり、なるべくこまめにふき取ることが大事です。汚れが蓄積して不快な思いをするだけでなく、歩行に支障をきたすこともあるため注意する必要があります。

足の汚れ

フローリングを素足で歩いているという方は、汚れが付着することに注意しなければなりません。足の裏の汚れが大量に付き、長期間放置していることでベタつく汚れに発展することもあるのです。

とくに小さなお子さまやペットがいる場合は要注意です。外で遊んだ後にそのままフローリングを歩いてしまい、汚れる原因となることもあります。

また、スリッパを履いていても安全とは言えません。スリッパの裏側も、様々な汚れが付着していることがあり汚してしまう心配もあるのです。

ワックスの劣化

フローリングに施されているワックスが剥がれることも、汚れやベタつきの原因となりかねません。経年劣化や湿気の影響により、フローリングのワックスが徐々に剥がれてしまうことが考えられます。

放置してそのまま歩いてしまうと、汚れを広範囲に広げてしまうおそれもあります。そのためワックスが剥がれてしまった場合は、塗り直して床掃除でフローリングをきれいにすることが重要になります。
      フローリングが汚れる理由

床掃除でフローリングをきれいにした方がいい頻度

住宅の床掃除をする頻度としては明確な決まりはないと言われています。掃除の度合いによって頻度が変化することが考えられるため、目安をみていきましょう。

軽く拭き掃除をする程度であるなら、基本的に毎日行うことをおすすめします。とくに油が飛び散ったときはすぐにふき取って蓄積しないように対策が必要です。普段から床掃除でフローリングがきれいな状態であるなら、ある程度の掃除で十分清潔さが保てるはずです。

時間に少し余裕がある方は、週に2回ほど掃除機をかけるのがいいでしょう。毎日拭き掃除をしていないと、フローリングの溝にホコリなどが溜まることがあるのです。
その際は、掃除機を活用して溝の中のホコリもしっかり除去することが重要です。さらに、雑巾などで水拭きするのも理想的な掃除と言えます。毎日行うことも有効ですが、もし時間がない場合は少し頻度を落としてもいいでしょう。

乾拭きや掃除機だけでは取れない、皮脂汚れを除去する目的で行います。そのままにしていると、フローリングがベタベタする原因となるおそれがあるのです。そのため、水拭きでしっかり皮脂汚れを落とし環境を改善することが大事になります。それでも除去できない場合は、洗剤を使用して水拭きしなければ汚れの除去が難しくなるかもしれません。
      床掃除でフローリングをきれいにした方がいい頻度

床掃除でフローリングをきれいにする方法

フローリングに付いた汚れを落とすためには、洗剤や汚れに効果があるものを使用して掃除する必要があります。床掃除でフローリングをきれいにするためには、しっかり効果を発揮するものを使用することが大切です。

効果が望めるものは、『酢』や『重曹』などと言われています。どちらも安価に購入することができ、多くの家庭に置かれている品です。

酢を使用する場合は、そのまま使用すると、臭いが付着してしまうおそれがあります。そのため、水で薄めてから使用することをおすすめします。雑巾などに付けてフローリングをゆっくり拭き、モップなどを駆使してしっかり乾拭きをしていきます。

酢の臭いが気になる場合もありますが、時間経過とともに消えていくとされ、比較的安心して使用することが可能です。抗菌作用も期待できるため、掃除後の手入れを楽にする効果が望めます。
      床掃除でフローリングをきれいにする方法

汚れごとのフローリングをきれいにする方法

フローリングをきれいにするためには、汚れの種類ごとに適切な対処をすることが大切です。強力な洗剤を使用しても、汚れによってはあまり効果が望めないことも考えられます。
汚れごとに適した方法とはどんなものなのかを見ていきます。

ホコリや髪の毛などの汚れ

日々生活するなかで発生する抜け毛やホコリなどは、シートや雑巾で乾拭きをするなどで除去することができるはずです。溝など細かい部分まで行き届くものであれば、しっかりきれいにできるでしょう。

