生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコン掃除の頻度はどれくらい?自動お掃除機能についてもご紹介

2017-12-07

エアコン掃除の頻度はどれくらい?自動お掃除機能についてもご紹介

冬も本格的になり寒い夜が続きますね。そんなとき、エアコンは欠かせない暖房器具の1つなのです。しかし使っているとその分どんどんホコリが溜まってしまいます。手入れが必要なのはわかっていても、エアコン掃除の頻度はあやふやです。一体どれくらい掃除したらよいのでしょうか。
そして、今話題のエアコン自動お掃除機能は本当にお掃除が不要なのでしょうか?その点についても見ていきましょう。

エアコンを掃除するのに向いている時期

エアコンを健康的に活用するには、本格的な全体のクリーニングの必要性と、日ごろの軽い手入れの必要性があります。
本格的なクリーニングは、業者に依頼して行ってもらいます。エアコンの本格的な掃除を行うべき時期としては、本格的に使う時期の間がベストタイミングといえます。つまりは「春もしくは秋」となります。

なぜかというと、掃除している時間はもちろん、乾燥させている時間はエアコンを使うことはできないからです。このほかの時期にやるのならば、冬がギリギリといったところでしょうか。夏に行うと暑いので、掃除している間に熱中症の危険も出てくるので避けたほうが無難でしょう。

本格的なエアコンの掃除の頻度は大体2年に1回か、できることならば年1回行うことが理想です。
     エアコンを掃除するのに向いている時期

エアコン掃除をする頻度はどれくらい?

日ごろの手入れであるエアコン掃除の頻度はどれくらいなのでしょうか?
基本的には日頃行う簡単な手入れの内容として、フィルター掃除と吹き出し口、ローバーの拭き上げ掃除の必要があります。フィルターはカバーを外し、掃除機で外側から吸ってしまえばよいので、思ったよりも簡単にできてしまいます。

これらは2ヶ月に1回、よく使う時期は1ヶ月に1回行うようにしましょう。1年に1度ほどはフィルターを水洗いし、陰干しするほうがきれいな状態を保つことができます。
               エアコン掃除をする頻度はどれくらい?

自動お掃除機能が付いていれば掃除する必要はない?

最近家電量販店に行くと見かける「自動お掃除機能付きエアコン」というものを見かけますが、これは「手入れが全くいらなくなるエアコン」なのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、「手入れの手間が大幅に削減されたエアコン」と思っていただいた方が正解となります。というのも、ほとんどの自動お掃除機能がついたエアコンはフィルターを掃除するためのブラシが搭載されているだけだからです。これを手入れせず放置しておくとダストボックスに溜まったホコリがあふれ出し、精密部にホコリが侵入してしまうため故障の原因となりえます。

手間になりやすいフィルター掃除の手間を最小限にしてあるもので、ダストボックスに溜まったホコリを捨てるだけにしたエアコンなのです。そのため、本格的なエアコンの掃除の頻度は変わらず2年に1度は行った方がよいでしょう。

もう少しグレードが高い商品である自動熱交換器洗浄機能が付いたものは、カビが生えやすい熱交換器のホコリやカビを予防してくれる機能が付いたエアコンです。こちらは以前のエアコンに比べカビに強いエアコンなのですが、やはり定期的な掃除はした方がよいようです。そして、フィルターを掃除する機能は付いていないものが多いので、フィルターの掃除の頻度は変わりません。

業者にエアコン掃除を頼むメリットとは

フィルターの掃除は家庭ですぐ行うことができるのですが、本格的な掃除は自分で行うよりも業者に依頼したほうがよいでしょう。なぜかというと、個人で行うよりも徹底的に掃除を行ってくれるからです。

個人でエアコンのクリーニング作業を行うとどうしてもエアコンを傷めてしまう、もしくは壊してしまうリスクが高くなります。そのリスクを最低限にしてくれるのが業者に依頼することで解消されます。

エアコンの掃除の頻度は2年に1回程度なので、いっそのこと丸ごときれいにしてもらった方が気持ちいいですよね。
             業者にエアコン掃除を頼むメリットとは

まとめ

エアコンの掃除頻度は、本格的なクリーニング作業は2年に1回かできることならば1年に1回程度行った方がよく、フィルターなどの掃除は使わない時期は2ヶ月に1回、使用することが多くなる時期は月に1回行うことを推奨します。

そして、今話題の自動お掃除機能付エアコンは「手入れが必要でないエアコン」ではなく「手入れの手間が最低限にしてあるエアコン」ということを頭に入れておくといいでしょう。

本格的なクリーニングはリスクを避けるため業者に依頼する方が無難です。ただ、クリーニングしてもらう際の見積もり段階で工程の確認は必須ですので忘れないように聞くようにしましょう。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
2投票,  平均評価値:4
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-07 16:29:56
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_air_conditioner/24295/
家の掃除
冬も本格的になり寒い夜が続きますね。そんなとき、エアコンは欠かせない暖房器具の1つなのです。しかし使っているとその分どんどんホコリが溜まってしまいます。手入れが必要なのはわかっていても、エアコン掃除の頻度はあやふやです。一体どれくらい掃除したらよいのでしょうか。 そして、今話題のエアコン自動お掃除機能は本当にお掃除が不要なのでしょうか?その点についても見ていきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986