生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンイレブンでクリーニングができる?利用の仕方を解説します!

2019-07-26

セブンイレブンクリーニング利用方法と料金

みなさんは「クリーニングに衣類を出したい!」と思った時にどうしていますか?

昔ながらの店舗型のクリーニング専門店に預けるかたも多いでしょう。

しかし、現在クリーニングサービスを提供しているのはクリーニング専門業者だけではありません。

家から一歩もでずにクリーニングを依頼、受取ができる宅配クリーニングコンビニでクリーニングを依頼、受け取りできるサービスもあります。

実は、コンビニ大手のセブンイレブンもクリーニングサービスを展開しているのです!
セブンイレブンのクリーニングサービスとはいったいどのようなものなのか、利用方法とあわせてご紹介していきます。

セブンイレブンのクリーニング?

セブンイレブンのクリーニングサービスは、現在は東京23区限定のサービスとなっています。
他の地域では利用できませんのでご注意ください。

取扱店舗は東京23区内の約200店舗です。
東京にあるすべてのセブンイレブンで行っているわけではないことも覚えておきましょう。

対象店舗を知りたい場合は、セブンイレブンのホームページの店舗検索で検索条件に「クリーニング」と入力し絞り込みをかけると見つけることができます。

セブンイレブンのクリーニングサービスはクリーニング倶楽部という名称です。
クリーニング倶楽部は会員制のサービスになるため、利用するには会員登録が必要になります。

24時間受付が可能で、クリーニングしたい衣類などをセブンイレブンで預けることができるサービスです。

引取りも24時間いつでもできるので、残業で夜遅くしか帰宅できない人も気軽に利用することができます。

ただし、全ての店舗が24時間営業しているわけではないので、事前に確認することが必要です。

会員登録の料金などは必要なく、無料でサービスの利用開始ができるため気軽に利用することができますね。

クリーニングの依頼方法

  1. 入会申込書に必要事項を記入し、レジに持参してください。
    すると約2日後に会員カードと専用バッグ(クリーニングバッグ)、クリーニング伝票などが入った入会セットが申し込み店舗に届きます。
  2. 申し込みをした店舗に再度出向き、入会セットを受け取ることによってサービスが利用スタートです。
    入会セットの中にあるクリーニング伝票に預ける衣類の種類、点数を記入し、クリーニングを依頼する衣類を専用バックにいれます。
  3. 店内にあるクリーニングボックスに伝票と専用バック(クリーニングバッグ)をもっていきます。
  4. まず初めに会員登録の際に作った会員カードを挿入口に差し込みましょう。(会員カードは入会セットの中にあるカードです)
  5. 次に衣類が入った専用バッグを店内に設置されているクリーニングボックス(クリーニング回収機)に投入し、クリーニングバッグ預かり票(レシート)を受け取ります。
  6. レジカウンターでクリーニングバッグ預かり票(レシート)を提示してください。
    料金の精算は仕上がり品の受け取り時におこないます。
    精算の際も、料金はクリーニング代金のみで、セブンイレブンの店頭で預け、受け取るので送料は一切かかりません。


注意点は、このサービスが受けられるのは入会した店舗のみだということです。
預けるのも受け取るのも入会した店舗のみの対応になります。
入会する店舗は利便性を考え慎重に選ぶようにしましょう。

会社に近いところにすれば会社帰りに立ち寄ることができますし、家の近くにすれば休みの時などに気軽に利用することができますね。
自分のライフスタイルに合ったセブンイレブンの店舗を選ぶようにしましょう。

商品の引取期限は仕上がり予定日から1カ月程度となっています。

預けられる衣類にはワイシャツやジャケット、コート、ダウンジャケットなどです。
日常生活で使うことの多い衣類はほとんど利用できるのでぜひ活用してみてください。

 

メリットとデメリット

セブンイレブンクリーニングサービスのメリットは、24時間いつでも預けられることです。

お仕事で忙しいサラリーマンは、なかなかクリーニング専門店の営業時間にクリーニングを依頼することができません。

時間帯の関係で、クリーニングを依頼することができないと先延ばしになってしまい、よれよれのワイシャツの状態で仕事に向かうといったことにもなりかねません。

一人暮らしで家事や仕事、会社の付き合いに追われてなかなか時間がとれないという方も利用すると良いでしょう。

いつでも預けることができ、1ヵ月以内であればいつでも受け取れるので、お仕事関係で夜遅い帰宅になる人も夜勤などの不規則な勤務の人にも便利なのではないでしょうか。

クリーニングと24時間営業のコンビニをマッチングさせたこのサービスは、利便性が高いといえます。

デメリットは、登録した店舗でしか受け取ることができないこと東京23区しかサービスが提供されていないことです。

預け入れも受け取りも入会登録した同一店舗でしかおこなえないので、近くにコンビニがない方は少し不便かもしれません。

もし受け取る店舗を指定できるサービスがあれば、出張先の店舗で受け取り、仕事の際に着ていくといった利用方法も可能になるのですが、いまのところ実現される見込みはなさそうです。

さらに、東京23区でしかサービスが提供されていないので、その他の地域の人は利用できません。
今後地域が拡大されることを、期待しましょう。

また、仕上がりまでにかかる時間が店舗型のクリーニング専門店に比べて長いというデメリットもあります。

ワイシャツの場合は2,3日後に受け取りが可能です。
店舗型ではない分、時間が少しかかってしまうのもデメリットのひとつです。

 

料金はいくらくらい?

お金

セブンイレブンクリーニングサービスの料金(税込)を種類ごとに紹介します。

  • ワイシャツ(のり付きハンガー仕上げ):237円
  • ワイシャツ(たたみ仕上げ):257円
  • コート:1,183円
  • ジャケット:638円
  • ジャンパー(学生服を含む):689円
  • ダウンジャケット:1,358円
  • スラックス、パンツ類:494円

その他の料金は、店頭もしくはクリーニング伝票(注文を記入する用紙)で確認することができます。

24時間預け入れと受け取りができるのに、価格面で店頭クリーニングに比べても遜色ありません!

東京23区内にお住まいの方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

セブンイレブンクリーニングサービスは、東京23区内限定でおこなわれているサービスです。

24時間衣類を預けることができ、受け取ることができます。
受け取り可能期間もクリーニング終了後約1ヵ月と長く、お時間があまりない方でも安心して預けることができます。

会員登録をした店舗のみでしかこのサービスを利用することはできないので店舗選びは慎重におこなうようにしてください。

利用方法も簡単です。
店頭で会員登録をおこない後日手に入る入会セットの中のクリーニング伝票に記入し、クリーニングバッグにいれた衣類をクリーニングボックスに投入します。

そして、クリーニングボックスからでてくるクリーニングバッグお預かり票をもってレジにいけば手続きが完了です。

クリーニングバッグお預かり票には仕上がり予定日が記載されているので、その情報をもとに後日受け取りに出向きましょう。
東京23区にお住いの方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-07-26 14:11:18
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_home_delivery_laundry/141132/
家の掃除
みなさんは「クリーニングに衣類を出したい!」と思った時にどうしていますか? 昔ながらの店舗型のクリーニング専門店に預けるかたも多いでしょう。 しかし、現在クリーニングサービスを提供しているのはクリーニング専門業者だけではありません。 家から一歩もでずにクリーニングを依頼、受取ができる宅配クリーニングコンビニでクリーニングを依頼、受け取りできるサービスもあります。 実は、コンビニ大手のセブンイレブンもクリーニングサービスを展開しているのです! セブンイレブンのクリーニングサービスとはいったいどのようなものなのか、利用方法とあわせてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 宅配クリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!