生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂の床の黒ずみ掃除には重曹とクエン酸!汚れの原因や洗剤を紹介

投稿日:2017-12-12 更新日:2019-11-19

お風呂の床の黒ずみにはこれが有効!頑固な黒ずみの落とし方とは…

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

わたしたちの1日の疲れを癒してくれるお風呂。忙しい毎日に欠かせないもののひとつですよね。また湯船につかって本を読んだり、音楽やラジオを聴いたり……そんなお気に入りの過ごし方も人によってはあるかもしれません。

そんな快適なお風呂ですが、毎日使うものである以上汚れはどんどんたまっていきます。なかでもひときわ目につくのが「黒ずみ」。黒ずみは放置していると頑固な汚れになって、落とすのが難しくなることも。またお風呂の床や壁などいたるところに発生します。こうした黒ずみをどうにかして落とす方法はあるのでしょうか。

今回のコラムでは、そんなお風呂の床の黒ずみでお悩みのかたへ「効果的な黒ずみの除去方法」をお伝えします。また黒ずみができる原因や予防策も合わせてご紹介!ぜひ最後まで目を通してみてください。

黒ずみはさまざまな汚れが蓄積してできる

お風呂の床の黒ずみの正体は、湯垢や皮脂・油脂・石けんカスなどが混ざり合って蓄積した汚れ、もしくは「黒カビ」です。これらができる原因とこうした汚れの名称について、以下で確認していきましょう。

お風呂の床に黒ずみができる原因

水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが固まることで汚れとして蓄積し、そこに石けんカスや皮脂汚れが混ざり、カルシウムなどの成分をコーティングします。

このマグネシウムなどの金属イオンと石けんカスや皮脂汚れなどが混ざって強固になったものを「金属石けん」といいます。時間が経つ前は白っぽい汚れですが、放置するにつれだんだん黒くなっていきます。

ちなみに浴室はリビングなどに比べて湿度が高い環境であるため、カビのもととなる湯垢や皮脂汚れなどがそろうことで黒カビが発生しやすくなります。

      お風呂の床の黒ずみや汚れの正体

お風呂の床の黒ずみ・黒カビに効果的な洗剤

黒ずみ汚れは湯垢や皮脂汚れなどが混ざり合ってできた「金属石けん」であることがわかりました。では、これらをきれいさっぱり除去するにはどうすればいいのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

黒ずみ汚れに効果的な洗剤

まずは、黒ずみに効く洗剤の種類を頭に入れておきましょう。

黒ずみ汚れの場合

前章でもご紹介しましたが、お風呂の床の黒ずみ汚れは「金属石けん」というアルカリ性の汚れを指します。このようなアルカリ性の汚れを落とすためには「酸性」の洗剤が必要になります。酸性洗剤は以下の商品がおすすめです。

無水 クエン酸 950g 食品添加物 (食品) [01] NICHIGA(ニチガ)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

クエン酸は掃除に限らずあらゆる用途で使うことができる優れものです。ご家庭にひとつあると何かと便利かもしれませんね。


サンポール トイレ洗剤 尿石除去 500mL

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

サンポールは強力な酸性洗剤として有名です。トイレの尿石を落とすのに使われる洗剤ですが、お風呂の黒ずみ汚れを落とすのにも適しています。

ちなみにお風呂掃除でよく使われる家庭用洗剤のバスマジックリンはアルカリ性のため黒ずみは落とせません。洗剤を選ぶ際は、必ず「酸性」であることを確認しましょう。

黒カビ汚れに効果的な洗剤

お風呂の床の黒カビは「塩素系」の洗剤・漂白剤で落とします。塩素系洗浄剤は酸素系漂白剤と混ざると有毒ガスの発生につながるため、使い方には十分な注意が必要です。

カビキラー カビ取り剤 特大サイズ 本体 1,000g

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

短時間で強力な洗浄効果を発揮します。プールに入ったときのような独特な臭いがあります。


NICHIGA(ニチガ) 国産重曹1kg 重炭酸ナトリウム/炭酸水素ナトリウム 食品添加物

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

市販の塩素系洗浄剤のほかに、重曹とクエン酸によるエコな洗剤も黒カビ落としにおすすめです。環境にやさしく安全に使用できますが、市販品に比べると洗浄効果は劣ります。

黒ずみ汚れや黒カビ落としに効く効果的な洗剤がわかったら、つぎは落とし方の方法と手順について見ていきましょう。次章で詳しく解説します。

お風呂の床の黒ずみ・黒カビを簡単に掃除する方法

お風呂の床の黒ずみを掃除する前に、気を付けておきたいことがあります。それは、掃除の際は必ず「換気扇を使用する」ということ。浴室は狭い空間なので、湿気や洗剤の臭いがこもらないように空気の入れ替えをしておきましょう。

また洗剤に素手で触れないよう、手袋やバスシューズを装着するのも重要です。サンポールやカビキラーは強力な洗剤なので、使用の際は少なからずリスクがあります。そのことを念頭に置き、安全に掃除をおこなうことを心がけましょう。

