生活110番辞典 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て期間はとくに注意!ゴミや畑、威嚇へのカラス対策について

2018-05-17

子育て期間はとくに注意!ゴミや畑、威嚇へのカラス対策について

カラスの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

多くの方はカラスのゴミ被害や畑被害に悩んだことがあるのではないのでしょうか。絶えることのないカラス被害を防ぐためにはどのようなカラス対策をすればいいのか気になるところですよね。

また、カラスに近くで鳴かれたり、頭上を飛び回られたりなど、威嚇されることがありますが、なぜカラスが威嚇をするのかを知っておいたうえで、カラス被害を受けないような対策をとりましょう。

本コラムではカラス対策や威嚇する原因などを詳しくご紹介いたしますので、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ハト駆除のおすすめサービス

カラス対策に気を付ける時期

カラス対策をするうえで、対策するのに気を付けなければいけない時期があります。その時期はカラスの子育て期間です。

カラスは3月~7月ごろが子育て期間で、ヒナが巣立つまでの準備もこれに含まれています。

3月~4月ごろは子育てのために巣を作り始め、4月~5月ごろに産卵します。生まれてきたヒナを5月から6月ごろに育て、6月~7月ごろにヒナが巣立ちます。

カラスは子育て期間、ヒナにエサを与えるためゴミや畑をあさることが増えます。つまり、今でさえ絶えないゴミ被害や畑の被害がさらに増えるということです。しかも子育て期間のカラスは人間に攻撃的になり、「木の枝を落とす」などの威嚇や攻撃をしてくるおそれもありますので、この時期は気を付けなければいけません。

ではカラス対策にはどのような方法があるのかをみていきましょう。

カラス対策に気を付ける時期

ゴミのカラス対策

ゴミ被害を防ぐにはどのようなカラス対策をすればいいのでしょうか。

もともとカラスは山や森の果実などをエサとしていて、果実に多い色である赤やオレンジなどをエサだと認識しています。視覚を頼りに行動し、カラスは視力がとてもよいため、ゴミ被害を防ぐにはゴミの存在を隠す必要があるでしょう。つまりどういうことかというと、狙われやすいゴミは新聞紙で包んでカラスにエサだと認識されないようにするということです。この方法はかなり効果が高いのでおすすめです。

新聞紙で包む方法以外にも、もう1つ方法があります。それはカラスがゴミに手を出すことができないように物理的に守る方法です。
洗濯カゴやボックス型ネットなどを使用するとゴミを物理的に守ることができ、カラスが手を出すことができなくなります。

カラスはゴミのほかにも畑の被害も絶えませんよね。そこで次の章では畑被害の対策についてご紹介いたします。

ゴミのカラス対策

畑のカラス対策

畑被害を防ぐためには、どのようなカラス対策をすればいいのでしょうか。

雑食性のカラスはなんでも食べるといわれていますが、実はそうではなく、大好物な作物とそうでもない作物があり被害の差があるともいわれています。

カラスはトマトやトウモロコシ、リンゴやブドウなどの野菜や果物が大好物で被害にあいやすくなります。一方でキャベツや大根などの固くて消化の悪い野菜はあまり被害にあわないということがあるようです。

しかしあまり被害にあわないだけで、絶対に食べられないというわけではないので、カラス対策はしっかりするのがいいでしょう。畑のカラス対策には、おどす方法とネットを使う方法があります。

おどす方法

警戒心の強いカラスは危険そうなものがあるとすぐに警戒するため、おどす方法は効果的です。CDなどのディスクやマネキンなどがよいでしょう。
しかしこれらは、頭のいいカラスには慣れられてしまう可能性があります。そのためマネキンの態勢を変えたり音がするものを加えたりと工夫することで、カラスが別のものだと思って慣れる可能性も低くなるでしょう。

ネットを使う方法

特に効果があるといわれているのが、防鳥ネットを使う方法です。ゴミ被害の対策同様、防鳥ネットでカラスが物理的に侵入できない状態にすることができます。
また、テグスを使うのも効果が高いでしょう。テグスは主に釣りで使われている糸ですが、カラスは羽になにかが触れるのを嫌がるので畑に張れば侵入することを阻止できます。

こういった対策をしたとしても、カラスが子育て期間だった場合は私たちに威嚇してくるおそれがあります。私たちがカラスに威嚇されないようにするにはどうしたらいいのか、次の章でみていきましょう。

畑のカラス対策

カラスの威嚇対策

カラスの巣から半径100メートル以内に入ってしまうと威嚇される傾向があります。
カラスが威嚇したときは「頭の上を飛び回る」「木の枝などを落とす」「鳴き声を近くで出す」というような行動をします。

こういったカラスの威嚇対策をするには、カラスの巣に近寄らないことが大切です。近寄らなければならないような場所に巣をつくられてしまった場合は、カラスは記憶力がよいのでメガネをかけるなどの変装をしましょう。

変装をしても気付かれてしまい、威嚇や攻撃をされてしまったら、ケガをする前に早めにハト駆除のプロに依頼することをおすすめします。

ハト駆除のおすすめサービス

まとめ

カラスには子育て期間があり、この時期は攻撃的になっているため注意する必要があります。

ゴミの被害にあわないためには新聞紙でゴミを包んだり、物理的にゴミを守ることでカラス対策ができます。畑の被害を防ぐのも防鳥ネットやテグスで物理的に畑を守ることで侵入することを阻止でき作物に被害を与えません。

こういったカラス対策をしても万が一、被害にあわれたときにはハト駆除のプロに早めに相談をして駆除の依頼をすることをおすすめします。豊富な知識を持つカラス駆除のプロがスムーズにカラスの駆除をし、ゴミや畑の被害をなくしてカラスに悩む日々がなくなるでしょう。

ハト駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハト駆除」をご覧ください。

ハト駆除のおすすめ業者を見る

カラスの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-05-17 10:15:57
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_pigeon/68109/
害獣駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ハト駆除

おすすめ記事

ハト駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハト駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

ハト駆除オリジナルサービス

0120-949-986