生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

玄関の臭いは靴箱が原因!?靴箱を消臭して恥ずかしくない空間を作る

投稿日:2018-03-05 更新日:2018-10-02

玄関の臭いは靴箱が原因!?靴箱を消臭して恥ずかしくない空間を作る

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家の出入りにほぼ必ず使う玄関。入るときにふと、臭いと感じたことはありませんか?
玄関の嫌な臭いの原因は、主に靴箱にあります。
とくに靴箱は知らないうちに臭いが充満している可能性もあります。
今回は、そんな靴箱の匂いの原因から靴箱の消臭方法などをご紹介させていただきたいと思います。

靴箱の臭いの原因

「靴箱の臭い?当然靴が臭いのが原因じゃないの?」と思っている方は多いでしょう。
ただ、正確には靴の中に発生した雑菌が臭いの原因だと考えられます。
靴を履いて歩いていると、汗による湿気で雑菌が繁殖します。
そしてその雑菌は、汗に含まれる皮脂などを栄養としてどんどん増えていくのです。
雑菌が増えれば増えるほど強い臭いを発生させ、玄関で悪臭を放つようになるでしょう。
また、雑菌が増えると、カビの発生を招くことがあります。

カビはとくに湿度が高い場所を好む傾向があるため、濡れたままの靴をそのまま靴箱にしまっておくのはおすすめできません。
靴箱の中の湿度を上げてしまう原因となる恐れがあります。
靴をしまうときは、なるべく水分を拭きとってからしまうことが大切です。

      靴箱の臭いの原因

靴箱の掃除方法

靴箱の消臭を始める前に、靴箱の掃除をしましょう。
定期的に掃除をすると、消臭効果を維持することができます。
掃除をするときは、一度靴箱に入っている靴をすべて出し、掃除機をかけます。
掃除機である程度ゴミなどを吸い取ったら、洗剤をつけた雑巾で拭き掃除をすると臭いが除去しやすいです。

拭き掃除が終わってもすぐに靴を入れてはいけません。
せっかく掃除したのに、また湿気が発生しカビが生える原因になってしまう恐れがあります。

完全に乾ききってから、靴をしまいましょう。
余分な水分を防ぐために靴箱に防水スプレーをかけるのも効果が期待できます。

      靴箱の掃除方法

靴箱の消臭に役立つ3つのアイテム

掃除が終わったら、靴箱の消臭に取りかかりましょう。
消臭には以下の3つのアイテムがおすすめです。使い方なども含めて紹介していきます。

➀重曹

重曹は正式には「炭酸水素ナトリウム」という名前です。
以前は胃酸過多の薬にも使われていたため人体への影響はほとんどありません。
消臭だけでなく、吸水効果もありますので、湿気対策にも利用できます。

小さなグラスや瓶の中に重曹を7分目まで入れてから、こぼれないようガーゼと輪ゴムで止め、靴箱に靴と一緒に入れておきます。
このとき口が大きいグラスを用意すると、効果の範囲が広がります。

他にも使い古したストッキングなど空気を通す素材に重曹を入れて靴箱に入れておくと、消臭と除湿を行うことができます。

➁炭

炭は昔から除湿やカビを防ぐ効果があるとされてきました。
靴箱の中に炭を置いておくだけでも消臭と防カビ効果が期待できます。

ただし、炭は一定量吸湿すると、効果がなくなります。
そんなときは陰干しすると、再び吸湿するようになります。陰干しを繰り返して、効果がなくなったときは、炭を交換しましょう。

➂コーヒーかす

自宅でドリップコーヒーを飲まれる方におすすめなのが、コーヒーを抽出した後の残りかす。
大手コーヒーメーカーによりますと、先ほど述べた炭と同じように、水分を吸収する効果があります。
また嫌な臭いを分解して消臭する効果もあるので、試してみてはいかがでしょうか。

コーヒーかすを使った消臭剤の作り方ですが、湿ったままで使う場合と、乾燥させて使う場合があります。

・湿ったまま使う場合

ひとつめは抽出したコーヒーかすの水気を切って、小皿やトレーなど広めのガラス容器にコーヒーかすを入れて、靴箱に一緒に入れておく方法です。

・乾燥したコーヒーかすを使う場合

また、抽出したコーヒーかすを1日天日干しにして、乾燥させるという手段もあります。
雨の日や時間がないときは、電子レンジで乾燥させることも可能です。
それから不織布のお茶用パックやガーゼなどに乾燥したコーヒーかすを入れて、下駄箱に一緒に置いておきましょう。

湿った状態は消臭効果が強く、乾燥させた状態は吸湿効果が強いので、どちらを優先させたいかで選ぶとよいでしょう。
ただし湿ったものは2、3日で交換しないとカビが発生する原因にもなってしまうため注意が必要です。

      靴箱の消臭に役立つ3つのアイテム

靴箱に臭いを付けない使い方

靴箱を消臭する方法はさまざまにあります。
しかし靴箱に臭いを付けないよう普段から気を付けることが大事です。
では、普段から靴箱に臭いを付けないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。普段から以下のことを心がけるだけで、靴箱の臭いの発生を抑えることができます。

靴箱を閉めたままにしない

先ほどもお話ししたように、靴箱に臭いが発生する原因は湿気による、菌やカビの増殖です。湿気がこもらないようにするために、靴箱を閉めたままの状態にはせず、定期的に乾燥させるとよいでしょう。

靴を乾燥させてからしまう

雨の日だけでなく、普段靴を履いて歩いていると、汗の影響で靴が湿ってしまいます。
そのままの状態で靴をしまうと、臭いの原因である菌やカビが増えてしまいます。
靴をしまう前にいったん乾燥させてからしまうようにしましょう。新聞紙などを入れておくと、早く乾燥させることができますよ。

足の臭いケアを行う

靴を履く以上、どうしても足もとに湿気がこもりがちで靴だけでなく足にも雑菌が繁殖してしまいます。靴のケアだけでなく足の臭いにも気を付けることで、靴や靴箱の臭いを抑えることができます。

消臭の方法は過去のコラム「靴やタンスの臭いには重曹で対策!重曹は消臭剤としても使えます」でも紹介しています。あわせてご覧ください。

まとめ

少し意識をするだけでも、靴箱の消臭は簡単に行うことができます。
臭いを取り除くことにより、気分がずいぶん変わってきます。
まずは靴箱を開けてみて、嫌な臭いが発生していないかどうか確認してみましょう。

もしご自分での消臭が難しい場合は消臭・脱臭のプロに相談するのもひとつの方法になります。プロの知識と経験をかりて快適な玄関を取り戻しましょう。

消臭・脱臭を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「消臭・脱臭」をご覧ください。

とれない臭いはプロに! 
さまざまな場所をプロが施工!
※対応エリアや加盟店によって変わります
お部屋だけでなく、オフィスや倉庫、特殊清掃現場や火事現場などの消毒、脱臭をおこないます。入居中でも施工可能。臭いは消臭脱臭のプロにお任せください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
状況によっては脱臭、消臭剤・光触媒による工法で施工します。
消臭・脱臭 10,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:15:28
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_deodorant/44384/
家の掃除
家の出入りにほぼ必ず使う玄関。入るときにふと、臭いと感じたことはありませんか?玄関の嫌な臭いの原因は、主に靴箱にあります。とくに靴箱は知らないうちに臭いが充満している可能性もあります。今回は、そんな靴箱の匂いの原因から靴箱の消臭方法などをご紹介させていただきたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 消臭・脱臭

消臭・脱臭のお問い合わせ・ご相談はこちら

消臭・脱臭についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!