生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

リナビスとリネットのサービス比較|料金・仕上がり日数・特典などを実際に使って比べてみた

投稿日:2020-06-16 更新日:2020-10-02

ワイシャツをアイロンがけしている

大手宅配クリーニング業者であるリナビスとリネット。どのような特徴があって、どちらを利用すればいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

avatar

リナビスとリネットってどちらが良いの?」「料金やサービスはどう違うの?

結論から言うと、リナビスとリネットはそもそも料金システムが違うので優劣を付けることは難しいです。

そのためリナビスとリネットは、基本普段使いしたいか衣替え時にまとめてクリーニングに出したいかで使い分けるのがベスト。

まずはリナビスとリネットを生活110番運営スタッフが体験し、利用者の口コミを踏まえてどんな方におすすめできるのかをご紹介します!

リナビスはこんな方におすすめ

  • 衣替え時に冬物のアウターなど10点以上まとめて出したい方
  • クリーニング後12ヶ月保管無料!クローゼットをすっきりさせたい方
  • 高級品やブランド品も対応可能!レザー製品など1点物のクリーニングにもおすすめ

▼10月中限定!以下のコード入力で10点パックが700円off!

irui10710

リナビスの詳細をチェックする!

リネットはこんな方におすすめ

  • スーツやワイシャツなど普段使いの衣類1点だけ出したい方
  • 最短仕上がり2日!スピードが早いところに出したい方
  • 会員特典が手厚い!普段使いに便利で継続利用したい方におすすめ

リネットの詳細をチェックする!

もっとリナビスとリネットの違いをはっきりさせるため、「料金システム・料金・サービス内容と利便性・仕上がり・保管サービス・衣類以外のクリーニング」6つの項目を徹底比較していきます。

リナビスとリネットで料金システムが違う

リナビスとリネットで最も違うのが「料金システム」です。そもそも宅配クリーニングはパック料金制と単品料金制の2種類の料金システムがあります。

以下料金例▼

パック料金制 単品料金制
5点:5,000円(1点あたり1,000円)
10点:9,000円(1点あたり900円)
ワイシャツ1点:500円
Tシャツ1点:300円

リナビスはパック料金の宅配クリーニングで、服の種類関係なく決められた点数を一律の料金で設定されています。

単品でクリーニングに出すと高くなる冬物のアウター類や、衣替えで大量に衣類を出すときは1点あたりの料金を安く抑えられるのが魅力。

対してリネットは、衣類別1点ごとに料金が設定されています。

クリーニングに衣類を1点から出すことができ、クリーニングに必要な分だけ出せる「クリーニング店」に近いシステムです。

リナビスとリネットのクリーニング料金を比較

料金システムが違うリナビスとリネットですが、洋服やコースごとの具体的な料金を見ていきましょう。

まずはリナビスのパック点数ごとの料金一覧です。

3点パック 4,920円 1点あたり1,640円
5点パック 8,550円 1点あたり1,710円
10点パック 11,700円 1点あたり1,170円
20点パック 19,800円 1点あたり990円

リナビスは主に3点・5点・10点・20点の4種類のパック料金を提供しています。(布団など別のコースもあります)

先ほどもお話しましたが、リナビスは点数が多いほど1点あたりの料金が安くなり、衣替えの時期にまとめて出すならコスパが良いです。

また、パックだと通常1点あたりの料金が高いコートやダウンでも、服の種類関係なく出せるのでかなりお得!

続いてリネットの代表的な衣類の料金一覧をみていきます。

ワイシャツ 290円
スーツ上ジャケット 950円
スーツ下パンツ 660円
スカート/スーツ下 660円
ワンピース 1,230円
コート 1,900円
ダウンジャケット 2,850円

