生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハツカねずみの生態からわかる効果的な駆除・対策方法!目指すは根絶

投稿日:2017-10-13 更新日:2020-07-09

ハツカネズミを駆除するには?まずはその生態と侵入経路を知ろう!

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

家にでたねずみが小さいからといって、ハツカねずみだと決めつけてはいませんか?確かに大型のドブねずみ・クマねずみと比べて、小型であることがハツカねずみの特徴のひとつです。しかし、体の大きさには個体差があるため、小さいクマねずみの可能性もあります。

そのため、家にでたねずみがハツカねずみであるかを判断するときは、体の大きさだけでなく、毛色や食性といった生態も確認するようにしましょう。なにより、ねずみの生態を知り種類を特定することは、効果的な駆除・対策につながる重要なポイントです。

この記事では、ハツカねずみの生態だけでなく、ほかの家ねずみとの違いもご紹介していきます。さらに、ねずみの種類を特定したあとの効果的な3つの駆除・対策方法もご紹介していますので、ねずみを根絶して快適な生活を手に入れるために参考にしてください。

ハツカねずみの生態とほかの家ねずみとの違い

家にでたねずみが本当にハツカねずみであるかを判別するためには、大きさ以外の生態にも注目する必要があります。そこでまずは、ハツカねずみの生態とほかの家ねずみとの違いについて確認していきましょう。ねずみを駆除・対策するにも、はじめに確認するべきポイントです。

ハツカねずみの生態
大きさ 体長:6~9cm
尻尾:4~8cm
体重:10~25g
体の特徴 ・頭部に対して耳が大きい
・尻尾は体よりも短い
毛色 背面:灰褐色(こげ茶色を薄くしたような色)
腹面:白っぽい
※ペットや実験用には白・黒・茶色もいる
※家に出る個体は汚れによって黒っぽいことが多い
食性 ・雑食
・種子、穀物類、果実、花、昆虫などの植物食をとくに好む
妊娠期間 ・21日ほど
・一回に4~7匹ほど生まれる
・生まれて2~3カ月で繁殖可能になる
繁殖時期 ・1年中繁殖することが可能
※とくに1~3月、10~12月がピーク
寿命 1~2年ほど
特徴 ・身軽で細い場所でも移動可能
・自然の多い場所を好むが、どこにでも生息している
・泳ぎが苦手
・好奇心旺盛
フン ・4~7mm
・茶色
・先が尖っており米粒に似ている

大きさ

大型の「クマねずみ」や「ドブねずみ」のような、ほかの家ねずみよりも一回り小さいのがハツカねずみです。ハツカねずみが6~9cmなのに対して、クマねずみは15~25cm、ドブねずみが20~26cmとなっています。

そのため、大きさだけでいえば10cm未満のねずみであれば、ハツカねずみである可能性が高くなるでしょう。ただ、クマねずみ・ドブねずみの子どもである可能性もあるので、大きさだけで判断するのはおすすめできません。

また、ハツカねずみは人懐っこく大人しい性格のため、ほかのイエネズミと比べて警戒心がかなり低いのも特徴のひとつです。

毛色

ハツカねずみの毛色は、背面は赤みのないこげ茶で腹面が灰白色です。また、耳が大きく被毛から大きく露出されています。

一方でクマねずみ・ドブねずみは、こげ茶っぽい色が多いようです。とくにドブねずみは、泳ぎが得意で下水を移動していることが多いため、黒っぽい色になっていることもあります。そのため、小さくても毛色が濃い場合は、ハツカねずみ以外の可能性が出てくるのです。

食性

ハツカねずみは、夜行性で一年中活動しており、食性は雑食性です。基本的に種子・穀物類・果実・花・昆虫 などの植物食を好んで食べます。ハツカねずみが種子や穀物を好むのに対して、ドブねずみは魚類や肉類、クマねずみは種子や果実を好んで食べるようです。

どのねずみも雑食性ではありますが、好みの食べ物が違うことで、それぞれ餌場となる場所も変わってきます。そのため、どういった食べ物が食害を受けやすいのか確認することで、ねずみの種類を特定するヒントになるということです。

妊娠期間

メスの妊娠期間は21日ほどで、一回の妊娠で産む子どもの数は4~7匹になるようです。生まれた子どもは、約2~3ヶ月で繁殖可能な成獣となります。妊娠期間に関しては、ほかの家ねずみも同じような期間で大きな違いはありません。

繁殖時期

ハツカねずみは一年中繁殖することが可能で、1~3月の春と10~12月の秋から冬にかけてピークになるようです。繁殖時期に関しても妊娠期間と同じで、ねずみの種類によっての違いは、ほとんどありません

