生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡の掃除方法は「こまめ」が大切。鏡の簡単なお掃除方法

更新日:2021-04-30

鏡の掃除方法は「こまめ」が大切。鏡の簡単なお掃除方法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

毎日きれいだと気持ちいいものの一つが「鏡」ではないでしょうか。
しかし、いくらきれいにしてもすぐに汚れてしまうものでもあります。また、鏡は掃除したのに、なかなかピカピカにならないことがあります。もしかしたら鏡の掃除方法が間違っているかもしれません。
そこで今回は鏡の掃除方法について詳しくご紹介していきます。

鏡は湿気に弱い…一番いいのはこまめな拭き取り掃除!

家の中で毎日使用する場所のひとつがお風呂ではないでしょうか。
どんなときでも気持ちよく使いたい方が多いかと思います。しかし、毎日使う分、掃除の悩みが多い場所でもあります。特に浴室は湿気が多く、いくら換気をしていても湿気がなかなかなくなることは難しく、鏡は加工されていてもお風呂場のような環境は苦手なのです。
鏡には反射膜といって銀メッキ膜が使用されていることがほとんどのため空気中の水分や化学物質と反応すると酸化や腐食につながってしまいます。そのため浴室や洗面所の鏡は湿気にさらさていることが多いので注意が必要となってくるのです。

また、鏡は特に汚れが目立ち、落ちにくいのではないでしょうか。
どんなにこすっても気がつくとしっかりと水垢がのこっていることがあります。汚れは溜まってしまうと落ちにくくなります。そのため日ごろから掃除を心がけることが重要です。そのなかでも、簡単にできるのが、こまめな掃除です。例えば、お風呂を最後に使った人がしっかりと水気をふき取ってからあがったり、水切りワイパーなどを使ったり、吸水性の高いタオルを使い水気をなくしていきます。めんどくさいと思ってしまいがちですが、鏡の掃除方法のひとつとして汚れがこびりつくまえに、毎日の習慣にしてしまえば掃除も楽になるかもしれません。
      鏡は湿気に弱い…一番いいのはこまめな拭き取り掃除!

鏡の掃除に使ってはいけないもの

鏡をいくら掃除しても汚れがなかなか落ちないときがあります。そういったときはより一層汚れに強いものを使ってしまいがちです。しかし、鏡の汚れが落ちなくてもクレンザーやたわし、カッターなどを使うと鏡の表面を傷つけてしまいます。いくら汚れが落ちなくても鏡の掃除方法を間違えると鏡を傷つけてしまいます。

ほかにもカビ取り剤などを使用するときは注意が必要です。カビ取り剤が鏡の裏面に流れ込んでしまうと腐敗してしまう原因となるので、鏡を掃除するときはカビ取り剤を使用しないのがおすすめです。また、鏡の周囲を掃除するときにも注意しなければなりません。
      鏡の掃除に使ってはいけないもの

鏡を傷めずに、頑固な鏡の汚れを掃除する方法

鏡の掃除方法を間違えると鏡を傷つけてしまいます。それではどのように掃除するときれいになるのでしょうか。

アルミホイル

一番簡単にできるものとしてアルミホイルがあります。アルミホイルを水につけると化学反応をおこし金属イオンが放出し、水垢の成分と反応し除去することができます。鏡を水で濡らし、約10cmにきったアルミホイルを丸めて、やさしくこするだけで除去することができるのです。軽い汚れには効果がありますが、鏡に傷をつけてしまうおそれがあるので、試すときはすみのほうで試してからやってみることをおすすめします。

トイレクリーナー

浴室の鏡の汚れの原因は水垢であることが多いです。この水垢の原因である金属イオンはアルカリ性に分類されています。このアルカリ性を分解するには、酸性洗剤を使うときれいになります。そこで、身近な酸性洗剤がトイレクリーナーなのです。このトイレクリーナーを鏡に塗り、キッチンペーパーやサランラップを張り約3時間放置し、スポンジでこすっていきます。軽い汚れであれば簡単に落とすことができます。

クエン酸

安全で簡単に使えるものの一つがクエン酸です。取り扱い方法も簡単で、スプレータイプでも粉末でもどちらでも汚れを落とすことができます。注意しなければならないのが、塩素系の洗剤などと一緒に使用しないことです。有毒ガスを発生してしまうため、混ぜて使うことは絶対に避けなければなりません。また、汚れを落とした後はしっかりと水洗いや水拭きをしないと腐敗の原因となります。
ほかにもエコで掃除するなら、新聞紙や古布を使用するときれいになることもあります。自分の家にあるものから試してみてもいいかもしれません。
      鏡を傷めずに、頑固な鏡の汚れを掃除する方法

鏡のキレイを長持ちさせるちょっとした工夫とは

上記の鏡の掃除方法を行うとたいていの鏡はきれいになるかと思います。しかし、せっかく掃除してきれいにしたのなら、その状態を維持していきたいものです。そのためには、ついでに掃除することを心がけることをおすすめします。

例えば、部屋に鏡があるのなら床の掃除のついでに鏡も拭いてみたり、浴室に鏡があるのなら、自分の体を洗うときに一緒に掃除するのがおすすめです。また鏡に汚れがついたばかりであれば、歯磨き粉やうがい薬、クリームクレンザーなどが有効的です。水を含ませたスポンジなど、いずれかを少量ふくませ、鏡を磨いていきます。きれいになったら水分をしっかりとふきとると鏡がきれいになります。

ほかにも、車のフロントガラスに塗ると水をはじいてくれる、カー専用のフッ素コート用品を鏡に使用すると水をはじてくれるので水垢がつきにくくなります。
日々の心がけ次第で、鏡を長くきれいに使用することができるのではないでしょうか。

まとめ

鏡の掃除方法は家にあるものを使うことができ、誰でも簡単に掃除することができます。しかし、前に掃除したのがいつかわからないくらい掃除していない鏡は、汚れが溜まっていることが考えられるため、上記の掃除方法をためしても鏡がきれいにならないことがあります。
特にお風呂の鏡は汚れが溜まってしまいがちです。鏡がきれいにならないと、つい力をいれて掃除してしまい、鏡を傷つけてしまうおそれもあります。そういったことにならないように、鏡がきれいにならないときはプロに相談してみるのはいかがでしょうか。プロに相談することで、ほかの場所もきれいにしてもらえるかもしれません。

バスルームクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、は「生活110番」の「バスルームクリーニング」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の掃除 バスルームクリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!