リネットのクリーニング料金は、一般的なクリーニング店の料金設定と同じです。クリーニングに出す衣類の点数分、料金が加算されます。

ワイシャツやスカートなどは安く出すことができ、普段使いで3点・5点と出すならリナビスより安くクリーニングできます。

デリケート素材や付属品の追加料金はリナビスがお得

宅配クリーニングは、特殊素材や付属品が付いていると追加料金がかかることがあります。

リナビスとリネットでは、以下の素材や付属品が付いていた場合追加料金が発生すると明記しているので、比較していきましょう。

追加料金の比較
リナビス リネット
  • カシミヤ,アンゴラ,絹,麻などの素材が使われていても追加料金なし
  • ベルトやフード(ファー付きを除く)、ライナーは1点としてカウントされず、追加料金はなし
  • デリケート素材+200円
    (カシミヤ,アンゴラ,モヘア,絹など)
  • 装飾品+200円
    (レース,フリル,プリーツ,ラメなど)
  • 一部革製品+200円
  • ライナー+200円
  • ダウンライナー+1,000円
  • 一部ファー/ボア+1,000円
  • 全面ファー/ボア+1,000円

フード(ファー付きを除く)やベルトは追加料金なし

まとめると、リナビスはデリケート素材や付属品がついていても基本的に追加料金がかかりません。

一方リネットは付属品は基本無料ですが、デリケート素材やレース、プリーツなどの装飾品などは1点ごとに追加料金がかかります。

avatar

つまり、カシミヤやアンゴラなどのデリケートな素材を利用した衣類を出すときは、余分な追加料金がかからないのでリナビスのほうがお得ですね!

送料はリナビスが基本無料、リネットは条件付きで無料に

宅配クリーニングは送料がかかるサービスですが、リナビスとリネットは条件次第で送料無料になります。

送料の比較
リナビス リネット
いつでも送料無料

※北海道,一部離島は別途1,900円
※沖縄は別途5,500円

【通常会員】
10,000円以上の利用で送料無料
北海道,沖縄は10,000円以上の利用で無料
【プレミアム会員】
3,000円以上の利用で送料無料
北海道,沖縄は5,000円以上で送料無料

リナビスは北海道・一部離島・沖縄を除いて基本的に送料無料なんです。

リネットは、クリーニング料金の合計額次第で送料無料になり、通常会員とプレミアム会員で条件が違います。

リネットで送料無料になるためには、単価の高い衣類を数点もしくは単価の安い衣類を大量に出すことになり、結果的にクリーニング料金が高くなってしまいます。

あらかじめ送料無料の条件を満たすことができない金額なら、パック料金制のリナビスを利用して送料無料で出すのがお得ですよ。

avatar

リナビスとリネットの料金について、ここまでの特徴をまとめます!

リナビスの料金システムの特徴

  • 5点・10点などパックで出せてまとめ出しに便利
  • 特殊素材や付属品の追加料金なし(ファー付きを除く)
  • 北海道・一部離島・沖縄を除いて基本送料無料

リナビスの詳細をチェックする!

リネットの料金システムの特徴

  • 1点から必要な分だけ出せるので、普段使いする衣類のクリーニングに便利
  • 特殊素材は追加料金ありだが、フードやベルトなどの付属品は追加料金なし
  • クリーニングの合計金額に応じて送料無料。会員によって条件が違う

リネットの詳細をチェックする!

リナビスとリネットのサービスや便利さを調査

リナビスとリネットの申込み方法や納期など「サービスの使いやすさ」について、それぞれ以下の表にまとめました。

サービス・便利さの比較
リナビス リネット
注文方法 公式サイトより申込み 公式サイト・スマホアプリでも申込み可能
集荷キット あり(無料)
※約3営業日以内にお届け
あり(無料・プレミアム会員のみ)
※集荷日時に配送業者が段ボールを持参
当日集荷 不可
納期 10~20営業日 最短2日(通常会員は7日)
割引 2回目以降330円割引 公式LINEやサイトでクーポン配信

サービスの利用しやすさを比較すると、リネットのほうが全体的に優位ですね。

リネットはスマホアプリからの申込みや当日集荷が可能なので、「思いついたときにすぐ手軽に利用できる」というメリットが大きいです。

またリネットは、スマホでクリーニングの進捗状況を確認することもできますので、担当者の顔が見えない宅配クリーニングではサービス的に安心です。

リネットのメール案内

一方リナビスは、申込んでから集荷キットのお届けが3営業日以内と少し時間がかかるので、急ぎでクリーニングに出したいときには不便かもしれません。

ただリナビスは職人の手作業によるクリーニングのため、どちらかというと丁寧派。だからこそ、衣替え時に冬服などをまとめて出すのに便利なのです。

avatar

スーツやワイシャツなどをなるべく急ぎでクリーニングに出したいなら、リネット。しっかりめにクリーニングして欲しい方はリナビスがおすすめです!

