生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

礼服のクリーニング料金相場とベストな頻度は?おすすめのクリーニング業者や自宅での保管方法をご紹介

投稿日:2019-10-28 更新日:2020-06-19

タキシード姿の男性

礼服は自分で洗えないものが多いけど、頻繁にクリーニングに出すものでもないから困りますよね。

「礼服は一回着たらクリーニングに出すべき?」「自宅保管はダメなの?」

avatar

まず礼服のクリーニングは、1回着たら意外と汚れが付着しているのでクリーニングに出すべき。

今回は礼服のクリーニングで保管にも対応しているおすすめの業者や、自宅での手入れ方法などをご紹介します。

礼服のクリーニング後は、自宅で防虫剤などを使ってしっかり保管も必要です。難しいならクリーニング店で保管してもらうのも良いですね。

おすすめ業者

リネット1点から申込めて光沢感を出すオプションも無料で付いてくる

リナビス他の服も一緒に!10点以上まとめて出したい方におすすめ

礼服として出せる洋服は?出せないものはある?

礼服は冠婚葬祭に着る洋服のことですが、フォーマルな服装なら全部礼服なのか?と思いますよね。

そこで礼服として扱われるものを以下にまとめてみました。

男性用礼服
ブラックスーツ 弔辞・結婚式など幅広い場面に着るもので喪服もここに入ります。黒のビジネススーツとは違い漆黒なのが特徴です。
モーニング 上着の前部分が丸くカットされていて、結婚式の両家の父親、入学式や卒業式で校長先生が着用しているものが該当します。
燕尾服 最上級の礼装とされ指揮者などが着るもので、正式なドレスコードはホワイトタイとなっています。
タキシード 夜の正礼装で、パーティーや結婚式・晩餐会・式典などに着るものです。ブラックタイが正式な装いとなります。
ディレクターズスーツ 昼の準礼装で、新郎・主賓・上司などが着ます。グレーのベスト・黒の模様入りコールパンツが特徴です。
女性用礼服
セレモニースーツ スーツ・パンツ・ワンピースの3種類あり、ワンピーススタイルでもジャケットを羽織るのが一般的です。入学式・卒業式などフォーマルな場面で着る礼服。
ブラックフォーマル 主に弔事で着ることが多いです。ブラックフォーマルドレスが正喪服、ブラックフォーマルスーツが準喪服、ダークスーツが略喪服となっています。

基本的には結婚式・葬式で着るブラックフォーマルはクリーニングに出すことができます。

また「学生服」「パーティードレス」「和服」は礼服として分類されますが、クリーニングでは礼服ではなくそれぞれの品物名で取り扱っていることが多いです。

喪服は礼服とはまた違った扱いになるので、喪服のクリーニング業者について知りたい方はこちらをご覧ください▼

喪服クリーニングの頻度・料金とは?毎回出すべき?

2019.10.30

とくに和服は取り扱いがないところもあるので、着物専門でやっているところか、着物もしっかり取り扱いできるクリーニング店に出すようにしましょう。

【老舗150年】きものtotonoe|たしかなクリーニング技術と最大24%offサービスの全貌

2019.01.29

礼服をクリーニングに出す適切な頻度は?

礼服は基本的に1回着用したら都度クリーニングに出すのが適切です。

礼服はスーツなどと違ってめったに着る機会がない洋服なので、あまり汚れていないと思われがちですが、蒸発した目に見えない汗をかいていたり、食べカス、シミなどで意外と汚れています。

