生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

投稿日:2020-02-11 更新日:2020-03-16

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ねずみ退治を屋根裏でおこなうに際は、食料を取られないようにする、家中の侵入口を塞ぐ、罠を仕掛けるといったことが有効です。このとき、罠や駆除グッズは、適切に選ばないと効果を発揮しないことがあります。

ここでは、ねずみ退治の方法や駆除グッズをご紹介します。また、ほかにも屋根裏にねずみを放置してはいけない理由や、自分での駆除が難しいときの対処法もご説明します。屋根裏のねずみにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

屋根裏にいるねずみの退治方法

まずは、屋根裏にいるねずみの退治方法を見ていきましょう。もし誤った方法で退治をおこなうと、効果がなかったりねずみ被害が再発してしまったりするかもしれません。以下の内容を読んで、ねずみ退治を正しくおこないましょう。

家中の食料は全てねずみに取られないようにする

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

ねずみは食料があるところに発生します。そのため、家の中にある食料をねずみの見えない場所にしまっておきましょう。さらに、棚の中に入れている場合でも、念のためタッパーなどを使って密閉させておいてください。

そうすることで、ねずみに食料をかじられたり取られたりすることを防ぐことができます。ねずみは食料が取れない場所だとわかると、家の中から出ていく可能性が高いのです。

全ての侵入口を塞ぐ

新たに外からねずみが侵入してこないよう、侵入口を塞いでおくことも大切です。このとき、屋根裏にねずみが発生しているからといって、屋根裏だけを塞ぐのではなく、床下など家中のすべての侵入口を塞いでください。屋根裏の侵入を抑えても、ほかの場所に巣を作るおそれがあるのです。

ねずみの侵入口は、ねずみの糞や足跡などの”ラットサイン”から見つけます。ただし、ラットサインはわかりにくいことも多く、素人には見つけるのが難しいものです。ねずみ駆除に詳しいプロに相談すれば、早く発見することができるでしょう。

屋根裏に罠を設置する

罠を設置することも、屋根裏のねずみ退治には有効です。ただし、罠を仕掛けてもすぐにねずみを捕まえられるとは限りません。ねずみは警戒心が強いため、罠に近づかないことがあるからです。

罠を設置した後は、1日1回は罠にかかっているかを確認し、効果が現れているかを確認してください。もし、数日のあいだ様子を見ても罠にねずみが近づいた形跡がないようなら、罠を移動させるなどの工夫をして警戒心を解く必要があります。

以下では、ねずみを退治する罠についてその種類をご紹介していきます。まずは、その中でも”粘着シート”について見ていきましょう。

屋根裏にいるねずみ退治に使える「粘着シート」

ねずみ退治を屋根裏でおこなうには、”粘着シート”を使うのも手段のひとつです。粘着シートとは、粘着力によってねずみを捕まえるシートのことです。ここでは、粘着シートのメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

粘着シートのメリット

粘着シートのメリットは、手軽に取り入れられることです。粘着シートは1枚数百円で手に入れることができます。また、設置方法もねずみの通り道に置くだけとシンプルなのです。

さらに、粘着シートはノミやダニも捕まえることができます。ねずみの体には、感染症を引き起こすノミやダニが付着していています。粘着シートなら、ノミやダニをねずみと一緒に駆除できるため、感染症にかかるリスクを抑えることができるのです。

粘着シートのデメリット

粘着シートでねずみを捕まえた場合は、死体を処理しなければなりません。ねずみが苦手な方は、精神的な負担が大きいでしょう。また、1枚設置しただけでは捕獲できないことも多く、確実に捕獲するためには複数枚設置する必要があります。

さらに、粘着シートは、ねずみの通り道に設置しなければなりません。ねずみが通る場所に設置しないと、捕まえることができないのです。ねずみの通り道を見つけるには、糞や足跡などの小さなサインを見つけなければならないため、素人には難しいこともあるでしょう。

粘着シートの効果的な使い方

先述のとおり、粘着シートはねずみの通り道に設置します。通り道がわからない方は、殺鼠剤(さっそざい)という毒エサを粘着シートの近くに置いておくと、捕獲率が上がるようです。
ねずみは警戒心が強いため、殺鼠剤だけではなく無毒の餌も混ぜておくと駆除できる確率が上がるでしょう。ちなみに、1週間程度でねずみは警戒心が薄れて捕まりやすくなるといわれています。もし、1週間経ってもねずみが手をつけない場合は、粘着シートや殺鼠剤の場所を少しずつ変更して様子を見てください。

屋根裏にいるねずみ退治に使える「燻煙剤」

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

ねずみ退治を屋根裏でおこなうには、燻煙剤(くんえんざい)も効果的です。燻煙剤とは、煙を発生させ、そのニオイによってねずみを追い出す方法です。ここからは燻煙剤を使ったねずみ退治の方法を見ていきましょう。