寿命

ハツカねずみの寿命は、1~2年ほどになるようです。1~3年ほど生きるドブねずみ・クマねずみに比べて寿命が短くなっていますが、一回に産む子どもの数が多く、大量繁殖につながりやすくなっています。

特徴

ハツカねずみによる被害の特徴は、家具のすき間、食糧庫などで多くなっています。また、好奇心旺盛で大人しい性格をしているため、人を襲うといったことはあまりないようです。好奇心が旺盛なことで、警戒心も弱くなっています。

一方クマねずみは、ハツカねずみよりも大きい体をしていますが、高い運動能力を備えており、細い場所や高所への移動を得意としています。そのため、屋根裏から足音が聞こえてくる場合は、クマねずみである可能性が高くなるようです。

また、家にでるねずみの中で唯一泳ぎが得意なドブねずみは、下水に近い床下や水回りに生息していることが多くなっています。ねずみを水回りで見かけたり、濡れたあとが残っていたりする場合は、ドブねずみである可能性が高いと判断することができるのです。

フン

ねずみのフンからも、ある程度の種類を判別することができます。ハツカねずみのフンは、米粒ほどの大きさで、3種類のねずみの中ではもっとも小さいです。ドブねずみは10mmほど、クマねずみは7mmほどになるので、5mm以下であればハツカねずみの可能性が高いでしょう。

また、体とフンの大きさが同じくらいのドブねずみとクマねずみには、排泄の仕方に大きな違いがあります。クマねずみは移動しながらフンを排泄するため、通ったあとの地面にバラバラに落ちているようです。そのため、フンがバラバラに散らばっている場合は、クマねずみである可能性が高いと判断することができます。

もし家にでるねずみの生態が、ここまで紹介したハツカねずみの生態とは異なるようなら、クマねずみドブねずみの可能性も考えられます。ねずみを効果的に駆除・対策するためにも、それぞれの生態をより細かく確認するようにしましょう。

ハツカねずみはどこからやってくる?

ハツカねずみを効果的に駆除するためには、その生息場所や侵入口を知って対策をする必要があります。おもな生息場所としては、比較的乾燥した草地ですが、日本全国どこにでも生息しており、一般的には草むらや田畑周辺に棲みつきやすいようです。

秋から冬の繁殖時期にかけて倉庫や物置の中などに侵入することもあります。ハツカネズミは、ただでさえ小さな体をしているため、「壁の割れ目」や「屋根のすき間」、「シャッターのすき間」のような、いろんなところから人家に侵入してきます。

そのほかにも、ハツカねずみの侵入口となる可能性がある場所としては以下の通りです。

・通風口
・エアコン裏
・玄関
・配管周り
・キッチン周辺
・換気扇
・窓の隙間

ハツカねずみの侵入経路としては、すき間の多い配管周りや通風口を利用されることがよくあります。キッチン周辺は水道、ガス、排水管などが壁を貫通しているため、ハツカねずみにとってみれば格好の侵入口となるようです。また、換気扇や窓の隙間などからも部屋に侵入してくることがあります。

「ラットサイン」には要注意!

ねずみが本当に侵入しているかを見分ける方法としては、「ラットサイン」の有無を確認してみるとよいでしょう。ねずみは壁に沿って走る習性があるため、部屋の隅に“黒いシミ”や“足跡”がないかに注目するのがポイントです。

ハツカねずみであれば、家具のすき間などの狭い空間にラットサインを残しやすくなっています。とくに屋根のすき間・エアコンの導入部・シャッターの下・壁の割れ目といった場所からの侵入が多くなっているため、これらの場所のラットサインには要注意です。

ハツカねずみの駆除・対策その1:駆除グッズを使う

家にでるねずみの種類を特定できたら、まずは室内にいるねずみを駆除していきましょう。ねずみの駆除・対策には、おもに4つの駆除グッズを使った方法があります。もっとも効果的な方法はねずみの種類によって異なりますが、警戒心の少ないハツカねずみには“粘着シート”がおすすめです。

4つの駆除グッズ
・粘着シート
・殺鼠剤(さっそざい)
・燻煙剤
・超音波器

これらの駆除グッズは、ねずみ駆除だけでなく対策にも効果を発揮します。駆除の場合も対策の場合も使用方法にも違いはないので、どちらにも有効な方法として覚えておきましょう。