しかも以前着てそのままの状態で長い間自宅保管していると、汗ジミになっていることもあるのです。

葬儀などで立て続けに行事が重なるときは、一連の行事が落ち着いたあとにクリーニングに出し、必要であれば保管してもらうのも良いでしょう。

avatar

自分で洗えるタイプの礼服も販売されていますが、素材がスーツよりもデリケートなため、型崩れや生地の傷みが怖いところ…。

礼服のクリーニング料金相場

礼服のクリーニング料金は¥1,500~¥3,500が相場。

クリーニング店や宅配クリーニング店の料金から得た料金相場なのですが、ここでは一例として大手宅配クリーニング「リネット」の礼服クリーニング料金をご紹介します。

パンツ・スカートなど男女共通でご紹介していますので、ぜひ礼服のクリーニング料金相場の目安にしてみてください。

※リネットには通常のコースとより丁寧に仕上げて光沢感を出すデラックスコースがあります

リネットの礼服料金(税抜) デラックス仕上げ
略式礼服ジャケット 950円~ 1,650円~
タキシード 2,630円~ 3,330円~
パンツ 660円~ 1,360円~
スカート 660円~ 1,360円~
ワンピース 1,230円~ 1,930円~
学生服 670円~ 1,370円~

リネットの礼服料金は、白洋舎やホワイト急便といった大手店舗の料金相場より若干安くなっていますが、上記の料金に送料やオプション料金がプラスされるイメージですね。

略式(ブラックスーツ)は¥1,500前後、モーニングは¥3,500前後となっているため、同じ礼服でも料金に幅がありますが、これはクリーニングにかかる手間が違うからなのです。

また、礼服のクリーニングに防臭加工や防カビ加工などのオプションが最初から含まれているところもあります。

ちなみにリネットはオプション別料金となります。

ただ最初から少し礼服のクリーニング料金が高めのところは、撥水加工などのオプションが初めから付いている場合があるのです。

avatar

料金の内訳を問い合わせて確認すると、オプションの有無がわかります!

スーツと比べてなぜ礼服のクリーニング料金は高い?

礼服とビジネス用のスーツは一見同じもののように見えますよね。

でも礼服は、素材が特殊で普通の服と同じ洗い方ができないためスーツよりもクリーニング料金が高めです。

avatar

礼服は、スーツよりも光沢が少ない素材でできていて一般的なスーツと同じ洗い方だと生地が傷んでしまう恐れがあるのです。

つまり礼服は通常のクリーニングよりも個別で丁寧に仕上げる必要があり、その分クリーニングに手間がかかるので、スーツのクリーニング料金と比べても少し高めになります。

これは個人のクリーニング店でも宅配クリーニングでも同じなので、職人がすべて手仕上げで行う手間賃と思ってもらうといいでしょう。

礼服クリーニングにカビや防虫加工オプションは付けるべき?

礼服のクリーニングは防虫加工などのオプションを付けることができますが、礼服をクリーニングに出して自宅で保管するときは、必要なオプションは付けたほうがいいでしょう。

礼服におすすめのオプション
  • 防臭加工
  • 防カビ加工
  • 防虫加工
  • 汗抜き加工(ウェットクリーニング)
  • 花粉ガード

礼服は着用する機会が圧倒的に少ないため、自宅保管の場合期間も長くなります。

保管しているときは虫食い被害やカビの影響を受けやすいので、防虫剤や湿気取りは必須です。

avatar

汗抜き加工というオプションもありますが、特殊な洗剤で水洗いするクリーニングで、こびりついたニオイの除去に役立ちます!

例として宅配クリーニングの大手リネットとリナビスのオプション料金を見ていきましょう。

リネットオプション料金
清潔加工(防カビ・防臭・防虫) 400円
ウェット(汗抜き) 1,000円
花粉ガード 400円
Wリファイン加工(光沢が復活) 400円
リナビスオプション料金
カビ抜き加工 550円
ウェット(汗抜き) 550円
撥水加工 1,078円

それぞれ施工可能なオプションも違うので、目的に応じて使い分けるのも良いですね。

撥水加工や花粉防止加工に関しては、礼服はそこまで頻繁に着る服でもないのですし、花粉が舞う季節に着るときや花粉に弱い方なら付けてもいいかな、ぐらいで問題ありません。

クリーニングの汗抜きがスーツ以外にもおすすめな理由|臭いを除去する料金・頻度もご紹介

2018.12.13

礼服のクリーニング日数は何日かかる?