燻煙剤のメリット

燻煙剤のメリットは、隅々まで駆除ができることです。ねずみの場所がわからない場合や、ねずみが複数いる場合でも一度に追い出すことが可能です。

また、燻煙剤自体はコンパクトで、屋根裏に置くだけと使用方法もいたって簡単です。さらに、燻煙剤は追い出すことを目的としているので、粘着シートのようにねずみを直接見ることは少ないでしょう。ねずみが苦手な方でも安心しておこなえる退治方法といえます。

燻煙剤のデメリット

燻煙剤は、人間にとっても刺激の強いニオイなため、気分が悪くなる方もいらっしゃるかもしれません。ネズミによっては、一度の使用では効果が出にくく、退治できないことがあります。さらに、何度も使用していると、ねずみがそのニオイに慣れてしまって効果がなくなってしまうこともあるようです。

また、燻煙剤の効き目を高めるためには煙が漏れないように密閉しておく必要があり、2時間ほどは換気できません。煙が発生するものなので、火災報知器が作動しないようにカバーをかぶせるなど養生にも配慮しなければならず、準備に手間がかかるでしょう。

屋根裏にいるねずみの駆除でおすすめしないもの

ねずみ駆除グッズの中には、ただ使用しただけでは効果が薄いものもあります。ここからは、屋根裏にいるねずみ駆除でおすすめできないものをご紹介します。ねずみ退治を屋根裏でしたい方は、駆除グッズ選びの参考にしてみてください。

殺鼠剤

殺鼠剤とは、ねずみに食べさせて駆除する薬剤のことです。ねずみは警戒心が高いため、ただ設置しただけでは近づかない可能性が高く、駆除には時間がかかります。殺鼠剤を食べさせるために、まず無毒の餌を置いて餌場であると覚えさせ、徐々に殺鼠剤を混ぜていかなければなりません。

また殺鼠剤で駆除した後は、悪臭やノミ・ダニによる二次被害を防ぐためにも、死体を処理する必要があります。屋根裏で死体をすべて探すとなると大変なため、先述したように、殺鼠剤を使用するならば近くに粘着シートを設置して捕獲しておくことがポイントです。

忌避剤

忌避剤とは、ねずみを寄せつけないための薬剤のことです。ゲル状のものやスプレータイプのものがあります。燻煙剤とは異なり、ピンポイントでその効果を発揮します。そのため、存在に気づかれるとねずみがほかの場所に移動してしまい、効果がなかなか現れないといったこともあるようです。また、忌避剤はニオイがきつく、屋根裏に残ってしまうこともあるという点からもあまりおすすめできません。

超音波

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

超音波は、ねずみの嫌う音を利用して追い出すアイテムで、ニオイを出さない・人間には害を与えないというメリットもあります。しかし、ねずみが超音波をずっと聞いていると、その音に慣れてしまうことも多く、再び侵入してくるおそれもあります。そのため、超音波だけで長期的にねずみ対策をおこなうのは難しいでしょう。

ちなみに、超音波には周波数が変わる商品もありますが、周波数が変わってもねずみが慣れてしまうようです。より確実に効果を発揮させるためにも、ほかの方法で駆除することをおすすめします。

捕獲器

捕獲器は、餌でねずみをおびき寄せ、捕獲するアイテムです。ただし、ねずみは警戒心が強いため、捕獲器に近寄らないことも多いです。また、1匹ずつねずみを捕まえて駆除するので、複数ねずみがいるときには、時間がかかってしまいます。

さらに、捕獲器でねずみを捕まえた後は、ねずみの死体を処理しなければなりません。ねずみが苦手な方は精神的な負担を受けるため、おすすめできません。

屋根裏のねずみを放置してはいけない理由

屋根裏はそう簡単に確認できる場所ではないため、「いるのはわかっているけれど、どうしたらよいかわからずそのままにしている……」ということもあるかもしれません。しかし、ねずみやその排泄物を放置するとさまざまなリスクがあります。そこで、ここでは屋根裏のねずみを放置してはいけない理由について見ていきましょう。

排泄物から深刻な感染症になる危険性がある

ねずみを放置すると、屋根裏中が排泄物だらけになってしまうおそれがあります。とくに、ねずみは尿をしながら移動する習性があるため、屋根裏中に尿が移ることが多いのです。

排泄物には菌が潜んでいるため、放置すると病原菌を体内に取り込んでしまい、感染症にかかるおそれがあります。感染症の種類にもよりますが、発熱・嘔吐・下痢・腹痛などの症状が起こるようです。また、免疫力が低い方や小さな子ども、お年寄りは重症になることもあるため、感染症にかかる前にねずみを駆除しましょう。また、排泄物も忘れずに処理しておきましょう。

ダニやノミが寄生する

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

ねずみの体には、ノミやダニが付着しています。ねずみを放置しておくと、ノミやダニが人に寄生するおそれがあり、アレルギーや感染症を引き起こして高熱・嘔吐などをもたらすことがあります。最悪の場合、死にいたることもあるようです。

