生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ねずみが実験に使われる理由って?そのヒントは『繁殖力』にあった!

投稿日:2017-10-16 更新日:2018-10-03

ねずみが実験に使われる理由って?そのヒントは『繁殖力』にあった!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ドラマや映画などでねずみが実験用に使用されているのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?ヒトに近い動物といえばサルを思い浮かびます。なぜ、ねずみが選ばれるのでしょう。もちろん、それにはちゃんとした理由があります。この記事ではねずみが実験動物として選ばれる理由をねずみの生態と合わせて紹介していきます。

なぜ実験動物にねずみが選ばれるのか?

動物実験でねずみが使われているのを目にしたことがあると思います。なぜ、実験にはねずみが使われるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

繁殖力の高さ

ねずみが実験に使われる理由として、まず挙げられるのが繁殖力の高さです。繁殖力が高いため、比較的短い期間で複数世代を観察することができます。ハツカネズミを改良したマウスの場合、1度に6~8匹の子供を産み、1ヶ月ほどで成体になります。
加えて成長が早く、寿命が短いため、老化の研究やたくさんの集団のデータを取るのに好都合です。

ヒトと同じ哺乳類である

ねずみはヒトと同じ哺乳類であるため、ヒトに近い遺伝子を持っています。生き物全体に共通することであればヒトも単細胞生物も同じなので、細菌でも実験することができますが、薬の開発などヒトに関わるような実験の場合、ねずみの方が適しています。
ヒトで行うと非人道的になるような実験もねずみに対してであれば可能になります。

飼育しやすさ

ねずみは哺乳類の中でも最小クラスの動物です。そのため、保存する場所は小規模で済みますし、餌も少量で済むため、費用を節約することもできます。

            飼育しやすさ

扱いやすさ

ねずみは手のひらに乗るくらいの大きさなので、暴れても抑えることが容易です。実験などに使用する薬剤が少なくてすむというメリットもあります。さらに性格も穏やかで糞も汚れにくいという利点もあります。

意外と知らない『マウス』と『ラット』の違い

実験用に使われるねずみについてマウスとラットというものを聞いたことがあるかと思います。この2つにはどのような違いがあるのでしょう。

形態の違い

そもそもマウスとはハツカネズミを実験用に改良・繁殖したもので、対するラットはドブネズミを実験用に改良・繁殖したものを指します。主に違うのはその大きさで、マウスの場合、体重が最大でも40g程度なのに対し、ラットは700gを超えることもあります。頭胴長もマウスでは7cmを超えることがない一方で、ラットは20cm以上になります。
マウスとラットは体色も違い、マウスは黒・灰・茶・アルビノといった色があるのに対し、ラットの体色は白一色です。

飼育場の違い

また、飼育場の違いもあります。ラットは乾燥に弱く、マウスは乾燥に強いという特徴があります。これはラットの起源種がドブネズミで、マウスの起源種がハツカネズミであることからきています。ドブネズミは下水に生息し、そのようなジメジメと湿った環境に適応したのに対し、ハツカネズミは穀物倉庫などの乾いた環境に生息していたからです。

主に使われる分野

マウスは主に遺伝学や免疫学の分野で多く使用されています。一方でラットは主にその大きさから大量の材料を必要とする実験や解剖のしやすさから病理学的研究に使われています。

            主に使われる分野

繁殖力の高さは害になることも…

ねずみを実験で使用する場合は繁殖力の高さが利点になりますが、そうでない場合はこの繁殖力の高さが人間にとって脅威になります。なぜかというと、繁殖力が高いということは駆除してもなかなか数が減らないということだからです。種類によって様々ですが、ねずみは妊娠期間が20日前後、1回の出産で5~9匹、年間の妊娠回数が多い種で10回もあります。このことからもわかる通り、ねずみが家に発生した場合、早急に駆除できなければ出産のスピードに追い付くことができず、どんどん繁殖していきます。

ねずみによって人間にもたらされる被害には食べ物を食い散らかす、家財を傷つける、病原菌を運んでくるなど様々なものがあります。このような被害を防ぐためには駆除は早急に行い、複数匹いる場合は一網打尽にする必要があります。

            繁殖力の高さは害になることも…

まとめ

ねずみが実験に使われるのには哺乳類である点、飼育しやすさ、繁殖力の高さ、扱いやすさが挙げられます。しかし、実験用のねずみであればいいですが、それ以外の場合、繁殖力が強いという特徴は人間にとって脅威となってきます。そのため、ねずみを徹底的に駆除する場合には一網打尽にする必要があります。もしも、そのような場合は一度ねずみ駆除の専門業者に相談してみてください。

ねずみ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について詳しくは「生活110番」の「ねずみ駆除」をご覧ください。

お電話1本で迅速対応!
最短10分で到着 最短30分で完了
※対応エリアや加盟店によって変わります
ねずみとの接触は健康被害などのリスクがあります。ねずみを見かけたらすぐにプロへ相談しましょう!また、ねずみは被害の再発が多い為、徹底的な駆除と対策をする必要があります。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ねずみの駆除・侵入経路の封鎖・糞の清掃はお任せください。
ねずみ駆除 13,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
16投票,  平均評価値:4.2

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 10:26:13
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_mouse/12934/
害獣駆除
ドラマや映画などでねずみが実験用に使用されているのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?ヒトに近い動物といえばサルを思い浮かびます。なぜ、ねずみが選ばれるのでしょう。もちろん、それにはちゃんとした理由があります。この記事ではねずみが実験動物として選ばれる理由をねずみの生態と合わせて紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ねずみ駆除

ねずみ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ねずみ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!