生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝袋のクリーニング料金と期間は?おすすめ業者の便利さ比較と【シュラフの素材別】自分で洗濯する方法

投稿日:2019-12-09 更新日:2020-03-09

寝袋をクリーニングしたい

アウトドアや車中泊などでなにかと便利な寝袋ですが、汚れたとき洗うのが大変ですね。

avatar

  • 寝袋(シュラフ)ってクリーニングに出せる?
  • 自宅で洗うよりも得?
  • いくらかかる?

洗濯機に入れば寝袋を自分で洗えますが、縮んでしまう恐れがありますし、乾燥までできないと洗ってもカビが生えてしまうことも……。

ベストなのは、自宅や指定場所に集荷しに来てくれるクリーニング店に依頼することです。

ふとんリネットであれば、寝袋のクリーニングも依頼できますし、大きい荷物をわざわざ持っていく必要もありません。

\初回総額から1,000円引き/

ふとんリネット
  • 防ダニ加工が+1000円(税抜)で付けれる
  • 布団や毛布とまとめ出しでお得に!
  • 引き取りから最短10日後にお届け

アウトドア専門のクリーニング403と寝袋クリーニング料金を比較

まずは寝袋のクリーニング料金を、アウトドア専門のクリーニング店の大手、クリーニング403と価格を比較してみましょう。

クリーニング403では、テントクリーニング.COMの事業で寝袋の宅配クリーニングを行っています。

クリーニング403と宅配クリーニングの大手リネットでは、寝袋のクリーニング料金にどのくらい差があるのかを比較してみました。

クリーニング業者 料金(税抜)
クリーニング403 寝袋カバー:1,320円
寝袋(化学繊維):3,520円
寝袋(羽毛):4,180円
リネット 化学繊維・羽毛ともに3,700円
※4枚パックで利用した場合の1枚あたりの料金

リネットでは送料込みで1枚あたり税抜き3,700円で利用できるので、アウトドア専門店と比べても良心的な価格ですよね。

白洋舎と比較!寝袋クリーニングの料金相場

続いて大手の白洋舎とリネットの寝袋クリーニング料金を比較していきます。

宅配クリーニングでは、一定以上の金額なら送料無料など、利用者にとって嬉しいシステムでサービスを提供している業者がたくさんあるのです。

そこで大手宅配クリーニングリネットと白洋舎の寝袋クリーニング料金を比較してみました。

クリーニング業者 料金(税抜)
白洋舎 化学繊維タイプ:2,200円
羽毛タイプ:3,500円
リネット 化学繊維・羽毛ともに3,700円
※4枚パックで利用した場合の1枚あたりの料金

素材によって白洋舎は若干変わりますが、リネットよりも寝袋クリーニング料金が安いですね。

1枚あたりの料金はリネットのほうが高いですが、寝袋と他の布団などをまとめて出したときほぼ差がありません。

またリネットは、6000円以上なら送料無料になり、初回合計金額から1,000円割引キャンペーンを実施しています。

特典や便利さを踏まえて考えると、サービス的には宅配クリーニングが上回っています。

店舗より宅配が便利なところ
  • 自宅や出先から発送・受取りをできる
  • 営業時間を気にしなくてもいい

なおリネットの料金は、布団と同様のパックでの利用となります。ご紹介した料金は4枚パックで利用した場合の1枚あたりの料金です。

リネットではふとんパックというサービスで寝袋のクリーニングが利用できるのです。生活110番がリネットへ確認したところ、パックには寝袋以外の布団を含めてもよいとのことでした。

ご自宅の布団や毛布をクリーニングするついでに出したり、家族みんなの寝袋をまとめてクリーニングに出したりすることもできるので、他のものと合わせて利用すればかなりお得に利用できますよね。

