電気工事

蛍光灯の交換をしようとしていたら、妻にブレーカーを落としてからしなさいと言われました。このくらいで感電なんかしないと思いつつもブレーカーを落としてから作業しましたが、実際感電なんてそう簡単にはしないですよね?あと、ブレーカーって切ってしまえば絶対感電しないのですか?教えてください。

質問投稿日:2016/08/15

加盟店スタッフの回答

  • スタッフ画像

    たとえ蛍光灯の交換といえども、ブレーカーを落としてから作業する事をお勧めします。電気は目に見えない分、細心の注意を払う必要があるからです。実際の例で言いますと、照明器具が漏電していて、器具を触ったとたん、感電してしまった方もいらっしゃいます。一般家庭で使用している電気の電圧は100Vですので、感電しても大けがにつながる危険性は低いですが、やはりブレーカーは落とすべきです。ブレーカーを落としてしまえば、感電する事はありません。

    役に立った45

    回答日:2016/08/16

  • スタッフ画像

    通常はブレーカーを切れば問題ありませんが、不安であればテスターなどで計測してから交換されることをお勧めします。蛍光灯も電気を扱う製品に変わりはありませんので、感電の可能性がないというわけではありません。

    役に立った29

    回答日:2016/08/18

  • スタッフ画像

    蛍光灯の交換でも感電する危険性はあります。奥様のおっしゃるとおり、ブレーカーを遮断すれば感電しません。念のためですので、今後も、ブレーカーを遮断してから交換作業を行うようにしましょう。

    役に立った22

    回答日:2016/08/16

電気工事のおすすめ業者

生活110番おすすめサービス

電気工事:
3000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応いたします

初めて電気工事をご依頼される方にも分かりやすく丁寧な説明を致します。法人様、個人様問わず対応できますので、いつでもご連絡ください。 続きを読む

プロにサービスを依頼したいときは...

お近くの【電気工事】のサービスを探す

関連する相談

エリアから探す

人気の
カテゴリ

0120-949-986