急な式典や葬儀などで礼服が必要になったとき、急ぎで礼服を仕上げてもらいたいときもありますね。

ただ店舗でも宅配クリーニングでも、礼服は丁寧に仕上げるので時間がかかることもあります。

礼服クリーニングの仕上がり日数
店舗のクリーニング 最短即日~3日ぐらい
宅配クリーニング 最短2日~7日ぐらい

店舗に直接礼服を持っていっても、宅配クリーニングを利用しても、仕上がりの日にちにそれほど差はありません。

宅配クリーニングは条件付きではありますが、最短即日、朝夜いつでも集荷お届け可能なサービスもあります。

大手宅配クリーニングのリネットは、プレミアム会員(2ヶ月会費無料)なら朝6時~深夜24時まで集荷もお届けも依頼でき最短2日というスピードで礼服をクリーニング可能です。

※割引率は随時変更することがあります

礼服をクリーニングに出す前に確認したい4つのこと

礼服をクリーニングに出す、または保管してもらい、少しでも失敗を減らすために、まずは自分でしっかりクリーニング前に準備することが大事です。

1.ポケットの中身を確認

貴重品を入れっぱなしにすると後で困ることはもちろんなのですが、なによりカギや硬貨などを入れっぱなしのままクリーニングして生地が傷むのを一番避けたいところです。

クリーニング店でも確認はしてくれますが、自分で確認して安心しておくほうが安心できますね。

また礼服のポケットに物を入れたまま出してしまうと、中身は破棄するものとして取り扱われることもあるので注意が必要です。

2.シミやほつれなどの確認

礼服をクリーニングに出すのなら、仕上がりはとくに重視したいところですよね。

クリーニングってんでも気づいた汚れはキレイにしてくれますが、自分であらかじめ「どこに汚れが付いているか」を確認して、要望を伝えることも大事です。

とくに宅配クリーニングを使う方は、服にメモを挟んで細かい希望を伝える必要があります。

どうしても取れない汚れがあるときは、事前にメールで知らせてくれるところが多いので、仕上がり後のトラブルを減らすためにもまずは礼服の汚れを細かく確認する必要があります。

3.クリーニングの補償をしっかり確認

クリーニング店でもし仕上がりに不満があったときや、万が一礼服が破損、紛失してしまったとき、店がどういう対応をしてくれるのかを確認しておくのは非常に大事です。

宅配クリーニングのリネットは、以下の3つを保証しています。

  1. お届けから30日以内なら無料で再仕上げ
  2. 再仕上げに不満なら対商品を全額返金
  3. 事故時は1点最大10万、1注文あたり最大20万円まで補償

参照:リネット公式

補償にない要望に頑なに応えてくれない業者も存在するので、依頼する前にしっかりクリーニング店の補償内容を見ておきましょう。

4.パック料金制の宅配クリーニングは洗い方を要確認

宅配クリーニングは、以下の2種類の料金制度に分かれています。

宅配クリーニングの料金制度

  • 1点から依頼できる個別料金
  • 数点から依頼できるパック料金制

個別で依頼できるところは問題ありませんが、パック料金制の場合は「礼服の洗い方に対応しているか?」を確認する必要があります。

先に説明しましたが、礼服は生地が少し特殊なので他の洋服と礼服を一緒に洗ってしまうと、生地が傷んでしまう恐れがあるのです。

パック料金制でまとめて出せるクリーニング店は便利ですが、安さだけではなく礼服の取り扱いに関して大丈夫かどうかを見極めることも大事。

パック料金制の宅配クリーニングのリナビスは、生地の違いで服の洗い方をしっかり変えることができ、ブランド品の取り扱いもできる丁寧さも備えたクリーニング業者です。

リナビス
高品質な宅配クリーニング【リナビス】
  • 最低5点からまとめて出せる
  • 送料無料
  • 12ヶ月保管無料

礼服をクリーニングに出すのに便利なおすすめ業者

礼服のクリーニングを近所で出せるのが一番ですが、「近くに店舗がない」「忙しくて時間がない」「もっていくのがめんどくさい」というときは、宅配クリーニングが便利です。

