生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの黒カビを一掃する2カ所の掃除ポイント!カビ防止の方法も

更新日:2021-04-30

エアコンの黒カビを一掃する2カ所の掃除ポイント!カビ防止の方法も

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

冷え込みが厳しいこの季節はエアコンが大活躍します。しかし最近どうも嫌な臭いがする……せっかくエアコンが活躍しても悪臭がしては気になってしまいますよね。
そんな悪臭の原因は何なのでしょうか。これからその原因を調べて、嫌な臭いを取り除くための対策を取りましょう。

エアコンの嫌な臭いは本当にカビ?簡単セルフチェック法

エアコンの悪臭の原因は何なのでしょうか。エアコンは黒カビが発生しやすいのでカビが原因なことが多いですが、生活臭による悪臭の場合もありますので、臭いの原因を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【カビ臭】

・エアコンがカビ臭い、もしくは生臭い
・フィルターの掃除を長いことしていない
・エアコン内部の掃除を長いことしていない
・エアコンの中に黒いぽつぽつした物体が発生している

【生活臭】

・エアコンがヤニ臭い、もしくはすっぱい
・家族に喫煙者か汗っかきな人がいる
・フィルターにヤニによる黄ばみがある
・台所や食事をする場所にエアコンを設置している
・ペットを飼っている

悪臭は早い段階で取り除きましょう。もしカビが原因でしたら早めに除去しましょう。
          エアコンの嫌な臭いは本当にカビ?簡単セルフチェック法

エアコンに黒カビが発生しやすい理由とは

カビを放置しておくと、アレルギーや病気が引き起こされる場合がありますので早めに除去することが大切ですが、どうしてエアコンには黒カビが発生しやすいのでしょうか。その大きな理由は2つあります。

【汚れやすいため】

エアコン掃除はつい忘れがちですが、フィルター掃除などをしないとホコリが溜まってしまいます。黒カビはホコリを栄養源とするため、いったんカビが発生すると一気に繁殖してしまいます。

【結露が発生するため】

冷房や除湿機能を使うとエアコン内部に結露が発生しやすくなります。そこから湿気が大好物の黒カビが発生します。夏に冷房を使うことで内部に結露が発生し、そこから発生したカビがどんどん繁殖している可能性があります。

エアコンのカビが付きやすい2カ所の掃除方法

エアコン内部で黒カビが発生しやすい場所の掃除方法を紹介します。

【フィンの掃除方法】

フィンはエアコンのフィルターの奥にある部分で、フィルターを外せば見えます。薄い金属の板が縦に並んでおり、空気を冷やしたり温めたりしてくれるので熱交換器とも呼ばれます。温度差があるので結露が発生しやすいので、そこからカビが発生してしまうことが多いです。

フィンの掃除はスチームクリーナーを使うことが理想的ですが、なければ家庭用の高圧洗浄機でも大丈夫です。どちらかご用意ください。

掃除をする前にエアコンのコンセント抜いてください。コンセントがなければブレーカーを落としましょう。また液体が落ちてしまっても大丈夫なように、エアコンの下にビニールを敷いてください。

電装部分がむき出しになっていたら、サランラップやビニールやテープなどを使って養成しましょう。

ブラシのついた掃除機でフィンの掃除をします。エアコンは繊細なので、もし掃除機にブラシが付いていなければ掃除機を使用しないほうが無難です。

洗浄液(スチームクリーナーか高圧洗浄機)をスプレーします。フィンの向きに沿ってしっかりと吹きかけましょう。

【ファンの掃除方法】

吹き出し口からエアコンの中をのぞくと見えます。吹き出し口のところに見えているルーバーと呼ばれるもの(風向きを変えてくれるもの)のさらに奥にあるものがファンです。横長な筒のかたちをしていて羽が付いており、回転をすることで風を起こしてくれます。この部分にカビが発生すると一緒にカビの臭いも送風されてしまいます。
掃除のときにはファン専用の洗浄機を使ってください。

ゴミ袋などを切り開いてエアコンの後ろ側を養成してください。エアコンの下にも液が落ちるかもしれないのでエアコン下も養成しましょう。

ファン掃除をすると、使用する洗浄液が腕を伝ってしまうため、腕が汚れないように両手首を保護します。いらないタオルなどを手首のあたりで輪ゴムで留めるなどして保護しましょう。

ファンの部分に向かって洗浄液を吹きかけてください。歯ブラシを使って回転させることで全面的にスプレーすることができますので一周するまで吹きかけましょう。

今度は歯ブラシや綿棒などを使って、カビやホコリや汚れを落とします。終わったら、洗浄液を使って汚れを洗い流します。最後にボロ布で拭いてから乾燥させましょう。

作業がすべて完了したら、養成を外して電源を入れ、エアコンを2時間ほど送風にしてあげておしまいです。今度はカビの臭いも一緒に送風されてくることがないはずです。

フィンやファンの掃除をすることでカビを除去させることが可能になりますが、なかなか大がかりな作業となります。もし不安でしたら迷わず業者に依頼をしましょう。
          エアコンのカビが付きやすい2カ所の掃除方法

エアコンのカビを本当にキレイにするには?防止する方法も紹介

【フィルター掃除をする】

定期的にフィルターの掃除をすることが大切です。2週間に1度は掃除機を使ってホコリを吸い取る掃除をして、月に1度はフィルターを水で洗い流す作業をすることが理想的です。フィルターを水で洗い流したあとは、しっかり乾燥させてからエアコンに設置してください。

【送風運転をする】

エアコンを使用したら送風機能を使いましょう。20~30分ほど送風運転をすることで内部の結露を蒸発させることができます。定期的に結露の蒸発をさせたい場合はタイマー機能を使うことで効率的になります。
もしご家庭のエアコンに送風機能がなければ、暖房運転で代用してください。寒いこの時期に暖房は大活躍しますが、カビ対策にも大活躍してくれるはずです。

【内部の掃除】

エアコンの内部を定期的に掃除することが大切です。エアコン掃除のあとにカビ防止スプレーを利用するのも効果的ですが、有害物質がふくまれているものもあるため、事前に成分を確認しておきましょう。
ただ自分でエアコン内部の掃除をすることは大変ですし、便利な機能が搭載されたエアコンですとより複雑な構造となっており、繊細な機器も使われているため、業者に依頼をすることで確実にエアコン内部の掃除ができます。
            エアコンのカビを本当にキレイにするには?防止する方法も紹介

まとめ

エアコン内部には黒カビがいつの間にか発生してしまいます。目に見えない場所でカビが繁殖し続けることは想像するだけで恐怖です。そうならないためにも定期的にフィルターのお手入れやエアコンクリーニングを行うことが大切です。エアコン掃除の依頼をお考えでしたら、当サイトで業者を探してみてはいかがでしょうか。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

見えない部分もキレイに!
お見積りからの追加料金なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています
エアコンクリーニング 14,300円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の掃除 エアコンクリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!