リナビスとリネットの無料サービスやオプションはともに豊富

リナビスとリネットは、どちらも無料オプションが充実していますが、とくにリナビスは無料オプション豊富な魅力があります。

無料オプションサービスの比較
リナビス リネット
  • 保管
  • シミ抜き
  • ボタン修理
  • 毛玉取り
  • 再仕上げ
  • 抗菌
  • シワ予防
  • 静電気防止
  • 毛玉防止
  • 柔軟
  • シミ抜き
  • 水洗い全品柔らか加工※
  • ドライ全品リファイン加工※
  • ワイシャツ抗菌防臭加工※
  • 毛玉・毛取り※
  • 再仕上げ

※プレミアム会員のみ

無料サービスはリナビスが圧倒的に多いですが、代わりにリネットは1種類のオプションで複数の効果をもたせているドライ全品リファイン加工があります。

また、リナビスとリネットの有料オプションの豊富さも比較していきましょう。

有料オプションサービスの比較
リナビス リネット
撥水 980円 400円
汗抜き 500円 900円(汗・カビ抜き)
カビ抜き 500円
防虫
抗菌防臭 400円
ノリ 100円
折り目 400円
手仕上げ 350円
花粉・静電気防止 400円

※1点あたりの税抜料金

有料オプションになるとリネットが多く提供しています

なかでもドライクリーニングで水溶性の汚れ(汗や飲み物)を落とすことのできる洗浄オプションは、汗抜きとカビ抜きが同時に可能です。

一方リナビスは、無料サービスが多い代わりに有料オプションが少ないです。しかしリネットでは有料オプションとして提供している、抗菌や静電気防止加工などは無料で提供しています。

まとめ

ニットなどの冬物を出すときは静電気や毛玉防止加工が無料で付くリナビス。ワイシャツやスカートなど折り目加工が必要な衣類はリネットがおすすめです。

リネットは月会費390円のプレミアム会員がある

リナビスとリネットを利用するには、会員登録が必要です。

リナビスは会員登録無料、リネットは会費無料の通常会員と、有料プレミアム会員の2種類あります。

会費の比較
リナビス リネット
通常会員 無料 無料
有料会員(月会費) 390円
有料会員(年会費) 4,680円

※税抜料金

リナビスは無料会員のみのため会費は発生しません。対してリネットのプレミアム会員は月会費もしくは年会費を支払うことで、様々な特典を受けられます

たとえば、「最短2日後お届け」が可能になったり、「集荷時のダンボール無料手配」のほか、初回全品30%OFF(現在は20%off)などのお得な特典があります。

またリネットのプレミアム会員は初回月会費が無料なので、初月中に解約したときは月会費が発生しません。

avatar

リネットは、初月無料のプレミアム会員でクリーニングを試してみるのがおすすめですよ!

2社の便利さ比較まとめ

  • リネットはスマホアプリから手軽に申込み、当日集荷が可能など全体的に利用しやすい
  • リナビスは納期に時間がかかるため、時間に余裕をもって衣替え前のクリーニングに向く