ここでは指定の場所から出せて、指定の場所に届く宅配クリーニング業者をご紹介します。

リネット

リネットの特徴

  • 最短2日で届く※
  • 光沢感を出すリファイン加工が無料
  • メールで発送連絡がくるから安心

※プレミアム会員(初月無料)の場合になります

料金(税抜) 礼服ジャケット¥950
礼服タキシード¥2,630
礼服モーニング¥2,630
礼服ボレロ¥980
礼服スラックス¥660
礼服スカート¥660
礼服ワンピース¥1,230
送料 【通常会員】¥10,000以上で無料
【プレミアム会員】¥3,000以上で無料
仕上がりスピード 【通常会員】最短7日
【プレミアム会員】最短2日
※東京23区だと最短翌日
無料サービス シミ抜き、再仕上げ
集荷キット 【通常】不要なダンボールで発送可能
【プレミアム会員】初回は配送業者がダンボールを持参

※2回目以降は専用バッグあり
保証・補償 クリーニング事故賠償基準に則る
(届いてから6ヶ月後まで、上限1商品10万円)

※割引率は随時変動することがあります

リネットは仕上がりの早さと料金の安さが特徴です。

また追加料金を払って「デラックス仕上げ」を選ぶと、より丁寧に仕上げてもらうことができるので、リネットで礼服をクリーニングに出すならデラックスコースを推奨します。

CMやネットで調べて「良さそうだったから」リネットを利用した方は、だいたいデラックスコースでクリーニングに出しています。

【50代男性】

【リネットの点数は何点ですか?】

98点/100点

【今回リネットで使ったコースと洋服はなんですか?】

デラックスコース礼服一式、コート、ジャケット

【リネットのサービスに対する感想をお願いします】

クリーニング代が3000円以上で送料無料になる

【30代女性】

【リネットの点数は何点ですか?】

80点/100点

【今回リネットで使ったコースと洋服はなんですか?】

結婚式で着用したスーツ

【リネットのサービスに対する感想をお願いします】

とてもきれいに仕上げてくれて大満足です。

リネットのクリーニング料金が意外と安い理由|口コミ評判と会員サービスを使ってみた感想

2019.01.29

リナビス

高品質な宅配クリーニング【リナビス】

リナビスの特徴

  • 10点以上まとめて出せるから他の服も一緒にクリーニングできる
  • 無料で最大12ヶ月保管可能
  • シルク素材も保管できる適切な保管環境

料金(税抜) パック料金
5点:¥8,550
10点:¥11,700
20点:¥19,800
送料 無料(北海道/沖縄以外)
仕上がりスピード 最短5日
保管サービス 最大12ヶ月(無料)
無料サービス 抗菌,シワ予防,柔軟加工,毛玉防止,静電気防止加工,シミ抜き,再仕上げ,ボタン修理,毛玉取り
集荷キット あり(集荷キット利用で2回目以降¥330割引)
保証・賠償 クリーニング事故賠償審査員会が判断
(届いてから1年以内まで、上限1点あたり5万円)

リナビスは高品質かつ、無料で保管もしてもらえるクリーニング業者です。礼服のなかでも結婚式や入学式などあらかじめ着る日がわかっている場合は、着る日まで保管してもらうという使い方ができます。