粘着シート

強力な粘着成分でねずみを捕獲・駆除するのが粘着シートです。昔ながらのねずみ駆除・対策方法で、とりもちが使われていたこともあったようです。

すでに室内にいるハツカねずみを駆除するなら、巣やエサ場の近く、ラットサインの残る通り道に仕掛けておきます。侵入口になりそうな場所に仕掛けておけば、新たな侵入を阻止することができるため、効果的なねずみ対策にもなります。

ただ、1枚の粘着シートに対して1~2匹のねずみしか捕獲することができないため、大量発生しているねずみの駆除には向きません。好奇心から引っかかりやすいとされるハツカねずみにはおすすめですが、数が多そうな場合は、ほかの駆除グッズと併用するのがよいでしょう。

殺鼠剤

毒入りのエサをねずみに食べさせることで、駆除・対策するのが殺鼠剤です。ハツカねずみはもちろん、ドブねずみやクマねずみのスーパーラット(一般的な毒成分に抗体を持つねずみ)にも有効な方法となります。

殺鼠剤には、遅効性と即効性のタイプがあり、形状も固形と粉状の2種類があります。遅効性の殺鼠剤は粉状のものが多くなっており、ねずみのエサとなるものに混ぜて使用することで、警戒させることなく食べさせ駆除することが可能です。

一方、即効性の殺鼠剤は固形タイプが多くなっており、人体にも悪影響を及ぼすほど強力な毒が使用されています。毒が強力で高い駆除効果を期待できる反面、ねずみに気づかれやすく食べさせにくいというデメリットがあるようです。

そのため、殺鼠剤を使ってハツカねずみを駆除・対策する際は、まず遅効性の粉状の殺鼠剤を使用します。その後、ハツカねずみが警戒することなく食べるようになったら、即効性のある固形のものを使用するとよいでしょう。

燻煙剤(くんえんざい)

ねずみの嫌いな成分が含まれた煙を室内に充満させることによって、ねずみを追い出す・遠ざける効果を発揮するのが燻煙剤です。燻煙剤の場合、ねずみを殺して駆除する方法ではないため、粘着シートや殺鼠剤のような死骸処理をしなくて済みます

また、煙を室内に充満させるため、設置場所を気にする必要がなく、ねずみのいる場所や侵入口を把握できなくても問題ありません。ただ、忌避成分の持続性は短いため、対策としての効果は低いものになっています。

そのため、対策としてではなく室内のハツカねずみを追い出す駆除方法として、考えておくとよいでしょう。燻煙剤を使用したあとに、粘着シートや殺鼠剤を仕掛けておくことで、効果的なねずみ対策をすることができます。

超音波器

ねずみにしか聞こえない周波数を発生させることで、室内のねずみを追い出したり、遠ざけたりするのが超音波器を使った方法です。こちらの方法も、ねずみを殺すことなく追い出すことができるため、死骸処理といった不快な作業をしなくて済みます。

ただ、必ず効果のある方法とはいえず、駆除・対策できるかはねずみの個体差による影響が大きいようです。また、はじめのうちは効果があっても、時間とともにねずみが発生するようになったという事例もあります。

そのため、はじめの駆除・対策方法として利用してみて、あまり効果が感じられないようであれば、ほかの駆除グッズを併用するのがよいでしょう。

ハツカねずみの駆除・対策その2:侵入口を塞ぐ

ハツカネズミはどこからやってくる?

駆除グッズを使って室内のハツカねずみを駆除できたら、次は外からの侵入を防ぐために、侵入口となりそうな場所を塞いでいきましょう。家にでるねずみは基本的に外から侵入してきます。

そのため、その根本的な原因である外からの侵入を阻止しなければ、どれだけ駆除・対策をしたとしても被害をなくすことはできません。侵入口については「▼ハツカねずみはどこからやってくる?」を参考に、必要な道具をそろえて正しい方法でハツカねずみの侵入を防いでいきましょう。

必要な道具

ねずみは固いものをかじる習性があるため、害虫予防に使われるようなテープの使用はおすすめできません。テープのような柔らかいもので侵入口を塞いだとしても、食い破って侵入してくることがあるためです。ねずみの侵入口を塞ぐ場合には、以下のものを使用するのがよいです。

ねずみの侵入口を塞ぐのにおすすめの道具
・金属たわし
・パテ
・金網
・忌避スプレー

小型のハツカねずみであれば、パテでも侵入対策にはなるでしょう。しかし、クマねずみやドブねずみのような大型のねずみの場合、パテでも食い破ってしまうことがあるため、金網のような金属素材を使うのがおすすめです。

