生活110番ニュース 家の掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたつのエアコン除湿をうまく使い分けて電気代を抑えよう!

更新日:2021-04-30

ふたつのエアコン除湿をうまく使い分けて電気代を抑えよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

エアコンに除湿機能が付いているのはご存知ですか?ご存知の方は多いと思います。しかし、付いているのは知っていても、エアコン除湿を使用していない方や、エアコン除湿を正しく使用できていない方も多いと思われます。

ここではエアコン除湿について、冷房との違い、エアコン除湿の種類、電気代などについて詳しくご紹介していきます。

エアコン除湿って冷房とは違うの?という疑問を解決

梅雨の時期、エアコン除湿とエアコン冷房どちらも涼しくなるという印象があります。その違いとは何なのでしょうか?その機能の違いは、以下のようになっています。

・エアコン除湿:「部屋の空気の湿度を下げる」ことを最優先した機能のこと
・エアコン冷房:「部屋の室温を下げる」ことを最優先した機能のこと

このように、エアコン除湿は「湿度」を下げる、エアコン冷房は「温度」を下げるという目的で動きます。それぞれ設定した数値になるまで動き続けます。

人は同じ温度でも湿度が高いと暑く感じ、湿度が低いと寒く感じます。そのため、梅雨などの湿度が高く、温度もそれなりに高い時期はエアコン除湿をすることによって快適に過ごすことができます。反対に、湿度が高くなければエアコン除湿を使用する意味はありません。
          エアコン除湿って冷房とは違うの?という疑問を解決

再熱除湿ならエアコン除湿でも寒くなりません!

エアコン除湿には2つの除湿方法があります。「弱冷房除湿」と「再燃除湿」です。まずは、それぞれの特徴をご紹介していきます。

弱冷房除湿:弱い冷房をかけて部屋の温度を下げつつ、設定された数値まで湿度を下げる
再燃除湿:部屋の中の温度を下げることなく、湿度を設定された数値まで下げる

詳しく仕組みを見ていきます。
弱冷房除湿も再燃除湿も、部屋の空気を取り込んで冷やすという動きをします。しかし、冷やした空気を部屋へ戻す際の方法がそれぞれ違います。
弱冷房除湿は冷やした空気をそのまま部屋に戻します。それに対して再燃除湿は、冷やした空気を暖めてから放出します。

弱冷房除湿と再燃除湿にはこのような違いがあります。それぞれ状況にあわせて使い分けるといいでしょう。例えば、梅雨の時期日中は気温が高く夜は気温が低く肌寒くなることがあります。そのため日中は弱冷房除湿、夜は再燃除湿といように使い分けると効果的です。
          再熱除湿ならエアコン除湿でも寒くなりません!

でも電気代を抑えたい…そんなときのエアコン除湿の使い方

エアコン除湿はエアコン冷房を使用した場合と比べて、電気代が高くなるとよくいわれています。実は、半分正解で半分不正解となっています。エアコン除湿がエアコン冷房より電気代が高くなるのは、再燃除湿の機能を使用した場合のみです。

再燃除湿は、先ほどご説明したように冷やした空気を暖めてから放出します。エアコン冷房と弱冷房除湿は冷やした空気をそのまま放出するだけです。そのため暖めるという動きをする分だけ電気代が高くなります。

それに対して弱冷房除湿は、エアコン冷房より電気代が安くなります。弱冷房除湿はエアコンに比べて、こまめにスイッチが切れたり付いたりします。エアコン冷房より動く時間が短くなるので、電気代が安くなるという仕組みです。

これらの違いを理解して、状況に応じて使用する機能を使い分けることで電気代も抑えることができます。

フィルターと室外機のお掃除が電気代の節約にも大切です

エアコンの電気代を抑えたいのであれば、エアコンのフィルターと室外機の掃除をこまめにすることも有効な方法のひとつです。エアコンのフィルターや室外機が汚れていると、エアコン除湿やエアコン冷房を使用した際に、空気をうまく吸い込むことができないといったことが起こります。そのためエアコンに負担がかかり、電気代が高くなってしまいます。

そうならないようにエアコンのフィルターと室外機器を定期的に掃除しましょう。それぞれの掃除方法は以下のようになっています。

エアコンのフィルター掃除の方法

・コンセントを抜く
・エアコンの外側を拭く
・エアコンのフィルターを丁寧に外していく
・掃除機でフィルターの汚れを取る
・フィルターを取り付ける

エアコンのフィルターの掃除は2週間に1回くらいするといいです。月に1回は、フィルターを水洗いするといいでしょう。水洗いした場合は、よく乾かしてください。

エアコン室外機の掃除方法

・室外機の周りのごみなどを取り除く
・室外機の中に入っているごみなどを掃除機などで取り除く
・室外機の裏側に付いているごみなどを取り除く
・水抜き穴やドレンホースにゴミなどが詰まっていたら取り除く

室外機の掃除は年に1・2回くらいで大丈夫です。室外機の中のゴミは無理に取らないでください。故障の原因になることがあります。
            フィルターと室外機のお掃除が電気代の節約にも大切です

まとめ

エアコン除湿はエアコン冷房と違い、湿度を設定された数値まで下げることを目的としています。エアコン除湿には弱冷房除湿と再熱除湿の2種類があります。電気代を抑えてエアコン除湿を使用したいのなら、2つの除湿をうまく使い分けて使用するようにしましょう。

エアコンの電気代はエアコンのフィルターや室外機を掃除することでも節約することができます。室外機の内部の掃除は無理に行うと故障の原因にもなります。どうしても気になるようなら、業者にクリーニングを依頼するようにしましょう。

エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコンクリーニング」をご覧ください。

見えない部分もキレイに!
お見積りからの追加料金なし
※対応エリアや加盟店によって変わります
自分で行うエアコン掃除には限界があります。ホコリやカビは見えている箇所だけではなく、奥深くにも…。エアコンクリーニングはプロに任せましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
エアコン修理、取り付け・外し、メンテナンスにも対応しています
エアコンクリーニング 14,300円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の掃除 エアコンクリーニング

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!