宅配クリーニングのメリット

寝袋のクリーニングは店舗に持っていくのも良いですが、断られてしまうこともあり、近所で受け入れ可能なクリーニング店を探すのに手間がかかります。

そんなとき便利なのが、自宅から申込める宅配クリーニングです。

宅配クリーニングを利用するメリット
  • 旅先からも発送できる
  • 24時間依頼できる
  • 時間がなくても好きなときに発送・受け取りができる
  • 店頭まで行かずに済む
  • 店頭と比較しても料金がほぼ変わらない

とくに店舗の場合営業時間に限りがある上、お店まで荷物を運ぶ手間もかかりますよね。

しかし宅配クリーニングだと宅急便タイプのものなら旅先から発送して自宅へ届くようにもできますし、早朝や深夜でも発送や受け取りが可能。

出先で寝袋をクリーニングに出しておけば、帰りの荷物を減らすこともできますね。

また宅配クリーニングにはダニ防止加工や保管などのオプションサービスも充実しています。

わずらわしさも宅配クリーニングならご自身の都合に合わせて利用ができるので、忙しいアウトドア派の方でも便利に利用ができるのです。

宅配クリーニングは使い方が簡単!

宅配クリーニング利用の主な手順は、以下の通りです。

  1. ネットで申込み・注文する
  2. 集荷スタッフへ荷物を預ける
  3. クリーニング後の荷物が返送される
  4. 荷物受け取り時に支払い

基本的に宅配クリーニングは、以上の4ステップで気軽に利用することができます。

申込みや登録もネットで簡単で、自宅にいながら依頼から受取全てが完結できますね。

おすすめの宅配クリーニング2社

寝袋のクリーニングを頼もうとしても、受け入れ不可の業者もあります。

そこで生活110番運営スタッフが直接確認し、寝袋のクリーニングを依頼できる宅配クリーニングを2社ご紹介します。

avatar

数多くの業者がある中でも、利便性コスパも高い選りすぐりの業者ですよ。

1.ふとんリネット

ふとんリネットの特徴

  • 初回は割引サービスが利用できる
  • パックで利用する枚数が多いほどお得

ふとんリネットは、1枚からでも依頼できますが、4枚パックでまとめてクリーニングすると、1枚あたりの料金がかなりお得になります。

ふとんリネットの価格(税抜)
枚数 合計金額 1枚当たりの料金
1枚 8,800円 8800円
2枚 11,800円 5,900円
3枚 12,800円 4,267円
4枚 14,800円 3,700円

