生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

アパートにねずみが発生した!そんな時誰が責任を取って駆除するの?

2018-10-03

アパートにねずみが発生した!そんな時誰が責任を取って駆除するの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

築年数が経ったアパートでは、ねずみの発生を考えなくてはいけません。そうなった場合、入居者としては早くいなくなってほしいと思いますし、管理者側としても今後の入居者現象の原因につながりかねないので何とかしたい、と考えるでしょう。
そんなときにトラブルになり得るのが、責任はどこにあるのか、誰が駆除するべきなのかということです。アパートにねずみが発生した原因が入居者側にあるのか、管理者側に責任があるのかは判断しづらい部分があります。
このコラムではそのようなアパートのねずみトラブルについて考えていきたいと思います。

ねずみの発生で引っ越す人は多い?

賃貸アパートなどではねずみの発生が原因で、引越しを考えはじめる方は多いようです。はじめのうちは部屋の住民が自分でできる範囲での対策を行うのですが、それでもねずみを駆除しきれないことが多々あります。そうなってくると管理会社を呼んでまで対応するよりは、引越しをしようと考える例が少なくないようです。
また、大家さんや管理会社に連絡しても効果的な駆除をしてもらえず、あきらめて出ていくパターンもあります。

      ねずみの発生で引っ越す人は多い?

アパートにねずみが発生したら誰が駆除するの?

ねずみのトラブルで責任を取るのは誰か

アパートでねずみが発生した場合、所有権が賃借人と賃貸人のどちらにあるかが曖昧なため、責任をどちらが取ればよいのかという部分でトラブルにつながりやすくなります。
もちろん、建物全体に被害が出ている場合などは賃貸人側の責任となることが多いようです。しかし、入居者の部屋の使い方などもねずみの発生に影響してきます。その場合は家主が管理できない部分のため、入居者側に責任が生じることもあるようです。

実際に過去にそのようなトラブルが原因で起こった裁判の事例を見てみると、賃貸人では管理しきれない部分であるため、入居者が責任を取ることになったということがありました。しかし裁判の判例にはその他の状況も関わってくるため、実際の状況で責任の所在は変わってくるといえます。
責任問題でトラブルになった場合は、弁護士など法律の専門家に相談することも考えておきましょう。

また、ねずみが出たので引っ越すという場合、引越し費用を請求することは基本的に難しいとされています。
引っ越し代を賃貸人が払う条件として、過失などの不法行為が認められる必要があります。しかしこの責任をどこまで認めるかで見解の相違があることが多く、全面的な責任が確認されない限り、費用の請求は難しいでしょう。

      アパートにねずみが発生したら誰が駆除するの?

駆除するのは誰か

アパートにねずみが発生した場合、駆除は誰が行えばよいのでしょうか。
もちろん被害が小さい段階では入居者が自分で駆除することを考えるかと思います。しかし、ねずみを完全に駆除することは難しいですし、今後被害が拡大していく可能性もあります。よって、駆除は業者に依頼するのが最も確実です。

また、被害が自分の部屋だけでなく他の部屋まで及んでいる可能性もあります。業者を呼ぶ際には大家や管理会社に一度相談してからにしましょう。

アパートにねずみが発生したときにするべきこと

アパートにねずみが発生したら、まずは管理会社や大家さんへ相談するようにしましょう。専門業者を呼んだり、個人で駆除したりとそれなりの対応をしてくれます。しかし、管理がずさんでしっかりとした対応をしてくれない場合、専門業者に相談するか弁護士などに相談しながら対応していきましょう。

また、対策グッズなどを使っての個人での対策を並行して行うのもよいでしょう。毒エサや殺鼠剤、粘着テープなど様々なタイプの対策グッズが販売されています。被害が少ない場合は、対策グッズで対処できます。

ねずみの発生を防ぐために、日頃からの清掃や整理整頓をするなどして、ねずみや他の害虫などにとって住みにくい環境にしておくことも大切です。もちろん、これは入居者だけでなく管理者側も同じです。共用部分などの清掃や破損した部分の修繕は日頃から行い、管理者と入居者で連携を取りながら、気持ちのよい環境を作っていきましょう。

一部屋だけ対策しても意味がない?

アパートでねずみが発生した場合、一部屋だけ対策しても意味がありません。
一部屋に出現すればほぼ間違いなく建物全体にねずみが生息しています。ねずみは小さな隙間から侵入してくるので、思わぬところを住みかとしていることもあるのです。また、一度駆除しても再度穴を開けて侵入してくる可能性が残ります。専門業者に駆除を依頼する場合は可能な限り管理会社や大家さんに掛け合い、建物全体での駆除を実施してもらいましょう。

      一部屋だけ対策しても意味がない?

まとめ

近年、賃貸物件は増加傾向にあります。そのためアパートでのねずみのトラブルは、今後も増えていくことが予想されます。トラブル防止として大切なのは。管理者側と入居者側で連携を取っていくことです。アパートに関わっている人全員でねずみが発生しないような環境を作り上げ、問題点をひとつひとつ改善していくことがトラブルを防ぐ一番の対策になるでしょう。

ねずみ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ねずみ駆除」をご覧ください。

お電話1本で迅速対応!
最短10分で到着 最短30分で完了
※対応エリアや加盟店によって変わります
ねずみとの接触は健康被害などのリスクがあります。ねずみを見かけたらすぐにプロへ相談しましょう!また、ねずみは被害の再発が多い為、徹底的な駆除と対策をする必要があります。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ねずみの駆除・侵入経路の封鎖・糞の清掃はお任せください。
ねずみ駆除 7,800円~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 10:24:49
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_mouse/13261/
害獣駆除
築年数が経ったアパートでは、ねずみの発生を考えなくてはいけません。そうなった場合、入居者としては早くいなくなってほしいと思いますし、管理者側としても今後の入居者現象の原因につながりかねないので何とかしたい、と考えるでしょう。そんなときにトラブルになり得るのが、責任はどこにあるのか、誰が駆除するべきなのかということです。アパートにねずみが発生した原因が入居者側にあるのか、管理者側に責任があるのかは判...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ねずみ駆除

ねずみ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ねずみ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!