生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

コートクリーニングはシーズン2回!毎日の手入れとおすすめ業者紹介します

2019-08-20

冬の間着倒したコートのクリーニング、あなたはどうしていますか?
シーズンの終わりにクリーニングに出した後は、次の冬が来るまでクローゼットの奥にしまっておく人も多いでしょう。

とくに何もせずに、そのままクリーニングに出してしまいこむのはおすすめしません。
しっかりと手入れをしてからクリーニングに出せば、何シーズンもキレイにコートを使えるんです!

今回は賢いクリーニング方法から簡単な手入れまで、コートを長く着るためのコツを隅から隅までご紹介します。

正しいコートのクリーニング頻度

コートの女性

「外を歩いているだけだからそこまでコートは汚れない」というのは、思い込みかもしれません。
外で着るものだからこそ、コートは砂埃やばい菌で汚れているんです!

そのため、コートは1シーズンの間に2回クリーニングに出しておくと清潔さが保たれるので安心です。
12月初旬~2月末の間コートを使うのであれば、1月半ばに1度、2月の末に1度クリーニングに出す感じですね。

コートには汗や食べ物のシミがつくこともありえます。
時間が建つほどシミが取れにくくなるので、こまめなクリーニングを心掛けましょう。

日ごろの手入れでクリーニング頻度を減らせる

コートに限らず、衣類は日頃のケアやメンテナンスで、どのくらい傷まずに長く着れるかが変わってきます。
また、うまく手入れができていれば、コートのクリーニングの回数を減らすことができるのです。

では実際に、コートを着たあとや日々の保管でどのような手入れをしたらよいのでしょうか。

 

コートを長持ちさせる手入れの仕方

コートを長持ちさせるためには、着たあとにしっかりとブラッシングしておきましょう。
正しいブラッシングのかけ方はこんな感じです。

コートのブラッシング手順

  • コートの毛の流れに逆らってブラシをかけて汚れを落とす
  • 全体的にかけ終わったら毛並みを整えるようにブラッシングする

コートの襟や袖口はとくに汚れやすいので、しっかりブラシをかけておくとキレイに保管できますよ。

またコートの手入れに使うブラシは、静電気が起こりにくい動物の毛を使ったものを使うようにしましょう。
素材の違う毛のブラシを複数用意して、コートの生地に合わせて使い分けるとより長持ちさせることができます。

素材によってはスポンジで落とす

ポリエステルやナイロン生地といった化学繊維を使っているコートの場合、スポンジに洗剤をかるくしみ込ませて優しく吹きましょう。
ついた汚れを落とすことができます。

一方、皮製や綿、シルク生地の場合は逆にシミがついてしまう可能性もあるため、布に水を軽くしみ込ませて拭くなどしていただくのがおすすめです。

アイロンスチームを当ててニオイ消し

コートをブラッシングしてからアイロンを使ってスチームを当てると、コートに染みついた嫌なニオイを取り除くことができます。
ただしコートに直接アイロンを当てるのではなく、生地から少し浮かせてスチームだけを当てるようにしましょう。

ハンガーで保管する

コートに付いた汚れやニオイをを落としたら、ハンガーにかけて保管してください。
ハンガーにかけずに保管すると、型崩れの原因になってしまいます。

また、コートのお手入れが終わってからすぐにクローゼットに移動させるのではなく、1度陰干ししておくとカビが生えにくくなります。
1~2日くらいの陰干しがおすすめです。

小さなことですが、日々の簡単なメンテナンスの積み重ねで損傷具合や状態は変わってくるので、気をつけてみてください。

 

お得で使いやすいクリーニング業者の見つけ方

毎日お手入れしたコートは、シーズンに1~2回のペースでクリーニングに出します。
そのとき、少しでも安くキレイに落とせるクリーニング業者に作業を依頼したいですよね。
コートのクリーニング業者を選ぶときは、3つのポイントを押さえておきましょう。

その1:コートのクリーニング料金を確認する

コートのクリーニング料金は、素材やコートの形でかなり金額が変わります。

コートの種類別クリーニング料金相場

  • ハーフコート:1,000~2,500円
  • ロングコート:1,500~3,000円
  • ダウンコート:2,600円~4,500円

一般的にコート丈が長くなるほど、クリーニング料金は高くなります。
またダウン素材だけに限らず、カシミヤや革製品などの繊細な素材でもクリーニング料金があがるので注意しましょう。

コートクリーニングの料金設定は、各クリーニング店でかなりの開きがあります。
高級品を専門に取り扱うクリーニング店と、普段着を取り扱うことが多いクリーニング店では料金が倍ほども違うことも。
コートをクリーニングに出すときは、素材に合わせたお店選びをすることが安くキレイに洗うコツです。

その2:装飾品の取り扱いを確認しておく

コートには、ベルトやライナー(取り外せる裏地)、フードなど装飾品がついているものも多いです。
この装飾品の取り扱いがクリーニング店ごとで違うので、事前に確認しておきましょう。

付属品は、コートに付けたままの状態なら無料でクリーニングしてくれる店舗もあります。
「付属品も全部まとめてクリーニングしてほしい!」という人は、そういったお店を選ぶようにしましょう。

取り外しできるフードは別料金になる

ただし、ファスナーやボタンで取り外しができるようになっているフードは別料金になっていることが多いです。
別料金になる場合、1つ500~1,000円程度でクリーニングしてくれます。

また、フードにリアルファーが縫い付けてあるとクリーニングを断られることがあるので注意しましょう。

その3:保管付クリーニング業者を利用する

近年増えている、宅配クリーニング業者。
お店に行かなくてもクリーニングに出せるので、とても使いやすいと利用が増えています。
そんな宅配クリーニング業者がおこなっているサービスが保管サービスです。

