生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンのカビを除去して空気をキレイに!奥まで掃除をして快適に

更新日:2021-04-30

エアコンのカビを除去して空気をキレイに!奥まで掃除をして快適に

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

部屋の中のカビ発生を防止するため、エアコンによって温度管理をおこなっている家庭も多いでしょう。しかしエアコン内部もまた、カビが発生しやすい環境なのです。そのためエアコン内部を適正な状況に保つことができなければ、カビ防止に動かしているはずのエアコンにカビが発生して新たな被害を生み出してしまいかねません。

ではなぜ、エアコンにはカビが発生しやすいのでしょうか。またエアコンのカビは除去にどんな手順が必要なのでしょうか。今回はそんなエアコンのカビと除去について見ていきます。

エアコンはカビを発生させやすい環境が揃っています

エアコンはその仕組み上、内部や周辺にカビが発生しやすい環境が整っているといえます。まずはエアコンの仕組みとカビの発生の関係を見ていきましょう。

エアコン内部は湿っぽい

エアコンの基本は熱輸送であり、冷房時は部屋の中の熱を外へ運び出す役割をし、逆に暖房時は外の熱を部屋の中へ取り込む役割をしています。その根幹となるのがエアコン本体、室外機両方にある熱交換器です。

ただ熱輸送するということは、その管周辺の空気に対しても少なからず影響を与えるということでもあります。とくに冷房時は暖かい空気を冷やすため結露しやすくなります。

この結露しやすい特徴がエアコンの除湿機能にも生かされているのですが、逆にいえばエアコン内部は水分が多いということです。カビは乾燥した場所を嫌うため、湿気が多いエアコン内部はカビにとって繁殖しやすい空間といえるでしょう。

エアコン内部は汚れがたまる

エアコンは部屋の中の空気を取り込んだ後温度を調節し、再び室内へと出すことで室温を調整します。そのため空気中に舞うほこりも吸い込み、汚れとしてためていくのです。

エアコンの奥にほこりが入り込むと故障の原因となるためエアコンにはフィルターが取り付けられているのですが、逆にいえばカビの栄養源がそこに集中するということでもあります。そのためフィルターの掃除を怠るとほこりがカビの栄養源となって、その周辺にカビが発生するようになるのです。

こうしたカビの発生しやすい状況がエアコン内部には整っています。そのためエアコン内部のカビ除去が必要になることを頭の中に置いておく必要があるでしょう。
          エアコンはカビを発生させやすい環境が揃っています

エアコンのカビによる健康被害とは?

さて、エアコン内部にカビ発生、除去しないまま使用するとどのような健康被害が考えられるでしょうか。

エアコンからカビの胞子が部屋中に!

エアコンに発生したカビは送風に載せ部屋中に胞子をばらまきます。それが新たなカビにもつながり、胞子でアレルギー反応を起こす場合もあります。代表的な例が「夏型過敏性肺炎」です。

新たなカビが発生すればその分胞子の量も増え、アレルギー反応を起こす可能性も高くなります。またエアコンが放出した胞子を取り込めば、さらにカビが増殖していきます。この繰り返しで部屋全体がカビの発生源へ変わってしまいます。

「夏型過敏性肺炎」とは

夏型過敏性肺炎とは、6月頃から10月頃にかけて発症しやすいアレルギー反応による肺炎のことを指します。この過敏性肺炎はちりやほこりなどが原因となるのですが、カビについてもその原因となります。

風邪に似た症状のため夏風邪と勘違いするケースも多いようです。そのためカビが原因であると気づかず、放置してしまう場合も多いといいます。

このほかアレルギー性鼻炎などの反応の原因の一部としてもカビの胞子が挙げられます。エアコンに発生した胞子はその送風で部屋中へと拡散されるため、こまめなフィルター掃除などでカビ発生を防ぐこと、発生したエアコンのカビは除去することが1つの対策といえるでしょう。
        エアコンのカビによる健康被害とは?