送料については、1回の利用が6,000円以上であれば無料になります。

※合計料金が税抜き6,000円未満の場合、税抜き3,000円(北海道・沖縄は4,000円)の送料が必要です

ふとんリネットの料金は、パックで利用する枚数が多いほど1枚当たりの料金がお得になるのが特徴です。

寝袋はこれらのパックで布団1枚分としてカウントされます。

ふとんリネットを初めて利用する方は、総額から1,000円分割引をしてくれるキャンペーンを実施中なので、

ふとんリネットでは公式サイトにQ&Aが掲載されており、疑問点もすぐに確認できます。

サイト上のQRコードを読み取ればラインで質問もできるので、寝袋クリーニングに対する要望なども伝えることができますよ。

ふとんリネットを利用する手順

ふとんリネットは、利用するために特別な手順が必要なく非常に簡単です。

ふとんリネットの利用手順

  1. ネットで集荷を依頼する
  2. 集荷スタッフへ荷物を渡す
  3. クリーニング後の荷物が届く

ふとんリネットでは、自宅以外の宿泊先や勤務先への集荷・発送も可能です。集荷先と届け先の住所は変更できるため、出先や会社から気軽に利用できます。

料金は荷物を受け取る際の代引きまたはクレジット払いで、代引きの場合手数料300円(税抜)。

なお、利用料金は荷物が届く3~4日前に登録したメールまたは会員の場合はマイページで確認ができます。

ふとんリネットの対象商品

ふとんリネットでは寝袋もクリーニング可能ですが、まとめ出しできるよう布団や毛布などにも対応しています。

ふとんリネットのパック対象品

  • 掛け布団
  • 敷き布団
  • こたつ布団
  • 肌掛け布団

ふとんリネットではパックでこうしたあらゆる布団も一緒に利用できるので、寝袋と合わせて自宅の布団もお得にクリーニングができます。

avatar

もちろん寝袋だけをパック利用することもできるので、家族や仲間でキャンプをした後にまとめてクリーニングするときにも便利ですね。

ふとんリネットで利用できるオプション

ふとんリネットのオプション解説

出典:ふとんリネット

ふとんリネットでは、気になるダニ予防のオプションを1枚あたり1,000円(税抜き)で利用できます。

加工技術の安全性も高く、依頼する寝袋や布団のうち、「寝袋だけ」などと種類を限定しても利用できるので便利です。

寝袋の衛生管理は、寝心地にも関わってくるので大切です。リネットの防ダニ加工は、気軽に安全に利用できるのが嬉しいですよね。

ふとんリネットの注意点

ふとんリネットでは寝袋をクリーニングできますが、以下のことには注意しましょう。

ふとんリネットの注意点
  • 寝袋カバーのクリーニングは別料金となる
  • 専用パックに収まることが条件

つまり寝袋でもリネットの専用バックに収まる大きさのものでなければなりません。

専用パックのサイズは70cm×48cm×37cm(155cm)。

またふとんリネットでは寝袋をカバーに入れた状態で寝袋を発送した場合、カバーも一緒にクリーニングしてくれます。

ただし、カバーのクリーニング代として別途1,220円(税抜)が必要なので、カバーはクリーニング不要なら事前に出しておきましょう。

なおふとんリネットは衣料を対象にしたサービスも行っているので、そちらを利用してカバーだけ別でクリーニングしてもらうこともできますよ。

気になるふとんリネットの保障は?

リネットでは仕上がりに満足できない場合、荷物の特着後30日以内なら無料で再仕上げの依頼ができます。

また再仕上げをしてもらってもなお満足できない場合は、対象品分が返金されることもあるので、安心して利用できます。

万が一破損などの事故があった場合も、再取得価格を100%補償する規定があるので保障に関しても心配が要りません。

2.せんたく便

せんたく便

せんたく便の特徴

  • シミ抜きのオプションが無料で利用できる
  • 最大6ヶ月の保管サービスが無料で付いている

せんたく便の布団パックでも寝袋のクリーニングは可能です。

シミ抜きや防虫・防カビ加工が利用できますが、ふとんリネットと違いせんたく便はシミ抜きが無料。

また最大6ヶ月までの保管サービスも利用料金に含まれているので、実質保管サービスも無料です。

せんたく便で寝袋をクリーニングする際は、ふとんパックを利用することになります。せんたく便のふとんパックの料金は、以下の通りです。

せんたく便の寝袋クリーニング料金(税抜)
合計料金(2枚) 1枚あたりの料金
初回 10,800円 5,400円
2回目以降 10,100円 5,050円

ふとんパックでは2点合わせて初回は10,800円、2回目以降は10,100円で利用することができます。

リピート利用の場合は1枚当たり税抜き価格5,050円と、リネットよりも安く済みます。

avatar

シミ抜きが無料で付いていることを考えると、せんたく便は料金的にはかなりお得ですね!

せんたく便を利用する手順

せんたく便も、ふとんリネットと同じく以下の手順で簡単に利用することができます。

せんたく便の利用手順

  1. ネットまたは電話で集荷を依頼する
  2. 集荷スタッフへ荷物を渡す
  3. クリーニング後の荷物が届く

支払いについては代金引換(コレクト)・クレジットカード・NP後払いAirの3つの方法から選べます。

代金引換の場合も、納品時に手数料無料で利用することができるので便利ですよね。

せんたく便の対象商品

せんたく便ではふとん2枚をパックでまとめて利用できるので、寝袋以外の布団類と合わせて利用することもできます。

寝袋はふとん1枚とカウントされますが、以下のものは2枚を合わせてふとん1枚分の取り扱いとなります。

そのため以下のものを利用する場合は、寝袋と合わせて3枚でのパック利用ができるのです。

ふとんパックで2枚を1枚分とする対象品
  • 毛布2枚
  • ベビー布団2枚
  • 枕2つ
  • 座布団2枚
  • 肌掛け(毛布・羊毛は除く)2枚

 

