生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいいけど厄介!ハクビシンは自分で駆除することはできるのか?

投稿日:2018-05-21 更新日:2019-08-06

かわいいけど厄介!ハクビシンは自分で駆除することはできるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「なんだか最近屋根裏で騒音がする……」「天井にシミができているし、なんだか臭い」そんな現象が起こるのは、ハクビシンの仕業かもしれません。ハクビシンは可愛らしい見た目をしているものの、一度家の屋根裏などに住み着くと騒音や悪臭の原因にもなる害獣です。

もし自宅に住み着かれた場合、騒音や悪臭のほかにも感染症などが心配になってきます。そこで今回は、ハクビシンの対策方法や生態と特徴を紹介します。

ハクビシンの生態と特徴とは

ハクビシンを対策するには、まずハクビシンの生態や特徴を知る必要があります。そこで、まずここではハクビシンの生態や特徴についてご紹介していきます。

ハクビシンの生態

ハクビシンは日本に住んでいる唯一のネコ目ジャコウネコ科動物で、海外から輸入された外来種という説もあれば、昔から日本に住んでいた在来種という説もあります。

日本以外では中国のほかに東南アジアなどのアジア各国に生息しています。ハクビシンは本来山林に住む動物ですが、近年都市部でも姿が確認され被害を出していることから、害獣として名前が知られるようになりました。

ハクビシンの食性は雑食のため、果物のほかにネズミやカエルなどの動物も捕食します。また、猫の仲間であるハクビシンの糞尿は非常に臭いにおいを放つため、天井裏に住み着いた場合、天井から異臭がすることがあります。

ハクビシンの特徴

ハクビシンは漢字で書くと「白鼻芯」となり、その名の通り鼻に白い線が通っていることが特徴です。大きさは80センチメートルほどで、遠目から見ると猫と似たような大きさをしているため、猫だと勘違いする人もいるそうです。

ハクビシンは手のひらに毛が生えておらず、非常に木登りが上手です。都心では、木登りだけではなく電柱にも上って移動をしていたという目撃情報もあります。

ハクビシンの糞尿をそのまま放置していると、臭いだけでなく感染症の原因にもなるおそれがあります。また、ハクビシンが体につけたノミやダニが家に持ち込まれる可能性もあります。そのため、ハクビシンを発見した場合は早めに対策をするようにしましょう。

ハクビシンの生態と特徴とは

ハクビシンは捕獲したり自分で駆除することができません

「家にいるハクビシン対策で捕獲や駆除をしてしまいたい……自分では駆除をできないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はハクビシンの捕獲や駆除を個人で行うことは不可能です。

ハクビシンは「鳥獣保護法」という国が定めた法律の対象になっているためです。鳥獣保護法とは対象となっている野生動物をむやみに捕獲したり駆除してはならないとする法律です。

農作物に被害が出ていれば県や市に申請することで捕獲が許可されますが、一般家庭にハクビシンが出た場合は罠をしかけて捕獲することができないため、許可を持っている害獣の業者に依頼をしましょう。

また、自治体によっては無料でハクビシンの駆除をしてくれるところもあるため、自分が住んでいる場所の自治体のホームページを確認してみましょう。

ハクビシンは捕獲したり自分で駆除することができません

ハクビシンを寄せ付けないようにするポイント

ハクビシン対策は、ハクビシンを寄せ付けないようにするのが一番のポイントとなります。以下からは、そのポイントを紹介します。

寝床を作らせないようにする

ハクビシンが家に住み着いてしまう一番の原因は、家の中に寝床となるような場所があるためです。家の屋根の天井裏に侵入できるような隙間がある場合は、隙間をなくすようにしましょう。

侵入経路をなくすようにする

ハクビシンは木登りが得意なため、家に屋根裏に渡れるような木が生えていれば、木登りをして枝を伝って中に侵入してしまいます。もし屋根裏にまで枝が伸びている場合は剪定をしてハクビシンが中に入れないようにしましょう。

餌場をなくす

ハクビシンは雑食性のため、人間が出した生ごみも餌になります。そのため、生ごみを出す場合は、ハクビシンの活動時間である夜にごみ出しをしないようにするなど対策をしましょう。

