生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーニングで毛玉取りはできる?料金・方法・注意点・予防策まとめ

投稿日:2019-09-18 更新日:2020-06-19

毛玉がついている紺色のセーター

  • 毛玉をクリーニングで無料で落としたい
  • 有料でもいいからしっかり毛玉を取ってほしい

摩擦で毛玉はどうしてもできてしまい、自分で取ってもちょっとしたらまた大量にできてしまいますよね。

結論をいうと、コートやセーターの毛玉は無料で取ってもらって予防加工も無料でしてもらうのがベスト。

avatar

宅配型のクリーニングには、毛玉を無料で取ってくれて毛玉予防加工も無料でやってくれるところがあります。

24時間いつでも時間を気にせず申込めるプロケアは、送料無料で毛玉取りだけでなくシミ抜き、ボタン付けも無料で行ってくれて手扱いサービスを受けることができます。

\今なら初回30%off/

プロケア
  • 毛玉取り、シミ抜きが無料!
  • 8ヶ月保管も無料
  • 10点以上まとめて出せる

無料毛玉取りの体験談を見る▼

毛玉はクリーニングで落として予防加工が〇

毛玉の対応は業者によってバラバラで、オプションで追加料金をかけてやってくれるところもありますが、完全に除去できるわけではありません。

そのため毛玉をクリーニングで落とすなら、無料で毛玉を取ってもらい、静電気防止加工もしてもらって予防することが大事なのです。

自分で暇なときに1個ずつむしり取るのも一つの手段ではありますが、摩擦でまた大量にできてしまうため、毛玉取りより毛玉予防のほうが重要になります。

クリーニングの毛玉除去の料金相場

クリーニング店の毛玉取りの相場は200円~300円です。

店舗型のクリーニングはだいたいオプションで毛玉取りを行ってくれますが、自宅から頼める宅配クリーニングでは無料でやってくれる場合が多いですよ。

お金をかけても100%毛玉を取ってくれるわけではないので、無料サービスで毛玉取りを依頼したほうが損をしないで済みます。

クリーニングで毛玉を無料でとってくれる業者

クリーニングで毛玉を無料で取ってくれる業者はたくさんあります。

今回は洋服を詰めて配達業者のドライバーに渡すだけでOK。楽さ便利さに特化した宅配クリーニングを中心にご紹介します。

毛玉予防も無料で付いてくる【リナビス】

リナビス公式ページ

リナビスの特徴

  • 10点以上のクリーニングにも対応!まとめてクリーニングして欲しい方におすすめ
  • クリーニング付きで12ヶ月保管無料!衣替え時に服を預かってほしい方にもおすすめ
  • シミ抜き・毛玉予防・静電気予防も無料
料金設定(税抜) 5点8550円(1点あたり1,710円)
10点11,700円(1点あたり1,170円)
20点19,800円(1点あたり990円)
送料 無料(北海道/沖縄以外)
仕上がりスピード 最短5日
保管サービス 最大12ヶ月無料
無料サービス 抗菌,シワ予防,柔軟加工,毛玉防止,静電気防止加工,シミ抜き,再仕上げ,ボタン修理,毛玉取り
集荷キット あり(集荷キット利用で2回目以降324円割引)
布団クリーニング あり
保証・賠償 1注文あたり20万円、1点あたり5万円まで保証

