生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうにかしたいお風呂の黒カビ。テレビでも話題!効果的なカビ対策

2018-04-03

どうにかしたいお風呂の黒カビ。テレビでも話題!効果的なカビ対策

バスルームクリーニングの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
バスルームクリーニングの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

お風呂のパッキンがいつの間にか黒くなっていたなんてことはありませんか?
特に賃貸物件にお住まいの方は換気も難しく悩まされることも多いと思います。
ここでは、そんなゴムパッキンのカビに悩まされている方に向けてカビの落とし方を紹介していきます。

お風呂のパッキン部のカビ掃除

ゴムパッキンのカビはなぜ取りにくいのでしょう?
ゴムパッキンは柔らかいので少しでも傷がつくと、水分が傷に溜まっていきます。そこにカビが増殖してしまうのです。カビはさらに奥深くまで浸透していきますので、カビ取り剤や漂白剤を塗ってこするだけでは効果がほとんどみられないのです。

ゴムパッキンのカビを退治するにはゴムパッキン専用のカビ取り剤を使いましょう。他のカビ取り剤ではカビを退治することはできますが、ゴムパッキンを痛めてしまう可能性があるのです。すると痛めた部分からまたカビを発生させてしまう悪循環に陥ってしまいます。

【1】カビ取り剤をパッキン部分に塗ります。
【2】キッチンペーパーでフタをします。
【3】ラップで密閉します。
【4】数時間放置します。

上記の工程を3回も繰り返せばだいたいのカビは取れるはずです。もしカビが取れない場合はゴムパッキン自体を交換した方がいいでしょう。

お風呂のパッキン部のカビ掃除

お風呂の天井のカビ掃除

お風呂の天井のカビ掃除はお風呂掃除の中でも特に面倒です。お風呂の掃除をこまめにしていたつもりでも、いつのまにかカビが発生していたなんてこともあります。
お風呂のカビの中で侮ってはいけないのは、天井のカビです。実は下に胞子を飛ばしているため、対策をしないでいるとお風呂の中にカビの菌が舞うことになります。カビがいろんな場所に広がってしまっては、ますますお掃除が大変になってしまいますね。そこで天井の掃除の仕方を紹介します。

天井の掃除には【塩素系のカビ取り剤】【柄のついたスポンジ】【メガネ・ゴーグル】【マスク】【ゴム手袋】を用意します。

天井を掃除する際は、カビ取り剤が雫として下に落ちてきますので、必ず身体に直接かからないように注意しながら作業をしてください。もちろん換気もしっかりするようにしましょう。

【1】換気をする

塩素系の洗剤を使うので、換気をしない状態で大量に吸い込むととても危険です。しっかり換気をするようにしましょう。

【2】お風呂の天井に洗剤を塗る

スポンジに洗剤をつけて、天井に塗っていきます。注意する点としては直接天井に向かってスプレーをするのを避けることです。洗剤を薄めたものをスプレーする方法が楽だと思われる方もいるかと思います。しかし、天井に直接散布しようとすると空気中に細かく舞ってしまうため身体中に浴びたり吸い込んでしまう危険性があります。
スプレーで散布をしなくても、洗剤を塗るとどうしても雫が落ちてくることがありますので、なるべく奥の方から塗るようにして身体に洗剤がかからないようにしましょう。

【3】放置する

カビは洗剤ですぐに死滅するわけではありません。軽いカビで5分。頑固なカビは30分ぐらい放置をしましょう。

【4】水で洗い流す

洗剤を水でしっかり落とします。きちんと落ちているか心配な方は、スポンジをしっかり水洗いして拭き取りましょう。

お風呂のパッキン部のカビ掃除

お風呂の効果的なカビ予防

お風呂のカビは一度発生すると掃除が大変になってしまうため、普段からカビを発生させない環境を作ることが大事です。

普段お風呂に入ったあとにできる簡単なカビ対策を紹介します。

・冷たいシャワーをかける
・水気を拭き取る
・換気扇を回す

これだけでもカビの発生をだいぶ抑えることができます。
お風呂はカビが好む高温多湿な環境というだけではありません。カビの栄養となる水垢・皮脂・毛髪など、カビが育つための要素が十分に揃っています。カビが好まない環境にする工夫をしましょう。お風呂を使い終わった後、冷たい水でお風呂お風呂を流します。温度を低くすることでカビの発生を抑制できるのです。さらに徹底したければ、水気をふき取ってしまいましょう。湿気を逃がすために換気を忘れないように行ってください。

また、シャンプーボトルの裏・洗面器・鏡の裏は水分が溜まりやすく、換気扇だけでは乾かない場合がありますので水気を取るなら、この部分を気にするようにしましょう。
消毒用エタノールにもカビの発生を抑える効果がありますので、スプレーでお風呂全体にまくことも効果的です。しかし、消毒用エタノールは濡れた場所には効果を発揮しないので、乾いたお風呂に使用してカビを抑えるのがいいでしょう。

お風呂の効果的なカビ予防

熱湯や片栗粉はお風呂のカビに効く?

熱湯や片栗粉をしようしてカビを抑えるという方法がテレビでも紹介されました。実際に効果はあるのか、検証を兼ねつつご紹介します。
はじめに熱湯ですが、通常のカビは40度以上になると死滅すると言われています。カビはタンパク質、炭水化物、アミノ酸、脂肪、無機塩類などでできていますが、この中のタンパク質に熱湯が有効なのです。
熱を加えるとタンパク質は固まります。ちょうど卵に熱湯をかけたときと同じようなイメージです。カビのタンパク質の部分にも熱湯が効くので、カビを死滅させることが可能です。熱湯が壁にあたると温度が下がって効果がなくなります。なので、50度以上を目安に熱湯をかけるようにしてください。お風呂上りに熱湯をかけることで、水垢や皮脂なども流すことができます。排水口にかければヌメリも取り除いでくれるので、掃除も楽になります。

続いて片栗粉ですが、片栗粉そのものにカビの抑制作用があるわけではありません。
カビと漂白剤を1:1の割合で混ぜて気になるカビ部分に塗るようにしてください。カビは最低でも5分以上は洗剤に触れていないと死滅しません。そこで片栗粉を使用します。
液体の洗剤では垂れ落ちてしまい効果が薄くなってしまいますが、片栗粉の粘着力で補うことで効果的にカビを効率的に死滅させることができます。

まとめ

お風呂はカビにとって繁殖する条件がすべて整っていますので、どうしてもカビが発生しやすくなります。一度カビが発生してしまうと掃除をするのが大変なので、予防をしっかりするようにしましょう。毎日欠かさずに掃除をするというのは大変ですが、週に一度くらいのサイクルで浴室の殺菌をするだけでも、カビの予防に大変効果的です。
カビを放置したことによりアレルギーや肺炎になったという事例もありますので注意してください。不安であれば「生活110番」「カビ防止・除去業者」が力をかしてくれるかもしれません。
カビ対策だけでなくこまめに掃除をすることで、気持ちよくお風呂に入れるようにしましょう。

バスルームクリーニングの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
バスルームクリーニングの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-04-03 17:09:20
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_bathroom/6647/
家の掃除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 バスルームクリーニング

最新記事

おすすめ記事

バスルームクリーニングのお問い合わせ・ご相談はこちら

バスルームクリーニングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986