生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然素材で快適空間に!消臭にアロマが有効な理由とは?

2017-11-17

天然素材で快適空間に!消臭にアロマが有効な理由とは?

心地いい空間において、香りやにおいは重要な役割を果たしています。
香りは人間の脳の深い部分に直接作用するので、においによって私たちは心地良さを感じたり、または不快な気分になったりします。
心地よさを感じるには「いい香り」が重要です。
快適なお部屋作りのために、アロマを使った消臭方法をご紹介します。

消臭・脱臭業者一覧ページへ

消臭にアロマを使用する理由

アロマテラピーは体や心に全体的・包括的に働く自然療法とされており、その芳香性から消臭効果はもちろん、種類によってリラックスや抗ストレス効果、集中力や高揚感を引き出したり、風邪などの予防・症状緩和といった心を含めた全身に様々な効果があります。

市販の化学系消臭スプレーや消臭剤も有効ですが、化学物質に対する過敏症やアレルギーのある人や人工香料に過敏な人もいます。

「お部屋の臭いは気になるけれど化学系のものは不安。せっかくだったら自分の好きないい香りの部屋にしたい」「体調や心の状態にあわせて効果のあるものを使いたい」そんな風に感じたら、アロマを使用してみるといいかもしれません。
                 消臭にアロマを使用する理由

消臭効果が期待できるアロマオイル

消臭効果のあるアロマオイルには以下のようなものがあります。

ラベンダー

      消臭効果が期待できるアロマオイル
深いリラックス効果
ストレス、怒り、不安に作用 
安眠作用
自律神経のバランスを調整する
鎮痛作用(頭痛、筋肉痛、胃痛、月経痛など)
フローラル系の香り(甘め)

レモングラス

      消臭効果が期待できるアロマオイル
解熱作用・鎮静作用
抗炎症作用(筋肉痛・腰痛・肩こりなど)
防虫作用
柑橘系の香り(爽やか)

ペパーミント

      消臭効果が期待できるアロマオイル
ペアミントとウォータミントの交配種
刺激効果・リフレッシュ効果
鎮痛作用(頭痛や偏頭痛、筋肉痛、生理痛など) 
消化器系にも効果がある(消化不良、便秘、胃痛、吐き気などにも有効) 
呼吸器系の症状も緩和(鼻詰まり、咳、花粉所など)
清涼感のあるスッとした香り

ティートゥリー

            消臭効果が期待できるアロマオイル
Photo by Amazon
アボリジニが傷や感染症を治す万能薬として利用
集中力・記憶力アップ
抗菌、抗ウイルス作用(呼吸器系不調、インフルエンザなどの感染症、花粉症など)
シャープで清潔感のある香り

他にもたくさんのアロマがあります。
お好みの香り、必要な効果に合わせて使用するといいでしょう。

アロマ使用時の注意点

アロマは植物からできていますが、アロマ精油はかなり凝縮されているため刺激が強くなっています。そのため、年齢や体の調子によっては使用を避けるべきものもあります。
例えば、妊娠中の方はつわりの緩和や心のリラックスにプラスの効果をもたらすものもありますが、使用を避けた方がいいものもあります。

使用期限を守ることも大切です。
一度開封したアロマは酸化し劣化します。香りが変わったように感じたら使用に注意が必要です。

また、物によっては化学物質を合成して香りが作られているものもあります。そういったものは使用方法によっては頭痛や吐き気をもたらすこともあります。

アロマ消臭剤の特徴と作り方

アロマ消臭スプレーの作り方

【用意するもの】
・無水エタノール5ml
・アロマ精油12滴
・精製水25ml
・スプレーボトル

【作り方】
① 無水エタノールを計量してボトルに入れ、アロマオイルを加えてよくふって混ぜます。
② ①に精製水を加えて再び振り混ぜます。これででき上がりです。
消臭スプレーは作成から1ヶ月ほど使用できるので、その期間内に使い切れる分量で作りましょう。

【使い方】
ゴミ箱やぬいぐるみなど、臭いを発するものに直接スプレーします。
ただし、アロマによっては衣類に色染みをつくるものもあるので、布類にスプレーする際には気をつけましょう。ペットによってはアロマを嫌うこともあるので、併せて注意が必要です。

アロマ重曹の作り方

【用意するもの】
・ビンなど、芳香剤として置けそうな容器
・重曹
・アロマ精油

【作り方】
①ビンの8割程度に重曹を入れます。
②アロマ精油を5~7滴ほど垂らします。
③よく混ぜます。
お好みに合わせてリボンや包装紙で容器をリメイクするのもおすすめです。

【使い方】
作成したアロマ重曹は床の上など低い場所に置きましょう。なぜなら臭いは空気より重く、下の方に集まってくるからです。低い場所の方が効率的に消臭できます。
重曹の消臭効果は数ヶ月持続しますが、アロマオイルの香りは一週間前後でほぼなくなります。その際は、新たにアロマオイルを足しておきましょう。
      アロマ消臭剤の特徴と作り方

消臭・脱臭業者一覧ページへ

まとめ

香りは見えないものだけれど、お部屋作りの演出には欠かせません。いやな臭い、自分に合わない臭いのする場所では気分も悪くなりますし、決して快適とは言えません。自分の好きな香りが漂うお部屋の方が気持ちよく過ごせる気がしませんか?

「アロマの使い方が分からなくて不安」「何を選べばいいのか分からない」それならば香りのプロに相談するのもいいかもしれません。正しくアロマを使用できれば、手軽にたくさんの香りを楽しめます。
様々な効果・効能のあるアロマ、自分の好きな香りをみつけて体も心もリフレッシュしてみませんか。

消臭・脱臭を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「消臭・脱臭」をご覧ください。

消臭・脱臭のおすすめ業者を見る

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
1投票,  平均評価値:5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-11-17 14:52:19
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_deodorant/12614/
家の掃除
心地いい空間において、香りやにおいは重要な役割を果たしています。 香りは人間の脳の深い部分に直接作用するので、においによって私たちは心地良さを感じたり、または不快な気分になったりします。 心地よさを感じるには「いい香り」が重要です。 快適なお部屋作りのために、アロマを使った消臭方法をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986