リナビスは最低5点から、ニットやセーターなどを10点以上まとめてクリーニングできるパック料金制の業者です。

毛玉取りも無料で行っていますが、毛玉予防になる静電気除去も無料で行ってくれます。

リナビスの無料毛玉取りがどんなものか実際に使ってみた【体験談】

無料毛玉取りでどの程度作業してくれるのか、生活110番運営スタッフがコートをクリーニングに出して検証してみました。

リナビスに出したコートの毛玉の比較画像

細かい毛玉ぐらいなら、ここまでキレイにしてくれます。

冬物を着ていると地味に細かい毛玉が気になるので、無料でここまでやってくれるのはありがたいですね。

また、リナビスは毛玉取りをした洋服は「毛玉取り完了のお知らせ」という紙を貼っています。

リナビスの毛玉取りサービスの紙

今回生活110番がクリーニング「毛玉をとってほしい」という要望を出していなかったのに無料でここまでやってくれるのは、なかなか気が利くなと思いました。

ただセーターのような大量の毛玉が付く洋服は、しっかり毛玉を取ってほしいとはっきり依頼する必要があるかもしれません。

また、リナビスには無料で「毛玉防止加工」と「静電気防止加工」がついてくるのが魅力で、ただ毛玉を取るのではなく予防を無料でしてくれるのは大きなメリットですね。

そしてリナビスではどのように毛玉をとっているのか気になったので、リナビスの毛玉取りについて実際に聞いてみました。

――毛玉取りはどのように行っていますか?

毛玉取り機やブラシを素材にあわせて使用しております。

――もし仕上がり後に毛玉が残っていたら再仕上げは可能ですか?
毛玉取りに関しては無料の範囲内でのサービスとなりますので、毛玉に関しての再仕上げは難しいですね…。

毛玉取りは「毛先の長い生地はブラシ」「毛先の短い生地は毛玉取り機」が適しています。

これは毛先の長い生地を根元からカットしてしまうと風合いが損なわれるからです。リナビスでは素材にあわせて毛玉取り機とブラシを使い分けている丁寧さがあるので、生地が傷む心配もなさそうですね。

宅配クリーニングリナビスを利用してわかった便利さとは?評判・料金・仕上がりについても徹底分析

2019.02.01

職人により全品手仕上げのネクシー

ネクシーのトップ画面

ネクシ―の特徴

  • シミ抜き・毛玉取りが無料
  • 全て手仕上げ!
  • 破れ・ほつれも無料で修理
料金設定 1着ごと(セーターなら660円)※税抜
送料 総額3,000円以上で無料(会員)
総額3,500円以上で無料(通常)
※北海道/東北/沖縄以外
仕上がりスピード 最短6日(九州なら最短3日)
保管サービス 最大7ヶ月
無料サービス シミ抜き、再仕上げ、修理、毛玉取り
集荷キット あり(有料250円)
布団クリーニング なし
補償 1点あたり5万円、1注文あたり最高10万円の賠償

※クリーニングタグが付いていて到着7日以内

宅配クリーニングのネクシーも、無料で毛玉取りを行ってくれます。

ネクシ―は、1点からクリーニングを依頼できる業者で「やってほしいのは1着だけ!」というときに便利です。

毛玉取りはもちろん、丁寧に検品をした上で破れやほつれなど修理できそうな場所も無料で修理してくれるのも魅力。

またネクシーは、生地が傷つきそうなら無料毛玉取りを実施しない判断をしてくれますが、毛玉取りの作業はどのように行っているのか聞いてみました。

――毛玉取りはどのように行っていますか?
毛玉取り機やブラシを毛玉の大きさに応じて使い分けて、作業を行っております。

――無料の範囲以上の作業を求める場合は別途修理手数料がかかるとあるのですが、どのくらいの料金がかかりますか?
毛玉に関しては無料の範囲までとなっております。とれなかったものに関してはそれまで、ということになりますね…。毛玉取り自体も生地に負担がかかってしまうので、できる限りの範囲となっております。