そうした事態を防ぐためにも、ねずみはすぐに駆除したほうがよいのです。とくに、小さなお子さまや高齢者がいるときには、すぐに処理したほうがよいでしょう。また、このとき、ねずみだけではなくダニやノミ用のスプレーなどを吹きかけておき、確実にダニ・ノミの被害を防ぎましょう。

悪臭が漂う

ねずみの排泄物や死体は、悪臭を放ちます。もし排泄物や死体を放置すると、ニオイが残ってしまうこともあるようです。とくに飲食店などの場合は、しっかりと駆除しないと店中にも悪臭が漂ってしまい、お客さまに不快感を与えてしまうかもしれません。できるだけ早く排泄物や死体を処理し、悪臭が広がることを防ぎましょう。

家のトラブルが増える

ねずみを放置しておくと、家の断熱材やソファ、布団などの大切な家財がかじられてしまうおそれもあります。こうした場所は、ねずみの巣にするのに適しているからです。

また、ねずみは硬いものをかじって歯を削る習性があるため、ケーブルをかじることがあります。すると、停電を引き起こしたり漏電や火災に発展したりするリスクもあり、大変危険です。ねずみをできるだけ早く駆除し、こうしたリスクを防ぎましょう。

噛まれると危険

ねずみに噛まれると、”鼠咬症(そこうしょう)”という感染症にかかってしまうおそれがあります。鼠咬症にかかると、数日間の潜伏期間を経て、発熱・頭痛・胃炎・気管支炎などを引き起こすことがあります。最悪の場合、死にいたることもあるのです。

ねずみは就寝時を狙って噛むこともあり、大変危険です。鼠咬症のリスクを考えても、ねずみは早く駆除する必要があるのです。

駆除がうまくできない人は業者依頼がおすすめ

駆除が自分ではうまくできないときには、ねずみ駆除業者に依頼するとよいでしょう。ここでは、業者にねずみ駆除を依頼するメリットについてご紹介します。より効果的にねずみを退治するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

すぐ駆除してくれる

自分でねずみ退治をおこなうとなると、手間や時間がかかってしまいます。駆除グッズを購入し、手順を確認しながら駆除する必要があるためです。

その点、業者に依頼すれば、すぐに駆除してもらうことが可能です。業者なら、専門的な道具を持っていますし、作業に慣れているためスムーズに作業をおこなえるからです。また、知識が豊富な業者なら、自分でおこなうよりも確実に駆除してくれる可能性が高いです。さらに、死体処理もおこなってくれるため、ねずみが苦手な方でも安心でしょう。

再発や二次被害も防いでくれる

屋根裏にねずみが出た!退治の方法や使える駆除剤は?

業者に依頼すると、ダニやノミなどによる二次被害が出ないよう、除菌などの予防もおこなってくれます。自分で予防をするとなると手間がかかりますが、業者に依頼すれば楽です。

さらに、ねずみの再発防止もおこなってもらうことができます。そのため、再びねずみが発生するリスクを下げることができるのです。ただし、再発防止をおこなえば必ずしもねずみ被害が再発しないとは限らないため、万が一のときのためにも、アフターフォローが充実している業者を選ぶとよいでしょう。

まとめ

ねずみ退治を屋根裏でするには、家の食料を取られないようにして、侵入口を塞ぎましょう。屋根裏に罠を設置してねずみを退治するという方法もあります。退治には、粘着シートや燻煙剤を使用した方法がおすすめです。メリット・デメリットを比較し、自分に合った方法を選んでください。

もしねずみを放置すると、ダニやノミ、菌による被害や悪臭、家のトラブルに悩まされることがあります。自分での駆除が難しい方は、業者に相談しましょう。弊社では、ねずみ駆除業者をご紹介します。ねずみ駆除にお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

お電話1本で迅速対応!
最短10分で到着 最短30分で完了
※対応エリアや加盟店によって変わります
ねずみとの接触は健康被害などのリスクがあります。ねずみを見かけたらすぐにプロへ相談しましょう!また、ねずみは被害の再発が多い為、徹底的な駆除と対策をする必要があります。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ねずみの駆除・侵入経路の封鎖・糞の清掃はお任せください。
ねずみ駆除 13,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:しずえ
ガーデニングが趣味。以前プランターに付く害虫に悩まされたことがあり、駆除に効く薬の知識が豊富。分かりやすい言葉で解説できるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:19:47
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_mouse/187767/
害獣駆除
ねずみ退治を屋根裏でおこなうに際は、食料を取られないようにする、家中の侵入口を塞ぐ、罠を仕掛けるといったことが有効です。このとき、罠や駆除グッズは、適切に選ばないと効果を発揮しないことがあります。ここでは、ねずみ退治の方法や駆除グッズをご紹介します。また、ほかにも屋根裏にねずみを放置してはいけない理由や、自分での駆除が難しいときの対処法もご説明します。屋根裏のねずみにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ねずみ駆除

ねずみ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ねずみ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!