生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

天井裏に害獣が!?調査・駆除のための点検口がある場所はどこに?

投稿日:2019-11-19 更新日:2019-12-06

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

天井裏に何かがいる様子がある場合、調査・駆除には実際に被害状況を目視・対策するための点検口が必要です。しかし点検口は目につきにくい場所に設置されていることが多く、見つけるのに苦労することも少なくありません。

そこで、天井裏を確認するための点検口が設置されている場所についてまとめました。まずは次のような箇所を重点的に探してみましょう。

なお、古い住宅などでは点検口が設置されていない場合もあります。天井裏への点検口がない場合新規設置にも対応していますので、一度ご相談ください。

次からは、それぞれの場所について詳しい探しかたを解説していきます。

点検口を探したい箇所1:押入れ・クローゼットの天井

押入れの点検口

多くの住宅では、普段は閉め切って目の届きにくい押し入れやクローゼットなどの収納部に点検口を設けることが多いです。まずはこの部分の最上段天井に人が通れるようなふた付きの穴がないか確認してみましょう。

点検口を探したい箇所2:屋根に接した部分

屋根に接した部分の押入れ

木造2階建ての戸建住宅では、1階よりも2階部分の面積が小さくなっていることが大半です。そのため1階建て部分(平屋部分)の屋根が大きい場合、2階の壁側に開口部を設け点検できるようにしていることが多くなっています。この点検口も目立たないよう、収納部分に設けていることがあるため、一度荷物を移動させ確認してみてください。

点検口を探したい箇所3:洗面所・浴室などの天井

ユニットバスの天井

とくに浴槽と壁などをセットで施工する「ユニットバス」の場合、換気扇・浴室乾燥機などを天井裏に設置することも多いです。こうした機器の交換やメンテナンスができるよう、天井に点検口を設けていることも少なくありません。浴室の天井に四角い穴がないか、パネル状に分かれていないかなど確認してみましょう。

点検口を探したい箇所4:ロフト部分の壁

ロフト部分の壁

収納スペースなどを広く確保するため、天井裏などの空間を利用して「ロフト」と呼ばれる収納部分を設けている住宅も多くなってきました。ただしロフトとして利用する空間は一部であることが大半で、それ以外の部分も点検できるよう壁に点検口を設置している場合があります。

点検口を探したい箇所5:廊下

廊下の天井

クローゼット・ロフトなどの収納スペースや浴室などにも点検口が設置できない場合、家の中央付近を通る廊下などに設けることがあります。部屋と部屋の間など広く見渡せると考えられる場所を中心に、四角いふたやパネル部分がないか確認してみてください。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-06 17:45:13
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/176485/
害獣駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害獣駆除 屋根裏害獣

屋根裏害獣のお問い合わせ・ご相談はこちら

屋根裏害獣についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!