きれいにコートをクリーニングしたとしても、保管の仕方が間違っているとダニやカビが発生してしまいます。
次の冬に使おうとコートを出したら「あれ、虫食ってる……」なんてことがあるかもしれません。

そんなとき、宅配クリーニングの「保管サービス」ならコートに最適な状態にしてある倉庫で保管してもらえます。
半年以上使わないからこそ、次のシーズンも使えるように保管しておきましょう。

 

おすすめ保管付き宅配クリーニング業者3選

ここでは、実際に使いやすい保管付き宅配クリーニング業者を3社紹介します。

  • 安さ
  • サービス内容
  • 保管期間

など、業者それぞれの特徴をもとに使いやすさを見ていきましょう!

リネット保管




アパレルブランドが出荷前の洋服を保管しておく、衣類専用の保管ルームを使っているのがリネットのPREMIUM CLOAKです。

リネットのプレミアム仕上げでクリーニングしているので、コートの肌触りもとても気持ちいいですよ。
ブランド物やカシミヤなどの高級素材を使ったコートは、PREMIUM CLOAK [luxe]でクリーニングすると各種オプション加工が付けられます。

PREMIUM CLOAK luxeのオプション加工

  • 撥水/防汚加工
  • 花粉ガード加工
  • 静電気防止加工
  • 全品手仕上げ
  • 不織布放送

保管期間も最大8ヶ月ついているので、3月の頭に出しても12月の頭まで預かってもらえます。
コートに最適な環境で、使わない間ずっと保管してもらえるのはありがたいですよね。

リネットの「保管パック」詳細
PREMIUM CLOAK PREMIUM CLOAK [luxe]
料金
  • 7点:9,800円
  • 12点:16,800円
  • 18点:24,800円

※1枚あたり1,400円

  • 7点:16,800円
  • 12点:28,800円
  • 18点:42,800円

※1枚あたり2,400円

サービス内容 <共通部分>

  • プレミアム仕上げ
  • 全品無料シミ抜き
  • 汗抜き
  • 最大8ヶ月保管

 

  • 撥水/防汚加工
  • 花粉ガード加工
  • 静電気加工
  • 全品手仕上げ
  • 不織布方法
  • 届日変更オプション
  • 防虫剤付き
  • 安心保証プログラム
  • プレミアムハンガー(+1,000円)

リナビス



リナビスでは、クリーニング代だけでコートを最大9ヶ月間預かってもらえます。
コートの生地が傷まないように乾燥機ではなく自然乾燥をおこなっているので、長期保管が必要なコートにがうってつけです。

仕上げを手作業でおこなっていて、ちょっとしたほつれやボタン付け、毛玉取りも無料でおこなってくれます。
コートを着る人のことを考えた、細やかな心遣いでクリーニングしてくれるのがリナビスの強みです。

「リナビス」の保管サービス詳細
料金
  • 5点パック:7,800円
  • 10点パック:10,800円
  • 20点パック:18,800円

※保管料金無料
※2回目以降の利用で324円引き

サービス内容
  • 送料無料
  • シミ抜き無料
  • ボタン修理無料
  • 毛玉取り無料
  • 再仕上げ無料
  • 保管期間最長9ヶ月

せんたく便

せんたく便×生活110番広告バナー300×250

「冬物衣類をまとめてクリーニングしたい」
「とにかく安くクリーニングしたい」

そんな人におすすめなのが、せんたく便の保管パックです!

せんたく便の保管パックには、30点まで預けられるコースがあります。
30点コースなら、洋服1点あたり732円でクリーニングから保管までしてもらえるんです。
保管期間は最大11ヶ月あるので、安く洗って長く預けられる、お財布に優しいのがありがたいですよね。

せんたく便の保管パック詳細
料金
  • 5点パック:6,980円
  • 10点パック:9,980円
  • 15点パック:12,980円
  • 20点パック:15,980円
  • 30点パック:21,980円

※2回目以降200円(5点パック)または700円引き(10点パック以降)

サービス内容
  • 送料無料
  • シミ抜き無料

<追加オプション>

  • 撥水加工
  • 防虫・防カビ加工
  • プラチナ加工

 

まとめ

コートの汚れををそのままにして保管しておくと、カビやシミの原因となり落とすことができない汚れになります。
だからこそ、シーズンオフでコートをクローゼットにしまう前に、きちんとクリーニングをしておきましょう。

次のシーズンにコートが着られるかどうかは、保管の仕方にも関わってきます。
虫食いやダニ、カビの発生を極力抑えたいのであれば、洋服に適した保管場所がある宅配クリーニングの保管パックの利用が便利です。

宅配クリーニングの保管パックは送料無料で利用でき、中にはクリーニング料金のみで預かってくれる業者もあります。
きちんと手入れをしてから保管付きクリーニングに出して、あなたのお気に入りのコートを長く使えるようにしてくださいね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-08-20 14:35:43
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/141141/
家の掃除
冬の間着倒したコートのクリーニング、あなたはどうしていますか? シーズンの終わりにクリーニングに出した後は、次の冬が来るまでクローゼットの奥にしまっておく人も多いでしょう。 とくに何もせずに、そのままクリーニングに出してしまいこむのはおすすめしません。 しっかりと手入れをしてからクリーニングに出せば、何シーズンもキレイにコートを使えるんです! 今回は賢いクリーニング方法から簡単な手入れまで、コートを長く着るためのコツを隅から隅までご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!