黒ずみ汚れの場合

クエン酸を使用する

まず小さじ1杯のクエン酸を200mlの水に溶かし、クエン酸水を作ります。それを汚れ部分に直接かけます。霧吹きに入れて黒カビ部分に吹きかけるのもおすすめです。

その後クエン酸のかかった汚れ部分にティッシュを敷き、その上からラップをかけて2時間ほど放置します。このようにティッシュやラップを使ってシップ状態にすると、クエン酸が汚れの奥深くまで浸透します。

放置したあとはティッシュやラップを取り除き、汚れが取れているかどうかを確認します。まだ残っているようであればブラシで擦り洗いしましょう。最後はぬるま湯でクエン酸を流して完了です。

サンポールを使用する

まず、お風呂の床の黒ずみを覆うようにしてティッシュを敷きます。その上からサンポールをかけ、2時間ほど放置します。このとき、サンポールが浸透したティッシュが床にぴったり密着していることを確認しましょう。

放置したあとはペーパーを取り除き、汚れが取れているかどうかを確認します。完全に落ちていない場合は黒ずみ部分をブラシなどで擦り洗いしましょう。最後はぬるま湯で洗剤をしっかり流して完了です。

ちなみにサンポールは強力な酸性洗剤のため、塩素系の洗剤とまぜると有毒な塩素ガスが発生します。使用の際はくれぐれも注意してください。

黒カビ汚れの場合

カビキラーを使用する

カビキラーを黒カビ部分に吹きかけ、汚れの具合に合わせて10~30分ほど放置します。さらに黒カビ部分にティッシュやラップを敷いておくと汚れへの浸透力が高まり、より高い洗浄効果が得られるでしょう。

なおカビキラーをはじめとする塩素系の洗剤は、酸性の洗剤と混ざると塩素ガス発生のもとになります。黒ずみ取り用の洗剤・カビ取り用の洗剤は必ず別々に使うようにしてください。

重曹 + クエン酸を使用する

まず小さじ1杯のクエン酸を200mlの水に溶かしてクエン酸水を作り、それを黒カビ部分に直接かけます。霧吹きに入れて黒カビ部分に吹きかけるのもおすすめです。

その後、重曹を黒カビ部分に適量ふりかけます。クエン酸と重曹が合わさることで化学反応を起こし、シュワシュワと泡が発生します。その泡を逃がさないよう、上からラップをかけて1時間ほど放置します。

放置したあとはラップを外してブラシで擦り洗いします。最後はぬるま湯で泡をしっかり流して完了です。

洗剤を使用するときは床の材質に注意!

お風呂の床の材質にはさまざまな種類があります。樹脂の床材やカラリ床、タイルや大理石など……。材質によっては掃除の際に傷がついたり変色したりすることも考えられます。また、強力な洗剤を使用することによって床のコーティング剤がはがれたりすることも。

掃除の際は洗剤をつけたまま放置する場面がありますが、記載された放置時間をなるべく上回らないよう注意が必要です。誤って一晩洗剤につけてしまうと、変色の原因になることもあります。こういったトラブルを防ぐためにも、お風呂の床の材質は必ず確認するようにしましょう。

黒ずみの発生を抑える方法

黒ずみの掃除方法をいくつかご紹介しましたが、できることなら黒ずみ掃除をしなくても済むのがベストですよね。ここでは、そんな黒ずみの発生を抑えるための方法をご紹介します。

湿気を抑える

お風呂から出たあとは、必ず換気扇を使用して湿気対策をはかりましょう。また、最近では換気扇を24時間つけっぱなしにして浴室内の空気をつねに循環させておくことも多いです。湿気は汚れやカビの大好物なので、これを取り除くことが重要になります。

換気効率を上げる方法として、換気扇を使用する前に浴室全体を冷水シャワーで洗い流すことをおすすめします。こうすることで浴室内の温度が下がり、乾燥を促す効果が期待できます。また、このときに浴室内についた洗剤や髪の毛を残さず洗い流しておきましょう。しかし石けんなどの場合は熱湯のほうが流しやすいので、お風呂を出る際は熱湯→冷水の順に浴室内を洗い流すのがおすすめです。

カビくん煙剤を使う

こまめに掃除することも有効な黒ずみ対策のひとつですが、除菌成分を含んだ防カビくん煙剤を使用するのも有効です。カビ取り掃除の頻度や手間を減らしたいかた、カビが生えてくる前に対処したいかたにはおすすめです。

おふろの防カビくん煙剤

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

煙タイプの防カビ剤なので、浴室の隅々まで行き渡り黒カビの発生を抑える効果が期待できます。使用前は小さなお子さまやペットが煙を吸い込まないように配慮することが大切です。

黒ずみ以外のさまざまな汚れ

お風呂の汚れは黒ずみ以外にもいろいろあるので、ここで軽くご紹介しておきます。

白っぽい汚れ=水垢

白っぽい汚れは水垢で、お風呂だけでなくキッチンや洗面所でもよく目にするものです。きの水垢は水道水に含まれるマグネシウムなどの金属イオン(ミネラル)が出てきたもの。基本的にアルカリ性のため、酸性のクエン酸やお酢を使用して取り除くようにします。