実際にリナビスとリネットのクリーニングの仕上がりを検証

リナビスとリネットの仕上がりに差はあるのか、気になるところだと思います。

そこで実際に生活110番スタッフが同じシミのついたワイシャツを、それぞれクリーニングに出して検証してみました。

【リナビス】ほとんどシミ抜きされてシワもなかった

リナビスに出したクリーニング前後のワイシャツ

※ファンデーション(襟)、醤油(胸)、口紅(腹)、油性マジック(袖)
※配送して7日後に手元へ届きました

リナビスに出したワイシャツは油性マジックを除いたファンデーション、しょうゆ、口紅のシミがほとんど取れていました。

ただ油性マジックだけ完全に取れていませんでした。油性の汚れはリナビスに配送されるまでの時間や納期日数から染み付いてしまい、落としきれなかったとも考えられます。

しかしそれ以外の汚れはしっかり落ちていましたし、ハンガー仕上げでシワもなく、そのまま収納しやすい状態だったのは大きなポイントです。

【リネット】口紅と油性マジックは若干取り切れてない

リネットに出したクリーニング前後のワイシャツ

※ファンデーション(襟)、醤油(胸)、口紅(腹)、油性マジック(袖)
※配送して2日後に手元へ届きました

リネットへ出したシミのついたワイシャツは油性マジックと口紅の汚れ以外は取れていました。

口紅の汚れは見る限りクリーニング前に比べて薄くなっていて、取りきれなかったことが考えられます。

そして油性マジックの汚れはリナビスと同様の結果でしたが、リネット公式サイトが紹介しているシミ汚れのなかでも、「落ちにくいレベル」の汚れです。

リネットの落ちにくい汚れレベル

出典:リネット公式

油性マジックが付いてしまったときは、クリーニング業者関係なく汚れが固まる前に早めにクリーニングに出しましょう

保管サービスを無料で長期保管できるのはリナビス

保管サービスは、クリーニング後に一定期間クリーニング業者が服を預かってくれるサービスです。

一定期間の保管後、配送で保管してもらった衣類が自宅へ送られ、自宅の収納スペースがないときや衣替えの時期に便利です。

そして、リナビスやリネットの姉妹サイトであるリネットPREMIUM CLOAKで、それぞれ以下の料金や期間で保管サービスを提供しています。

保管サービスの比較
リナビス リネット
料金(税抜) ※クリーニング料金のみ
3点:4,920円
5点:8,550円
10点:11,700円
20点:19,800円
【保管だけのコース】4,500円(20点まで)
【スタンダード】
5点:7,800円
10点:11,800円
15点:17,600円
【リュクス】
5点:12,800円
10点:20,800円
15点:30,800円
保管環境 織物で利用されていた保管倉庫を利用 国内有名なアパレル利用の倉庫で保管(温度・湿度管理)
保管期間 最大12ヶ月 最大8ヶ月
返却時期の変更 できる限り対応 1週間前までに対応可

比較すると、保管サービスをお得に利用するなら無料で最長12ヶ月間保管のリナビスが便利です。

リナビスはクリーニングコースに無料で付けることができるのが大きなメリット。(保管だけのコースもあります)

一方リネットはリネットの姉妹サイトである「リネットPREMIUM CLOAK」でスタンダードコースとリュクスコースの2種類から申込む必要があります。

リナビスに比べると、保管は姉妹サイトへ行って申込みをする手間がかかるのがデメリットです。

しかし、保管サービスで利用できるオプションは豊富なため、大切な洋服を保管してもらうときに便利です。

クリーニング保管サービス4社比較ランキング|料金以外に選ぶポイントとお得な使い方

2019.08.20

【衣類以外】リナビスとリネットでサービス比較

リナビスとリネットは衣類以外にも様々なクリーニングサービスを提供しています。

今回は衣類以外に自宅で洗う機会がある、布団・靴・バッグのクリーニングサービスで比較します。

布団は種類関係なく対応してもらえるリネットがおすすめ

汗によってダニやカビが発生しやすい布団は、定期的なクリーニングに出すことでキレイさを保つことができます。

そして、布団クリーニングは敷布団や掛布団、毛布などの寝具を丸洗いしてくれるサービスです。

リナビスは布団コース、リネットは姉妹サイト「ふとんリネット」として、提供しています。

布団クリーニングの比較
リナビス(掛布団) リナビス(敷布団) リネット
1枚8,800円
2枚11,800円
3枚12,900円
4枚14,800円
1枚9,300円
2枚12,800円
3枚14,400円
4枚16,800円
1枚8,800円
2枚11,800円
3枚12,800円
4枚14,800円