せんたく便で利用できるオプション

ふとんパックで利用できるオプションサービスは、次の2種類です。

せんたく便のオプションサービス
サービス 料金
シミ抜き 無料
防虫・防カビ加工 6,300円(税抜)

せんたく便では無料でシミ抜きのオプションが利用できます。1つ1つ丁寧にしみ抜きをしてくれるので、安心してお任せできますよね。

また防虫・防カビ加工では、気になる臭いもしない加工方法で、安全性も高いのが魅力です。

寝袋は身体をすっぽりと包むものなので臭いや安全性はこだわりたいところですが、せんたく便ならそういった点も心配なく防虫・防カビ加工を利用できます。

せんたく便の注意点

せんたく便を利用する際は、以下のことに気をつけましょう。

せんたく便を利用するときの注意点
  • 寝袋カバーはクリーニングの対象外
  • 専用パックに収まることが条件

せんたく便では、寝袋のカバーはクリーニングの対象外となっていますので注意しましょう。

またせんたく便に寝袋のクリーニングを依頼するときも、専用パックに収まることが条件です。

せんたく便の専用のパックは(50×70×奥行40cm)の大きさ。寝袋に取り付けられている紐があれば、くくって入れても大丈夫ですよ。

せんたく便の補償について

せんたく便では、納品後1週間以内であれば無料で再仕上げの依頼ができます。

仕上げに満足できなければ再度仕上げを依頼できるので、品質の面でも安心です。

また依頼品に万が一破損があったときも、賠償基準が定められています。

せんたく便ではこのように、保障もしっかりとしたサービスを受けることができますよ。

参照:せんたく便

寝袋は自宅で洗える?洗い方やケアする方法

寝袋は、クリーニングではなく一応自分で洗うこともできますが、結論をいうと大変手間がかかります。

乾燥するにも何日も時間がかかるうえ、ダメージを与えないよう手洗いが必要なほか、意外と細やかな配慮が必要です。

寝袋を洗うタイミングは、一般的に30回~50回以上使ったときが目安。または以下のタイミングが適切です。

寝袋を洗うタイミング
  • シーズン終わりに収納する前
  • 泥やホコリなどの汚れが付着している
  • 汗などで湿っている
  • 長期間連続で使用した場合

 

avatar

たっぷり汚れが溜まっているなら、寝袋を長持ちさせるためにやはり手入れは必要です。

寝袋は、型崩れなどのダメージを防ぐため基本手洗いです。

寝袋を洗濯する前に、以下の役立つものを用意できるとなお効率が良くなりますよ。

準備するもの 詳細
ぬるま湯 浴槽もしくは洗い桶に入れる
温度の目安は30℃~40℃
ダウン用洗剤 おしゃれ着用の洗剤
ダウンジャケットも洗えるもの
撥水スプレー 寝袋の撥水性を回復させる効果がある

ダウン素材の寝袋を洗う方法

寝袋は使用されている素材によってダウン化学繊維の2種類に分けられます。

まずはダウン性の寝袋の洗い方を確認してみましょう。ダウン性の寝袋の洗濯手順は、以下の通りです。

ダウン素材の寝袋の洗濯方法
  1. 浴槽(または桶)にぬるま湯を用意する
  2. 洗剤を入れ、足で踏んで優しく洗う※1
  3. ぬるま湯を捨て、寝袋の含む水分も押して抜く
  4. 新しくぬるま湯を入れ、足で踏みながら洗剤を落とす※2
  5. バスタオルに挟んで押して更に水分を抜く
  6. 寝袋ファスナーを開き、乾かす※3
  7. 仕上げに約一週間、風通しの良い日陰で乾かす
  8. 乾燥後、全体を軽く叩いてダウンの片寄りをほぐす※4