リナビスは最低3点からしか出せませんが、礼服一式や他の洋服とまとめて出せるので、わざわざ礼服だけでクリーニングを頼まなくてもいい、というメリットがあります。

リナビスの保管庫はもともとシルクを保管していた倉庫なので、洋服にとっても適切な保管環境となっています。

さらにリナビスは無料でボタン修理やほつれ直しを行う「おせっかい」が特徴です。「とにかくきれいな状態に整えてほしい」というときはリナビスが便利ですよ。

行事中に少し汚れた礼服をお手入れする方法

礼服が行事中に汚れてしまった場合は、クリーニングに出している時間がないので応急処置が必要です。

主にファンデーションや日焼け止め、食べカスなどが付いてしまった場合は、部分洗いで対応できます。

ちょっとした汚れが礼服に付いてしまったときの対処手順は以下の通りです。

  1. 汚れを部分洗い
  2. ブラッシングでテカリ抑制
  3. ハンガーにかけて干す

汚れが落ちたら風通しのよいところで乾かしましょう。水を使うと乾くのに時間がかかるので、できるだけ使う水の量を少なくするのがポイントです。

また、汚れがとくになかった場合は、ブラッシングをしましょう。ブラッシングをしておくとテカリを抑えることができます。

ブラッシングをしたら、シワにならないようにハンガーで干します。湿気を飛ばすことでニオイやカビを防げますよ。

下手に洗って礼服がダメになってしまうのが心配な方は、汚れたらすぐにクリーニングに出す前提で、軽く汚れを拭くぐらいであえて余計なことをしないのも賢い選択です。

礼服を長持ちさせるため適切に保管する方法

礼服は自宅で適切に保管できれば、カビや虫食い、汚れやシワから守りやすくなり、再び礼服が必要になったときでも安心です。

  1. 太めのハンガーにかける
  2. 不織布カバーをかける
  3. 防虫剤・除湿剤を置く
  4. ときどき陰干し

礼服は服が重いのが特徴です。そのため、ハンガーが細めだと肩のところから型崩れしてしまいます。

avatar

礼服を美しい形に保つにはまず太めのハンガーを使用するのがポイントです。

またクリーニング後はビニールがついてきますが、ビニールを付けたままだと湿気が溜まってカビが発生しやすいです。

不織布カバーを使うと通気性が良くカビ防止になるので、ぜひ活用しましょう。市販でも安く購入できますが、宅配クリーニングリネットのデラックス仕上げだと無料でついてきます。

また、クローゼットのなかで防虫剤や除湿剤を置いても、ときどき湿気を逃がすために陰干ししましょう。

自宅で礼服を保管するのが難しいときは?

礼服を頻繁に着るわけでもないし、家でキレイに保管する環境が整っていないときは、クリーニングの「保管サービス」を活用するのがベストです。

クリーニングをしてそのまま保管してくれる業者なら、礼服を着た後キレイにしてもらってさらに良い状態で保管もしてもらえます。

avatar

次に礼服が必要になったときに困ることがありませんね。

たとえば宅配クリーニングのリナビスは、12ヶ月保管料無料、送料無料でクリーニングできるので、クリーニングと保管両方付けたい方、他の服とまとめてクリーニングしたい方におすすめです。

「半年後に知人の結婚式があるから着る前に1回クリーニングして、着るときまで保管してもらおう」という使い方も便利ですね。

まとめ:礼服のクリーニングは保管付きのところに頼むのがベスト

礼服はスーツとは生地が違い、個別で丁寧にクリーニングする必要があるため料金は高めです。

しかし自分で洗濯できない、良い状態で保管するのも厳しいというときは、クリーニングと保管どちらもやってくれるところに依頼するのが、礼服を最も良い状態に保てるベストな方法。

近所に店舗がない、クリーニング店の営業時間に行けないというとき、宅配クリーニングだと24時間いつでも依頼できます。

補償がしっかりしていて、ブランド品の取り扱い実績もある業者なら、礼服を安心してクリーニングに出すことができますね。

初回全品20%offで申込めます!

喪服クリーニングの頻度・料金とは?毎回出すべき?

2019.10.30

宅配クリーニング11社比較【料金・早さ・質】実際に使ったおすすめランキング5選

2019.04.11

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-19 10:25:21
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/172822/
家の掃除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!