掃除機だけだと、目立つ汚れは取ることができても細かい汚れまで完全に取ることは困難だと考えられます。そのため、床掃除でフローリングをきれいにする場合は掃除機だけで完了させないことが大切です。

皮脂汚れやハウスダスト

細かい汚れよりも目視が困難な砂埃、花粉、ハウスダストなどはお掃除シートだけではきれいにするのが難しいとされています。放置していると健康被害のおそれもあるため、なるべく完全に除去したいとお考えだと思います。

その際は、乾拭き用のワイパーではなく、ウェットタイプのシートを活用するのが有効です。通常のものよりも汚れをキャッチしやすくなり、お部屋のフローリングをきれいにすることにつながります。

ただし、初めからウェットシートを使用してしまうと髪の毛やホコリが溝に入り込んでしまうおそれがあります。余計な手間がかかってしまうこともあるため、ドライシートを使用してきれいにしてから行うことをおすすめします。段階的に掃除することで、お部屋のフローリングをきれいにできるでしょう。

ベタ付く汚れ

食べ物や飲み物をこぼしてしまったときは、食品の成分が付着してしまうことが多いです。油が大量に付いているものや、ベタベタする原因になりかねない成分は、ただ掃除するだけでは除去が困難です。

洗剤を使用してベタつきが気になる部分に散布し、油分などをしっかり除去する必要があります。また、ときには床を傷つけてしまうこともあるため、拭き取る際はあまり硬いスポンジなどは使用しない方がいいでしょう。

その他の汚れ

通常の掃除だけではきれいにするのが難しい汚れの場合は、役立つグッズなどを使用して丁寧に掃除していきます。溝に入り込んでしまったホコリや髪の毛などは、不要な歯ブラシなどを活用して掻き出して掃除します。

また、クレヨンの落書きなど特殊な汚れの場合は、対応する洗剤を使用しなければ落とすことが難しいです。とくに賃貸にお住まいの方は、汚れをしっかり落とさなければ費用がかさんでしまうこともあるため注意が必要です。

基本的にはガラス用洗剤などで対応可能とされていますが、完璧に除去できるとはかぎりません。もしご自分でどうしても落とせない汚れがあるのならば、ハウスクリーニングのプロに依頼してしっかり除去してもらうのが効果的です。
       汚れごとのフローリングをきれいにする方法

床掃除のフローリングでの注意点

床掃除でフローリングをきれいにする際、頑固な汚れに対して強力な洗剤を使用する方もいると思います。しかし、むやみに使用するのはおすすめできません。床材やコーティングとの相性を確認せずに掃除してしまうと、床を傷める原因となるおそれもあります。

すでにワックスが施されている床であるなら、洗剤を上塗りすることによりコーティングが剥がれてしまうケースも予想できます。そのため、事前に使用上の注意を確認してから行うことが重要です。

万が一使用に問題があるなら、ハウスクリーニングのプロにまかせるのも一つの手段です。洗剤の成分と床材の相性については、適切な知識が必要になる場合もあります。

フローリングをきれいに保つ方法

ご自宅のフローリングをきれいに保つためには、定期的に掃除することも大切ですが、汚れがつきにくいように対策することも重要になります。

そのなかで有効な方法の一つとして、ワックスをかけることが挙げられます。ワックスをかけて床をコーティングすることで、汚れをつきにくくすることが可能です。また、細かい凹凸をなくすこともでき、手入れがしやすくなる効果も望めます。

ただ、永遠に効果を発揮するものではないため、目安としては半年に1度かけ直すのがよいとされています。
ワックスのかけ方としては、以下のようになりますので、もしご自分で作業する場合の参考にしてみてください。

①床を掃除する
汚れた状態の床をコーティングしてしまうと、汚れが取りにくくなってしまうおそれがあります。基本的には、水拭きと掃除機をかけて床掃除でフローリングをきれいな状態にしておきます。
その後でワックスを床に施すようにしましょう。掃除し終わった床は、水気が残らないように乾拭きしておきます。