毛玉取りは行ってほしいけど、やはり服がダメになって返ってくるのは嫌ですよね。

見栄え的に毛玉をきれに取ってもらうのが理想ではありますが、洋服の繊維を減らしていく作業になるのでやりすぎるとボリュームがなくなってしまうのです。

そのため毛玉も気になるけど服へのダメージが心配な方は、ネクシーのように状況判断してできる範囲で毛玉取りを行ってくれる業者を選ぶのが良いです。

ネクシーの評判は悪い?納期・質・サービスを徹底調査

2019.01.31

プレミアム会員の特典が魅力のリネット

リネットの特徴

  • 最短2日後にお届け!なるべく早く仕上げて欲しい方におすすめ
  • 1点だけクリーニング可能!毛玉がとくに気になる服におすすめ
  • 初回全品20%off
料金設定 1着ごと(セーターなら590円)※税抜
送料 3,000円以上で無料(プレミアム会員)
10,000円以上で無料(通常会員)
仕上がりスピード 最短2日(プレミアム会員)
最短7日(通常会員)
保管サービス 最長8ヶ月
無料サービス シミ抜き、再仕上げ、プレミアム仕上げ(ワイシャツ抗菌抗臭加工、柔らか加工、リファイン加工、毛玉取り、毛取り)
集荷キット 通常:初回なし(会員:初回あり)
2回目以降は専用バッグあり
布団クリーニング あり
保証・補償 クリーニング事故賠償基準に則る
(届いてから6ヶ月後まで、上限1商品10万円)

※割引率は随時変更することがあります

宅配クリーニングのリネットも無料で毛玉取りをしてくれる業者ですが、プレミアム会員にならないと毛玉取りが無料で付いてきません、

通常会員ではなくプレミアム会員に入会なので、月額料金が気になるところですが、プレミアム会員は初月無料なので、実質タダで毛玉取りをしてもらってすぐに解約する、という使い方ができます。

またリネットはプレミアム会員になると、無料毛玉取りだけではなく、初回20%offや服の光沢感を引き出すリファイン加工も付いてさらにお得になります。

リファイン加工とは、例えるならセーターやニットなどの水洗いできない製品にリンスをする加工で、繊維を柔らかく仕上げると同時に「帯電防止効果」「毛玉防止効果」があり毛玉防止にも最適です。

つまりリネットのプレミアム会員(初月無料)になると、毛玉除去と予防を無料で行ってくれるということです。

リネットのクリーニング料金が意外と安い理由|口コミ評判と会員サービスを使ってみた感想

2019.01.29

クリーニングで毛玉取りを依頼するときの注意点

クリーニングに出したときに「こんな毛玉付いてなかった」「毛玉取りをお願いしたら服が傷んだ」など仕上がりに関するトラブルが発生することもあります。

トラブルを避けるためにも事前に以下の注意点をおさえましょう。

店頭で毛玉がついていないか確認する

毛玉は繊維が擦れることで絡み合ってできます。基本的に着用時にできるものであり、それが他の洋服の繊維が付着することで目立ってしまうことがあるのです。

そのため事前にどれくらいの毛玉があったかを写真に取るなどして、クリーニング前の状態が分かるようにしておきましょう。

店舗に直接持っていくなら、クリーニング前に店頭で確認してもらうことで、仕上がりに関するトラブルを回避でき、健全な対応をしてもらえる可能性も上がります。

毛玉をとってほしい旨を伝える

無料オプションとして毛玉取りがあるお店でも、念入りにやってくれるとは限りません。

あくまで無料のサービスなのでできる範囲となります。

もし毛玉をしっかり取ってほしいときは店頭や依頼時に「毛玉をとってほしい」ということを伝えるようにしましょう。

ただし毛玉取りをやりすぎると、生地が傷んでしまう恐れがあるので、どちらかというと毛玉予防加工のほうが大事です。

ちなみに宅配クリーニングの場合は、注文時や洋服を発送するときの申込み書などに要望を書く欄があります。以下はネクシーの注文画面です。

ネクシーの要望欄

ここに「毛玉をとってほしい」ということを記入しておくと、クリーニング業者も見落とさずに済みます。

自分でできる毛玉取りの方法

クリーニングでどうしてもきれいに取りきるのは難しかった場合、最悪自分で毛玉を除去する方法もあります。

ただし何度もいいますが、生地が傷む恐れがあるので、いずれの方法もやりすぎはNGです。

また、毛玉をクリーニングでしっかり取ってもらっても、服の扱い自体が悪いと、また多量の毛玉をすぐに作ってしまいます。

そのため、まずは毛玉ができる仕組みを知って、自分で毛玉を予防する知識も身に付けていきましょう。

毛玉ができる仕組みとは?