※税抜料金

リナビスは掛布団と敷布団の2種類の料金、ふとんリネットは布団の種類関係なく対応した料金になります。

2社ともにパック料金制であるものの、全体的にふとんリネットの料金が安く、掛布団・敷布団の種類関係なく出せるのはお得です。

夏用や冬用布団の衣替え目的でクリーニング出すならリナビスがおすすめです。

ただリナビスは布団クリーニングでも12ヶ月の保管サービスを利用することができるので、サービスとしてはどちらも一長一短あります。

布団のクリーニングにおすすめの宅配サービス|料金・便利さで選ぶランキングTOP3

2018.12.07

靴は普段使いかブランド品を出したいかでリナビス・リネットを使い分けがベスト

リナビスとリネットは、どちらも靴のクリーニングにも対応できます。ただし、出す靴の種類によってリナビスとリネットを使い分けたほう便利です。

というのも、リナビスとリネットでは靴のクリーニング料金もシステムが違うからです。

靴クリーニングの比較
リナビス 靴コース1足:16,000円
(2回目以降は発送伝票があれば330円引き)
リネット 【スタンダード】
2足:6,480円
3足:5,980円
4足:4,980円
【スペシャル】
2足:7,480円
3足:6,980円
4足:5,780円
【ライト】
2足:3,480円
3足:2,980円
4足:2,480円

※税抜料金

リナビスは靴クリーニングコースがありますが、リネットに比べると料金がとても高いですよね。

これはリナビスの靴クリーニングがブランド品・皮革製品だけを対象としているためです。

対してリネットは、普段使いする靴からブランドの靴まで幅広い取り扱いで、比較的リーズナブルです。

コース内容も丸洗いや補色など基本的に必須のサービスを取り揃えており、パック料金制で足数が多いほどお得。

ブランドの一品ものやお気に入りの靴を出すならメンテナンスも兼ねてリナビス。普段使いする靴をまとめて出すならリネットのほうが便利と言えます。

靴のクリーニングに宅配がおすすめの理由|料金が安くスニーカーの保管にも便利な9社を比較

2019.10.08

ブランド品や革のバッグクリーニングができるのはリナビス

リナビスの皮革製品クリーニング

出典:リナビス皮革製品専門宅配クリーニング

バッグのクリーニングを提供しているのはリナビスだけです。

リナビスのバッグクリーニングは靴同様にブランド品・革製品のバッグを取り扱っており、税抜24,000円と少し高めの料金設定です。

サービス内容はクリーニングやシミ抜きはもちろん、オプションでカラーチェンジもできます

またキズ・剥げや金具部分の破損もあらかじめリナビスに相談すれば対応してくれますよ。

【結論】まとめて出すならリナビス、日常使いするならリネットがおすすめ

ここまでリナビスとリネットの料金やサービスを比較してきた結果、衣替えにまとめて出すならリナビス、日常的に利用するならリネットがおすすめと言えます。

リナビスとリネットの特徴を改めてまとめました▼

リナビス

  • コートやダウンなどの冬物、衣替え前に10点以上など大量の衣類をまとめて出したい方におすすめ
  • シミ抜きやボタン修理、静電気防止など無料オプションが多い
  • クリーニング後来シーズンまで長期的に保管して欲しいときにも便利
  • 基本送料無料なので余計なお金がかからない
  • 革製品やブランドバッグのクリーニングもできる

リナビスは一律のパック料金で冬物アウター類がお得に出せるほか、12ヶ月保管やボタン修理の無料サービスも充実しているので、お得かつ丁寧に仕上げてほしい方におすすめです。

リネット

  • ワイシャツやスカートなど普段使いする衣類を1点ずつ出したい方におすすめ
  • 普段使いに便利な宅配クリーニングをお探しの方にもおすすめ
  • 仕上がり最短2日!近くに店がないけど急ぎでクリーニングしたい方にもおすすめ

リネットはワイシャツやスカートなどシーズン関係なく利用する服の料金が1点あたり安いです。

納期も最短2日と忙しくてクリーニングに出す時間がない方でも普段使いしやすくおすすめです。

リナビスとリネットの気になる口コミ

実際にリナビスとリネットを利用したことのある方に満足度や仕上がりについて、質問内容に沿って聞いてみました。

リナビスの良い・悪い口コミ

質問内容
  1. リナビスを利用しようと思ったきっかけ
  2. リナビスを利用した感想

avatar

満足度★★★★
1.CMでみて、おせっかいなクリーニング屋さんとアピールしていたので、レインコートのボタンが取れそうなので付け直してもらうのと、ダウンコートのポケットのジッパーが動かなくなったのを直してもらうためです。