※1 ダメージを防ぐため、ファスナーを閉めた状態で洗いましょう
※2 ぬるま湯が濁らなくなるまで繰り返しましょう
※3 乾燥機の場合:はダウンの偏りを防ぐため軽く叩いてから低温設定で乾燥し、自然乾燥の場合は風通しの良い日陰で乾かす
※4 乾燥後に撥水スプレーを使用してもOK

化学繊維の寝袋を洗う方法

次に、化学繊維製の寝袋を自分で洗う方法です。化学繊維製の場合は、以下の手順で洗いましょう。

化学繊維の寝袋の洗濯方法
  1. 浴槽(または桶)にぬるま湯を用意する
  2. 洗剤を入れ、足で踏んで優しく洗う
  3. ぬるま湯を捨て、寝袋の含む水分も押して抜く
  4. 新しくぬるま湯を入れ、足で踏みながら洗剤を落とす
  5. バスタオルに挟んで押して更に水分を抜く
  6. 寝袋ファスナーを開き、風通しの良い日陰で乾かす(乾燥機は使用しないこと)※
  7. 撥水スプレーがあれば乾燥後に使用する

※ダメージを避けるため、乾燥機の使用や直射日光を避けましょう

洗濯する代わりにケアする方法

寝袋を自分で洗うのが面倒な時には、簡易的にケアする方法もあります。寝袋のケアは、以下の手順で行うとよいでしょう。

寝袋を自分でケアする方法
  • 寝袋のファスナーを開いて面積を最大にする
  • 汚れが付着している場合は、湿らしたタオルなどで汚れを落とす
  • 風通しの良い日陰で乾かす

寝袋を洗濯できないときには、以上の手順でケアすることはできます。

干すことによって湿気だけでなくホコリもある程度落ちるので、簡易的ではありますが手軽にきれいにできる方法です。

寝袋のケアでは、しっかり乾燥させることを意識しましょう。湿気があるとカビや臭いが発生する原因になるためです。

なお乾かすときは乾燥機を使ったり長時間直射日光へ当てたりすると寝袋が傷んでしまうので、できるだけ陰干しをするようにしましょう。

自分で寝袋を洗濯するには注意が必要

寝袋を自分で洗濯する前に、以下の点に注意が必要です。

自分で洗濯するときの注意点

  • 家庭で洗濯できるものかどうか確認する
  • 乾燥機の使用ができないものもある
  • 洗剤の種類に気をつけること

寝袋が家庭で洗濯の可否や乾燥機使用の可否は、せんたく表示で確認できます。

せんたく表示とは、寝袋の内側のタグに表示されているマークのこと。

家庭での洗濯ができない場合は桶に水の入ったようなにマークに×が表示されています。

また乾燥機の使用ができない場合も乾燥機のマークに×が表示されていることが多いので、お手持ちの寝袋の確認をしましょう。

また寝袋によっては使用できる洗剤に指定がある場合もあるので、使用する洗剤にも注意しましょう。

寝袋のクリーニングは意外とラクに任せられる

寝袋を長持ちさせるには、普段から風通しのよい場所で干したり、定期的に洗濯してキレイにする必要があります。

寝袋を自分で洗えないこともないですが、洗えても乾燥機を使ったり洗い方にも気を付けたりと実際手間とお金がかかります。

またクリーニング店によっては、寝袋のクリーニングを受け入れていないところもあるため、結論、寝袋は宅配クリーニングで依頼するのが便利。

好きなときに好きな場所で受け渡しができ、保管サービスを利用すれば布団などと一緒に保管してもらうこともできますよ。

\初回総額から1,000円引き/

ふとんリネット
  • 防ダニ加工が+1000円(税抜)で付けれる
  • 布団や毛布とまとめ出しでお得に!
  • 引き取りから最短10日後にお届け

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-09 13:15:38
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/179206/
家の掃除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!