塞ぎ方

道具によって使用方法が若干異なりますが、すべてに共通していえることは、すき間のないように設置するということです。小型のハツカねずみとなると、数cmのすき間からでも侵入できてしまうため、もっとも注意が必要な部分です。

金属たわし
100均でも売られている金属たわしをすき間に詰め込むことで、ねずみの侵入を防ぐことができます。すき間に金属たわしを詰めて、ビスや釘でしっかり固定するようにしましょう。ただ、四隅にすき間ができやすいため、完全にすき間がなくなるよう金網と併用するのがおすすめです。

パテ
粘土のようなパテであれば、すき間の形状ピッタリにあわせることができるため、侵入対策にはおすすめです。しかし、通常のパテを使用してしまうと、食い破られることもあるため、防鼠専用のものを使用するようにしましょう。

金網
すき間を覆うように金網を切り取り、ビスや釘で固定して使用します。すき間に貼り付ける形で使用するため、小さなすき間ができることなく、ねずみに食い破られる心配はありません。ただ、金属性の金網を切り取る必要があるため、すべてのすき間を自力で埋めるには、大変な労力が必要になるでしょう。

忌避スプレー
こちらはすき間を埋める道具ではなく、ねずみを遠ざける効果のあるものです。すき間を埋めずに忌避スプレーだけを使用するのはおすすめできませんが、併用することでより高い侵入対策の効果を期待できます。

金属たわしやパテ、金網ですき間を埋めたあと、そこに忌避スプレーを拭きかけておくことで、2重の対策をすることができるのです。

ハツカねずみの駆除・対策その3:プロに依頼する

ハツカねずみに限った話ではありませんが、確実にねずみを駆除・対策したいのなら、知識や経験が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。はじめにも説明した通り、ねずみは種類によって異なる生態を持ち、それぞれの生態にあわせた駆除・対策が必要になります。

室内にいるねずみを完全に駆除できなければ、高い繁殖力によってあっという間に被害が拡大してしまうでしょう。侵入口を塞ぐことができていない場合なら、室内のねずみを駆除できたとしても、新たなねずみが侵入してしまい被害がなくなることはありません。

そのため、いかに室内のねずみを駆除し、新たに侵入させないかが重要なのです。これらを知識や経験のない方が自力で完ぺきにおこなうのは容易ではありません。少しでも確実性や安全性を望むのであれば、プロに依頼してねずみを駆除・対策してもらいましょう。

もし「どこに依頼したらよいのかわからない」「業者を探している時間はない」ということでしたら、ぜひ生活110番までご相談ください。全国にある加盟店の中から、迅速に対応できる業者をご紹介させていただきます。24時間365日無料で受け付け対応していますので、お気軽にいつでもご相談ください。

まとめ

家にはハツカネねずみ以外にもドブねずみやクマねずみなど、3種類の家ねずみが棲みつきます。その種類によっては、毒餌や粘着シートなどの設置場所に違いがあるため、まずはねずみの種類の特定が先決です。

家にでたハツカねずみを自力で駆除する場合、まずは4つの駆除グッズを使って室内のねずみをすべて駆除していきましょう。その後、新たに侵入されないよう、侵入口となりそうな場所を塞いでいきます。

しかし、これらの作業を自力でおこなうのは大変難しい作業です。そのため、確実にねずみを根絶したいという場合には、プロに依頼するのが安心の選択といえます。生活110番では「ねずみがいるかも」という相談だけの受け付けもしていますので、被害が拡大する前にぜひ一度ご相談ください。

(この記事は2020年7月9日に加筆・修正しています)

お電話1本で迅速対応!
最短10分で到着 最短30分で完了
※対応エリアや加盟店によって変わります
ねずみとの接触は健康被害などのリスクがあります。ねずみを見かけたらすぐにプロへ相談しましょう!また、ねずみは被害の再発が多い為、徹底的な駆除と対策をする必要があります。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ねずみの駆除・侵入経路の封鎖・糞の清掃はお任せください。
ねずみ駆除 13,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-07-09 17:51:41
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_mouse/12832/
害獣駆除
家にでたねずみが小さいからといって、ハツカねずみだと決めつけてはいませんか?確かに大型のドブねずみ・クマねずみと比べて、小型であることがハツカねずみの特徴のひとつです。しかし、体の大きさには個体差があるため、小さいクマねずみの可能性もあります。そのため、家にでたねずみがハツカねずみであるかを判断するときは、体の大きさだけでなく、毛色や食性といった生態も確認するようにしましょう。なにより、ねずみの生...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 ねずみ駆除

ねずみ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ねずみ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!