ハクビシンを寄せ付けないようにするポイント

ハクビシン対策方法:住宅

住宅におけるハクビシンの対策方法としては、以下のようなものがあります。

落ち葉や雑草は処分する

ハクビシンは警戒心の強い動物のため、住宅に侵入する際に見通しがよい場所を嫌う傾向があると言われています。ハクビシンの隠れ場所となりやすい排水溝や側溝に溜まった落ち葉があれば、。掃除をして見通しをよくするようにしましょう。また、夏期に雑草が生い茂るとハクビシンにとっては格好の隠れ場所となりますので、雑草も刈り取るようにしましょう。

バードスパイクを使ってハクビシンが移動しにくいように対策する

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

カラス・ハト飛来防止 バードスパイク
ハクビシンが隣家の塀や屋根を移動経路にして自宅に侵入している場合は「バードスパイク」と呼ばれる障害物を設置する方法もあります。このバードスパイクはもともとカラスや鳩などの鳥が家のベランダに飛んでくるのを防ぐためのものですが、ハクビシンにも効果があります。

ハクビシン対策方法:畑

畑におけるハクビシンの対策方法は以下のようなものがあります。

腐った果物や野菜は処分する

腐った果物や廃棄処分する野菜を1ヵ所にためていると、そこがハクビシンの餌場となってしまう可能性があります。餌場を作らないようにするためにも、そのような果物や野菜はすぐに処分するようにしましょう。

ウルフピーを利用する

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

ウルフピー(WOLFPEE)
ウルフピーとはその名の通り狼の尿を指します。ハクビシンは嗅覚が発達しているので、天敵となる狼の尿のにおいを利用した忌避方法です。ですが、畑で利用する場合範囲が広いので、広範囲に使用しなければいけないほか、雨が降ると効果が持続しにくいという難点があります。

ハクビシン対策方法:畑

ハクビシンの駆除費用の相場

ハクビシン対策として業者に駆除を依頼する場合、気になるのが費用の相場です。ハクビシンの駆除費用の相場は、作業内容によって大きく変わります。例えば、追い出したり侵入口をふさぐだけであれば1000円以下の業者もありますが、捕獲ゲージの設置や回収となると10,000以上の料金となります。

捕獲のためには業者が有害鳥獣捕獲の申請を県や市にする必要があるため、料金が高額になるからです。相場としては、侵入口の遮断や追い出し工事は1000円以内のことが多く、捕獲の申請代行からゲージの設置、ハクビシンの回収となると10,000円から30,000円ほどとなります。もちろん業者によって違いがあるため、各業者のホームページで相場を確認しておきましょう。

もし「そこまでの料金は出せないけれど、ハクビシンを追い出したい!」という場合は「追い出し」の依頼にすると費用を抑えることができるかもしれません。依頼をする際には料金を比較するためにも複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

ハクビシンの駆除費用の相場

まとめ

ハクビシン対策は本格的なものとなると、工程ごとに料金がかかるため高額となる場合もあります。そのため、ハクビシンの目撃情報が自分の住んでいる地域に出た場合は、できる限りの対策を自分でするとよいでしょう。

ただし、すでにハクビシンの被害が深刻な場合は害獣のできる業者に相談をするのがよいかと思われます。なぜなら、ハクビシンの被害が深刻な場合は屋根裏がすでにハクビシンの巣になっているケースもあり、個人による対策が困難になるためです。

そうならないためにも、廃棄する野菜や果物の処分や、生ごみの処理、ハクビシンが巣を作らないようにするための木の剪定などはしっかりとしましょう。

屋根裏害獣を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根裏害獣」をご覧ください。

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-06 12:58:22
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/69656/
害獣駆除
「なんだか最近屋根裏で騒音がする……」「天井にシミができているし、なんだか臭い」そんな現象が起こるのは、ハクビシンの仕業かもしれません。ハクビシンは可愛らしい見た目をしているものの、一度家の屋根裏などに住み着くと騒音や悪臭の原因にもなる害獣です。もし自宅に住み着かれた場合、騒音や悪臭のほかにも感染症などが心配になってきます。そこで今回は、ハクビシンの対策方法や生態と特徴を紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!