毛玉は着用時に繊維が擦れることで、毛羽立った繊維が絡み合ってしまうことで発生します。

そのため毛玉を取り除くには繊維をカットする、もしくはブラシなどで毛玉ができている繊維を伸ばしながら取り除くことになります。

毛玉ができる仕組み

しかし、毛玉はもともと洋服の繊維。除去した部分は生地が薄くなってしまいます。また、ブラシで取り除いても繊維が毛羽立ってしまうので生地を傷めてしまうのです。

ウールは毛玉取り機を使おう

毛玉取り機はウールなど、毛先が短い洋服に使用しましょう。最近では100円ショップでも手に入るので、安く毛玉取りを済ませたい方はぜひ活用してみてください。

使用方法

  1. 洋服を平らな場所に置く
  2. 優しくなでるように当てていく

カッターの高さは慎重に調節し、また当てるときは片手で服を押し当てないようにしましょう。穴が空いてしまうことがあります。

アンゴラやカシミアは毛玉取りブラシ

アンゴラやカシミアなどの毛足の長いニットは毛玉取り機を当てると、長い毛がカットされてしまい魅力が損なわれてしまいます。

そのためお手入れ用ではなく毛玉取り専用のブラシを使って洋服をブラッシングするのがいいでしょう。

毛玉取りブラシは、力を入れずに一定方向にブラシをかけていくのがコツです。

普段からできる毛玉の予防策

毛玉は取る分だけ繊維が薄くなってしまいます。

そのためなるべく毛玉ができないよう日々洋服の取り扱いに注意することが大事です。

着用したあとにブラッシングする

セーターやニットは着用後にブラッシングすることで毛羽立ちを防ぐことができます。

ブラッシングするときは毛並みに沿ってブラシをかけましょう。いろんな方向にブラシをかけると逆に繊維が絡まりやすくなります。

あまり力をいれずに手首のスナップをきかせて軽く繊維の流れを整えるのがコツです。

ただし湿気がたまっている状態だとやりづらいので、乾燥させてからブラッシングするのがコツです。

また、ブラッシングするブラシの種類は素材にあわせて選びましょう。化学繊維のブラシは静電気が起きやすいので、天然獣毛がおすすめです。

とくに馬毛のブラシはデリケート素材全般に使うことができるので、使い勝手がいいです。また、長毛ブラシだと繊維の毛足が長い洋服でも使用できます。

毛玉防止スプレーを使う

毎日ブラッシングするのはどうしても面倒なときは、市販の毛玉防止スプレーを使うのも効果的です。

毛玉防止スプレーは繊維の根元をコーティングすることで繊維が絡まるのを防ぎます。

繊維の表面ではなく根元をコーティングするので、手触りや風合いは変わりません。

擦れやすいワキ下や袖口などに部分的に噴射するのも効果的ですよ。

現在あまり商品数はありませんが、「毎回ブラッシングするのが面倒」という方に最適ですよ。

まとめ:毛玉はクリーニングで無料で取ってもらおう

クリーニングで毛玉を取ってくれる業者はたくさん存在しますが、宅配クリーニングだと無料でやってくれるところが多いです。

また、毛玉の除去は予防加工をしてもらうことのほうが大事なので、予防も同時にやってくれる業者がおすすめです。

無料の範囲で毛玉取りやシミ抜きをしてくれるプロケアなら、5点からまとめてクリーニングに出せます。

\今なら初回30%off/

プロケア
  • 毛玉取り、シミ抜きが無料!
  • 8ヶ月保管も無料
  • 10点以上まとめて出せる

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:3.3

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-19 17:05:23
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/165160/
家の掃除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!