生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハクビシンから畑を守る!天井裏はこう防ぐ!ネットでの対策は有効か

投稿日:2017-08-16 更新日:2020-02-13

ハクビシンから畑を守る!天井裏はこう防ぐ!ネットでの対策は有効か

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ハクビシンは日本全国に広く分布する外来種の動物といわれています。数々の被害を出している動物です。実は、このハクビシンは農作物に対する被害が大きい動物として知られています。

ハクビシンを放置すれば、大切な農作物を食い荒らされることになるので、初期の対応が重要になります。
また、農地の近くに住宅街があれば、家屋内への侵入なども懸念されるため、被害がより広範囲に及ぶ場合もあるようです。

ここでは屋根裏害獣の代表であるハクビシンの基本的な情報から、田畑や住宅での効果的な対策方法、そしてハクビシン駆除業者を選ぶ時のポイントについてご紹介します。

ハクビシンは凶暴。生態の特徴と運動能力について

ハクビシンはジャコウネコという動物の仲間です。タヌキやアライグマと混同されがちですが、ハクビシン特有の特徴があります。ハクビシンの被害がどのようなものなのか知りたい方は「ハクビシン対策の前に害獣の正体を見極めて正しい対策を行いましょう 」にて詳しい解説がありますので合わせてご覧ください。

見た目の特徴

・細長い胴体
・短い手足
・全体的に暗い灰色がかった体色
・しっぽは胴体と同じくらいの長さ
・頭のてっぺんから花咲までの白い縦線

行動面の特徴

・夜行性
・ため糞という行動を行う
・平地だけでなく山地も生息範囲としている
・ねぐらは複数個作り、それらを行き来して生活する
・非常に広範囲を行動範囲としていて、おおよそ30ヘクタールから70ヘクタール

食生活の特徴

食生活としては雑食性で、この点は他の害獣とも共通しています。トウモロコシやミカンなどの果実はもちろんのこと、小動物、昆虫、鳥類やその卵も食べてしまいます。つまり、畑の作物や飼育している動物への被害も考えられるということです。
ハクビシンによる被害についてはこちらの『ハクビシン対策の前に害獣の正体を見極めて正しい対策を行いましょう』の記事でもご紹介しています。

運動能力の特徴

ハクビシンはジャンプ力が高く、木登りができる器用な動物です。これは低いコンクリート塀や金属柵などをよじ登り、内部に侵入できることを意味しています。住宅街などでは、電線の上を歩く姿が目撃されているように、バランス感覚も鋭いようです。
さらに、細長い体を生かして狭い隙間を通り抜けることも可能です。
反対に、地面に穴を掘ることはまれなケースで、苦手だといわれています。

凶暴性について

ハクビシンから見れば、人間はとても大きな動物です。積極的に攻撃してくることはないといわれています。
しかし、屋根裏など狭い場所で遭遇すると、追い詰められたハクビシンが攻撃してくる場合が考えられます。鋭い爪と牙を持つ動物ですから、基本的には近寄らないほうが安全といえます。

ハクビシンから畑を守る!天井裏はこう防ぐ!ネットでの対策は有効か

畑のハクビシンに!効果的な対策方法

畑など農地へのハクビシン対策としては、作物に近寄らせないことが第一になります。しかし、ハクビシンの習性をよく理解していないと、無駄骨になってしまうので、対策方法の選び方にも気をつけたいところです。

手軽な対策
手軽な対策としては、忌避剤の散布があります。


児玉兄弟商会 獣除け線香 – 20巻

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

カプサイシンを含む煙や臭いを発することで、ハクビシンを近づけなくするのです。木酢液にも忌避効果があるといわれる場合もありますが、こちらは臭いにハクビシンが慣れてしまうことがあるようで、効果が持続しないことも考えられます。

また、ハクビシン駆除を目的として超音波発生装置が利用される場合があります。


AngLink アニマルバリア 動物撃退器 超音波 ソーラー式

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

人間には聞こえない超音波により、ハクビシンに不快感を与えてその場から遠ざける効果があります。最近は屋外設置できるタイプのものも増えているので、うまく活用するとハクビシンの被害をグッと減らすことが可能です。

ネット・フェンス対策
物理的にハクビシンを近づけないためには、フェンスやネットが効果的です。ハクビシンは高いジャンプ力と優れたバランス感覚がありますので、ハクビシン対策としては高さ1.5メートル以上のフェンスが推奨されています。金属柵に電流を流す電気柵を利用するのも1つの方法です。高電圧によるショックで、その場所が危険と判断したハクビシンはその場所に近づかなくなるようです。

家の中にいるハクビシンはこうやって追い出す!

