生活110番辞典 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンのほこりは要注意!放置をしないできれいに掃除をしよう

2017-12-07

今ではほとんどの家庭にエアコンがあります。しかし、エアコンは気づかないうちに不具合を起こしており、きちんと稼働していないこともあります。
また、エアコンはほこりが大変つきやすく、放置しがちです。そのまま放置してしまうと、エアコンの風とともにほこりが舞ってしまうこともあります。
そうならないためにも、今回はエアコンのほこりについて詳しくご紹介していきます。

エアコンからほこりが飛ぶ原因

エアコンからほこりが飛ぶ原因はさまざまです。その中でも最大の原因の一つがエアコンの汚れとなっています。エアコンを稼働させたときに黒い塊が降ってきたり、咳こんでしまったり、のどがイガイガしたりする症状が出るのであれば、エアコンの汚れが原因と考えられます。

そもそもエアコンは、風が吸い込み口、熱交換器、ファン、吹き出し口などさまざまな場所を通過します。そのため、いくらフィルターがあるからといって、内部にほこりがたまっていたりすると、そこを通過することで風とほこりが一緒に舞ってしまうのです。
        エアコンからほこりが飛ぶ原因

エアコンのほこりを放置するとどうなるの?

エアコンのほこりが気になっていても、掃除しないとほこりはどんどん溜まっていきます。エアコンは部屋の空気を取り込み、この空気を暖めたり冷やしたりしてから、再び部屋に戻していきます。空気を吸い込むときには、空気中のほこりやゴミをエアコン内部に侵入しないように取り除かないと、エアコンの不具合につながります。
そのためエアコンにはフィルターが設置してあり、不純物の侵入を防いでいるのです。

このフィルターがほこりでふさがれてしまうと、多くのデメリットが発生します。
たとえば、空気の入れ替えの効率が落ちてしまうのです。そのため、消費電力が上がり、電気代が高くなってしまいます。また、エアコンの騒音も発生してくることもあります。こうならないためにも、フィルターは定期的に掃除することをおすすめします。

また、ほこりによって健康被害が起こることもあります。エアコン内部のほこりを放置してしまうと、黒カビが発生しやすくなってしまいます。ほこりと黒カビが一緒にエアコンから飛んでくることも考えられます。そうなると、アレルギーなどの健康被害が起きやすくなるのです。

エアコンのトラブルが発生するまえに、エアコンは定期的に掃除し清潔を保つようにすることが大切なのです。
        エアコンのほこりを放置するとどうなるの?

エアコンのほこりはどこから集まっているのか

先述したとおり、エアコンは室内の空気を吸い込み、それを風として吹き出す仕組みとなっています。この吸い込む空気の中には目には見えない細かいちりやほこりなどが含まれています。そのため、エアコンを稼働するごとに、空気と一緒にちりやほこりなどを一緒に吸い込んでいるのです。

エアコンが吸い込み、中に入った細かいちりなどはフィルターによってつかまりますが、細かいものはフィルターの網目などをかいくぐってしまいます。この細かいちりやほこりが徐々に中にとどまり、時間の経過とともに汚れが集団となっていくのです。

このようにエアコンにほこりやちりなどがたまったまま稼働させると、風と一緒に汚れのかけらもふきだしてくるのです。目に見えるものだけでなく、たいへん小さくて細かい汚れも飛んできていることもあります。
そうなると、エアコンを稼働したときに、咳こんでしまったり、のどの痛みを感じたり、くしゃみがでるなどの症状が現れます。

ほこりが飛ぶようなエアコンは風の通り道となっている吹き出し口周辺が特に汚れていることが多いです。ほこりが気になるようであれば、一度エアコンを確認してみてもいいかもしれません。

エアコンからほこりが飛ぶときの掃除方法

エアコンからほこりが飛んでいるときは、まずは手軽にできる掃除から行うのはいかがでしょうか。エアコン掃除の中でもフィルター掃除は手軽にできます。基本的に掃除機のみでおこなうことができ、誰でも簡単に掃除することができます。

1.エアコンのフロントパネルをはずしていきます。
2.パネルを外してすぐ見える網状のものがフィルターです。軽くフィルター周辺の掃除機をかけておきます。
3.フィルターを外し、ほこりを掃除機で吸い取ります。
4.ほこりが取りきれない場合は、ヘッド部分を細いノズルなどに変えて掃除機をかけていきます。
5.汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤や重曹などをつかって洗うときれいになります。
6.フィルターがきれいになったら、また元に戻していきます。

ほこりが気になるようであれば、まずはフィルター掃除から始めてもいいかもしれません。また、手軽に掃除する方法としてエアコンスプレーを使う方法もあります。詳しくは過去コラム「エアコンスプレーの洗浄力は?正しい使い方とプロの意見をご紹介します」に記載してありまので、あわせてご覧ください。
          エアコンからほこりが飛ぶときの掃除方法

まとめ

エアコンからほこりが飛んできたら、内部にはびっしり汚れが溜まっていることがあります。エアコンの汚れが溜まっていると、健康被害だけでなく、エアコンの稼働率が悪くなり、電気代が余分にかかっていることも少なくありません。この汚れは、簡単に掃除することもできますが、無理に掃除すると、エアコンの故障に繋がることもあります。

エアコンは不具合が起きやすくなっています。少しでも不安があるようでしたら、一度業者に相談してみることをおすすめします。相談することで、快適にエアコンを使うことができるかもしれません。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
1投票,  平均評価値:4
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-07 16:14:49
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_air_conditioner/24289/
家の掃除
今ではほとんどの家庭にエアコンがあります。しかし、エアコンは気づかないうちに不具合を起こしており、きちんと稼働していないこともあります。 また、エアコンはほこりが大変つきやすく、放置しがちです。そのまま放置してしまうと、エアコンの風とともにほこりが舞ってしまうこともあります。 そうならないためにも、今回はエアコンのほこりについて詳しくご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986