茶色い汚れ=湯垢

湯垢は、水道水に含まれるマグネシウムが皮脂汚れなどと合わさることで発生する汚れのことです。水垢は白くてカピカピですが湯垢はヌメヌメしているという違いがあります。湯垢は酸性のため、アルカリ性のバスマジックリンなどで落とします。

黄ばんだ汚れ=石鹸カスや入浴剤

黄ばんだ汚れは、水垢に加え石けんカスや洗剤の泡が乾燥して黄色っぽく変色したものを指します。樹脂製のバスタブの内側に色の濃い入浴剤を入れて使い続けると、入浴剤の着色料がバスタブに移って黄ばみ汚れになることもあります。こうした汚れはアルカリ性のため、汚れ落としにはクエン酸が効果的です。

汚れの場所にもよりますが、こうした水垢や湯垢、黄ばんだ汚れは黒ずみに比べると比較的落としやすいので、お風呂の汚れがどの段階なのか判断するための目安として参考にしてみるといいでしょう。

      お風呂掃除に準備するもの

頑固な汚れを予防するには定期的な掃除が大切!

黒ずみやそのほかの汚れの発生を抑えるためにもっとも有効な手段は、お風呂掃除を習慣にすることです。毎日とはいかなくても2、3日に1回、少なくとも1週間に1回は掃除することを目標にしましょう。はじめは大変かもしれませんが、いつでもピカピカなお風呂を使用することで心身ともに満足感が得られるはずです。

お風呂を掃除するタイミング

お風呂掃除といっても、どの時間帯におこなうのがベストなのでしょうか。答えは入浴直後です。入浴直後は浴室内が温まっている状態なので、汚れがすっきりと落としやすくなります。軽い汚れであれば洗剤をつけずにスポンジでこするだけで落とせるでしょう。黒ずみやそのほかの汚れは、さきほどご紹介したようにクエン酸や洗剤などを使用して落とします。

汚れをしっかり落とせたら浴室内に冷水シャワーをかけて室温を下げ、換気扇を使用して湿気を取り除くようにしましょう。

排水口は汚れが溜まりやすい!

お風呂のなかで汚れがもっともたまりやすい場所といえば、排水口です。排水口にたまった汚れは、放置していると詰まりや強烈な臭いの原因になることがあります。さらに掃除するとなるとカバーや排水トラップを外したりとなかなか手間がかかるのが難点です。掃除をおこなう際は浴室用の中性洗剤を、ひどい汚れの場合はカビキラーなどを使用してつけおきや擦り洗いをおこないましょう。

排水口はできれば毎日チェックしたいところ。お風呂から出る前に髪の毛を取り除いたりするだけでも全然違います。またホームセンターや百均には排水口の汚れをキャッチしてくれるカバーやシートなど優秀なグッズがたくさん市販されています。そういったグッズを普段から取り入れるのもおすすめです。

まとめ

お風呂の床の黒ずみは、黒ずみ汚れと黒カビのふたつに分けることができます。黒ずみ汚れは水道水に含まれるマグネシウムと皮脂などの汚れが混ざり合ってできたもので、「金属石けん」といいます。そこに湿気や湯垢が加わることで黒カビへと発展します。それぞれ使用する洗剤や落とし方が異なるため、このふたつの違いをしっかり理解しておきましょう。

黒ずみはお風呂の床だけでなく、壁やバスタブにまで広がることもあります。そのため、一部分だけでなく浴室全体をつねにきれいに保つことが重要です。効果的な掃除方法や予防方法は数多く存在しますが、洗剤の量や浴室環境、床の材質などに考慮しておこなわないとお風呂の床に悪影響を与えてしまうこともあるため注意しましょう。

また、強力な洗剤でもあまり効果を発揮しなかった場合は、バスルームクリーニングのプロに相談してみるのもひとつの方法です。これを機に、浴室をピカピカな状態にしてみてはいかがでしょうか。

(この記事は2019年11月19日に加筆・修正しています。)

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りな
家の掃除が得意。特にエアコン掃除にはうるさく、シーズンごとに掃除をする徹底ぶり。年中、家はピカピカ。虫が苦手。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-19 12:43:21
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_bathroom/25008/
家の掃除
わたしたちの1日の疲れを癒してくれるお風呂。忙しい毎日に欠かせないもののひとつですよね。また湯船につかって本を読んだり、音楽やラジオを聴いたり……そんなお気に入りの過ごし方も人によってはあるかもしれません。そんな快適なお風呂ですが、毎日使うものである以上汚れはどんどんたまっていきます。なかでもひときわ目につくのが「黒ずみ」。黒ずみは放置していると頑固な汚れになって、落とすのが難しくなることも。またお...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 バスルームクリーニング

バスルームクリーニングのお問い合わせ・ご相談はこちら

バスルームクリーニングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!