生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウモリの嫌いな音は?苦手な音は?コウモリ撃退の秘訣

投稿日:2017-10-25 更新日:2018-10-03

コウモリの嫌いな音は?苦手な音は?コウモリ撃退の秘訣

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

コウモリが一度住み着いてしまうと糞や騒音などで非常に不愉快な思いをします。またそれだけでなくコウモリ自体が病原菌の感染源になったり、ダニやノミを媒介する恐れがあるため非常に不衛生です。

そのようなコウモリですが、駆除の過程で殺してしまったり、捕まえると国の定めている「鳥獣保護管理法」という法律に違反することになり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになります。

ではコウモリに一番有効な撃退方法はというと、それは傷つけずに追い出す方法になります。「でも、罠などを使わずにどうやって追い出すの?」と思われる方も多いと思われますが実はさまざまな方法があるのです。今回は、コウモリの嫌いな音や苦手なものを使い追い出す方法を紹介します。

コウモリに住み着かれやすいのはこんな家

まずコウモリはどのような家に住み着きやすいのかというと、それは「古い家」になります。なぜなら古い家には多くの隙間があり、コウモリが天井裏や排管からあっさりと侵入してしまうのです。

「コウモリがそんな狭い隙間入れるの?」と思うかもしれませんが、日本で一番生息している「アブラコウモリ」は体長5cmほどしかなく、たとえ1cm程度の隙間でも頭が入れば侵入できてしまうのです。

コウモリは天井や屋根裏などの雨風がなく暖かいところに住みつきます。また、軒下などにも虫が集まる場合コウモリの恰好の餌場となってしまいます。最近では古い家をリノベーションするというDIYも流行しますが、その家がすでにコウモリの住処となっている場合は要注意です。コウモリの嫌いなものなどで追い出しましょう。

コウモリが苦手なものを利用して家を守る方法

ハッカ剤の忌避スプレーを使う

コウモリが苦手なもののイメージとして、吸血鬼と結び付けてニンニクを考える人もいるかもしれませんが、コウモリはそのような臭いが苦手ではありません。コウモリが苦手な匂いは、ハッカなどの刺激が強いスースーした匂いです。

忌避剤を使えばコウモリは嫌がって出ていくことがありますが、それでも出て行かないこともあります。そのさいに何度もスプレーを噴射すると、コウモリを誤って殺してしまう場合もあるため使用には十分注意しましょう。
コウモリが苦手なものを利用して家を守る方法

コウモリが嫌いな音はなに?利用できるグッズの紹介

ラジオ
コウモリが嫌いな音にラジオから発せられる電波があると言われています。庭などの広いスペースでラジオを流すことでコウモリが寄り付かなくなったという事例もあります。これはコウモリの出す音波をラジオの電波が狂わすためだと言われています。

超音波発生機
コウモリが音波を狂わされると寄り付かなくなると先述しましたが、より効果的なのは超音波そのものを発生させる装置を購入し設置することです。

ただし、コウモリが音波に慣れてしまうとそのまま住み着いてしまうので、他の方法と併用して撃退するのがおすすめです。また、機器を買うのは迷うという方は超音波アプリなどがスマートフォンのアプリで出ているため、そちらで試すのもよいかもしれません。

こんなものが効果あり!?コウモリにとって不快な環境を作る方法

CDをつるす

なぜCDがコウモリの苦手なものになるのかというと、野生のコウモリが夜間に活動するのを見ても分かるようにコウモリは暗いところを好みます。しかし、なぜそれで動けるのかというとそれは目で情報を得て飛んでいるのではなく音波を出して飛んでいるのです。

そのためCD・DVD・アルミホイルなどの光を反射するものを吊るしておくと、コウモリの出す音波が錯乱しうまく飛べなくなるため、コウモリが近寄らなくなったという事例もあります。
こんなものが効果あり!?コウモリにとって不快な環境を作る方法

灯りをLED製のものに替える

ドイツのライブチッヒ研究所の研究者の発表で、野生のアブラコウモリはLED製のライトには寄り付かないという発表がされたことがあります。

これは従来の高圧水銀灯は強い波長をもっていたため羽虫などの昆虫が光にひきつけられていたのをコウモリが捕食していたのですが、LEDのライトにはそのような波長がないため、昆虫が寄りつかずしたがって捕食者のコウモリも寄り付かないというものです。

もし玄関などの灯りが古いタイプのライトの場合、そこを餌場としてコウモリが集まる原因になっているかもしれません。LEDのライトに替えることでコウモリが寄りつかなくなるかもしれません。

まとめ

コウモリが苦手なものや嫌いな音を駆使しても、コウモリが多く住み着いている場合などはなかなか退治が難しくなります。

特に先述したような古民家をリノベーションする場合などは自力では退治できないほどコウモリの巣窟になっている場合もあるため、すぐにコウモリ駆除のプロに依頼するのがおすすめです。コウモリ駆除のプロは状況に合わせた道具でコウモリを追い出してくれるので自分で対策をする必要もなくなります。

コウモリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コウモリ駆除」をご覧ください。

コウモリはすぐさま撃退!
お電話1本で即日対応します
※対応エリアや加盟店によって変わります
コウモリは繁殖力が高いので、被害を発見したらすぐにプロに相談することをおすすめします。駆除だけでなく消毒や侵入経路塞ぎもしてくれます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
天井裏や雨戸の内部、ダクト内部など、どこでも駆除します!
コウモリ駆除 20,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
16投票,  平均評価値:4.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-03 11:02:01
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_bat/14509/
害獣駆除
コウモリが一度住み着いてしまうと糞や騒音などで非常に不愉快な思いをします。またそれだけでなくコウモリ自体が病原菌の感染源になったり、ダニやノミを媒介する恐れがあるため非常に不衛生です。そのようなコウモリですが、駆除の過程で殺してしまったり、捕まえると国の定めている「鳥獣保護管理法」という法律に違反することになり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになります。ではコウモリに一番有効...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 コウモリ駆除

コウモリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

コウモリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!