生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンのカビ取り掃除の方法と予防法。きれいな空気で生活しよう!

投稿日:2017-12-06 更新日:2018-10-03

エアコンのカビ取り掃除の方法と予防法。きれいな空気で生活しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

久しぶりにエアコンをつけたら何だかにおう……。そんな経験はありませんか?もしかしたらそれは、エアコン内のカビが原因かもしれません。エアコンから出る空気に含まれるカビは、私たちの体に悪影響だとも言われています。

ニオイが気になったらまず、エアコンのカビ取りをしてみましょう。ニオイが気にならない方も、一度お部屋のエアコンをチェックしてみましょう。

コツをつかめば自分でかんたんにお掃除することができます。手順やコツ、エアコンにカビを生やさない方法をご紹介しますので、試してみてください。

エアコンのカビ取り手順は?全体の流れを把握しよう

ここではまず始めにカビ取りの手順を全体の流れに沿って見ていきましょう。

・エアコンのカビ取りはフィルターと本体の両方をおこなう必要があります。
・フィルターは取り外してして洗い、乾かします。
・本体部分はフィルター奥にあるフィン、吹き出し口の奥にあるファン、エアコンの風向きを変える部分のルーバーをお掃除します。
・エアコンクリーナーを使用すると、簡単にきれいにすることができます。
            エアコンのカビ取り手順は?全体の流れを把握しよう

エアコンにカビが付きやすい部分を知っておこう

カビはエアコン内部につきやすく、その原因は湿気とお部屋の空気中の埃や汚れだと言われています。エアコンはお部屋の中の空気を吸い込み、それを冷やしたり温めたりすることでお部屋の温度を調整しています。
フィルターが汚れていると、汚れた空気がエアコン内部にも入り込みカビが繁殖してしまう原因になります。

とくにカビがつきやすい部分が、エアコン内部のフィンとファンです。
フィンとは室内の熱を外部に出している部分のことで、汚れていると空気をしっかり吸い込むことができなくなってしまいます。こうして熱効率が悪くなると電気代がかさむ原因にもなります。

ファンとは送風機のことで、空気を室内に送り出している部分です。回転をすることで、エアコンで冷やされたり暖められた空気が室内に送り出されます。ここにカビが付いていると、空気と一緒にカビが室内に直接撒かれてしまうということになってしまいます。

エアコンのカビ取り掃除の手順とコツ

ではここからエアコンのカビ取り掃除の手順とコツを見ていきましょう。

カビ取り掃除の手順

・はじめにコンセントを抜きます。
エアコン内の電気で感電することもありますので、コンセントを確実に抜き注意しながら作業をするようにしてください。

・エアコンのフィルターまわりやパネルに掃除機をかけます。
これをしておくことで、ほこりやゴミがお部屋に散るのを防ぐことができます。そのあと、しっかり絞った雑巾で水拭きと乾拭きをします。

・ふたを開け、フィルターのほこりを掃除機で吸い取ります。
フィルターは内側から掃除機で吸うと目詰まりを起こすので、必ず外側からかけるようにしましょう。汚れがひどければ取り外し、シャワーで洗います。

汚れが簡単に落ちないのであれば、中性洗剤を使うのも効果的です。ブラシなどがあると、すみずみまで洗う事ができます。それでも落ちないようならば、寿命であるとも考えられるのでフィルターを新品に交換してしまってもよいかもしれません。

・洗ったフィルターを陰干しして、次に内部の掃除をします。
内部を掃除するときに、ほこりやカビが落ちてくることがあります。
大きなゴミ袋のようなものをエアコンの下に付けておくと、エアコンのカビ取り後の片づけが楽になります。

・吹き出しのルーバーの奥にあるファンはカビの付きやすい部分です、ここをブラシでこすりとります。

そしてフィンのほこりを掃除機で吸い、エアコンクリーナーを吹きつけます。フィンには電極部分があり、濡らしてしまうと故障に繋がります。確実にラップで覆ってから吹きつけましょう。
最後に吹き出し口のルーバーを濡らした雑巾で拭きとります。

・全てが乾燥し掃除が終わったら、洗ったフィルターを取り付けて完了です。
          エアコンのカビ取り掃除の手順とコツ

掃除の後には、エアコンの試運転が必要?大事な注意点

エアコンクリーナーを使用すると、内部が濡れ、湿気が残ってしまいます。
湿気が残っているとエアコンが故障したり、カビの原因になることがあるので、使用後は必ずよく乾かす必要があります。
掃除後に送風モードで2時間ほど運転させておくと、内部をしっかり乾かすことができます。
          掃除の後には、エアコンの試運転が必要?大事な注意点

まとめ

夏場は冷房を使用すると内部が結露し、カビが発生しやすくなります。内部をなるべく乾燥させることでカビ発生の防止につながります。
掃除するときだけではなく、普段から使用後に送風運転を心がけましょう。
30分から2時間ほどかけておくだけでカビを防ぐことができます。

エアコンのカビを防ぐには、フィルターをこまめに掃除することが重要です。
内部へきれいな空気を入れることを心がければ、カビは発生しにくくなります。
2週間に1度はフィルター掃除をしましょう。

もし自分で掃除をしてもニオイが取れなければ、内部にカビが残っている可能性があります。
内部の細かな部分は分解しなければ掃除することができないので業者を利用するのも方法の一つです。
2~3年に1度、エアコンのカビ取りをプロにお願いすると、きれいに保てるでしょう。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

見えない部分もキレイに!
お見積りからの追加料金なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています
エアコンクリーニング 6,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 10:14:03
https://www.seikatsu110.jp/clean/cl_air_conditioner/23985/
家の掃除
久しぶりにエアコンをつけたら何だかにおう……。そんな経験はありませんか?もしかしたらそれは、エアコン内のカビが原因かもしれません。エアコンから出る空気に含まれるカビは、私たちの体に悪影響だとも言われています。ニオイが気になったらまず、エアコンのカビ取りをしてみましょう。ニオイが気にならない方も、一度お部屋のエアコンをチェックしてみましょう。コツをつかめば自分でかんたんにお掃除することができます。手順...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の掃除 エアコンクリーニング

エアコンクリーニングのお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコンクリーニングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!