家の中にハクビシンが入り込むのは、そこをねぐらとするため、もしくは餌が大量にあると覚えた時です。特にねぐらとしては屋根裏や床下が選ばれることが多く、発見が遅れることも多いです。追い出す方法としては、農地でも使用した忌避剤や超音波発生装置の使用が考えられます。ハクビシンがその臭いや音に耐えかねて外に出ていったところで、侵入口となっている穴や隙間を塞いでしまうのです。

再発防止が肝心!侵入口はどうやって塞ぐ?

家の中からハクビシンを追い出したらハクビシン駆除は終わり……というわけではありません。臭いや超音波が収まれば、再び巣に戻ってくることは十分に考えられます。その都度対策を行うことも良いですが、根本的な解決のために、侵入口を塞ぐことも考えなければいけません。

ハクビシンは細長い体をしており、頭が入る場所であれば出入りすることが可能です。
まずはハクビシンの侵入経路をきちんと特定することが必要です。ハクビシンを家の中から追い出したら、特定した侵入口を塞ぎます。床下や屋根裏の換気口が破損して侵入経路となっているなら、完全に塞ぐと換気効率の低下を招きます。

金網・パンチングメタルを使う
そこで使用されるのが金網やパンチングメタルです。金網は細い針金を網状に組み上げたものです。
パンチングメタルは薄い鉄板に穴を開けたもので、通風口の蓋代わりに打って付けでしょう。

また、瓦など屋根材に生じた破孔が侵入経路になる場合もあります。その時は屋根材の交換により、ハクビシンの侵入経路を遮断することができます。


光 ステンレスパンチング(SUS304) 0.6×200×300 00782361-1 PS69-623

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

駆除に制限がある動物です

迷惑この上ない害獣であるハクビシンですが、実はドブネズミやハツカネズミのような捕獲器や、毒餌を使って気軽に駆除することのできない動物です。
鳥獣保護法では駆除対象の動物を厳しく制限していますし、駆除するために許可まで取らなければいけないのです。これらを個人で取ろうとすると、手続きはかなり面倒になることもあるようです。

信頼できるハクビシン駆除業者の選び方

これらハクビシン駆除について、全てを自分で行うのは大変です。駆除に関するノウハウや、基礎知識がなければ有効な手が打てない場合もあります。そこで活用したいのがハクビシン駆除業者です。
ハクビシン駆除業者は、お住いの地域にも何社もある場合があります。そのような場合、どのようなことを基準にして信頼できる業者を探せばいいのか知りたいことと思います。そこで、満足できる業者選びのコツについてご紹介します。

夜間対応可能かどうか

ハクビシンは最初に書いたとおり夜行性の動物ですから、日が沈んでからのほうが活発に動き回ります。
調査や駆除を夜間に対応してくれることころを探すのも重要なポイントです。

見積りをしっかりしてくれるところ

ハクビシン対策が必要とは言え、できるだけ費用は避けたいとお思いのはずです。
安く対応してくれるところを探すのはもちろんですが、見積りがわかりやすく、現地調査をしっかりしてから結果を出してくれるところを探すのも大切です。

保証があるかどうか

一度追い出したハクビシンが、巣や餌場に戻ってくることはよくあることです。できれば保証期間を設けてくれる業者を探すことも重要な要素です。

周囲の相場を把握しておく

会社が違うと、ハクビシン対策の費用も変わるのは当然のこととは言え、あまりに高いと駆除を依頼しにくくなります。それを判断するためにも、地域のハクビシン駆除の相場を覚えておくことも重要です。

まとめ

ハクビシンは日本各地で見られる外来生物です。いつ、どこで被害が発生するかわからないので、被害事例や被害状況の例を覚えて、早めにハクビシンであるということを判別できるようにしておくのもおすすめです。また、対処法についてはきちんと把握しておきましょう。農地の場合、ハクビシンを近づけないようにするために忌避剤や超音波発生装置、電気柵、フェンスなどを使用する方法があります。

また、家の中にまで入り込むハクビシンに対しても、忌避剤による追い出しが有効です。
しかし、ただ単に追い出しただけでは、被害の再発を招くこともあるので、侵入口を塞ぐことも必要です。

これらの作業はハクビシンの習性や住宅の構造などを理解していないと有効な手が打てない場合もあるので、ハクビシン駆除業者の利用がおすすめです。当サイトではお近くのハクビシン駆除業者をお探しいただくことが可能です。

 

(※本稿は2017年08月23日に、加筆・修正しています)

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

 

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 11:45:12
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/7378/
害獣駆除
 ハクビシンは日本全国に広く分布する外来種の動物といわれています。数々の被害を出している動物です。実は、このハクビシンは農作物に対する被害が大きい動物として知られています。ハクビシンを放置すれば、大切な農作物を食い荒らされることになるので、初期の対応が重要になります。また、農地の近くに住宅街があれば、家屋内への侵入なども懸念されるため、被害がより広範囲に及ぶ場合もあるようです。ここでは屋根裏害...
シェアリングテクノロジー株式会社

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!