②ワックスを塗る
ワックスを塗る際はムラがないことはもちろん、塗る順番に注意を払うことが重要です。部屋の入り口付近から塗ってしまうと、後で動けなくなってしまうおそれがあります。

ワックスを一度塗り、乾く前に触れてしまうと白い跡が残ってしまうこともあるため、最後に自分が避けられるルートを確保しておくことが大事です。

③乾燥させる
約30分で乾燥すると言われていますが、天候や季節により乾く時間が変動することが想定できます。そのため少し長めに放置するのがおすすめです。なるべく晴れた日に作業することで、時間を短縮できる可能性があります。

もし十分に塗れていないのではと思ったときは、しっかり乾燥した後で二度塗りして効果を高めるのが効果的です。

より詳細なワックスがけの手順については「いつまでもピカピカに!フローリングのワックスがけの手順をご紹介」もご覧ください。
      フローリングをきれいに保つ方法

床掃除のフローリングには『ルンバ』が活躍?

自動ロボット掃除機として、多くの家庭で普及傾向にある「ルンバ」は広く活用されています。
接触センサーが付いており、自分で障害物を避け、部屋の掃除におおいに貢献します。ただし、段差が自分で飛び越えることができないものが多く、事前に障害物となるものをどかさなければならないという点には注意しましょう。

うまく活用できれば、床掃除でフローリグをきれいにするために活躍し、自分で作業する手間を省くことが可能です。軽いホコリなどを毎日掃除するのが面倒だという方は、購入を検討されてみてもいいでしょう。

しかし、油汚れやベタ付きなどを除去するのは困難です。基本的なルンバの機能としては、ブラシによるかき込み掃除がメインです。ある程度の細かいホコリやペットの毛などを取ることは可能ですが、水を吸い取る能力はあまり期待できません。

ベタ付き汚れを除去するためには、水拭きが必要です。そのため、軽い手入れ程度に活用するのは効果的と言えますが、床掃除でフローリングをきれいにするときメインで使うのは有効ではないと考えられます。

ルンバを使用して掃除するのであれば、前もってある程度掃除を行い、ベタつきを除去してから活用することをおすすめします。
        

まとめ

住宅のフローリングは、生活空間において頻繁に通る場所です。日にちが経つにつれて汚れが付着することは、避けることが困難であることが考えられます。とくにベタベタする汚れは、ただ拭いただけでは除去できずお悩みの方も多いはず。

汚れを除去するために効果的な方法は豊富に存在します。ご自分で手軽に行える方法も存在します。洗剤を使用して掃除するという場合は、床のコーティングが剥がれないように注意して行いましょう。

もしご自分で掃除をするのが困難だという場合は、ハウスクリーニングのプロに依頼するのが効果的です。

ハウスクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハウスクリーニング」をご覧ください。

短時間で家中キレイ!
お電話1本でプロが対応!
※対応エリアや加盟店によって変わります
家中丸ごとキレイにする丸ごとお願いするプランから、キッチンやエアコンなどお掃除箇所を選んで頼むことも可能です。一度、ご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
室外機、玄関、ベランダのクリーニングにも対応しています。
ハウスクリーニング パッケージプラン 15,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-30 13:48:19
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_house/25888/
家の掃除
生活空間において、必要不可欠なフローリング。生活空間同士をつなぐ役割をはたすため、いつでもきれいにしておきたいとお考えではないでしょうか。フローリングは、様々な生活空間と距離が近いため、多くの汚れが付着することが予想されます。そのため定期的に掃除をして、常に清潔に保つことが重要です。そこで今回は、床掃除でフローリングをきれいにするための方法をご紹介していきます。普段から歩く場所をきれいにしておきた...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 ハウスクリーニング

ハウスクリーニングのお問い合わせ・ご相談はこちら

ハウスクリーニングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!