2.レインコートの染み抜きをしてもらってキレイになって返って来たのと、ダウンコートのファーがフカフカに復活していたのが良かったです。
(ダウンコート1点、レインコート1点、ダウンベスト1点)

こちらの方のように「ボタンの付け直し」や「ジッパーの修理」など、クリーニング以外の目的でリナビスを利用するのもおすすめです。

リナビスはボタン修理やクリーニング相談など、8つの無料おせっかいサービスがあります。

クリーニングついでに衣類の気になる箇所があれば、一度お直しを相談するのがよいでしょう。

avatar

満足度★★★☆☆
1.宅配クリーニングを試してみたくて、初回限定のお得なコースがあったため

2.デリバリーも楽で仕上がりも全然不満はありませんでした。継続して使うにはちょっと値段が高いかなという印象です。
(ダウンジャケット2点、コート1点、スーツジャケット2点)

リナビスは近所のクリーニング店やリネットに比べると、すこし料金が高いのは確かです

しかし、料金設定がパック料金で余計なお金がかからないことや、時間に縛られないメリットもあります。

またリナビスは服の種類関係なく出せるので、コートやダウンのクリーニング利用では他のクリーニング業者よりお得です。

リネットの良い・悪い口コミ

質問内容
  1. リネットを利用しようと思ったきっかけ
  2. リネットを利用した感想

avatar

満足度★★★★★
1.初回は全品30%OFFだったため一気にお願いしようと思った。

2.対面で行わないので少し心配な面もありましたが特に普通のクリーニングと問題はありませんでした。
(コート3着とニット帽5つ)

リネットは初回利用時に有料のプレミアム会員に登録すると、初回全品30%OFF(現在は20%off)や往復送料無料の特典を利用できます

今回の口コミの方のように通常クリーニング料金が高くなるコートなどのアウターを出すときの利用には、とくにおすすめです。

また月額払いで登録すれば、2ヶ月間会費が無料です。まだ一度も宅配クリーニングを利用したことのない方は、初回特典の多いリネットでお試し利用してみるのがよいですよ。

avatar

満足度★★★☆☆
1.引っ越してきたばかりで近所の良いクリーング店が分からなかった。キャンペーン中だった為

2.自宅引き取り届なので多くても楽。無料でのシミ取りでも十分綺麗になっていた。頻繁に使う人はお得なプランがあるが、私は年に1,2回しか使わないので少々割高になってしまう。でも仕上がりは綺麗なのでまぁ満足。
(白Tシャツ2点、コート1点、ダウンジャケット1点、ショートコート1点)

リネットのプレミアム会員は月額払い年額払いがあります。

2~3週間の間隔で利用するなら年額払い、1~3ヶ月の間隔で利用するなら月額払いで利用するのがおすすめです。

そして、この口コミの方のように年に1,2回程度や衣替えの時期なら、リネットよりも会費無料のリナビスでまとめて出したほうがお得ですよ。

リナビスとリネットは上手に使い分ければお得にクリーニングできる

リナビスとリネットはどちらも宅配クリーニングのなかで大手ですが、料金システムや提供するサービス内容はかなり違います。

そのため優劣を付けることができませんが、自身の生活スタイルに合わせて、目的に合ったほうを選ぶようにしましょう。

リナビスとリネットのサービス比較まとめ▼

リナビス リネット
パック料金 料金システム 単品料金
料金
サービス・利便性
仕上がり
保管サービス
衣類以外のクリーニング

リナビスは冬物や衣替えでまとめて安く出したい方、リネットは普段使いで衣類をクリーニングに出したい方にそれぞれ向いています。

ぜひリナビスとリネットで迷っている方は、今回の結果を参考に宅配クリーニングを使い分けてみてください。

宅配クリーニング11社比較【料金・早さ・質】実際に使ったおすすめランキング5選

2019.04.11

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-02 20:05:23
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/201182/
家の掃除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!