生活110番辞典家の掃除

家の掃除

『超簡単!』自宅で出来るブラインドクリーニング!

window-924985_1920

日常生活で活躍している物はたくさんありますが、窓に取り付けられているブラインドもその一つです。ブラインドは多くの住宅に取り付けられていますが、月日が経つことによって、ブラインドに汚れが付いてしまうことはよくあります。 ブラインドが汚れてしまうと、見た目が著しく悪くなってしまいます。しかしその汚れを簡単に落とす方法があります。今回はその方法をいくつかご説明いたしますので、是非参考にしてください。また、ブラインドクリーニングをする上で注意していただきたいこともあるので、そちらも合わせてご参考くだされば幸いです。

ブラインドが活躍する場面

sunblinds-235962_1920

ブラインドというのは窓に取り付けられた物で、スラットと呼ぶ横長の板が糸によって繋がれています。ブラインドにはチルトポール式とドラム式の2種類があり、前者は横側に取り付けられたチルトポールという棒を横に回転させるとスラットの角度を変えることが出来ますし、後者は同じく横側に取り付けられたコードを上下に動かすことでスラットを上げ下ろし、または巻き上げることが出来ます。

ブラインドの働き

ブラインドを取り付けることで、主に以下の内容があります。

●太陽の光を遮る

例えば、室内でテレビを観賞していても、太陽の光が反射することで、画面が見づらくなってしまう場合があります。しかし、ブラインドが取り付けられていることで、太陽の光が室内に侵入するのを防ぐことが出来ます。

●プライバシー保護

住宅でくつろいでいる姿を他人に見られたくはないですよね?しかし、カーテンを閉めてしまうと部屋暗くなります。 ブラインドは外側から光を取り込みながらの視界を遮ることが出来るので、中を覗き込まれる心配がなく、プライバシー保護としての効果が得られます。

ブラインドの種類

a7d85122b596b87a6a3e238c902ca2ab_s

ブラインドには色んな種類があり、室内の雰囲気に合わせてどのブラインドを取り付けるか選ぶことができます。主なデザインは下記の物になります。

ウッドブラインド

木材によって作られたブラインドです。スラット部分の厚みは35mmと50mmになり、「木製ブラインド」と呼ばれることもあります。これを取り付けることで自然な雰囲気を醸し出すことが出来ますので、特に和室との相性は抜群です。また、静電気が起きないのでホコリが付きにくく、サッとひと拭きするだけで簡単に汚れが取れます。更に、最近は防水効果に優れたウッドブラインドもあるので、水を使う場所に取り付けることも出来ます。

ベネシャンブラインド

アルミニウムで出来たスラットを巻き上げるブラインドになります。汚れが付きにくく、サビが発生しにくいという特徴があるので、キッチンやお風呂など、水を使う場所の窓に取り付けられていることが多いです。また「チタンコート」と「フッ素コート」がありますが、酸化チタンが塗装されている「チタンコート」は太陽の光で汚れを落とすことが出来ますし、「フッ素コート」は汚れが付いても簡単に落とすことが出来るという利点があります。

バーチカルブラインド

通常のブラインドは横型が多いですが、このブラインドは縦型となっているので、広い窓に取り付けることが出来ます。スッキリとしたデザインとなっているので、オフィスの窓で活用されていることが多いです。スラットの厚みは75mmと100mm、127mmがあります。

ブラインドクリーニングの方法!

cd9ffe1dcbb24c095615d9af75f8bde8_s

ブラインドは種類によってホコリが付きにくかったり、汚れが目立たない物もありますが、プラスチックで出来たブラインドの場合、放置しておくと汚れが目立ってしまうことがあります。そこで、ブラインドクリーニングの簡単な方法をご紹介するので、是非一読ください。

方法①:ストッキングを活用する

ブラインドクリーニングの際、雑巾が使われていることがありますが、スラットの間に雑巾がうまく入らない場合もあります。その場合、ストッキングを代わりに使ってみましょう。まず半分に切り分けたストッキングを水で濡らし、ブラインドを拭き取ってみてください。ストッキングは薄いので簡単にスラットの間に入りますし、汚れをからめ取ることが出来ます。

方法②:軍手を活用する

数が多いブラインドを手っ取り早くクリーニングしたい場合、軍手を活用することで時短になります。まず、薄いゴム手袋を装着した上に、水で濡らした軍手を装着します。指と指の間にスラットを挟んだ状態で拭けば、簡単に汚れを取ることが出来ます。また、汚れが酷い場合は軍手に水で薄めた洗剤を付けておけばより効果が得られます。

方法③:丸洗い

油汚れやタバコのヤニでブラインドがべた付いている場合、水で丸洗いするという方法があります。まず、ブラインドを窓から取り外し、スラットを同じ向きに揃えた状態でお風呂場の床に置きます。水で薄めた油汚れ専用の洗剤を擦りつけ、丸洗いすれば汚れを落とすことが出来ます。また、洗剤入りのスプレーをスラットに吹きかけ、スポンジで擦ってから丸洗いするという方法もあります。ちなみに、縦型のブラインドの場合、ぐるぐる巻きにしたスラットを洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えば汚れを落とすことが出来ます。

こんなところは要注意!

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

適切なブラインドクリーニングを行えば、汚れを落とすことが出来ます。しかし、ブラインドクリーニングを行う前にいくつか注意していただきたいことがあります。

素手で行わない

スラットは意外に鋭いので、扱いに注意しないとスラットで手を切ってしまうことがあります。怪我をするのを防ぐ為には、必ず手袋をはめてからクリーニングするようにしてください。

洗剤を薄めずに使わない

洗剤の中には強力な成分を含んでいる物もあるので、洗剤を薄めずにブラシで擦ると、ブラインドの塗装が剥がれてしまう場合があります。

丁寧に扱う

クリーニングをする際、あまりにも力を入れてしまうと、スラットが折れてしまったり、コードが切れてしまう場合があるので気をつけてください。

まとめ

VenetianBlindAiyaz

ブラインドクリーニングは難しくはないので、注意点さえ考慮すれば一般の方でも充分に行うことが出来ます。しかし、中には忙しさのあまり、ブラインドクリーニングに時間を割くことが出来ない方もいらっしゃるかもしれません。また、中々落とせない頑固な汚れがごびり付いてしまっている場合もあります。そんな時は、是非専門業者に依頼するという方法を取られてはいかがでしょうか?

当サイトの生活110番にある『ブラインド修理・クリーニング』をご利用することで、専門業者に依頼することが出来ます。よろしければご利用ください!

最新記事