エアコンのカビを除去するための準備とは

では発生してしまったカビを除去するためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

必要な道具

・エアコンクリーナー
スプレータイプの中性洗剤です。

・ドライバー
カバーを外す際に必要となります。

・歯ブラシ
使い古しのもので構いません。

・掃除機
ほこりを取るために使用します。

・軍手、ゴーグル、マスク
手や顔を保護し、カビやほこりが目や口に入らないように使用します。

・ぞうきん
掃除用に複数枚用意してください。

・ラップ
水や洗剤から電極部分を保護するために利用します。

エアコンのカビ除去作業は胞子が目や口に入ってアレルギー反応を悪化させる場合もあるため、必ずカビからの防護体制を整えて実行する必要があるでしょう。
          エアコンのカビを除去するための準備とは

エアコンのカビを除去する手順と注意点

では、エアコンのカビ除去に関する手順について見ていきましょう。

手順1)コンセントを抜いて、保護具を着用する

安全のためにエアコンの電源を落とし、コンセントを抜きます。またゴーグル・マスク・軍手などを着用し、体を保護しましょう。

手順2)フィルターの掃除

エアフィルターを外しますが、その部分には多くのほこりがたまっています。そのため前面パネルを開いた後フィルターを外す前に一度、エアコンに付けたまま掃除機でほこりを吸い取ってください。ある程度吸い込んだ後にフィルターを外し、ふたたび掃除機をかけた後エアコンクリーナーを使用して汚れを落としましょう。

汚れを落とした後は水洗いし、自然乾燥させておきます。

手順3)カバーを取り外す

カバーはねじで固定されているため、このねじを外してカバーを取り外します。このねじの場所はエアコンの機種によって異なるため、探すのに苦労する場合もあるかもしれません。

手順4)電極部を保護

カビ除去を行うフィンは空気との熱交換をする部分であり、エアコンの心臓部です。フィンの横には電極部分が付いており、その部分へクリーナーや水が付着するのを防ぐためにラップを使用し保護しておきます。

手順5)フィンの掃除

まずは掃除機でほこりを吸った後、エアコンクリーナーをスプレーします。クリーナー1本分を使い切るつもりで全体に吹きかけましょう。

吹きかけた後の汚れを含んだ水は結露した水を排出するドレンを通じ室外へと流れていきます。

手順6)自然乾燥した後、組み立てる

フィン部分・フィルターとも自然乾燥させた後、フィルターやカバーを取り付けていきます。この際水分が残るとカビ発生につながりやすくなるため、必ず乾燥させるようにしてください。

手順7)送風運転で乾かす

コンセントを入れて1時間ほど放置した後、送風運転でエアコン内部の湿気を飛ばしましょう。冷房運転や暖房運転、それに除湿やドライ機能も内部で結露しますので、フィンの熱交換機能を使用しない送風とするのがポイントです。
            エアコンのカビを除去する手順と注意点

エアコンのカビを奥まできれいにするのは難しい?

エアコンの内部は湿気がこもりやすく、フィンやフィルター、送風部など比較的掃除しやすい場所以外にカビが発生することも多くあります。こうしたところへのカビの発生に対し、自力での除去は困難です。無理におこなおうとすると故障や部品破損、さらなるカビの発生にもつながりかねません。また感電やけがなどの危険性も高くなります。

こうしたエアコン奥のカビ除去はエアコンの構造に関する専門知識を持った業者に依頼し、確実、安全にカビを除去してもらうことが大切になってくるでしょう。

まとめ

エアコンは部屋の温度を保ち、さらに室内の水蒸気を集め空気を乾燥させることでカビの発生と増殖を抑えることができます。しかし一方で、エアコンもまたカビ発生のリスクが高いことを忘れてはいけません。フィルターや吹き出し部、フィン部分のカビであればまだ自力での除去は可能ですが、その奥となると作業は困難です。そのためカビ発生を防ぐ工夫をするとともに、発生した場合は状況に応じて業者への依頼も必要になってくるでしょう。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

見えない部分もキレイに!
お見積りからの追加料金なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています
エアコンクリーニング 14,300円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の掃除 エアコンクリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!